前日のThank You  日刊ろっくす  rocks   top   back

160827-20.jpg160827-23.jpg
160827-24.jpg160827-25.jpg
160827-26.jpg160827-27.jpg

ろっくす超大特選盤



160827-00.jpg

カントリー・ハウス
ブラー
1995/8/14


かなり待望。
前作アルバム「パークライフ」から1年5ヶ月、
前回シングル「エンド・オブ・ア・センチュリー」からだって9ヶ月、
その間、ライバルの”後追い糞バンド”オアシスは「Some Might Say」で先に英チャート1位獲りやがったで
あんだけ良かった自分ら超えもせにゃならんで
糞オアシスに負けたかねえで
プレッシャーの中
1995年年明け早々録音開始、5月までかけて終了。
オアシスは追っかけ3月から6月にかけてニュー・アルバム録音終了。
世はブリットポップ機運最高潮、
マスコミはライバル関係を煽りまくり、
音楽態度もまったく違うはでお互い大嫌いで罵り合い罵倒のまあみっともない大人げない中、
オアシスの第2弾リード・シングル「Roll with It」の発売が8月14日になるとの情報がブラー側に入り
当初1週間後だったこっちの先行シングルの発売を前倒し、同日発売としての
ここに勃発

世に言う

Battle of Britpop
ブラー・オアシス戦争


1995年9月11日発売4作目アルバム

160827-19.jpg

ザ・グレイト・エスケープ
The Great Escape


より1回目カット8月14日発売、

160827-01.jpg

カントリー・ハウス
COUNTRY HOUSE


160827-02.jpg

ブラー、渾身の作である。

160827-08.jpg

160827-05.jpg

曲のモデルは
ニュー・リバプール・シーンの黒幕の一人でフード・レーベルを立ち上げ
ブラーと契約しマンージャーとなったデイビット・バルフ師。
グランジ・ブームの果て、第1期ブラー黄金時代終焉と共に業界に嫌気がさして
フードを1994年にEMIに売っぱらってセミリタイアして家族とともに田舎暮らし始めた
てのをデーモンくんの心境やいかばかりかヒントにして

160827-06.jpg

作:Damon Albarn, Graham Coxon, Alex James and Dave Rowntree。
プロデュース:Stephen Street師。

160827-07.jpg

ジャケはドイツのバイエルン州ノイシュヴァンシュタイン城。

160827-13.jpg

さて闘いは
全英チャート
12回目のヒットで、
1995年8月26日1位初登場、
http://rocksblog.seesaa.net/article/441304905.html
以後
1-2-4-11-19-26-30-(10/21)36-45-(11/4)67--(1996/1/6)97位。
最高位1位2週。14週エントリー。

160827-09.jpg

160827-10.jpg

160827-11.jpg

実は焦っていたのはオアシス側だったか
件の「Roll with It」、
タマが無かったとまでは言わんが、必殺の朗々オアシス節とは違うアップテンポもので
カントリー・ハウスの凄さを漏れ聞いて負け戦を覚悟、ならばとスカしたのかもしれんが
ブラーが初の1位獲得しかも2週売り上げ274,000枚。
オアシス2位止まり216,000枚。

大差勝ちも誇らげにするその内容は

160827-03.jpg

https://youtu.be/gpuh1WE-RVw




So the story begins:
 そんじゃまお話の始まり始まり

City dweller, successful fella
 大都会の住人、成功したお方

Thought to himself,
 ふと思ったとな

"Oops, I've got a lot of money"
 「おやま、俺ってすげく金持ってる?」

(lot of money)
   大金やで〜

Caught in a rat race terminally
 出世競争にハマっとる死ぬまでぇ


I'm a professional cynic but my heart's not in it
 俺様はプロの曲がり屋だが根は違うのだ

I'm paying the price of living life at the limit
 ヤバい線ギリギリで生きる代償を支払ってる

(to the limit)
   ヤバい線ギリギリぃ

Caught in the century's anxiety
 とっ捕まっとるんだ世紀の不安に


Yes it preys on him
 そう、そいつは奴を喰らうのだ

(preys on him)
   喰らうのだぁ

He's getting thin
 奴はどんどん痩せ細る

(getting thin)
   痩せ細るぅ

tricycle life
 カードゲームの残りポイントは?


