前日のThank YOU 日刊ろっくす rocks   top   back

150221-20.jpg150221-21.jpg
150221-22.jpg150221-23.jpg

ろっくす超大特選盤

*時は72年、グラム・エラ真っ盛り、な時にルー・リードさんの2ndはジギイ・スターダストで飛ぶ鳥を落とす勢いのデビッド・ボウイ&ミック・ロンソン両氏のプロデュースで製作されました。ジャケもご覧の通りお化粧まっちろでグラームでござりますが、まず最初にこいつはとんでもなき名作です。ルー・リードさんを元来嫌いな人でもこれだけはやられる可能性大、誰が歌ってようが誰が絡んでようがどこの誰だかやってるのか知らなかったとして聴いてもまずもって捕まってしまいます、きっと。まだ未聴の方はだまされたと思って買ってしまわれるのが一番近道\(^o^)/。大丈夫です。怖い音楽でも暗い音楽でも鼻につく音楽でもありません。ただ男の人が歌っていてそれが素敵な曲ばかり。聴いた後はいつのまにかサテライト・オブ・ラ〜ブって鼻歌歌っちゃってる自分発見です。とんでもないとこでやっちゃって赤面したりして(^0^)。製作担当のボウイちゃんはルーさん、ルーさんて書くと大柴さんみたいだけど、はは、すげえ大ファンだったりして、えー、ルーさんのいたヴェルヴェット・アンダーグラウンドの大ファンだったそう。で、大好きな人のプロデュースで「お願い、どーかヴェルヴェッツみたいにやって〜、おねがいー」と。よっしゃっと世紀の都会わらべ唄バンドだったヴェルヴェッツと同じ精神の総わらべ唄状態。70年代を通じて脱力ヴォーカル選手権大会チャンピオン保持者のメンツにかけてだらーっと気合を入れてまあしかし良い曲ばかり作ったもんだ。ボイさんミックさんもそれに答えて自身のアルバムでの派手な展開はぐっと抑えて好サポート、そこにはこれだよのアレンジとてもとても素敵です。ボイちゃん発見つうのは前記サテライト・オブ・ラブでの「あーあっうおおおー」くらいだもんなあ。シングル・ヒットも出ました。「ワィルドサイドを歩け」。子供は内側大人は車道側ね。あ、それは知ってるって方はなお安心、あれに匹敵するやつばかりがこれには詰まっておるのだ。あ、あと一つだけ。ジャケはこうだけど中身は派手派手グラマーしてません。いたって落ち着いた、落ち着いたって言っちゃあれかもしれんが、音楽です。とにかく形容でけん。大好きです。

(マスター〜ヤマ)04.4.5


150221-00.jpg

ワイルド・サイドを歩け
ルー・リード
1972/11/8


兄さんのご帰還。
Lewis Allan "Lou" Reed、1942年3月2日NYブルックリン生まれ
情緒・優しさ・ナイーブ・芸術家気質の魚座。
かの名だたるヴェルヴェット・アンダーグラウンドの二大フロントマンの一人。
かねてから尊敬してた後輩、
火星から蜘蛛に変身してやって来た二人星人、
デヴィッド・ボウイー氏と、
特に会ったら即直立不動しちゃうほどぞっこんベタボレだったミック・ロンソン氏の

「兄貴、頼むからハッスルしてくだせえ。
好きなようにやってくれれば俺らが面倒くさいことはカタ付けますから。」

の尻馬に乗って

「よっしゃ。ここはひとつおめえらにまかせてやってみんか。」

サウンド・アレンジとプロデュースをやらしてぶっ放しました。

1972年11月8日発売2作目アルバム

150221-19.jpg

トランスフォーマー
Transformer


で、
同日、これっきゃありませんぜのウルトラ・キラー・チューンをそこよりシングル・カット。

150221-01.jpg

ワイルド・サイドを歩け
WALK ON THE WILD SIDE


少なくとも俺らはイギリスじゃグラム・ヒーローですからあっちじゃ売れます。
の予想をはるかに超えて
まずは本国アメリカで、
アメリカじゃグラムなどどーでもえーならに
ただボイちゃんはとにかく英国より先行で大人気者だったに
ボイちゃんがやったならってんで
あの気色悪い何考えてるかわかんねーおっさんだって
の目に
ボイ?誰それ?ルー?大柴かそりゃ?
の方々をも
こりゃ傑作!なんかわかんねーけどカッコいいしおもしれー
てんで


1973年2月17日92位初登場、
http://rocksblog.seesaa.net/article/414191007.html
以後
84-72-54-46-41-(3/31)31-28-24-19-(4/28)16-16-20-(5/19)32位。
最高位16位。14週。

じわじわ来てどっかーん。

慌てたエゲレス、追っかけて


1回目のヒットで、
1973年5月12日32位初登場、
以後
24-17-(6/2)10-13-13-28-(6/30)30-(7/7)42位。
最高位10位。通算9週。

にとどまらず

150221-04.jpg

150221-05.jpg

スペイン21位。

150221-06.jpg

オランダ15位。

150221-07.jpg

イタリア17位。

150221-08.jpg

フランス13位。

ドイツ67位。

オーストリア57位。

スイス39位。

150221-09.jpg
↑ポルトガル盤

日本(Waiting for the Man: Live版)29位。

ワイルドなルー、
粋なトーキング・シンギングでまるでニュー・シネマをウォッチしてるみたいなソングをシンギンさ

150221-02.jpg
↑米盤

http://youtu.be/0KaWSOlASWc




Holly came from Miami, F.L.A.
 ホリーはフロリダ州マイアミからやってきた

Hitch-hiked her way across the U.S.A.
 道のりはヒッチハイク、アメリカ合衆国横断

Plucked her eyebrows on the way
 途中で自分の眉毛を抜いて

Shaved her legs and then he was a she
 すね毛を剃って、で彼は彼女になった

She says, "Hey, babe,
 彼女は言う
 「ヘイ、ベイブ

Take a walk on the wild side."
 ヤバいことしてみない。」

Said, "Hey, honey,
 言うんだ
「ヘイ、ハニー

Take a walk on the wild side."
 ヤバいことしましょうよ。」


Candy came from out on the Island
 キャンディはロングアイランドあたりからやってきた

In the back room she was everybody's darling
 楽屋じゃアイツは皆んなの愛人

But she never lost her head
 けどけしてのぼせ上がることなどなく

Even when she was giving head
 フェラ屋してる時でさえ

She says, "Hey, babe,
 アイツは言うね
 「ヘイ、ベイブ

Take a walk on the wild side."
 道を踏み外しましょうよ

Said, "Hey, babe,
 言ったんだ「ヘイ、ベイブ

Take a walk on the wild side."
 外道になりましょ。」

And the colored girls go
 そして色付き娘たちが歌い出す

"Doo do doo do doo do do doo..."
 どぅっどぅどぅ、とぅ、どぅうっ、どぅぅどぅどぅ
 ドゥどぅっどぅ、どぅどぅ、どぅっどぅどぅどぅ
 とぅどぅっ、どぅっどぅどぅう

 とぅるーとぅる、とぅるー、とぅーっとぅるっ
 とぅるーとぅる、とぅるー、とぅーっとぅるっ
 とぅるーとぅる、とぅるー、とぅーっとぅるっ
 とぅるーとぅる、とぅるー、とぅーっとぅるっ
 どぅーーーー


