日刊ろっくす  前日のThAnk YoU rocks   top   back


ろっくす超大特選盤




入札:ブルックリンで沈黙
ジョルジ・ベン
1967


小粋に赤シャッポをかぶりーの、ちょっと右手の小指立てちゃって失敗な兄さん。
彼こそはブラジルの井上陽水氏ことジョルジ・ベン兄貴だあ。
何しろポルトガル語か、縁も伊東ゆかりも無い言葉の音楽ですんでまるで知らぬサンバ界、
その中で何の因果か物凄ーくファンになっちまったのがこの方。
最初に聴いたのが1976年の”アフリカ・ブラジル”ってこれがとんでもないスーパーノヴァファンキーな超絶盤で、
それにはかのロッド・スチュワートちゃんがアイム・セクシーでパクらずにいられなかったタジ・マハールが入ってる。
他に有名なのはかのセルメンことセルジオ・メンデスとブラジル2001年宇宙の旅さんらが世界ヒットさせました

マシュケナダ

ちなみにジョージ・ベンソンさんじゃありません。間違えられがちでえれー迷惑したらしい。
1989年にジョルジ・ベンジョールさんと改名なさってます。便から便所ーるとフマキラー風自爆なさったような気もしますが。
なことに関係なく、
とにかく大ファンです。
裏返り声出して歌って、うっぱっぱほれからこえよーとハナモゲラなスキャットとズバベンボラソと間を外したギタア弾いてくれたらもー。
何でも大好きな白痴状態になる。
だもんで中古LP棚で発見しますと即買い・・・って、前振りはこの方を感謝する時毎回やってるな。あはは。
てなわけで
即買いなんすが、これが困るんす。何しろポルトガル語。読めん。アルバム・タイトルから曲名まで。
何枚も買ってますと、俺、これ買ったっけ?棚の前で数十分悩みます。
悩んでも結局わからんので、まほさんにこれ持ってたっけ?って訊く。
「このジャケット見たこと無いよ。」と安心の言葉いただいて、無事買いました。

O Bidú: Silêncio no Brooklin

持って無かった。1967年作。
タイトル訳さば”入札:ブルックリンで沈黙”。

世界でマシュケが大人気となっておるとゆうのに、ほんまに沈黙してもうた1965年から69年の謎の4年間の中で、
1枚だけ出たアルバムだそうです。レーベルはいつものフィリップスじゃなくアルチスタス・ウニドスってとこだって。
だもんで探しても探してもCDの再発されてる様子は無し。ベストにも曲が入ってない。
見つけたのはアナログの再発盤すが、こりゃええもん見つけたわ。
えー、ちなみに
ブルックリンはアメリカのブルックリンじゃ無くサンパウロにある街の名前だそうです。そこで文字通り隠遁してたのね。
が、すげー元気。おそらくマシュケが売れた印税でのんびり、好きなサッカーして遊んでいたのでありましょう。
違うか。違ったらごめん。
さて
珍しくても中身がすっとこどっこいだったら、残念無念俺の750円返せなんすがこれがまた・・・

カッコええぞー!!

音質を含めて形容するなら、
ガレージ・サイケ・グルーヴィーファンキー・ボッサンバ」。
何でそんなにあらゆるところにリヴァーヴつけるのだの洞窟音場からむっちゃ陽気なノリノリ。
聞く所によりますと滅茶苦茶気さくな兄さんらしく、それ当然音楽にも出ましてノリ一発で少々ヤっちゃってる歌も有るには有る。
各アルバムに少々は(無くてエヴリシングOKなのはアフリカ・ブラジル)。
しかあし2曲必殺、おそらくシングルになった歌が入ってますんで、それもうたまらん節ですからそれだけでもう悶絶満足也。

収録曲は、

0-090826-01.jpg

1. Amor de carnaval (Jorge Ben)
2. Nascimento de um príncipe africano (Jorge Ben)
3. Jovem samba (Jorge Ben)
4. Rosa mais que nada (Jorge Ben)
5. Canção de uma fã (Jorge Ben)
6. Menina gata Augusta (Jorge Ben - Erasmo Carlos)


0-090826-02.jpg

7. Toda colorida (Jorge Ben)
8. Frases (Jorge Ben)
9. Quanto mais te vejo (Jorge Ben - Yara Rossi)
10. Vou andando (Jorge Ben)
11. Sou da pesada (Jorge Ben)
12. Si manda (Jorge Ben)


これでは訳がわかりませぬので、世界に誇る自動翻訳機にかけて訳しますと

1. カーニバル愛
2. アフリカの王子のナシメント
3. 青春期は、サンバを踊ります
4. 何よりも多くのバラ
5. ファンの歌
6. 女の子8月の猫
7. 色のついたすべて
8. 文
9. 私は、もっとあなたに会います
10. 私は歩きに行って
11. 私は、重いもの
12. それ自体命令


必殺曲は、4曲目の”何よりも多くのバラ〜Rosa mais que nada”。
そうです。あのマシュケナダの多分続編。
ロック・ファンお馴染み、スティーリー・ダン”ドゥ・イット・アゲイン”ビートでおりなすこれが新・男はつらいよクラスにナイス!
廃盤で抹殺化されてるとしたら天罰ものだ。

そしてB面の8曲目となる”Frases〜文”。
これはユーチュウブにありましたぞ。聴いてみてください。
どうしてこのイントロで本編が出てくるんだああ?の得意技から始まって、



ハルミに、ぬーい
ハルミに、ぬいゆいゆい



って、何が何だかわからんが必ず風呂でハナ歌歌ってしまうリフレインメロ。

たまりません。

他にも、ハートをえぐり出すミョーな音の鳴り物や、DJどもがサンプリングしたくなるのも無理は無いわいやめろ。のやら、
最後はギャル語の

それ自体命令。

むりむりむりむり。

ぶっ飛ばしサンバで終了。元気溌剌ジョルジベンC。

0-090826-06.jpg

(山)2008.8.26

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

フットボール&サンバ・ベスト!


00000-3.jpg

Jorge Ben - Frases
http://www.youtube.com/watch?v=XC6MjMT51IU


jorge ben - Menina Gata Augusta 1967
http://www.youtube.com/watch?v=qc8Jr9sgiKE


Jorge Ben - Amor de Carnaval (1967)
http://www.youtube.com/watch?v=9at2xHQmglw

Jorge Ben - A Jovem Samba (Klasick Remix)
http://www.youtube.com/watch?v=zBNEgQznHLQ

Jorge Ben - Taj Mahal
http://www.youtube.com/watch?v=h0_rQhtKGPA


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすジョルジ氏ページ

資料

ポルトガル語資料

English Version





.

: