まほのガーデン 日刊ろっくす 前日のThAnk YoU rocks   top   back


ろっくす超大特選盤


ディソレーション・エンジェル
バッド・カンパニー
1979/3/17


バッド・カンパニー来日!
オリジナル・メンバーで。
と申してもボズ・バレル氏、ああ、ボズおじさんは2006年に涅槃へ旅立ってしまった。
だから3人で。
昨日、
ベストヒットUSAでその21世紀お姿を見て、まったくもって健在を知る。
ロジャース師は更に歌神となり、カーク氏はいまだ張り切り坊主、
そしてミック氏は、二人ギタリストがいてどっちがどっちだかわからんかった。
あの童顔さんがわからんとな。
さすがに観たいぞ。
ああ観たい。
先立つモノがない。
お馬さんに願いを託すか。
その時まで・・・・
願をかけるのだ

ディソレーション・エンジェル
孤独の天使たち




に。
1979年3月17日発。5枚目。
まだやってたのかと言われたアルバムだ。

やってたんだよ。



不埒にもバドコはどんどん駄目になったとか言う輩がおって、
トンデモナイやつら神様じゃよ。
ただね
衝撃と共に登場して、ワシら衝撃受け、本人たちもそりゃ衝撃で、
その後はその衝撃が過ぎただけだ。
元々大輪大樹のハードロック、
いささかも揺らぐことは無し。
問題があるとしたら
時が過ぎて廻りに味方がいなくなったことだけ。
”まだやってたのか”の空気だけだ。

まだやってるんだよ。



こんな風に



Side one

1. "Rock 'n' Roll Fantasy" (Paul Rodgers) – 3:20
ロックン・ロール・ファンタジー

ヒットシングルを求められるロックバンドになっていたのだ。
無くてもモンダイないと言われながら。無くては終わったと言われる。
それで出来るからさらに言われる。それがこのシングル。
時代に迎合したと言いたい奴らは言う。

2. "Crazy Circles" (Paul Rodgers) - 3:32
クレイジー・サークル

http://www.youtube.com/watch?v=af46TPfaAIE


ところが実は廻りがどうあろうと、ちっとも関係無いのが、このロジャース氏で、
平気でこんな同じことが出来るのだ。
同じことが出来るって最高じゃないか。しかも同じ気迫で。

3. "Gone, Gone, Gone" (Boz Burrell) - 3:50
ゴーン、ゴーン、ゴーン



2ndシングルが存在した。
健在だと知らしめるファンタジーで納得した世間をよそに。
このアルバムで今までで一番活躍するボズ・バレル氏の手のよるもの。
いっそのこと、ご自身で歌われればいいと思うが、
これがまたロジャースの為に、正に書かれたもので
第3のバドコの味を作り出す。
得意技ぶぶぶぶステディベースに乗って。
控えめな鉄人は才人なのだ。

http://www.youtube.com/watch?v=3u2iqC6bGww




いえいいえいーいあ

ああ、俺にはちっとばっか厄介なちっちゃな神様がいた
だが俺はそいつとずっと一緒だった
いあ

俺のベイビーが今、ドアの外に出て行った
アイツは言ったんだ
この時は永遠だって

そんなこたあ初めてじゃない、ベイベー
ベーイビ、最後でもないだろう
俺はガキどものいるとこにでも行った方がいいか
そんでさっさと何か酒を喰らえばいい

何故って、アイツは行って、行って、行ってしまった
俺はハッピーなのかどうかわからん
哀しいのかどうかわからん
アイツは行って、行って、行ってしまった
泣くかどうかわからん
笑い死にするかどうかわからねえよ

んーーんんーー

ああ、俺はお前の愛を失って嘆くんだろうよ
お前の香り、お前の笑い顔

俺はお前が俺の酒を全部盗み飲みしたことを懐かしむんだ
年がら年中話してたこともな

俺はお前が家の周りを掃除してたことを懐かしむ
俺のブルースを助けてくれたこともな

お前にはわかってる
俺が思ってることを
自分の召使を持つんだろうって
で、ソイツを船旅に連れて行くこともイエイ

そんなこたあ初めてじゃない、ベイーベー
ベーイビ、最後でもないだろう
俺はガキどものいるとこにでも行った方がいいか
そんでさっさと何か酒を喰らえばいい

何故って、アイツは行って、行って、行ってしまった
俺はハッピーなのかどうかわからん
哀しいのかどうかわからん
アイツは行って、いえい
泣くかどうかわからん
笑い死にするかどうかわからねえよ

いえいいえい

スライドギター

あああああいいえい

そんなこたあ初めてじゃない、ベイーベー
ベーイビ、最後でもないだろう
俺はガキどものいるとこにでも行った方がいいか
そんでさっさと何か酒を喰らえばいい

いえい

何故って、アイツは行って、行って、行ってしまった
俺はハッピーなのかどうかわからん
哀しいのかどうかわからん
アイツは行って・・・・
泣くかどうかわからん
笑い死にするかどうかわからねえよ

あ、ああ、いえい

泣くかどうかわからん

笑い死にするかどうかわからねえよ

俺はずっと一緒だった

何故って、アイツは行って、行って、行ってしまった

俺はずっと一緒だった
何故って、アイツは行って、行って、行って、行って、行ってしまった



4. "Evil Wind" (Paul Rodgers) - 4:22
イーヴル・ウィンド



なので世間の風など知らんロジャースは張り切る。
今までは哀愁専門だったのが、ハードにも大参戦。凹むどころか嬉しそうだぞ。

5. "Early in the Morning" (Paul Rodgers) - 5:45
アーリー・イン・ザ・モーニング

もちろん哀愁だってやらせて貰います。ほら夜明けの刑事パート15部だ。
こうゆう歌は2876曲はやっており、その区別はつきます。

Side two

1. "Lonely for Your Love" (Mick Ralphs) - 3:26
ロンリー・フォー・ユア・ラヴ

そしてラルフス氏はどうしてるのかとゆうと。
ロジャース君が頑張ってるのでその分はお任せ。
自分はしたいことをする。
まずはお得意、キャント・ゲット・イナフなブギ。
軽妙洒脱がテンパる歌声を呼ぶぜ。



2. "Oh, Atlanta" (Mick Ralphs) - 4:08
オー・アトランタ

リトル・フィートの名曲とは同名異曲。しかし確実に意識しちょる。
違うフィートの曲を。ディキシー・チキン・アルバムの気配を、あの唯一の気配に乗りました。
ラルフス氏がこれまでに無い作風を獲得。
ギターソロの場面の南さったらどうだ。

http://www.youtube.com/watch?v=sVSMU_mM1Bg


3. "Take the Time" (Mick Ralphs) - 4:14
テイク・ザ・タイム

ラルフス氏が今度はロジャース氏の牙城に入る。
しかしそこはそれ、哀愁も軽妙です。で、そこはそれ、これまたリトル・フィートに接近。
やはりチキン・アルバムの”フール・ユアセルフ”へ。
そんなことをして成功した奴はおらんので喜。
ギター・ソロはもちろんスライド。



4. "Rhythm Machine" (Simon Kirke/Boz Burrell) - 3:44
リズム・マシーン

まさにバンドの”リズム・マシーン”のお二人が共作のファンキークッキードンキーチューン。
ゆうのうわらいみーん?
どうゆうことかわかっか?
と問い掛けられて、
もちろんさねオブコース
と答えよう。ぜし。
このセンスはあの歌のあれと同様だが、それが何かなはて?
あれだよ、リンダ・ロンシュタット嬢の”悪いあなた”だ。

5. "She Brings Me Love" (Paul Rodgers) - 4:42
シー・ブリングス・ミー・ラヴ

http://www.youtube.com/watch?v=1VOWTClT3T0


〆は、哀愁〆。酢締め。ロジャースさんの哀愁ジメ。
だらだらするのはお約束。
ここではだらだらしてなきゃいかんのである。
迂闊に力を使い果たして貰っては困る。

何年か後、また

まだやってたのか

と言われるために。

ずっとまだやってんだよ。

(山)2010.9.8

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

ディソレーション・エンジェル

Desolation Angels


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

Gone, Gone, Gone


Well.
I been having a litlle trouble lord.
But I'm keepin it together.
yeah.
My baby just walked out the doors.
She said this time forever.

