日刊ろっくす   前日のThAnk YoU  rocks   top   back

160605-20.jpg160605-21.jpg
160605-22.jpg160605-23.jpg
160605-24.jpg160605-25.jpg


ろっくす超大特選盤



↑米盤

マイン・フォー・ミー
ロッド・スチュワート
1974/11


♪ごそごそごそごそがさがさごそごそ♪

「何をごそごそやっとるんだ?」

「にゃ」

「け、見つかっちまった
だって。」

「きゅ」

「なんでもない
だって。」

「わんわん」

「ここから出ていこうと思ってるだけ
だって。」

「何だってぇ!」



「にゃああああああ」

「言っちゃダメじゃんか
だって。」



「きゅううううん」

「バレちまったじゃないか
だって。」



「みょん」

「こっそりしようとしてたのに
だって。」

「わんわん」

「すまんすまん
だって。」

「おまいら、この村から出てくつもりなんか?」

「にゃ」

「最近はろくに絡ませてくれんしいてもしょーがねえや
だって。」

「そ、それは、こっちにもいろいろ事情が・・・」

「きゅ」

「わかってるよ、だからそっと出てこうとしてたんじゃねえか
だって。」

「あそ。じゃあな。」

「わんわん」

「止めないんか?
だって。」

「なんだ気を引いて出番を多くしたいだけか。はいはい、今後は留意してそういたしますのでどうかご勘弁を。」

「にゃ」

「わかればいいのだ
だって。」

「はいはい



長らくお待たせいたしました。毎度おなじみ皆々様のレコ屋でござーい。
今日持ってまいりました最後のお宝はああああ

マイン・フォー・ミー
MINE FOR ME
ロッド・スチュワート
Rod Stewart


兄貴〜〜。」

「最後なんですか?」

「え?ワシ、そんなこと言ったかい。」

「言いましたよ。」

「あらまあ。」



「ご説明いたしましょう。」

「最後じゃないよね。」

「振り返ってみれば英国ロッド・スチュワート最後のアルバムとなりました
1974年10月4日発売6作目アルバム



スマイラー
Smiler


でございます。
なんだかんだ揉めて最後のマーキュリーからの作品。
次は大西洋を超えることになるアニさんの急ぎ残したものはきちんとしましょうから
これから旅立つアメリカ向けのシングルが

マイン・フォー・ミー
MINE FOR ME


なんと作はポールとリンダのマッカートニー夫妻、
ポールちゃん、やたらとバンドをぶっ壊すもんでツアーが出来なくて暇してまして
暇してるとうるさくてしゃあないのでリンダ母さんはオファーがありゃあやりなさいやりなさいってすすめての
兄貴から電話があったもんですっ飛んで行ってちょろちょろっと作って
ロッドが歌うんならこんなんだろなあて作って
ポールちゃん、バックコーラスにも参加して兄貴の物真似みたいに唄って
こんな豪華なものがございますでしょうかってなもんですが
結果

米国チャート
1974年11月23日圏外104位初登場
以後
104-102-
1974年12月14日top100内93位初登場、
以後
(12/21)91位。
最高位91位。2週。

いくらマギーみたいにしたってっても地味だってのとマーキュリーがろくにプロモートしなかったってのも有ったとは思われますが・・・」



「売れなくとも私は花束、贈ります。」

https://youtu.be/3jiDTdIuLv8






In a couple of hours I'll be drivin' home to the one I love
 2時間もすりゃ俺は俺の惚れた女の家についてるさ

So save your breath, sweet painted lady, it won't be me
 だから文句言うなよ、派手な姐ちゃん、あんたの相手は俺じゃない

Over the mountain
 あの山を越えても

and under the sea
 海に潜ったって

They'll never be another one like mine for me
 この世には俺のお前みたいな女はいりゃしないさ



It was only an hour or so ago that I sang my song
 俺が俺の唄を唄ったのは1時間かそこら前

Persuaded painted ladies that I could say I'd been free
 けばい姐ちゃんに釈明してたよ、俺がフリーだって言えりゃあいいんだけどねって

 いえいえい

Over the mountain
 あの山を越えても

and under the sea
 海に潜ったって

They'll never be another one like mine for me
 この世には俺のお前みたいな女はいりゃしないさ


Mine is always,
 俺の女はいつだって

mine is grand
 俺の女は偉いやつ

Don't you know that the woman that love me she understands
 知らないってのか
 俺に惚れてくれてわかってくれる女のことを



And can't you see that it's mine for me?
 わからねえんかそいつが俺の女だってことを?

And in a couple of hours I'll be driving home to the one I love
 2時間もすりゃ俺は俺の惚れた女の家に車でついてるさ

So save your breath, sweet painted lady, it won't be me
 だから文句言うなよ、派手な姐ちゃん、あんたの相手は俺じゃない

Over the mountain
 あの山を越えても

and under the sea
 海に潜ったって

They'll never be another one like mine for me
 この世には俺のお前みたいな女はいりゃしないさ

You're for me
 お前は俺の女なんだ




ギタア




Mine is always,
 俺の女はいつだって

mine is grand
 俺の女は偉いやつ

Don't you know that the woman that love me she understands
 知らないってのか
 俺に惚れてくれてわかってくれる女のことを



And can't you see that it's mine for me?
 わからねえんかそいつが俺の女だってことを?

They'll never be another one like mine for me
 この世には俺のお前みたいな女はいりゃしないさ



 いえいいえい



They'll never be another one like mine for me
 この世には俺のお前みたいな女はいりゃしないさ

(ポールちゃん)
  やーやーやー



They'll never be another one like you for me
 この世には俺のお前みたいな女はいりゃしないさ





「さて貴様らの意見を言ってごらんなさい。」

「にゃ」

「いかにも5分くらいで作ったみたいだね
だって。」

「きゅ」

「それでこれだけのもん作るんだからこの頃のポールはいかに冴えてたかってなもん
だって。」

「わんわん」

「"You Wear It Well"みたいにロッド定番物語歌詞にしようとして途中で諦めてるとこがポールらしくていいわん
だって。」

「夫妻が兄貴のライブに飛び入りして一緒に歌ってる貴重なのがちょこっとだけあります。」

Paul McCartney Live In Lewisham Odeon, London, UK (Wednesday 27th November 1974)
https://youtu.be/DMInVHDGmeo


「みんなで酒、飲んでないこれ?」

「にゃ」

「結局、ヒットしなかったからこれ以降気まずくて付き合いが無かったのかな?
だって。」

「きゅ」

「途中でスティール・ドラム入って南国調になるのは何故?
だって。」

「わんわん」

「ポールちゃんてば我慢してロッド真似して大人しくコーラスしてるけど一箇所だけ我慢できなくて目立ってる
だって。」

「B面は


↑米盤

英国側シングル・カットの1974年9月27日発売



君に別離(わかれ)を
Farewell



↑ドイツ盤

こちらはこれまた地味ながら意味のある裏面で
マギー・メイの友マーティン・クイッテントン師と共作の続マギーな味わいのたまらんもの、


↑スカンジナビア盤

英国チャート
6回目のヒットで、
1974年10月5日27位初登場、
以後
15-(10/19)7-11-18-(11/9)26-(11/16)47位。
最高位7位。通算7週。


↑ユーゴ盤

フェイセズはもうあかんってのはみんな知ってて、その上にこれが出てきて
ロッド自身も英国から出ていっちゃうのかとゆう気持ちがこもったチャート推移かと。」


↑英盤

https://youtu.be/uj5ZZ_Ey510






Fare the well my brother,
 達者でな、アニさんよ

please don't stand in my way
 頼むから止めねえでくれ

I'm going down to that dirty town
 俺はあの糞汚え街に行こうとしてるんだ

No matter what you say
 アンタが何と言おうとな


You fooled me and you ruled me, and you played in every part
 お前は俺のことをコケにしやがった
 思い通りにしようとした
 いつも弄んだんだよ