He lives in a house, a very big house in the country
 奴は家に住んでる、とってもデカい家、田舎のね

(ooh la la ooh)
   うーらら、うー

Watching afternoon repeats and the food he eats in the country
 午後の再放送を見て喰らってるのは田舎の喰い物

He takes all manner of pills and piles up analyst bills in the country
 ありとあらゆるお薬飲んで精神分析医の請求書が山積み
 田舎でさ

(ooh la la ooh)
   うーらら、うー

Oh, it's like an animal farm,
 嗚呼、そいつはまるで家畜農場

lots of rural charm in the country
 地方の魅力でいっぱいさね
 田舎って奴つぁ


He's got morning glory and life's a different story
 奴は朝から元気びんびん、人生てのには違った展開もあるもんだ

Everything's going jackanorry
 何もかもが穏やかに行っている

(jackanorry)
   平和そのもんだにぃ

Touched with his own mortality
 自分の寿命とも折り合いがついただよ


He's reading Balzac and knocking back Prozac
 奴はバルザックを読んでる
 抗うつ剤のプロザックをがぶがぶ飲んでる

It's a helping hand that makes you feel wonderfully bland
 それって救いになるのだ
 アンタをすんばらしく穏やかな気分にさせてくれる

(close your eyes child)
   目をおつぶりなさい良い子ちゃん

Oh, it's the century's remedy
 ああ、世紀の妙薬だね


For the faint at heart
 弱り切った心には

(faint at heart)
   弱り切った心にゃ

A new start
 新生活さ

(new start)
   新生活さ

tricycle life
 カードゲームの残りポイントは?


(Blow, blow me out I am so sad I don't know why)
   吹き消して、僕を雑念を吹き消してくれ
   とても哀しいんだ
   どうしてかわからないんだけど

He lives in a house, a very big house in the country
 奴は家に住んでる、とってもデカい家、田舎のね

(ooh la la ooh)
   うーらら、うー

He's got a fog in his chest,
 胸には影が有る

so he needs a lot of rest in the country
 だからいっぱい静養しなきゃならない
 田舎でね

He doesn't drink, smoke, laugh, takes herbal baths in the country
 酒も飲まず、タバコも吸わず、笑わず
 ハーブのお風呂につかってる
 田舎でさ

(Ooh la la ooh)
   うーらら、うー

But you'll come to no harm on the animal farm in the country
 でも得はあっても害は無かろうよ
 家畜農場暮らしは
 田舎のね

In the country
 田舎の

(Doo doo doo)
  どぅどぅどぅ〜

In the country
 田舎の

(Doo doo doo)
  どぅどぅどぅ〜

In the country-y-y!
 ド田舎だぜぇ〜〜〜!


ギタア!


Blow, blow me out I am so sad I don't know why
 吹き消して、僕を雑念を吹き消してくれ
 とても哀しいんだ
 どうしてかわからないんだけど

Blow, blow me out I am so sad I don't know why
 吹き消して、僕を雑念を吹き消してくれ
 とても哀しいんだ
 どうしてかわからないんだけど


(Blow, blow me out I am so sad I don't know why)
   吹き消して、僕を雑念を吹き消してくれ
   とても哀しいんだ
   どうしてかわからないんだけど


Oh, he lives in a house, a very big house in the country
 おおおう
 奴は家に住んでる、とってもデカい家、田舎のね

(ooh la la ooh)
   うーらら、うー

Watching afternoon repeats and the food he eats in the country
 午後の再放送を見て喰らってるのは田舎の喰い物

He takes all manner of pills and piles up analyst bills in the country
 ありとあらゆるお薬飲んで精神分析医の請求書が山積み
 田舎でさ

(ooh la la ooh)
   うーらら、うー

Oh, it's like an animal farm,
 嗚呼、そいつはまるで家畜農場

lots of rural charm in the country
 地方の魅力でいっぱいさね
 田舎って奴つぁ


Oh, he lives in a house, a very big house in the country
 奴は家に住んでる、とってもデカい家、田舎のね

(ooh la la ooh)
   うーらら、うー

He's got a fog in his chest,
 胸には影が有る

so he needs a lot of rest in the country
 だからいっぱい静養しなきゃならない
 田舎でね

He doesn't drink, smoke, laugh, takes herbal baths in the country
 酒も飲まず、タバコも吸わず、笑わず
 ハーブのお風呂につかってる
 田舎でさ

(Ooh la la ooh)
   うーらら、うー

Yes you'll come to no harm on the animal farm in the country
 そうさ得はあっても害は無かろうよ
 家畜農場暮らしは
 田舎のね

Ooh la la la
 うっらっらあ


I wanna be, I wanna be
 なりたいんだ、なりたいんだよ



エンド・オブ・ザ・センチュリーとはまた違ったアプローチのビートルズ「アイ・アム・ザ・ウォーラス」継承で
ぎったんばっこん正しく角が立ってるブラー・サウンド、
妙なる調べとともに

金融業で再生した英国経済の申し子たる大成功の株トレーダーのお話。

I'm a professional cynic but my heart's not in it
 俺様はプロの曲がり屋だが根は違うのだ

I'm paying the price of living life at the limit
 ヤバい線ギリギリで生きる代償を支払ってる

売り方で逆張りで稼ぐ、
てことは世の大勢のトレンドを把握せにゃならんで
世間が買ってる時に、値が上がるどこまでも上がりそうってな空気を感じながら
自分もそうしたいと思う気持ちを無理やり抑えこんで売りに回る超ストレスを抱えて
ついに

Yes it preys on him
 そう、そいつは奴を喰らうのだ

(preys on him)
   喰らうのだぁ

He's getting thin
 奴はどんどん痩せ細る

(getting thin)
   痩せ細るぅ

そして

tricycle life

何じゃこりゃ・・・
調べる。

1993年に発売された世界初のトレーディングカードゲーム(TCG)

マジック:ザ・ギャザリング

のライフポイント(0になると負け)の
ライフをカウントしておくカウンターを発売してる一社がFlying Tricycle社。

160827-14.jpg

トライシクルのライフ

から

カードゲームの残りポイントは?

とした。

残りの寿命は?

てことで

He lives in a house, a very big house in the country
 奴は家に住んでる、とってもデカい家、田舎のね

そして

He's got a fog in his chest,
 胸には影が有る

so he needs a lot of rest in the country
 だからいっぱい静養しなきゃならない
 田舎でね

余裕の早期引退とはとんでもなく
実際は
金は墓までは持っていけないとばかりに大枚はたいて田舎豪邸購入、
肺がんで転地療養を余儀なくされ、
完全看護の家畜農場住まい、

Blow, blow me out I am so sad I don't know why
 吹き消して、僕を雑念を吹き消してくれ
 とても哀しいんだ
 どうしてかわからないんだけど

死の恐怖と戦うかつての成功者

を俯瞰してただストーリーテリングするザ・バンドな手法で
私はザ・バンド以来、こんなにザ・バンドなのを成功してる唄を聞いたことあらず。

生臭いチャート争いなどぶっ飛ぶ
金に走り果ては滅亡に瀕する英国の世紀末を赤裸々に冷笑唄飛ばす大傑作であります。

しかして
たれぞ想像したであろうか
この狂騒に巻き込まれ歌自体がその運命を共にする
ブラーはそを自己嫌悪し長くライブでは封印状態にす。

デイビット・バルフ師への配慮もあったと思うにいかがであろうか?