It ain't the first time baby.
Baby.
it won't be the last.
I'd better get the boys round.
And do some drinkin' fast.

Cause she's gone, gone, gone.
I don't know if I'm happy.
I don't know if I'm sad.
She's gone gone gone.
I don't know if i'll cry.
I don't know if I'll die laughing.

Well.
I'm gonna miss your lovin'.
And your perfume and your smile.
I'm gonna miss your stealing all my booze.
And talking all the while.
I'm gonna miss you cleaning round the home.
And helping with my blues.
You know I think I'll get myself a maid.
And take her on a cruise.

It ain't the first time.
baby.
Baby.
it won't be the last.
I'd better get the boys round.
And do some drinking fast.

Cause she's gone gone gone.
I don't know if I'm happy.
I don't know if I'm sad.
She's gone gone gone.
I don't know if I'll cry.
I don't know if I'll die laughing.

It ain't the first time.
baby.
Baby.
it won't be the last.
I'd better get the boys round.
And do some drinking fast.

Cause she's gone gone gone.
I don't know if I'm happy.
I don't know if I'm sad.
She's gone gone gone.
I don't know if I'll cry.
I don't know if I'll die laughing.

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




ロックン・ロール・ファンタジー
バッド・カンパニー
1979/3/17


時は幕末、慶応1979年3月17日、
ロックの志士、再び集い降臨す。
その名も、悪党と自らを呼び申す人知れぬ新選組別働隊なり。
世はロックの本分ここにありと声高に都を蹂躙するパンク一派、
そして踊らにゃ損損ダンシンディスコ農民蜂起がいっぱいでね、
ついこないだまでブイブイ言わせていたロック武士どもたるや、
やれ老害だあ、オールド・ウェイヴだあ謗り揶揄され加齢臭のおっさん臭〜
と唾をぺっぺされる始末です。
そんな真っ最中戻ってきたのか悪党。
そんなアリサマかとは薄々感じてたん
ですけど天然なもんで気付かなかったですわつのが真相か。
意気揚々と新作

ディソレーション・エンジェル
孤独の天使たち


の御旗掲げる。
そして同時に放った一の矢がこれだ。

ロックン・ロール・ファンタジー
Rock 'n' Roll Fantasy




作は組長ポール・ロジャース顔面こまわり君。
本来なら、本来なら己は哀愁の最果てに耽溺した哀愁のみ担当も
この危急存亡の危機にあたり居ても立ってもいられず自らお立ちになりやがった。
おお有難き幸せ。
民衆の皆さんよ、ありがたく聴き給れ。



Bad Company - Rock n Roll Fantasy TV Show
http://www.youtube.com/watch?v=BNkH-8qam7g




いえーい、いえい

道化が来やがった、1,2,3
俺の幻想の全部だな
俺は音楽を愛している
人と出会うのも好きだ
路上で踊り
声高く叫び歌う、イエー

うー、いえい

ダンサーが来やがった、一人一人順番に
お前のママは電話中、
だがお前はお楽しみ中
お前は自分が意気揚々と踊ってるのに気付く
手拍子しやがれ
声高く歌いやがれ

そりゃ全部、俺のロックンロールの幻想だ
いえー
そりゃ全部、俺のロックンロールの夢なんだイエイ

ぽんぽん

あーう

ギタア

あーーあ”ー

そりゃ全部、俺のロックンロールの幻想だ
そりゃ全部、俺のロックンロールの夢なんだ

いえいえいえいえい

スポットライトを消してくれ、一つ、いや全部
頼む、お前のソウルに触れさせてくれないか
音はとても高らかに鳴っている、
お前はそのサウンドを聞くことが出来る
空に手を伸ばし、響天動地