I gotta go,
 行かなきゃならねえんだ

it's no use me stayin' home
 里にいたって無駄なこと



Goodbye my sister,
 あばよ、妹

please don't let me see you cry
 頼むから泣かねえでくれよ

Gonna be a star some day,
 いつの日かスターになってやらあ

no matter what they say
 世間様が何と言おうと

And when you hear the crowds, all callin' and shouting out my name
 お前が民の声を聞くとき、俺の名前を声を枯らして叫んで呼ぶ時

Until then,
 そんときまで

my little friend, I'll be unsatisfied
 労働者諸君、俺は満足しないんだよ



So long sweet Melinda,
 またな、大好きなメリンダさんよ

don't forget that you're my girl
 アッシの女だってことを忘れないでおくんなさいよ

Gonna dress you fine, and if you give me time
 キレイなおベベを着せてやっから
 ちょっとばっか時間をくれなすったら

Make you proud like I said I would
 言ってたようにお前をアッシの自慢の種にしてやります


And if the Champs Elysee's no fallacy,
 もしシャンゼリゼ通りってのが間違いないのなら

if I find the world looks like it should
 もし俺がそうでなきゃいかんって世界を見つけるなら

Candy cars, movie stars, street bars,
 ド派手車、映画スター、街のバー

then I could stay a while
 そんときゃ俺はくつろいでるだろうよ


Well I love you
 はい、アッシは貴方様に惚れているでございます

Shall I write or phone from Paris or Rome
 パリかローマから電話か手紙書いてもよろしござんすか

And I'll miss you all
 いつだって貴方様のことを恋しゅう思っております

Even tho' you're tryin' to hold me back
 アッシのことを何とかして引き留めようとしておくれでも



Farewell all my family,
 あばよ、家族の皆皆さん

don't you know I mean you so well
 貴方様方のことをそりゃもう大切に思ってることをご存知ありませんかね 

Please appreciate I must make a break
 どうか認めてやってくださいな
 アッシはデカイことをやってみせますから

Just to see what I can do
 アッシがやることをただただ見てておくんなさい

The stage is set so understand, I can't hide in the wings no more
 ステージはもうセットされているんです
 だからご理解の程を
 もう舞台袖では待ってはおられんのです

I've got to go now
 今こそ立たねばならんとです

it's no use me staying home
 里におっても無駄なこと



All I can say is I love you
 アッシに言えることといえば
 貴方様方を愛しておりますってことだけ

Shall I write or phone from Paris or Rome
 パリかローマから電話か手紙書いてもよろしござんすか

And I think I'm always gonna miss you
 思っております
 いつだって恋しゅう思っております


And I love you always
 いつだって貴方様方を愛しております

I think I'm always gonna miss ya
 思っております
 いつだって恋しゅう思っております

Even tho' you're tryin' to hold me back
 アッシのことを何とかして引き留めようとしておくれでも

口笛ぴゅう

And I love you
 愛しております

and I miss you
 恋しゅうございます



If you don't get no mail you know I'm in jail
 もし手紙を受け取らなかったら
 アッシがムショに入れられたんだとご承知おきください


If you don't get no mail you know I'm in jail
 もし手紙を受け取らなかったら
 アッシがムショに入れられたんだとご承知おきください


But I love you and I miss you
 そんでも貴方方のことを愛しております
 恋しゅう思っております


I love you
 貴方方のことを愛しております






↑オランダ盤

「途中で寅さんになってるよ。」

「いやあどうも男はつらいよしてると思っちゃって。」

「リャン面A面扱いのフリップ・サイドはアルバムから大好きなサム・クック師匠のカバー・メドレー


↑英盤

悲しき叫び/ユー・センド・ミー
Bring It On Home To Me / You Send Me


https://youtu.be/GaoaPo_dbuk


原曲は

Bring It On Home To Me
https://youtu.be/gZB4jcPmFGo

You Send Me
https://youtu.be/I_wy_RH1418

これもまた意味が有ると思われます選曲です。」

「訳したいが師匠のはサブで訳しては師匠にも兄貴にも失礼だな。」

「お別れムードが最高潮です。」

(山)2016.12.16,17

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすロッド兄貴のページ

資料

英語資料

−−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.muzie.ne.jp/artist/a001909/

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.