前日のThAnk YoU rocks   top   back




ろっくす超大特選盤







アーク・オブ・ア・ダイバー
スティーヴ・ウィンウッド
1980/12/31



売れて本当に良かった。って思えるミュージシャンおります。
中には、え?売れちゃったの、でもこれじゃなあ、って逆に心配になっちゃう方々もおるけど。
音楽芸人は売れてそれまでと比較にならないほど世間で有名になった時が、チャンスでも有り、また最大の危機でも有る。
それまで長い下積み苦労をして来た人ほど。
途端に大金が転がり込んで生活が一変、貧乏人は金の使い方知りませんから思い切りそれに溺れてしまう可能性有り。
そして歌が作れなくなる。満足と幸福は哀しいかな歌が作れなくなるんす。そこでどうするか。
どれだけ正直に音楽をして来たか、愛してるか判明してしまうだよ。
そうじゃないと余計な事業とかおっ始めちゃって失敗してタイホされちゃったり騙されちゃったり、してる人いるなあ日本にも。
TKとか(マイアミじゃ有りません)とか言う。
だいたいホリエモンとかと友達で、自宅にはサッカー・ゲームする為にTVが11台有るとか聞いた時点で、ああ、こいつはろくなもんじゃねえ、その内ドツボな不幸待ってるぞと俺ですら思いました。
お金は、いくら増えても、その分、生活レベルを上げちゃったら、結局は同じってことだ。鈍感になるだけ。
反対に貧乏でも、生活レベルを気にせず落とせれば、それも同じ。幸福は幸福のままでいられる。

ここにいくら売れようが、いささかも関係無い生粋のミュージシャンおります。

スティーヴ・ウィンウッド氏


日本のその誰かさんと同じように、子供の頃から音楽漬けで育った方。
成功も早く、60’sには既に栄光の日々を。トラフィックを始め、様々なウルトラ・グループにて。
しかし70’sには、アルバムは売れても、シングルはさっぱしとゆう時を向かえて、
77年になって待望の初ソロ・アルバムをば。
これがまたおいおいって心配になるほど、超然とした存在で。またまたアルバムはそこそこ売れたけどヒット出るはずも無し。
そして3年の沈黙に入る。
凹んで沈黙したのかと思わばさにあらず。
じっと機を伺っていたのだ。
テクノロジーの急激な進歩の兆しを察知して、次こそは己丸ごとアルバムを作るべく。
その音は頭の中に既に有り。じっくりと歌を作る。
そしてその頭中の音に追いつき、実現出来るテクノロジーがカツカツ到達した時、それが為されました。
2ndアルバムとして

アーク・オブ・ア・ダイバー
〜Arc of a Diver


当然当時最先端の音。そしてシングル・ヒット、それもスーパーなのが2曲生まれる。
1st聴いてとことん愛した身では、まるで考えられないことでした。
でも、納得した。で、大喝采!
それはいささかもウインウッド氏変わっていなかったから。
まるで変わらずに、同じで有って、同じで無いことをする。
ウルトラなミュージシャンは皆そうです。
時代に合わせて音楽を創るのでは無く、自分史、体内時計で変化した帰結で生まれるものしかしない。出来ない。
ですからその音は、30年経とうが100年経とうが古くならんのだ。
何かが変わったとすれば・・・あの必ずどっか字余りでまとまっていない歌が、ここでは見事にどんぴしゃしてるとこ。
練りに練った3年の時が、字余りを削ぎ落としたのか。
特に2枚の大ヒット・シングルは皆そうです。

ユー・シー・ア・チャンス
アーク・オブ・ア・ダイバー

3枚目のシングルは、本来の自分がいささか出てますのでヒットせず。
世間は厳しいよ。逆に自分に合わせてくれなきゃ買ってくれないとこあるもんな。

ナイト・トレイン



です。



夜のしじま 灯りで燃えている
列車 黒く輝く
俺は振り返らない 人生は走っている
望んでいる いつの日か 誰かが言ってくれることを
俺はやってのけたって
闇を振り払え
太陽を呼ぶ込むのだ

夜行列車で下り
俺は感じる 星明かりが飛んでいくさま
生きる時を使い切って 夜明けを探している

国境警備員が俺を見透かすように見る
名も無き街は、皆同じように見え
俺は叫びを聞いている

パリからスペインへ 苦痛の中の国々
飛び抜ける その様を感じている
死に行く欧州

夜行列車で下り
俺は感じる 星明かりが飛んでいくさま
生きる時を使い切って 夜明けを探している

転がっている 車輪のうめきを聞く
熱気がやたら強烈に着続ける

俺のキップは使った 消えていこうとしている
俺はそこに辿り着きたい
俺が出て来たところじゃなければどこでもいい
暗闇から、すべての狼は吼えている
俺は腕を組む 暖まろうとして 信念の元

夜行列車で下り
俺は感じる 星明かりが飛んでいくさま
生きる時を使い切って 夜明けを探している

本降りの雨 どしゃぶりだ
冷たく車輪は廻り続ける
みんな 彼らは一人ぼっち
下り列車の中で
本降りの雨 どしゃぶりだ
冷たく車輪は廻り続ける
みんな 彼らは一人ぼっち
下り夜列車の中で
夜列車の中で
夜列車の中で

おう

ギター

本降りの雨 どしゃぶりだ
冷たく車輪は廻り続ける
みんな 彼らは一人ぼっち
下り夜列車の中で
本降りの雨 どしゃぶりだ
冷たく車輪は廻り続ける
みんな 彼らは一人ぼっち
下り夜列車の中で


こんな寒々とした歌がヒットするわきゃ無い。
でも唄う。そして弾く。あの点描ギターを。
遅いぞ。例によって。愛するものにはたまらん音で。
シーケンサーのデュレイ・シンセを引き裂くように。

そしてラストは、いささかも容赦の無い、字余り長尺大陸歌。
その広さに眼前が目も眩むようにアルバムは終わります。
とても幸福に。

やりきったんだから本人も幸せ。
やりきられたのだから、こっちも幸せだぜ。

(山)2008.11.6

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

アーク・オブ・ア・ダイヴァー(紙ジャケット仕様)

アーク・オブ・ア・ダイバー

Arc of a Diver

00000-2.jpg

ろっくす特製でかいジャケットのページ也。

00000-3.jpg

Steve Winwood - Night Train
http://jp.youtube.com/watch?v=oDALJ9SD1y8


Steve Winwood, "Night Train" audio
http://jp.youtube.com/watch?v=LOZiPT1m-4c

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


0-080104-01.jpg

ユー・シー・ア・チャンス
スティーヴ・ウィンウッド
1981/2/28



あららもう4日。断りも無く4日も経ってまあ。
2008年最初のべすとヒット80’sです。
英国チャートからピックアップして80’sの名曲を讃えさせて貰ってます。
んで、現在81年半ばから始めて現在82年のお正月まで辿って来ました。
しかし何かが足りない。あの方がいない。いつまで経っても登場して来ません。
我慢出来んと大陸の方を見渡せば・・・
いるじゃないですか当然。その方は

スティーヴ・ウインウッド氏。

あの曲です。

ユー・シーア・チャンス。

初のシングルヒットにてメガヒットの。英国では何と最高位45位。TOP40内で見ていたので、それで出て来ないはずだ。
アメリカでは1981年2月28日に30位で初登場、以後25-21-14-11-9-8-7-7-8-15-35位。最高位7位の大ヒット。
アルバムも最高位3位。本国でもアルバムはヒットしました。最高位13位。
でもその前の1stの方が最高位12位と売れたってのがさすが英国、偉大です。アメリカでは最高位22位。
とにかくウインウッドさん、シングルヒットに縁が無く、さかのぼればスペンサー・デイヴィス・グループの”アイム・ア・マン”以来かと。
アメリカでは。
イギリスでは、トラフィックの”ノー・フェイス・ノー・ネイム・ノー・ナンバー”1968年春に最高位40位になって以来。
タイプで申さば、ライオンのように急突進、ガブリつう瞬発型では無く、欧州血統持続型、生涯をかけてウインウッドをなさる千年杉のような人ですから
ヒットしようがすまいがみんなの心の中にしっかり存在してる。その証明があの名作ソロの1stでした。
でもご本人はけっこう気にしてらっしゃったらしく、俺は・・俺の音楽は愛されてないのか?・・って。
チャート見なかったのかな?アルバムでは売れてますってば。
とにかく落ち込んで、またも月日は流れ、再び立ち上がる。
ええい今度が勝負だ。何から何まで自分でやってしまおう!
って今までもそうだったんじゃ??
いやそれ以上だ、わーーーっ。
苦手な歌詞だけは信頼出来る方に任せ、自身のスタジオに篭り、その期間、何と2年間。出て来た時にはヒゲぼうぼう髪の毛ぼわぼわ。

「で、できた。」?????????i?V?????j

0-080104-00.jpg

音楽の神様はそんな彼を見守っていました。

「お前にヒットをあたえよう・・・・」????????

0-080104-04.jpg



すっきりと青い朝に立ち上がろう 君が見るまで 何が出来るのか
寒い日の夜明けに一人 君はまだ自由かい? いることが出来るかい?

冷たい明日が君を見舞った時 悲しい過去の夢が君を捕らえた時
果てし無き路が君を解き放つ

チャンスに出会ったら掴もう ロマンスを見つけよう それに倣おう
だってそれはすべて 君に

君は今の今まで知らないんだ 誰も君に何も与えてはくれない
君は戸惑っているどうやったら明日へまた明日へ自分の道を辿って行ったらいいか
おー君の道

君の元にもう誰もいなくなってしまった時、あまつさえ自分自身をもまったく信じられなくなった時
それは何物も君を欺くことが出来なくなった時だ
チャンスに出会ったら掴もう ロマンスを見つけよう それに倣おう
だってそれはすべて 君に

すっきりと青い朝に立ち上がろう 君が見るまで 何が出来るのか
寒い日の夜明けに一人 君はまだ自由かい? いることが出来るかい?

そしてあの昔の灰色の風が吹いている 知るべき価値の有る物は何も無い
そしてその時だ 君は行かねばならない
チャンスに出会ったら掴もう ロマンスを見つけよう それに倣おう
だってそれはすべて 君に

チャンスに出会ったら掴もう ロマンスを見つけよう
チャンスに出会ったら掴もう ロマンスを見つけよう
チャンスに出会ったら掴もう ロマンスを見つけよう
チャンスに出会ったら掴もう ロマンスを見つけよう
チャンスに出会ったら掴もう ロマンスを見つけよう



ヒットが欲しかったと申しても、やったことは今までと何ら変わりはありません。冒頭のポワン・シンセの音からしてもう全部ウインウッド印。
何が違ったか?
歌詞はウィル・ジェニングスとゆう方が担当。クール&ギャングとかを書いてた方だそうです。どこでどう知り合ったかはわしは知らん。
鼓舞しています。自らを奮い立たせるように。
それに答えて千年杉が瞬間チーターに変身したのだ。水前寺じゃ無いよ。

見事アルバム共々世界中で大ヒットして満足されたかと思います。

そしてもう1曲、このアルバムからのカット、アルバム・タイトル曲

アーク・オブ・ア・ダイヴァー

こちらは残念ながら米で最高位48位。だって千年杉のままだったから。
しかしそれで悪いか?見よ、このいつも通りの俳句ギターソロを。たまらん。みんなこの音が好きです。安心してください。

0-080104-03.jpg



女は私が解明出来ん甘美さで風呂に入れてくれた
夢を共にするには、私は自分の女を必要とする
この謙虚な言い方はまるで情けない限り
私の眼力は全然当てにならないのだ
しかし嫉妬に満ちた夜 そして彼女の秘密行動
私はツンボにならねばならない 電話で
僕の愛を訳して話す必要が有るな
ピアノをこれ以上甘く弾く事は出来ない
今度は空に向かって歌おう
たとえ雲が聴いてくれなくても
太陽に向かって、私は叫ぶ もし私がメクラで有っても
月に向かって睨みつけてやる だって君と一緒だと私はより強くなるからだ
強くなる
強くなるんだ

飛び込みの円弧曲線 簡単に 私の心は空に そして目覚める時
昼でも夜でも君を近く感じる
暖かい水が息づいている 彼女はここで助けてくれるんだ
しかし嫉妬に満ちた夜 そして彼女の秘密行動
私はツンボにならねばならない 電話で
僕の愛を訳して話す必要が有るな
今度は空に向かって歌おう
たとえ雲が聴いてくれなくても
太陽に向かって、私は叫ぶ もし私がメクラで有っても
月に向かって睨みつけてやる だって君と一緒だと私はより強くなるからだ

ぴぽぽーギター

しかし嫉妬に満ちた夜 そして彼女の秘密行動
私はツンボにならねばならない・・・・ 電話で
僕の愛を訳して話す必要が有るな
今度は空に向かって歌おう
たとえ雲が聴いてくれなくても
太陽に向かって、私は叫ぶ もし私がメクラで有っても
月に向かって睨みつけてやる だって君と一緒だと私はより強くなるからだ

どぅるるどぅるる どぅるるる
どぅるるどぅるる どぅるるる
どぅるるどぅるる どぅるるる
どぅるるるる

色んな音楽に身を任せ 街でそれは生まれている
私はそれを聴く でも君と共に私は行かねばならない
だって私のロックンロールは大切なものだから そしてビートは続いていく
飛び込みの円弧曲線 簡単に 私の心は空に そして目覚める時
おおおー、昼でも夜でも君を近く感じる
暖かい水が息づいている 彼女はここで助けてくれるんだ
しかし嫉妬に満ちた夜 そして彼女の秘密行動
私はツンボにならねばならない 電話で
僕の愛を訳して話す必要が有るな

君と共に 私の愛 僕らは未来に向かって突進する
君と共に 私の愛 僕らは過去をぶっ飛ばしてやる
僕らは罪をあがなう 僕らのクオーツ時計が昨日で止まるまで
おーー昨日で止まるまで 昨日で止まるまで
クオーツ時計が昨日で止まるまで



歌詞担当は元ボンゾ・ドッグ・バンドのヴィヴィアン・スタンシャール氏。
タイトルの意味は、プールに高飛び込で飛び込む時の軌跡の線のことだと思います。
自身の気持を思いの丈書いたとゆう。それをウインウッド氏に委ねた。
これはヒットとは関係無いと思う次第。
作って、タイトルにしたことがその気持かと。

そしてもう1曲、シングルが有り、米のクラブ・プレイ・チャートなるチャートで上がったのですが
気が付いたら、俺、アルバムの感謝してないじゃん。
やばいよそりゃ。

その時にとっておきます。

(山)2008.1.4


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

アーク・オブ・ア・ダイバー

Arc of a Diver


00000-3.jpg

Steve Winwood - While You See A Chance
http://jp.youtube.com/watch?v=uVKJ_uQbcNM


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすべすとヒット80’sのページ

ろっくすウインウッド師のページ



資料

英語資料


The English translation page : here.




.
.

みなさんオピニオン
:



こちらのアルバムへの貴方の感謝はこちらから。YOUR OPINION HERE