まほのガーデン 日刊ろっくす 前日のThAnk YoU rocks   top   back


ろっくす超大特選盤



フロント・ページ・ニュース
ウィッシュボーン・アッシュ
1977/11/25


最近はすっかりズブくなりまして、書けませんです。なかなか。
ここにて取り上げる音楽も、ほんとうに心から好きなものじゃないと手が出ない。
ましてやジャケ等スキャンを思うとその傾向ますます強まりの。
それをゆうとこのアルバムは時間がかかってます。
34年もの。
ついこないだ開眼しました。
おお、これっていいじゃないか。
どうしてこれまで感じ無かったんだろう。



フロント・ページ・ニュース
Front Page News
ウィッシュボーン・アッシュ
Wishbone Ash


1977年11月25日発一面記事。
ま、実に突入しにくいブツでして、まずジャケがねえ。



ヒプシノスじゃねえヒプノシス、あのこん人らがやればジャケ買い必須の名伯楽集団の手によるものすが、
出たよ、ライヴ・デイト路線を引き継ぐフロリダ観光もの。
よく見るとサスペンス入ってるようにも見えるが、こうくつろがれるとあの戦士のアッシュはどこに?
って気分、ますます沸き上がり引く引く。
で、その気分のまま音に入りますと一見まんまのゆるゆるですんで、
ボーッとしてると何も始まらないまま34年。
あのアッシュだから期待満々で入って、何も始まらないままあら終わり。
それでも何か惜しいので、いっそのこと徹底的にボーッとして聴いてみようとかけたら
これが来た。

これってナイスではないか?



ナイスでした。

録音は世界中のミュージシャンがバカンス込みでお仕事したいフロリダ・クライテリア・サウンド・スタジオ。
プロデュースはそこのエンジニアのロン&ハワード・アルバート両氏。

Side one



1. フロント・ページ・ニュース
Front Page News


http://www.youtube.com/watch?v=t59mjEc73Hc


さーこれです。いの一番にいまさら開眼した歌。やれレッツゴーと思うもこれがチュウブに音源なしや。
有ったのは、これって天罰か、33年後のライブの映像です。
わかるにはわかるけど・・・やはりロックは旬で若さなんで、いかんせんこの30倍はよろしです。
元は。
イントロから、おおお、これはまさしく百眼戦士のアッシュでは無いかと感嘆も束の間、
様子はイーグルスです。実に。オン・ザ・ボーダーの頃の空気が充満。
元々そうゆう要素が有った方々ですが、アメリカに渡米してようやっと掴んだか、
三船敏郎武士が羽織袴を脱いで、刀を差したままガンベルト装着が何か似合ってるを想像してください。
そして気付くは、この構造はホテル・カルフォルニアじ。
そうだよなホテカリって、まんまアッシュだったじゃん。ジェスロ・タルのメロディで。
それ聴いておそらくヤラれたと悔しかったのでありましょう。
ここに仕返し。
シングルにもして見事ナンバー1としたかったろうに、思いっきり失敗で
日本盤も出たらしく、見たことないし、うーむ、意地でも探してやろうと粘ったけど・・・
ついに発見できず。気の毒の極み、非業の曲となってしまいました。
が、これはいいよマジで。
長いこと気付かん野郎が恥を忍んで言うことですからほんとです。

2. ミッドナイト・ダンサー
Midnight Dancer


続きまして、さらに容赦なくユルユルは続く。さらにますますイーグルスは続く。
いけませんか?いけなかったらバンド名を忘れましょうネ。老のボケはこういうとき使用すべし。
コーラスがすんばらしくウエストコーストです。CSNYマナーだ。
開眼するとこの流れが幸せで仕方なし。ギタアの色っぽさったらないし。

3. グッバイ・ベイビー・ハロー・フレンド
Goodbye Baby Hello Friend


http://www.youtube.com/watch?v=px3M-y9vI34


これまたシングルになったらしい。若武者ローリー・ワイズフィールド君作。
こやつ若いくせにもっとユルキャラで。歌はさらにハゲでユルいアンディ・パウエルたこさん。
さらにさらにイーグルスは続き、これがよろしが。
イーグルス通過してフリートウッド・マック入りしたかの如く。
今からでは遅いが、頼むからヒットさせてあげてって頭を下げたいくらいで。
だよな。最高位12位になってもまるで不思議なしなのに、ならなかったのは、
これほど売るのが下手っぴな会社はねえっつうMCAのせいだ。

4. サーフィス・トゥ・エアー
Surface to Air


http://www.youtube.com/watch?v=lhN0Dps1Ap0


重鎮マーティン・ターナー士作。さすがに人はそんなに変わるもんで無く。
完全に巡礼アッシュだ、ここに有り。
が、これがいいとこにハマって、グレートフル・デッド臭くさ。
世界ゆるゆる連合同志の。
だから両者ともに好きなお友達はここで歓喜の渦に裸で巻き込まれるさ。
丁々&発止のオハコギター合戦一瞬もあるし。



5. 714

ローリー君作のギター・インスト。
ああ、美しい。何ということだ。とろけるミルフィーユくらい美しい。
これでこのアルバムが終わればいいと思うほど美しい。
実際、終わってしまった・・・かも。



Side two



1. カム・イン・フロム・ザ・レイン
Come In from the Rain
2. ライト・オア・ロング
Right or Wrong
3. ハート・ビート
Heart-Beat
4. 愛の日々
The Day I Found Your Love
5. ダイアモンド・ジャック
Diamond Jack


いっぱからげて申し訳ないっすが、B面です。
気付いたらA面で思いっきりたゆたいの極地してしまったので、
これではアカンと奮起サイド。
ややアッパーな1.に始まり、ボブ・ウェルチ氏加入時のマックのファンキー曲に激似の2.
つかパリスだなこりゃ、
ここでは喜ぶ、パリスだし、
それからCSNのアルバムのB面3曲目のような3.、
あははほんとCSN、喜んでるけど、
やっぱデッドでもあるな、
マイナー哀愁の北極の”愛の日々”、
壮大に〆ようとした最終”ダイアモンド・ジャック”。

遺憾ながら
A面の喜色満面に比べてこちらはいささか奥歯にものが挟まってしまう書き方になるのは、
おそらく
A面の緩さが、実はかなりエナジー必要とするギリギリ世界だからなのであろう。
どこにも属さない覚悟で浮遊しながら己を通すのは至難の技。
しかも実現したからと言って、
一つボタンを掛け違ってしまったら、
一挙に認められにくいはこりゃ明白で、
意志の赴くままの運命とは言え、
でっかいものを背負ってしまったバンドだ、
ウィッシュボーン・アッシュ。
それだけに
これはこれからでも遅くないと確実に思う。
30年後であろうが百年後であろうが。
いや
わたくしがそうだからと言って皆さんを巻き込むとかそうゆうことでは無いのですが。
あい
そうゆうことです。

(山)2011.1.27

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

フロント・ページ・ニュース(紙ジャケット仕様)

フロント・ページ・ニュース

New England / Front Page News


↑当時ML誌レヴュー

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすアッシュのページ

資料

資料(英版)

English Version
.
−−−−−−−−−
当ブログ記事への、
楽天キャッシュ
https://point.rakuten.co.jp/Top/TopDisplayCash/
または
Amazonギフト券(Eメールタイプ)
での、
おひねりをば頂ければこれ幸いです。
宛先メルアドは

rocksp@jcom.home.ne.jp

にて。
↓下記バナー内上左より



金額はお心次第、いかほどでも。
いただいたおこころざしは、歓びこの上なく、遠慮無く使わさせていただき、
勇気百倍、毒千倍、
また一日暴れさせていただきます。
よろしくお願い申し上げ奉ります。

日刊ろっくす ヤマ & まほ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ネットショップやっております

logo-mahog-s.jpg

エコトートバッグ発売中。

♪取り扱い品目はコチラで♪

..
.

: