前日のThAnk YoU rocks   top   back


ろっくす大特選盤




*70年代に突入。世界は黒いマグマが沸々と煮えたぎっておりました。そのマグマの正体はファンク・ミュージック。やけに腰がむずむずして踊りたくなる叫びたくなるそして吹きたくなったのが、このベテラン・ジャズ・トランペッター、ドナルド・バード氏です。ジャズのトランペッターと申さばマイルス・デイビス氏。その10歳ほど年下。一世代ほどお若くデビューは1955年です。溢れる意欲は音楽意欲、当然見つめるはその時一番ビビッドなサウンドだ。70年JB親分のセックス・マシーン、同年カーティス・メイフィールドおじさんの「カーティス」、スライ・ストーンの「暴動」は71年、マービン・ゲイ氏「ワッツ・ゴーイン・ノン」も71年、ダニー・ハサウエイ氏デビュー70年、これらキラーの裏には山のようなファンキー有り。ロックンロールに次ぐ新しいビートが生まれようとしてました。バード氏も前作前年「エチオピアの夜」でファンク入道、さらなる無限の可能性を求めてミュージシャンを探しに探してこれだっつうメンツ集合のその時、この「ブラック・バード」が生まれました。時は72年4月。その数ヵ月後には先輩マイルス氏の必殺「オン・ザ・コーナー」。片腕に選んだのがラリー・ミゼルとゆう男。みぜるきかぜるいわぜる。作曲、アレンジと大活躍。ドラムスには翌年、ハービー・ハンコックス氏のこれまたキラー「ヘッド・ハンターズ」でさらなるぶっ飛びしたハービイ・メイソン氏。あまりにファンキイ、切れ過ぎて歌物のバックでは叩かせて貰えなかった男。ベースにはテキサス・ファンクの雄、クルーセーダーズからウイルトン・フェルダー氏が。本業はサックスでござるが、ベースを弾かせるとこれが天下一品。あまりに上手いんでバンドにベーシストが寄り付かなかった。そして同じくベースにチャック・レイニー氏。中指一本上下のみで超絶グルーヴを発進する男。ポンピン&ぐいのり求めるならチャックさん。さー、このご両人の名を聞いてピンと来た方は110番、そうです、エイジャに至るスティーリー・ダン・サウンドのボトムを支えた二人だ。ギターはディーン・パークス氏、デヴィッド・T・ウォーカー氏。気がつけばこれ以降様々なアルバムでお姿発見。鍵盤はジョー・サンプル氏。これら百戦の勇士達が集い、何かものしようとチャンレンジしたアルバムがこれ。もちろん後のクロスオーバー、フュージョンの姿有り。しかし何よりも魅力的なのは、一体全体何が生まれるのか本人達にもわからなかった雰囲気。やってる内にこれかこれかって発見を演奏側も次々と掴んでいく喜びが。アルバムの隅々まで光が充満してきらめいてます。この喜びの音楽を街が放って置く訳も無く、ジャズ・アルバムではもち最高位1位、ブラック・チャートでも最高位2位、ポップでも最高位36位とブルー・ノート史上最大の売上げとなったとゆう。数多のミュージシャンも夢中で聴いたはず。そして参加したミュージシャン達は・・・ここで得たものを音楽の伝書鳩となって実際に各地で展開、新たな個性と出会ってさらに花開くファンク。音楽ですから気に入る気に入らないは貴方次第。ただ、この分野で黎明期キー・アルバムの一つであることは間違いないかと思います。後は前述盤の他、クインシー・ジョーンズ氏の「ボディ・ヒート」、グロ−バー・ワシントンJR氏の「ミスター・マジック」。生きがいいのは目でわかる。取れたてだよ。

(山)2005.11.1



by Yama
BY AUTO TRANSLATION
SORRY,Mistranslation multi.


*It rushes into in 70's. A black magma boiled with Wawa in the world. The true colors of the magma is a funk music. Becoming, wanting to blow, and having come to want to tickle the waist awfully and to dance wanting the becoming it shout are this old-timer jazz trumpeters, and Donald birds. Trumpeter and Mr. Monkey mackerel Miles Davis of jazz. It is a younger by the about ten years old. It is young like the age fee and the debut 1955. The desire to overflow is the most vivid sound at a music desire and natural watching. ..Marbin gay.." is funky having like the mountain in 70 ..Mr. Dany Hasauei debut.. years of 71 years on the back side of these killers for JB boss's for 70 years sex machines, Curtis Mafeld uncle's of the same year "Curtis" it, and 71 years "Riot" of the slice tone. A new beat that follows the rock'n'roll starts arising and .. It looked for and this "Blackbird" was born for a funk lay priest and infinite further ..bird.. possibility in age "Night of Ethiopia" before the former work in the search for the musician at that time of the Ments set. Time is April, '72. Mr. Miles's of senior kill without fail "On Za corner" the several months later. Having chosen the right hand is a rally Mizel man. Seeing. Composition, arrangement, and large activity. It is Herbie Hancoccs's killer it it is this "Head Hantarz" and it will be further Harbii Mason in Doramus who did To next year. Fan key and a man who was not able to have it cut too much and beat in backing of Utamono too. Mr. Uilton Feldar : from the male and Clusadarz of the Texas funk to the base. As for the profession, when the bamboo basket plays the base in the saxophone, this is supreme. The bassist did not come near to a band by too good. And, it is Mr. zipper Rane in the base similarly. A man who starts transcendence groove with only one the top and bottom middle finger. If Pompin & is requested, it is Mr. zipper. ..doing.. ー and this two' names are heard, and the pin coming is the 110th, and is so, and two people who supported it as for the bottom to Eija of the STEELY DAN sound. The guitar is dean Parks, and is David and is T, and a walker. It discovers it the appearance with various albums after this if it notices. The keyboard is Mr. Joe sample. These heroes of 100 wars gather, and the Chanrengeed album is this of something when doing. Of course appearance having of the following crossover and fusion. However, attractive in above all is atmosphere persons in question did not understand what on earth arises either. Pleasure to which the performance side also grips the discovery one after another : this or this at the time of doing. Light is filled and glitters even in every corner of the album. This..please..music..town..leave..translation..provide..jazz..album..have..first rank..black..chart..first rank..pop..first rank..Blue Note Records..in the history of..maximum..sell.A lot it drank and the musician should also have listened frantically. And, the participating musicians : ・・・ Funk that becomes the carrier pigeon of music, develops what obtained here actually in various places, meets new individuality, and opens the flower further. Because it is music, it is your.. situation in the liked nature. However, I think that it must be one of the dawn key albums in this field. "Body heat" of another and Mr. Quincy Jones of the above-mentioned board and Gro now?"Mr. felt-tipped marker" of Mr. bar Washington JR. It is understood that living is good with eyes. It is possible taking.







みなさんオピニオン
:




こちらのアルバムのご感想を是非こちらから。