B面は
裏面スペシャル

ワン・ボーン・エヴリィ・ミニット
One Born Every Minute


160827-04.jpg

https://youtu.be/7HnLBhVd5Bw




Here we go
 またかよ

(here we go)
  またか

here we go again
 またなんか

Dirty knickers pop music vodka and gin
 糞くだらねえ歌謡曲、ウォッカとジン

Your knees are sore
 膝が痛いんだな

you must've been in the wars
 きっと戦争にでも行ったんだろ

There's something to celebrate in our lives and
 俺らの人生でもおめでたいことが何かあるさ
 てことで

here's where it begins
 これからが本番だね


Oh well see how we've grown
 まあしゃあない、俺らの成長ぷりでも見てくれや

   うう、うーうー

One is born every minute
 人は毎分、産まれるもんさ

you're never never alone
 お前さんはけしてけっしてひとりぼっちじゃない

   うう、うーうー

One is born - every minute of the day
 人は産まれる
 24時間毎分な


Dosey clocks to cause the volatile tots to
 気まぐれなガキども発生の原因はマヌケな時計

Sleep together if or never we're on this then
 一発ヤっちまいな
 俺達が一緒くたになる絶好の機会だぜ
 でまあ

Oh here we go, here we go, here we go again
 おっとまただ、まただね、またなんか

Dirty knickers pop music vodka beer and gin
 糞くだらねえ歌謡曲、ウォッカ、ビールとジン


Oh well see how we've grown
 まあしゃあない、俺らの成長ぷりでも見てくれや

   うう、うーうー

One is born every minute
 人は毎分、産まれるもんさ

you're never never alone
 お前さんはけしてけっしてひとりぼっちじゃない

   うう、うーうー

One is born - every minute of the day
 人は産まれる
 24時間毎分な


 うう、うーうー

 ららら、ららー
 らーらーらー

 うう、うーうー

 ららら、ららー
 らーらーらー

Oh well see how we've grown
 まあしゃあない、俺らの成長ぷりでも見てくれや

   うう、うーうー

One is born every minute
 人は毎分、産まれるもんさ

you're never never alone
 お前さんはけしてけっしてひとりぼっちじゃない

   うう、うーうー

One is born - every minute of the day
 人は産まれる
 24時間毎分な



XTC転じてデュークス・オブ・ストラトフィアな痛快小品。
テキトーかましてるようで作りこんでます。



問題のオアシスの新アルバムのタイトルは

(What's the Story) Morning Glory?


He's got morning glory and life's a different story
 奴は朝から元気びんびん、人生てのには違った展開もあるもんだ

(山)2016.8.27

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



ザ・ユニヴァーサル
ブラー
1995/11/13


さて世にゆう
1995年8月26日
Battle of Britpop
ブラー・オアシス戦争
でオアシスにスカされて

1995年9月11日発売4作目アルバム



ザ・グレイト・エスケープ
The Great Escape


より1回目カット8月14日発売、

カントリー・ハウス
COUNTRY HOUSE


が必殺のキラーであるにも関わらず王座はとりあえず譲ってやったよみたいな形になって
噴飯やる方なしブラー。
対するオアシス、
今度は不意をついて2ヶ月後に
そちらの必殺中の必殺

ワンダーウォール
WONDERWALL


を投入、
ところが悪いことはできないもんで
悪いことじゃ別に無いが
1995年11月11日2位初登場、
http://rocksblog.seesaa.net/article/443724660.html
Robson & Jeromeって連中のテレビもののしょーもないカバー曲にはばまれて結局1位にはなれず
あらまあ気の毒

数週間後
11月13日発売2回目カット投入が



ザ・ユニヴァーサル
THE UNIVERSAL




今度はブラーが引きの手に出る、荘厳バラードてゆやあバラード。
ただし只者じゃねえのは言うまでもなし。
デモの時はもっと速いテンポのレゲエ調でふざけてたんをアレックスくんの提案でこうなったとさ。
して
タイトルは当然、
ブラーが敬愛するスモール・フェイセズの1968年6月28日発売シングル

The Universal

https://youtu.be/o4eA1tGxLlI


に由縁するが
歌詞の内容は由縁するといえば由縁、しないといえばしないも
ちょこちょこっと訳せるもんで無し
またそうはしたくないのでまた別の機会として



こちらのザ・ユニヴァーサルは”普及品”って言う架空の抗うつ薬のこと



そ、それをカットしたのかと世間の声の中

英国チャート
13回目のヒットで、
1995年11月25日5位初登場、
http://rocksblog.seesaa.net/article/444241483.html
以後
11-18-27-29-(1996/1/6)33-45-63--
(2/24)99-(3/2)89位。
最高位5位。11週エントリー。





https://youtu.be/BrbxWOMpwfs




This is the next century
 これは来たる世紀

Where the universal's free
 そこはユニバーサルが無料のとこ


You can find it anywhere
 君はどこでもそいつを見つけられる

Yes, the future has been sold
 そう、未来は売られてしまった


Every night we're gone
 毎晩、僕らは出かける

And to karaoke songs
 カラオケを歌いにね


How we like to sing a long
 まったく僕らは一緒に歌うのが好きだね

Although the words are wrong
 歌詞なんか間違ってたってへいちゃら


It really, really, really could happen
 そゆうこと、マジでマジで起こりうるんだ

Yes, it really, really, really could happen
 そう、マジで、マジでマジで起こりうる

When the days they seem to fall through you,
 世の中が君をボロボロにするような日々が来たら

well just let them go
 そうただそうやってやり過ごしゃいい


No one here is alone,
 ここじゃひとりぼっちの者はいない

satellites in every home
 どの家にも衛星放送がある


Yes the universal's here,
 そう世界共通の世界がここにある

here for everyone
 ここは万人の為の場所


Every paper that you read
 君が読むどの新聞でも

Says tomorrow is your lucky day
 明日は君の吉日と書いてある

Well, here's your lucky day
 さあ、君の吉日の到来だ


It really, really, really could happen
 そゆうこと、マジでマジで起こりうるんだ

Yes, it really, really, really could happen
 そう、マジで、マジでマジで起こりうる

When the days they seem to fall through you,
 世の中が君をボロボロにするような日々が来たら

well just let them go
 そうただそうやってやり過ごしゃいい


Well, it really, really, really could happen
 そうさ、マジで、マジでマジで起こりうる

Yes, it really, really, really could happen
 そう、マジで、マジでマジで起こりうる

When the days they seem to fall through you,
 世の中が君をボロボロにするような日々が来たら

well just let them go
 そうただそうやってやり過ごしゃいい


Just let them go
   ただそうやってやり過ごしゃいい


Just let them go
   ただそうやってやり過ごしゃいい



「ユニヴァーサル」、スマホと変えればそのまま今日を見事に予言したお見事!
説明は無用だね
ウサを晴らすに、余計な嫌なことやり過ごすにこれほど便利なもんはござらん。
って
そうでしょあたしンちは何とまだガラケーなもんでわからんですが
いまだに鬼武者、パラサイト・イヴ、G1ジョッキー、トロやっとる立派なゲーマーなもんでわかります。

お手軽快楽はやり過ぎは麻薬級に脳を腐らす。

同録はアルバム未収録

2. Ultranol 2:43
アルトラノル
https://youtu.be/JvmZL5Bxrdc


3. No Monsters In Me 3:40
ノー・モンスターズ・イン・ミー
https://youtu.be/u2SRq_KwXKg


共に力七分のサービス曲。

とにかくそうゆうのでも入れないと昨今アルバムと別立てでシングルCDは買ってもらえへん。
別ヴァージョンも発売



The Universal II − Live At The Beeb



1 The Universal 4:11
2 Mr. Robinson's Quango 4:09
3 It Could Be You 3:21
4 Stereotypes 3:16



別に出すのもこの頃は恒例です。
PVは
やりやがったなデーモンくんお似合いの



時計じかけのオレンジ
CLOCKWORK ORANGE


https://youtu.be/vN-1Mup0UI0


仕立てや。

(山)2016.11.24

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



ステレオタイプス
ブラー
1996/2/12


さてブリットポップ元禄時代、
世はかまびすすいわやれ
Battle of Britpop
ブラー・オアシス戦争
だて大騒ぎ

1995年9月11日発売4作目アルバム



ザ・グレイト・エスケープ
The Great Escape


より1回目カット8月14日発売、

カントリー・ハウス
COUNTRY HOUSE


初戦はブラーの一人力み勝ち、
すかさずオアシス、不意をついての2ヶ月後

ワンダーウォール
WONDERWALL


で大逆転、
しからば

11月13日発売2回目カット

ザ・ユニヴァーサル
THE UNIVERSAL


https://youtu.be/o4eA1tGxLlI

英国チャート
13回目のヒットで、
1995年11月25日5位初登場、
http://rocksblog.seesaa.net/article/444241483.html
以後
最高位5位。11週エントリー。

相手にされず

3回目カット1996年2月12日発売、



ステレオタイプス
STEREOTYPES




今度はかまびすすいのは結局ブラーの大負けじゃん
さてあまり評判芳しく無いってか
アルバムはオアシスのが超連続1位をの最終週、こちらは42位と低迷してた時点の発売、
なんてのも
本人たちはさほど気にもせず
どうでもよくなってるだよ



ブラーはブラー、奴らは奴ら

わからねえかって皮肉屋本領発揮の選択でそりゃもう辛口なの
その評判悪いかってのの一曲目で



英国チャート
14回目のヒットで、
1996年2月24日7位初登場、
http://rocksblog.seesaa.net/article/447236439.html
以後
13-(3/9)27-47-(3/23)65--
(4/13)88-(4/20)93--
(5/4)91--
(5/18)91位。
最高位7位、9週エントリー。





https://youtu.be/JHH7krBwc0Q




The suburbs they are dreaming
 誰もが夢見る郊外住宅地

They're a twinkle in her eye
 女の瞳はそりゃもうキラキラしてる

She's been feeling frisky
 ウキウキした気分なのさ

Since her husband said goodbye
 旦那がいってきます〜て言って出かけたあとは


She wears a low cut T-shirt runs a little B&B
 女は胸の空いたTシャツを着てる、民宿を経営

She's most accommodating when she's in her lingerie
 一番愛想がいい時は下着のままの時


Wife swapping is the future
 夫婦交換こそこの世の未来

You know that it would suit you
 な、アンタにだってそりゃ願ったりかなったりだろ

Yes,
 そうさねええええ

they're stereotypes
 それが世の常

There must be more to life
 人生にゃもっと何かなきゃいかん

All your life you are dreaming
 人生ずっとアンタは夢見てる

And then you stop dreaming
 ここにきてアンタは夢見るのをやめた

From time to time you know
 だが時には、な、

You should be going on another bender
 もいちどハメ外してもいいんじゃねえか


The suburbs they are sleeping
 人々が眠りについてる郊外住宅地

But he's dressing up tonight
 だが今夜、男はおめかし中

She likes a man in uniform he loves to wear it tight
 女はユニフォーム姿の男がお好み、
 男はそれをぴっちぴちに着るのがお好み

