日刊ろっくす 前日のThAnk YoU rocks   top   back

160820-20.jpg160820-21.jpg
160820-22.jpg160820-23.jpg

ろっくす超大特選盤

Walking Man - James Taylor
ウォーキング・マン ジェイムス・テイラー

http://rocksblog.seesaa.net/article/440879480.html
All songs were written and composed by James Taylor where not otherwise noted

Side A
1. "Walking Man" – 3:30
2. "Rock 'n' Roll Is Music Now" – 3:25
3. "Let It All Fall Down" – 3:30
4. "Me and My Guitar" – 3:30
5. "Daddy's Baby" – 2:37

Side B
1. "Ain't No Song" (Joey Levine, David Spinozza) – 3:28
2. "Hello Old Friend" – 2:45
https://youtu.be/drXTI6wRTlo
3. "Migration" – 3:14
4. "The Promised Land" (Chuck Berry) – 4:03
5. "Fading Away" – 3:32

Personnel
James Taylor – acoustic guitar, vocals
Kenny Ascher – Fender Rhodes electric piano, piano
Kenny Berger – baritone saxophone
Michael Brecker – tenor saxophone
Randy Brecker – trumpet
Peter Gordon – French horn
Don Grolnick – piano, Hammond organ, Vox humana,
Howard Johnson – tuba
Ralph MacDonald – percussion
George Marge – oboe
Rick Marotta – drums
Linda McCartney – vocals
Paul McCartney – backing vocals
Hugh McCracken – electric guitar, acoustic guitar, harmonica, backing vocals
Andy Muson – bass
Gene Orloff – strings
Barry Rogers – trombone
Alan Rubin – trumpet
Ralph Schuckett – clavinet
Carly Simon – vocals
David Spinozza – electric guitar, acoustic electric guitar, music producer, Wurlitzer electric piano
George Young – alto saxophone
Harry Maslin - Recording and Mixing Engineer

1974年6月1日発売5作目。

A5、A1とシングル2枚カットもヒット無しつう世間じゃ地味盤も
それを含めてしみじみとした味わいの深さは筆致に尽くせん素晴らしさ98点。

米最高位13位。


160820-01.jpg

ウォーキング・マン
ジェイムス・テイラー
1974/9


1970年
Fire and Rainにて一躍時代の寵児、
シンガー・ソングライターの代表格として世にはばかったはJT兄さん。
以来3年、出すアルバム出すシングル、入れ喰い状態で大ヒット、
同僚同志たるカーリー・サイモン姐さんと結婚して二人でノロケシングルも大ヒット、
これほどいいことはまず続かないであろうって絶頂期に出しましたは

1974年6月1日発売5作目アルバム

160820-19.jpg

ウォーキング・マン
Walking Man


プロデュースをピーター・アッシャー師から
ポールやジョンのビートルズと関係深きギタリスト、デヴィッド・スピノザ師にチェンジ、
録音を東海岸NYにしての心機一転図りて世に問うたら
これがブレーク後初のベスト10落ち最高位13位止まりになっちまいまして
売上もゴールド届かず30万枚くらい
評論家共はこき下ろすしなんでやねんな結果に終わったのは何故なんや?
の今日は巻。

元々、地味は地味なんだし地味だからって理由は当てはまらんだなや。
それともその地味に我慢に我慢を重ねてきた世間がついに切れて見放したんか?

結婚を機会に。

祝福するくせに世の中は他人の幸福が嫌い。

なんて想像だけしてないで音楽の中身を見るべし
カット・シングルからそを推し量るべく

第一弾は

160820-00.jpg

フォール・ダウン
Let It All Fall Down


160820-03.jpg

8月発売。アルバムA面3曲目。

陣容は

Acoustic Guitar – James Taylor
Backing Vocals – Carly Simon, James Taylor, Paul & Linda McCartney
Bass – Andy Munson
Drums – Rick Marotta
Electric Guitar – Hugh McCracken
Electric Piano – Kenny Ascher
Percussion – Ralph MacDonald

https://youtu.be/tlpmjkkIiQM


はい、これはもうゲストに奥方さま、
そればかりかポールとリンダのマッカートニー夫妻が参加してくれましたでシングルとしたのでしょう



あんた、それならもうちっとシングル向きの曲を用意すりゃええのに
さすが天然トンパチJT兄貴
こりゃ完全にそんな気は無いアルバム内曲で
みんなでよってたかってフォールダウンして。