Little Joe never once gave it away
 ハスラーのリトル・ジョーは一度たりとも負けることが無かった

Everybody had to pay and pay
 誰も彼もぶんどらてぶんどられるが義務みてえなもん

A hustle here and a hustle there
 こっちで奮闘、あっちでハッスル

New York City's the place
 ニューヨーク・シティなんてそんなとこさ

Where they said, "Hey, babe,
 そこじゃ言われてるね
 「ヘイ、ベイブ

Take a walk on the wild side."
 外道な道を歩まにゃ。」

I said, "Hey, Joe,
 俺は言ったね
 「ヘイ、ジョー

Take a walk on the wild side."
 外道で生きるんだよなお前は。」


Sugar Plum Fairy came and hit the streets
 シュガー・プラム・フェアリーはやってきて街に繰り出す

Looking for soul food and a place to eat
 ソウル・フードと喰える店を探して

Went to the Apollo
 アポロに行った

You should've seen them go, go, go
 お前さんは奴らがゴーゴーを踊るのを見るべきだったな

They said, "Hey, sugar,
 連中は言ったぜ
 「へい、シュガ

Take a walk on the wild side."
 ワイルドに生きようぜ。」

I said, "Hey, babe,
 俺は言ったさ
 「ヘイ、ベイブ

Take a walk on the wild side."
 ワイルドに生きよう。」

All right,
 いいね

huh
 はっ


Jackie is just speeding away
 ジャッキーはただぶっ飛ばした

Thought she was James Dean for a day
 思ったんだ
 アイツは一日だけジェイムズ・ディーンになれたと

Then I guess she had to crash
 それなら思うね
 アイツは激突事故しなきゃなんねえと

Valium would have helped that bash
 抗不安薬ジアゼパムは車をペシャンコにしたってへいっちゃらな気分

Said, "Hey, babe,
 言ったわ
 「ヘイ、ベイブ

Take a walk on the wild side."
 ワイルドがイチバン!」

I said, "Hey, honey,
 俺は言ったね
 「ヘイ、ハニ

Take a walk on the wild side."
 ワイルドがイチバンだね。」

And the colored girls go
 そして色付き娘たちが歌い出す

"Doo do doo do doo do do doo..."
 どぅっどぅどぅ、とぅ、どぅうっ、どぅぅどぅどぅ
 ドゥどぅっどぅ、どぅどぅ、どぅっどぅどぅどぅ
 とぅどぅっ、とぅるー、どぅっどぅどぅう

 とぅるーとぅる、とぅるー、とぅーっとぅるっ
 とぅるーとぅる、とぅるー、とぅーっとぅるっ
 とぅるーとぅる、とぅるー、とぅーっとぅるっ
 とぅるーとぅる、とぅるー、とぅーっとぅるっ
 とぅるーとぅる、とぅるー、とぅーっとぅるっ
 とぅるーとぅる、とぅるー、とぅーっとぅるっ
 とぅるーとぅる、とぅるー、とぅーっとぅるっ
 とぅるーとぅる、とぅるー、とぅーっとぅるっ
 どぅーーーー

サックスぶえぇええ



いやもー
このアメリカの正体を遠慮のう喝破した歌詞に
ヘロインで歯抜けになったヘロヘロへろに
呼応しおった
ロンソン師のウルトラ・アレンジたら
天から降ってきた
コントラバス・ダブルよ。
名手ハービー・フラワーズ師匠が奏でる。
ギャラは一回分だって文句たらたらだったみたいだが。

せり上がってくる色付き娘隊のド黒いコーラスのアイデアてブラヴォ。

最後のエグいバリトン・サックスは
ボイちゃんにサックス手ほどきした
ビートルズの「サボイ・トラッフル」で吹いてた
ジャズ畑のロニー・ロス師。

聞いちまったら
誰も彼もがワイルド道闊歩したくなる有り様じゃあござんせんか。
ヘイベイブ。

150221-03.jpg
↑米盤

(山)2015.2.21

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすルー・リード師のページ

資料

資料(英版)


English Here

.
−−−−−−−−−−−−−−−

閲覧ありがとうございます。
僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA


−−−−−−−−−−−−−−−−−



.
みなさんオピニオン
マスター> まあ家族会議まで。ありがとうございました。
name : くまっち
comment : 「メタルマシーン・ミュージック」は置いといて、ベルベット卒業後、「ベルリン」への移行期に、ちょうどボイたんがプロデュースしてくれたよね、と家の者と背景を語り合いました。樂曲的には、プリティなナンバーが多いですね。「ワイルドサイド、、」はウォホール・ピープルへの賛歌(このファミリーの特集、いつか組んで頂けたら、思い残す事はございません) Candy Darlin No return♪  そしてルーおじさんにとって難産であったと、後に語っていたパーフェクト「ベルリン」は、バックのメンバーにも恵まれ、都市生活者の心の闇を抒情詩として、時に突き放すように描ききったのでした。けだるい感情移入のなさが、悲しみを誘います。これに対して「トランスフォーマー」は「明」な作品であると家族会議がまとまりました。
how : rocks
マスター> 音楽のばやいそのアルバムを聴くとゆうことが最大の思い出かと思いますです。そしてボイちゃんはかなり良い人かと。はい。頭もかなり聡明かと。やはり。覚悟もかなりかと。 [04/06 07:25]
s.maria> 自分に実際にそんなすばらしい思い出があるわけじゃないけれど、パーフェクト・ディは泣けますぅ。ボウイは好きな人の作品に参加すると惜しげもなく愛と尊敬を提供しますよねーぢつはイイ人なのかしら(笑) [04/05 23:37]
マスター> 本日はルー・リードさん。聴いたら最後、もう知らないよの名作だ。 [04/05 08:48]