They're on the lovers sofa
 奴らはソファーでイチャイチャ

they're on the patio
 テラスでイチャイチャ

And when the fun is over watch themselves on video
 お楽しみが終わったらテメエらをビデオで観てる


The neighbors may be staring
 ご近所さんがじっと観てるかもしんないが

But they are just past caring
 まるで気にもしてねえよ


Yes,
 そうさねええええ

they're stereotypes
 それが世の常

There must be more to life
 人生にゃもっと何かなきゃいかん

All your life you are dreaming
 人生ずっとアンタは夢見てる

And then you stop dreaming
 ここにきてアンタは夢見るのをやめた

From time to time you know
 だが時には、な、

You should be going on another bender
 もいちどハメ外してもいいんじゃねえか

Yes,
 そうさねええええ

There must be more to life
 人生にゃもっと何かなきゃいかん

they're stereotypes
 それが世の常

ぴようえ〜

ギタア

Wife swapping is the future
 夫婦交換こそこの世の未来

You know that it would suit you
 な、アンタにだってそりゃ願ったりかなったりだろ

Yes,
 そうさねええええ

they're stereotypes
 それが世の常

There must be more to life
 人生にゃもっと何かなきゃいかん

All your life you are dreaming
 人生ずっとアンタは夢見てる

And then you stop dreaming
 ここにきてアンタは夢見るのをやめた

From time to time you know
 だが時には、な、

You should be going on another bender
 もいちどハメ外してもいいんじゃねえか


Yes,
 そうさねええええ

There must be more to life
 人生にゃもっと何かなきゃいかん

they're stereotypes
 それが世の常

All your life you are dreaming
 人生ずっとアンタは夢見てる

And then you stop dreaming
 ここにきてアンタは夢見るのをやめた

From time to time you know
 だが時には、な、

You should be going on another bender
 もいちどハメ外してもいいんじゃねえか

Before you come to offend her
 その女のことを責める前によ〜



ブラーのこれが本分。
ちょっと間違えば男八代亜紀なムード演歌歌詞かもしれぬ
こたねえか
小市民、退廃の世紀末をいかんなく活写いたしてそうろう。



でアルバムとはまた違わなけりゃシングル出す意味は無いでござりますと
広げます
世の常一般人シリーズ
アルバム外



ザ・マン・フー・レフト・ヒムセルフ
The Man Who Left Himself




https://youtu.be/_3U-iB-YE1E




All good people
 全ての善人どもよ

your time will come
 いい時はもう目の前さ

Work forever
 永遠に働くのだ

and still not be done
 まだ終わっちゃいない

Close your tired eyes,
 くたくたの目を閉じてみろ

no one knows you've gone
 アンタがいなくなったって誰も気付きゃしない

It's not forever
 ずっとそうだってわけじゃねえが

but today you've become
 今日、アンタはなっちまったんだ

The man who left himself
 自分を捨てたやけっぱち野郎に


Don't belong here,
 ここじゃ受け入れてもらえねえんだよ

your heart beats too fast
 心臓はばっくんばっくんだ

Feel the mis-beat,
 不整脈を感じて

it starts and stops
 始まったね、止まっちまった

Don't be frightened,
 ビクビクするなよ

these things never last
 これでこの世の終わりってわけじゃない


Maybe tomorrow your time will have passed
 多分明日まではもつだろさ
 アンタの持ち時間が終わるには

It's the man who left himself
 そいつが自分を捨てたやけっぱち野郎てなもん

The man who left himself
 自分を捨てたやけっぱち野郎

ギタア

Love anyone
 誰からも愛されやしない

Love anyone
 誰からも愛されやしない

Love anyone
 誰からも愛されやしない

Love anyone
 誰からも愛されやしない

Love anyone
 誰からも愛されやしない

Love anyone
 誰からも愛されやしない

Love anyone
 誰からも愛されやしない

Love anyone
 誰からも愛されやしない

Love anyone
 誰からも愛されやしない

Love anyone
 誰からも愛されやしない

Love anyone
 誰からも愛されやしない・・・



ブラーURCフォーク編。
まるちゃんの額タテジワ族どよよーん満載の
ボイちゃんの世界を売った男とくらべて下さい90年代はこないになりましたと
皆さん、涙目で手拍子なされたあとは
続アルバム外



テイム
Tame


https://youtu.be/GxSqGpUo7ZI




Disguise this morning
 今朝は何とかごまかしてみな

Airplane passes
 飛行機がとんでる

At this light angle
 ちょうどいい具合に

Second one follows
 二つ目が続いてる

Reaching no evidence
 証拠はまだ残ってる

Continues to baffle her
 女は疑い続けてる

But she's not stupid
 だが馬鹿じゃないぞ

She's just friendly
 ただ上っ面で愛想よくしてるだけ


I don't know what to do
 俺はどうしたらいいかわからない

Today is up to you
 今日はお前次第

Can I pass through you?
 俺はお前を騙すことが出来るのだろうか?

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ


Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ


Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ


Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 言うことを聞いて


Applause in background
 拍手喝采の中

Their coffee mornings
 二人の朝のコーヒータイム

The show Bonanza's and
 ツイてる時はもう終わり

What to buy there
 そこで何を買ったのか

So taste of horrors
 そう恐怖を味わうのだ

Oh well city's hot
 まあね、街はにぎやかなもんで

You fall to pieces well
 人は我を忘れるもんだ

I must be dreaming
 俺は夢でも観てたんだな


I don't know what to do
 俺はどうしたらいいかわからない

Today is up to you
 今日はお前次第

Can I pass through you?
 俺はお前を騙すことが出来るのだろうか?


And I don't know what to do
 俺はどうしたらいいかわからないだよ

My absence is due
 追い出されるは確実

Can I pass, can I?
 切り抜けられるか、できるんか?

・・・・・・・


Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ


Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ


Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ


Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 言うことを聞いて


I don't know what to do
 俺はどうしたらいいかわからない

Today is up to you
 今日はお前次第

Can I pass through you?
 俺はお前を騙すことが出来るのだろうか?


And I don't know what to do
 俺はどうしたらいいかわからないだよ

My absence is due
 追い出されるは確実

Can I pass through you?
 俺はお前を騙すことが出来るのだろうか?


Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ


Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ


Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ


Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 言うことを聞いて


Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ


Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ


Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ


Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 おとなしくしてろ

Tame
 言うことを聞いて



これだけ繰り返して「おとなしくしてろ」「言うことを聞いて」と訳しといてなんですが

Tame

の訳は

飼いならされた男

としてもいいんじゃないかとか今思った。

人間、情けないほど小さなもん

見事なる小市民三部作の〆です。

(山)2017.2.23

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすブラーのページ。

ろっくすブリット・ポップのページ。

資料

資料(英版)

−−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.muzie.ne.jp/artist/a001909/

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.
..
.