そのへんアッシャー師なら気を回したに違い無いです。


完全にチャートに無視されて
こりゃあかんとアルバム・タイトル曲カット9月発売

ウォーキング・マン
Walking Man


陣容は

Acoustic Guitar – James Taylor
Backing Vocals – James Taylor
Bass – Andy Munson
Drums – Rick Marotta
Electric Guitar – David Spinozza
Electric Piano – Kenny Ascher
Percussion – Ralph MacDonald
Semi-Acoustic Guitar – David Spinozza
Strings, Concertmaster – Gene Orloff

これは気合入り。
地味は地味でも。

https://youtu.be/dKF8IzBmp74




Moving in silent desperation,
 黙ってやけになって動いて

Keeping an eye on the Holy Land.
 聖地から目を離さず


A hypothetical destination,
 仮定的目的地

say,
 言ってくれ

Who is this walking man?
 誰なんだこの歩く男は?


Well, the leaves have come to turning
 そう、葉っぱは色を変えた

And the goose has gone to fly,
 ガチョウは飛び立った

And bridges are for burning,
 橋は燃えるために有り

So don't you let that yearning pass you by.
 そして君はあの切なる望みを素通りさせるままにしておくのか

Walking man,
 歩く男

walking man walks.
 歩く男が歩く


Any other man stops and talks
 誰だって立ち止まり話すもんだ

But the walking man walks.
 だがその歩く男は歩く


Well the frost is on the pumpkin
 そう、カボチャには霜

And the hay is in the barn.
 干し草は納屋に有る

Pappy's come to rambling on,
 パパがとりとめもなく話に来る

Stumbling around drunk down on the farm.
 農場で酔っ払って千鳥足で


And the walking man walks.
 歩く男は歩く

Doesn't know nothing at all.
 まったく何もわからずに

Any other man stops and talks
 誰だって立ち止まり話すもんだ

But the walking man walks on by,
 だがその歩く男は歩き続ける

walk on by.
 歩き続けるんだ



Most everybody's got seed to sow.
 ほとんどはだれでも蒔く種を持ってるもの

It ain't always easy for a weed to grow,
 雑草だって育つにはいつも簡単なことじゃない

oh no.
 そう、そうなんだ

So he don't hoe the row for no one,
 だから彼は鍬を入れるに人を選ばない

For sure he's always missing,
 確かに彼はいつだって所在不明

And something ain't never quite right.
 けして正しいとは言えない何か

Ah, but who would want to listen
 ああだけど誰か聞きたい者がいるのか

To you kissing his existence good night?
 彼がいておやすみのキスをしてる君に?

Walking man.
 歩く男

Walk on by my door.
 僕の玄関まで歩く

Well, any other man stops and talks
 そう誰だって立ち止まり話すもんだ

But not the walking man.
 だが歩く男は違う


He's the walking man,
 彼は歩く男

born to walk,
 歩くために生まれた

Walk on walking man.
 歩け歩く男


Well now, would he have wings to fly?
 そう今
 彼には飛ぶための羽根があるのか?

 いええ
 おおーおー

Would he be free?
 彼は自由?

Golden wings against the sky,
 空に立ち向かう金色の羽根


Walking man, walk on by.
 歩く男よ、歩き続けるんだ

So long, walking man.
 あばよ、歩く男

So long,
 さいなら



地味は地味でも滋味でございます
噛めば噛むほど味わい増すワビー&サビーの名品

だぎゃな

こらーー!

ヒットチャートではわけのわからん歌詞は拒否されますな
禅問答丸出し曲。

心機一転致しますって気持ちは伝わるですだろうが

またもや
完全にチャートに無視されて

上記2シングルともB面は

160820-02.jpg

ダディーズ・ベイビー
Daddy's Baby


Acoustic Guitar – James Taylor
Backing Vocals – Carly Simon
Vox Humana Organ – Don Grolnick

裏面ですからそりゃ思いっきり地味を謳歌する

https://youtu.be/HX6IBiA3yqc


ウルトラB面曲おめでとう。

でアメリカではここで諦めるとゆう2ゲーム目は捨てたか女史バトミントン決勝戦怖いデンマークのコンビみたいな。

だが
ポルトガルとオランダで3枚目が出ました。
アルバムB面1曲目
唯一兄貴以外作
オハイオ・エクスプレスのヤミヤミヤミを書いたジョーイ・リーバイン師と
デヴィッド・スピノザ師による

160820-04.jpg

エイント・ノー・ソング
Ain't No Song


160820-05.jpg

陣容は

Acoustic Guitar – James Taylor
Backing Vocals – Carly Simon, James Taylor, Peter Asher
Bass – Andy Munson
Clavinet – Ralph Schuckett
Drums – Rick Marotta
Electric Guitar – David Spinozza, Hugh McCracken
Electric Piano – Kenny Ascher
Percussion – Ralph MacDonald
Written-By – David Spinozza, Joey Levine

荒井のユーミンさん到来のそりゃわざわざ自分以外のをやるんですからいい曲すごく

https://youtu.be/AB5oEaL47-A




There ain't no melody
 メロディが浮かばない

and I can't find a harmony.
 ハーモニーが見つけられないんだ

If there were a way to say it,
 それを言うやり方があるんなら

you know I would have played it.
 だろ、僕はプレイする


Well, I'm a man of few words,
 そう、僕は無口な男

trying to find a rhyme
 唄を見つけようとしてる

And finally it occurred to me that I'm wasting my time.
 で、ついに気付いたんだ
 時間の無駄だって

There ain't no rhyme or reason,
 唄もネタも無い

ain't no time or season,
 時間も時期も無い

Ain't no way around it,
 取っ掛かりもないのに

I know I would have found it.
 わかってる
 僕はそれを見つけたんだろう

There ain't no song in the whole wide world
 全世界に唄なんか無い

could hardly sing without you.
 君がいなけりゃ唄えないんだ

There ain't no song in the whole wide world
 全世界に唄なんか無い

to tell you the way that I feel.
 僕の気持ちを君に伝えられるようなのは


Painters use their eyes
 絵かきは目を使う

to show us what they see
 見ていることを僕らに伝えるために

But when that canvas dries we all see it differently.
 けどそのキャンバスが乾いたら
 僕らは皆それを違うように見る

There ain't black or white,
 黒でも白でもなく

there ain't no day or night.
 昼でも夜でもなく

Ain't no way around it,
 取っ掛かりもないのに

I know I would have found it.
 わかってる
 僕はそれを見つけたんだろう


There ain't no song in the whole wide world
 全世界に唄なんか無い

could hardly sing without you.
 君がいなけりゃ唄えないんだ

There ain't no song in the whole wide world
 全世界に唄なんか無い

to tell you the way that I feel.
 僕の気持ちを君に伝えられるようなのは


There ain't no melody
 メロディが浮かばない

and I can't find a harmony.
 ハーモニーが見つけられないんだ

If there were a way to say it,
 それを言うやり方があるんなら

you know I would have played it.
 だろ、僕はプレイする


There ain't no song in the whole wide world
 全世界に唄なんか無い

could hardly sing without you.
 君がいなけりゃ唄えないんだ

There ain't no song in the whole wide world
 全世界に唄なんか無い

to tell you the way that I feel.
 僕の気持ちを君に伝えられるようなのは


singin
 唄うんだ

No, no, no, no,
 だめだめだめだめ

I might as well pack it on up,
 やめちまったほうがマシ

Not even this song's gonna tell you the way that I feel.
 この歌だって僕の気持ちを君に伝えられるような唄じゃない

no song
  唄なんか無い

no song
  唄なんか無い

 あーあーあー


no song
  唄なんか無い

Not even this song's gonna tell you the way that I feel.
 この歌だって僕の気持ちを君に伝えられるような唄じゃない


no song
  唄なんか無い・・・



いい曲すごく

ですが

こらーーーっ!

歌詞が回りくどいぞ。

兄貴の顔を思い出しながら書いたらこうなったのかもしれんが。

とか
アメリカ本国ではさすがにSSWで鳴らしてるんでオールディーズ・カバーならいざしらず
カットするわけにはいきませんで

次は
これらの点を反省して
生活を維持するためにも
シングルぐらいはせめて・・・

作戦いたす模様です。

(山)2016/8/20
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすJTのページ

資料

英語資料

−−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.muzie.ne.jp/artist/a001909/

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.