そりゃ全部、俺のロックンロールの幻想だ

そりゃ全部、俺のロックンロールの夢なんだ

おういえい

そりゃ全部、俺のロックンロールの幻想だ

そりゃ全部、俺のロックンロールの夢なんだ

いええー

幻想だ
いえいいえいいえいいえい

幻想だ
いえーいいえいいえいいえい



http://www.youtube.com/watch?v=oNwMqUh5FTY


泣くなもうやだ〜(悲しい顔)
泣くんじゃないもうやだ〜(悲しい顔)
何だその目は
俺の目にあるものか?
そりゃ汗だ。汗だぞ。塩辛い汗だ。ふらふら
組長、私らの時代はもう終わったのですか?
そうかもしれない。たしかにそうかもしれない。
だがロックの誠がある限り、俺達は守っていかねばならないのだ。
たとえ愚か者とマッチに歌われようとも、
愚図と火星人研ナオコに歌われようとも
俺達はやらねばならんのだ。
なあ。
たとえそれが幻だったとしてもな。

組長鶴田ロジャース浩二さんが、道場の板の間で志士を集め、
最後の出撃を迎えるにあたって吐露してるようなもんです。
美しく
変わらず勇壮でありながら
それ故に

寂しくってしょうがねえや。

出撃の号砲、山鹿流陣太鼓が、シンドラで、ぽわんぽわ〜ん
と情け無いのもその儚さに拍車をかけてまあ
悪党は最後の道を前のめりにドブの中に顔面から突っ込んで倒れるべく
最後の合戦に向かうのです。
あの時の、この魂の臭いを死守すべく。

Bad Company - Running With The Pack
http://www.youtube.com/watch?v=bHZIK4Ymr0A


この香りは、如何にして獲得したのか。
それがわかればロックは永劫なのだが。
いかんせんそのスピリットは69年、とは言わねえけれど、せいぜい76年で
切らしております。

許さん。



脚注:
ロックンロール幻想事件:
ブリティッシュ・ロックの雄、バッド・カンパニーが1979年に出した12枚目シングル。
3月17日に全米チャート、74位で初登場、
以後74 65-55-47-40-32-27-25-23-20-18-16-14-13-13-27-41-73-92-100位。
ロングランの末、最高位13位獲得。
しかしパンクの嵐吹き荒れる本国イギリスでは完全に無視され
かつてアマチュアバンドのバイブルとして誰でもコピーしていた日本でさえ無視され
あまつさえこれが最後のヒットとなる。
そして歌の内容と相等しくその後も朽ちるまで続けやがるのであった。

(山)2011.1.22

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

ディソレーション・エンジェル

Desolation Angels

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすバッド・カンパニーのページ

資料

資料(英版)

English Version
.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

当ブログ記事への、
楽天キャッシュ
https://point.rakuten.co.jp/Top/TopDisplayCash/
または
Amazonギフト券(Eメールタイプ)
での、
おひねりをば頂ければこれ幸いです。
宛先メルアドは

rocksp@jcom.home.ne.jp

にて。
↓下記バナー内上左より



金額はお心次第、いかほどでも。
いただいたおこころざしは、歓びこの上なく、遠慮無く使わさせていただき、
勇気百倍、毒千倍、
また一日暴れさせていただきます。
よろしくお願い申し上げ奉ります。

日刊ろっくす ヤマ & まほ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ネットショップやっております

logo-mahog-s.jpg

エコトートバッグ発売中。

♪取り扱い品目はコチラで♪


.
.


Rock 'N' Roll Fantasy Lyrics


Here come the jesters, 1 2 3.
It's all part of my fantasy.
I love the music.
And I love to see the crowd.
Dancing in the aisles.
And singin' out loud, yeah.
Here come the dancers, one by one.
Your momma's callin' but you're having fun.
You find your dancin' on the number 9 cloud.
Put your hands together now, and sing it out loud.

It's all part of my rock and roll fantasy.
It's all part of my rock and roll dream.

It's all part of my rock and roll fantasy.
It's all part of my rock and roll dream.

Put out the spotlights, one and all.
And let the feelin' get down to your soul.
The music's so loud, you can hear the sound.
Reaching for the sky, churnin' up the ground.

It's all part of my rock and roll fantasy.
It's all part of my rock and roll dream.
It's all part of my rock and roll fantasy.
It's all part of my rock and roll dream.

Fantasy, yeah, yeah, yeah...
Fantasy, yeah, yeah, yeah...

.

: