日刊ろっくす  前日のThAnk YoU rocks   top   back




ろっくす超大特選盤


Siren
Roxy Music
1975


うおう、何てこったい。ろっくすの感謝が今のなんちゅうか、形になってなからやってなかったよ。

サイレン
ロクシー・ミュージック1975年作。


0-070412-11.jpg

大好きなアルバムはサイト設立当時にやらかして貰ってるので、やけにちんまりとなページになっている場合があります。
スキャナーもまだ装備してなかったし。いかーん。もう一度吟味吟味吟味して叫ばねば。

0-070412-12.jpg

はい、わたくし、この盤でロキシーに入城しました。
リアルタイムで。当時中学生。全米TOP40に夢中。飛び込んで来たのが「恋はドラッグ」最高位30位。????ナンじゃこりゃ。と最初は仰天。でも在位5週の間にはもう夢中になってしまった。うまい具合に普段洋楽など聞かん友人が、ジャケに惹かれて(ばく)、LP買ってしまい、その扱いに困りまくって即貸してくれたよ。お前、こんなん聞くのか?みたいな目付きで。
聴くんだよ。
そしたら当然もう夢中に。この美しさに目覚めてしもうたらもう、ギター・ヒーローとか、真っ当な、真っ当なってなんだ語弊がありんすが、なる道は閉ざされた。嬉しい。

0-070412-10.jpg

ロキシー・ミュージックがロクシー・ミュージックだったころ。まだアヴァロなかったころの最後のスタジオ盤です。
地球上に混沌をもたらし、ぴっかりイーノちゃん脱退後に目指した、ずんどこ突進地固まって岩となる音楽の桃源郷。ごつごつの岩もひたすら磨けば、ほうら、こんなに美しく輝くのだ。
前々作スランデッド&前作カントリー・ライフはそのごつごつ岩二部作。見つけた音をひたすら解放、インドの白虎みたいだったよ。
そしてこの盤、チーターになりました。水前寺にあらず。速度100kで走るチータ。その世にも稀なるセンスだけを抽出してしまったのだ。
もう、あそこにもここにもロクシー美人な音がたっぷり、そして各所に瞬間超絶なぶっ飛びの時が貴方を待ってます。

0-070412-01.jpg

恋はドラッグ

0-070412-13.jpg

・・・「完璧なシングルを讃える会」認定第1号シングルでござる。だいたいがこんな英国なまり、”カンチュー・シー”でっせ、な歌が全米でチャートインする奇跡よ。それに米国人が一番嫌いそうなイギリス風スカシた風情なのに。それだけえらいこっちゃな曲だってことか。
今回気付きました。アナログとうちにある93年のCDと聞き比べたら、何と曲の速度が違う。LPの方が速い。????。うちの電気が強力で回転速度が速いのかー。思えばCDってどこの家庭でかけても同じなんだよな。アナログだとそれぞれ固有の音で聴くことが出来るって利点があるのかもしれません。
何か、それってイカしてないすか?

エンド・オブ・ザ・ライン
・・・ああ、フェリーさん。ロキシーが故郷よ。安心してどうしてこんな曲が書けるのかってな、ぶっ壊れた曲が出来ます。ぶっ壊れてるけど両手を腰に当てて立たせてくれるのはバンドの面々なのだ。

センチメンタル・フール
・・・前曲との曲間時間大。そして現れる恐るべきマンザネラ氏の時と空間を超えた貴方しか出来ません時空超越ギターが。その時あなたの目はあなたの体を離れアンバランス・ゾーンに入るのです。そしてこれが8ビートだ。づんどこロクシーのキモはポール・トンプソン氏の揺るがぬ8。貴方と共に歩みますのグスタフスン氏の腰ベース。だ。センチメンタルなアホとは・・・もちろんフェリーさん。

ワールウインド
・・・ブレーク後、いきなし高度8000000000mに吹き上げられる。75年度超絶イントロ大賞受賞曲。これがロクシーです。
づんづかどんど、づかづかどんど。


メイデー
サイズをカットダウンせよ アゲイン
そして何
もちょっと付け足すとしたら 友よ
俺はチェンジ
今またスタートするぞ
変装
描写するにはヘンテコすぎるわ
何でって
俺はいつもあんたの名前を呼ぶ
アディユ 君と共に
私は何にでもなる 好きなように
疾風
野火と豪雨
車輪は廻る
ハリケーンで私は翻弄
疾風
ほっぺたへっこまして吹く
私遠く
とてつもなく遠く
ここよりシャングリラへ
この道でよろしいかな?
そこには彼女も飛ばされて
私をトルネードから救ってくれる
渦巻
深く深く沈んでいく
疾風
野生猫は飼いならせるか?
大地震
俺の脚はぶーるぶる
それはクロスワード、君のそばに接近
私が恐れる致命的兆候
この場合はおしまい
完璧に、愛しの一夜
気を付けて
疾風



もう歌詞のまんま。最後の渦巻きギターごりがりがおりがりごりてば。


B面。

0-070412-04.jpg

シー・セルズ
・・・フェリー氏とエディ・ジョブソンちゃんの共作。バンド全員三位一体の大ロクシーPOPだ。これがロクシーです。


さあ、君は最初から話してます
それは最新式 自由
ちょっと待って、マスコミさん 一面は開けといて
そのまんま書くんだよ
あんた俺をわかってるか?
ワルツのリズムであんたが歩いているのを見てご覧
正しく出来たジグソー・パズル
それともまともにごまかそうってのか
手っ取り早く自分に都合よく
ヌーボーの方がまだまし
現代の理想
ナチュラルな類のポエットはゆっくりとしてるもんだ
しかし彼女は販売す 私の追いつかない速度で

彼女は売れてます 国で モダーンで
古のウエスタンソングで
東洋の混乱に溢れた
あんたはまったく正しい、私はまったく間違っている
はい、あんたは私をぶっ飛ばしなさい
全自動エロティックで どうぞ
お気のすむまま
君の下着は贈答用の包装
私に着させてーー

9時から5時まで
毎日の決まりきった仕事
嘘に塗り固めた
心を決めたよ
わたしを消費する同じマシン
あなたを消費する
おーホワイ
彼女は売れてる
俺は要るんだ
おー、何故?愛何故
彼女は売れてる
俺は要る


クッド・イット・ハップン・トゥ・ミー?
・・・フェリーさん、もう鼻が詰まってぐちゅぐちゅ。左右に例のをどりも絶好調なり。

ボス・エンズ・バーニング

0-070412-14.jpg

・・・追って「完璧なシングル」で徹底的に・・・・・。前曲との曲間に最大のハッピーが存在してまする。

ナイチンゲール
・・・燃え尽きたあとの頭なでなで・・を寄ってたかってこの連中にされます。連中の流儀で。

ジャスト・アナザー・ハイ
・・・そして高らかに。別な高みを目指す。はずでありました。
しかし思わぬ税金攻撃には鉄壁の8ビートもふいを突かれ、不本意にも撤退を余儀なくされ。
まさに、アヴァロンな場所とは別な場所に・・・このサイレン岩からつながる高みがあったはずだ。
俺は要る。
それがクレージー・ハイでも。


はい。例によって後半、ひたひたと時間切れ。すまんこってす。
要は遭遇した場合、がっちり咥えて話すことなど思いもしないか、扱いにはたはた困り果てて、さっさと放出されてしまっているか
どちらかですんで、そこんとこどーかよろしく。

(山)2007.4.12




恋はドラッグ
ロキシー・ミュージック
1975/10/11


えー
本日より。
降雨の季節でも有りますので
「完璧なシングル」記事改修工事を折りを見て始めたいと思います。
最初の頃のはねえ、激訳詞もしてないし、
ジャケ写も少なかったですし。
心残りは体と心に悪うござんすから。
思い立ったが吉日。
まずはどこから治しましょ。当然です。
第一回放送のこの曲から。



****************

本日から始まりました「完璧なシングルを讃える会」。
略してカンタタ会。蜘蛛の糸かー。
・・・・非の打ち所の無いシングルを有りとあらゆる手段で讃えるとゆうものです。
貴方もこれを讃えたいつう方は是非コメントを入れてやって下さいまし。
だいたいロックの世界では何かとアルバムが上位に据えられがちでござんすが
アルバムゆうても一つ一つの偉大な曲の集まりでごんす。
中でもわざわざシングルにしようって曲は作った本人がいっちゃん出来がいいと思ってるもの・・
ま、中にはいっちゃんキャッチーで売れるぞこれはってんでカットする場合もござるが、
いえい、
どっちにしても素敵さ。
POPだったりキャッチーだったりするともう我慢出来ん耳が腐るって方は別にして。
さー
栄誉ある第一回に選ばれましたのは



恋はドラッグ
Love Is the Drug




ロクシー・ミュージック
Roxy Music


マツトモヒロシのCMのコピーに使われそうなタイトルのこの曲。
そりゃもう半端でないほど完璧です。
ひたすらズンドコしてたロクシーがほんとにやったんかいと最初は思ったほど。
きゅきゅきゅと締まってる。
作はフェリー=マッケイ。
となってるけど私はど真ん中で活躍はフィル・マンザネラおじさんだと勝手に類推するものなり。
エンジンかけてぶおぶおぶお、きゅーっと車発進(多分スバル360の音では無し)して掴みはもう抜群。
これから何が起こるのかってわくわくする曲などそうはありゃしません。
おもむろに鳴るはティンバレスの高らかな音。
スネアをパンパンにチューニングしてるかもしれぬ。
続けてなるベースのフレースが問題だ。
ファンクであります。
およそファンクなど縁が無さそうであった不器用さんバンド、ロキシーがやる初ファンク。
しかもこれがただのファーンクではありませぬ。
どう聴いてもこれはタンゴのフレーズ。
タンゴのフレーズをソウル化したものには
ドリフターズ(ビバノンノンじゃ無し)の「ラストダンスは私に」がありもうす。
これは史上初、タンゴのファンク化。
シンコペーション効かせて8ビート化してさらにファンクにしてしまった。
これはもう偶然でも何でも相当凄い御技。
そこに
絡まるティンバレス風スネアでアルゼンチンからキューバに行ってロンドン、ドイツへ一挙に旅してしまうとゆう。
マンザネラ氏のラテンの血が無ければ実現せぬこの汎大西洋の音楽世界で、
これを実現させたのもロクシー中この曲だけですので思いの丈想像するにあまりあり。
もちろん宇宙一の伊達男フェリー氏のボーカルも最高。
特に最初のフレーズから爆発する音の外し方。
2.85%ほど西洋音階から逸脱フラットしております。
これは外してるとゆうより正規メロディですので一般の方々がカラオケ熱唱なさる時は要注意。
きちんとフラットして下さい。
合ってしまったら鐘が一つ鳴ります。
忘れてはならぬ、
作者に名を連ねているプップクプーおじさん、
アンディ・マッケイ氏、ちゃんと活躍してるのだ。
ぱぱぱーと珍しくフレーズ感にバチっと決まったフレーズを。
世界一8ビイトなドラマー、ポール・トンプソン氏と共に一つ欠けたら全てが無に解するアレンジを形作り
最後はこれまたありそうであまり無い見事なエンディングで。
これはビートルズの遺産であります。
あまりにも見事なんでこの路線はこれ1曲にて終わってしまった「恋はドラッグ」。
全米チャート最高位30位。全英チャート最高位4位でありました。



2005.06.11

****************

付け加えることは付け加えようと思えば山ほどござるがありませぬ。
収録アルバムは
1975年10月24日発売6枚目アルバム



サイレン



Siren



英国チャート1975/11/8に4位初登場、
以後6-6-5-14-24-36-39-39-32-39-32-39-36-29-35-42-41-(1976/2/28)49位。
最高位初登場4位。

曲の
英国チャートでの詳細は
5回目のヒットで
1975/10/11に37位初登場、
以後27-16-5-(11/8)2-3-4-11-29-(12/13)40位。
最高位2位。

アメリカでは初ヒットで
1975/12/27に89位初登場、
以後79-69-61-51-48-45-41-(1976/2/21)37-35-33-31-(3/20)30-(3/27)52位。
最高位30位。

日本じゃ無視も

当時全米TOP40を聞いてて、ランクインした日にゃあ、
そりゃもう飛び上がって喜んだだよ。
おお



PV
http://youtu.be/0n3OepDn5GU


http://youtu.be/OtCVLtcfLi4




こ、こ、こ、こ、こ

ぼばあ

ばたん
ばた
ぶろろろろーん

タラルコタン

ぼばぱあ↑

ぼばぱあ↓

た大したことじゃないさ
ベルが鳴るのを待つのは
た大したことじゃない
鐘の音ぼーん

タチが悪いぜ、何日も無駄にした
俺は赤いネオンたなびく下町に繰り出す
心ウキウキ胸踊る
何が待ってるか
恋は麻薬
俺はキメてやるぜ
やってみろや、やってみい、ヒットエンドラン
男子と女子がビート・ゴーズ・オン出会い
きつく縫い付けられて、プルプル出来ん
恋は麻薬
俺は一発ヤラれた

おーお、その快感を捕まえろ
恋は麻薬、我思う
おーお、わからないのか
恋は俺の麻薬なのだ

おーうおおおー

ギタロンギタロンべい

おーうおおおー

ギタべんギタべんギタべん



その夜遅く
俺は車を停めた
出会い酒場で場所取りだ
顔をくっつけ
全身ぴたりとくっつけ
心ふれあい俺らはフロアで舞う
大のぼせ
我忘れ
ガチっと抱擁
脚よろめき状態
俺は行こうぜと言う、女はいいわと言う
灯りを暗くして
残りはご想像にお任せ

おーお、その快感を捕まえろ
恋は麻薬、我思う
おーお、わからないのか
恋は麻薬だ
俺は一発ヤラれた

おーお、その快感を捕まえろ
恋は麻薬、我思う
おーお、わからないのか
恋は俺の麻薬なのだ



ぽばぽお↑

おーうおお

ぽばぽお→

おーうお

ぽばぽお↓

おーうおお

ぽばぽお↑

おーうお

ぽばぽお↑

おーうおお

ぽばぽお→

おーうお

ぽばぽお↓

おーうおお

ぽばぽお→→

おお

おーうおおおー

ギタアギタアギタア

おーうおおおー

恋は
恋は
恋は

麻薬





たまらん。
正にエロちぃいいック!
37年経とうがいささかも衰えぬ威力なり我が人生ソング。



カラカラに乾いたまさに完璧なシングルなのだ。

(山)2012.06.14

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Love Is the Drug

T'ain't no big thing.
To wait for the bell to ring.
T'ain't no big thing.
The toll of the bell.
Aggravated, spare for days.

I troll downtown the red light place.
Jump up bubble up.
what's in store.
Love is the drug.
and I need to score.
Showing out, showing out, hit and run.
Boy meets girl where the beat goes on.
Stitched up tight, can't shake free.
Love is the drug, got a hook on me.

Oh oh.
catch that buzz.
Love is the drug I'm thinking of.
Oh oh.
can't you see.
Love is the drug for me.
Late that night.
I park my car.
Stake my place in the singles bar.
Face to face.
toe to toe.
Heart to heart as we hit the floor.
Lumber up.
limbo down.

The locked embrace.
the stumble round.
I say go, she say yes.
Dim the lights.
you can guess the rest.
Oh oh.
catch that buzz.
Love is the drug I'm thinking of.
Oh oh.
can't you see.
Love is the drug.
got a hook in me.
Oh oh catch that buzz.
Love is the drug I'm thinking of.
Oh oh can't you see.
Love is the drug for me.

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




ジャスト・アナザー・ハイ
ロキシー・ミュージック
1975/10/24


♪ぎゃあああああああああ♪

「うわ、すごい声出すなよ。」



「にゃああああああ」

「ママのリクエストだ
だって。」



「きゅうううううう」

「ママのリクエストだぞ
だって。」



「みょん」

「ママだママだ
だって。」

「わんわん」

「やらねばぶち殺すぞ
だって。」

「あらまおっかない。何をだよ。」

「にゃ」

「ロキシーにきまってんだろが
だって。」

「きゅ」

「サイレンの
だって。」

「わんわん」

「あの曲だ
だって。」

「そうかあの曲か。ママのリクエストならなあ。やらねばならんなあ。
てっこって



長らくお待たせいたしました。
毎度おなじみママのリクエストのレコ屋でござーい。
今日持ってまいりましたママのリクエストはああああ

1975年10月24日発売6枚目アルバム



サイレン
Siren


よりラスト曲B面5曲目の

ジャスト・アナザー・ハイ
Just Another High


も一回はい。」

「にゃ」

「よくその曲だとわかったな
だって。」

「そりゃもうママとは以心伝心・・・」


「にゃきゅわわーーん!」

「以心伝心なのは僕らの方だ
だって。」

「はいはいそうだね。」



「ご説明いたしましょう。」

「ママがリクエストした理由をか?」

「ズンドコ極めたる第2期ロキシーの最終盤決定盤ですサイレン

英国アルバムチャート
5回目のヒットで
1975年11月8日4位初登場、
以後
6-6-5-14-24-36-39-39-32-39-32-39-36-29-(1976/2/7)35-42-41-(2/28)49位。
最高位初登場4位。17週。

米50位。


最後の最後の超大作です。

メンツは

Bryan Ferry – vocals, keyboards, harmonica
Phil Manzanera – guitar
Andy Mackay – oboe, saxophone
John Gustafson – bass
Paul Thompson – drums
Eddie Jobson – violin, synthesizers, keyboards

黄金の6人。

ジョブ王子のロキシー・スペシャル、クラヴィのフレーズで始まり
マンザさんのじゃんかじゃんかと共に
絶妙の音程外しでフェリーちゃんが吐き捨て
これぞ突進8ビート、ポール大明神ドラムス高らかに
ぐいと来てぐいと喰い込むグスタフスン様のベースぐい、
マンザさんのびよんシタールギター素敵、
知らん間に混ざってるオーボエが毎度チャルメラなマッケイ博士最高のイチモツ!!」



「最高のイチモツに花束贈ります。」

https://youtu.be/FQfyeLh17eI






Maybe your heart is aching
 もしかしたらお前は心痛めてるのかもしれんが

I wouldn't know, now would I?
 俺にはわからんかもしれん、
 な、そう思うだろう?


Maybe your spirit's breaking up
 もしかしたらお前の精神は崩壊しとんのかもしれんが

I shouldn't care, now should I?
 俺は気にしちゃあかんのだろう
 な、そうだろが?



Maybe you're thinking of me
 もしかしたら俺のことを想っとんのだろが

Well, I don't know, now do I?
 そうだよ、俺にはわからん
 そうだろが?


If only you knew how I feel
 もしお前が俺がどう思ってんかわかってくれてたら

Wish I could die, now don't I?
 俺は死んでもいい
 おい、違うと思うのか?



I'm just another crazy guy
 俺はただのイカれた野郎

Playing at love was another high
 恋を弄ぶことはつまらねえお楽しみ

Just another high
 ただのお楽しみなんだよ



Couldn't believe in my eyes
 目に映ることが信じられん

You drifted into my life
 お前は俺の人生に迷い込んだ


But marriages, made in Heaven
 だが結婚なんてもんで
 神の思し召しの理想的結婚なんてえもんで

Can they survive in this life?
 この世で生き長らえることが出来るのか?


Surely it came as no surprise
 確かにそんなこたあ驚くことでもなんでもなかった

Love was too hot to handle
 恋ってのは厄介なもんさ



Well, I really blew my cool and you
 そう、俺は頭に血が上って、お前と言えば

You just blew out the candle
 お前はただろうそくを吹き消しただけだった



Didn't you just try just another high?
 お前はごく普通のしあわせってやつを味わってみたくは無かったのか?

Didn't you sigh as you waved goodbye?
 サヨナラと手を振った時にため息はつかなかったのか?

Just another high
 ごく普通じゃねえか




シタールギターびよ〜ん




I'm just another crazy guy
 俺はただのイカれた野郎

Playing with love was another high
 恋で惑うなんてこたあつまらねえお楽しみなんだよ

Such a crazy high
 つまらないイカれたお楽しみさ



Lately it seems so empty here
 ここんとこ、ここいらはえらく虚しい場所になっちまったようで

But I suppose, I'm alright
 だがまあ俺なら平気さ


Maybe tomorrow's not so clear
 まあ明日になってもたいして晴れやしないだろうが

Still I remember that night
 まだ俺はあの夜のことを覚えてる



Singing to you like this is
 こんな風にお前に歌いかけることが

My only way to reach you
 お前に近づけるただ一つの方法


And though I'm too proud to say it
 得意げにこんな話をしとるがの

Oh, how I long too see you
 あゝ、どんなにかお前に会いたいことか


Shattered by dreams, by your goodbye
 夢見ることでお前のさよならで粉々になった

Scattered my hopes and filled the sky
 粉々になった俺の希望が空いっぱいになってやがらあ

Desolate am I
 みじめみじめぇええ



I'm just another crazy guy
 俺はただのイカれた野郎

Playing at love was another high
 恋を弄ぶことはつまらねえお楽しみ

Just another high
 ただのお楽しみなんだよ

Just another high
 ただのつまらねえお楽しみなんだ

Just another high
 ただのつまらねえお楽しみ

Just another high
 ただのつまらねえお楽しみなんだろがあ

Just another high
 ただのつまらねえお楽しみ

Just another high
 ただのつまらねえお楽しみよ

Such a crazy high
 つまらねえイカれたお楽しみ

Just another high
 ただのつまらねえお楽しみ

Just another high
 ただのつまらねえお楽しみよ

Maybe I should start anew
 たぶん俺は新たに出直さなきゃあかんのだろう

(Just another high)
   ただのつまらねえお楽しみてか

And maybe I should find someone who
 で、たぶん誰か別のやつを探さなやあかんのだろう

(Just another high)
   ただのつまらねえお楽しみよ

Will maybe love me like I love you
 俺のことを惚れてくれるやつだ
 俺がお前に惚れたみたいによ

(Just another high)
   ただのつまらねえお楽しみでな



Maybe I'm too stuck on you
 たぶん俺はお前に溺れちまってんだろう

(Just another high)
   ただのつまらねえお楽しみでよ



Maybe I got stuck on you
 たぶんオイラはお前にずぶずぶ

(Just another high)
   ただのつまらねえお楽しみでね



Maybe I...
 たぶんオイラってやつぁあ・・





「昭和最大の伊達フラれ男、フェリーちゃん最後の最後に最大の負け惜しみ炸裂だね。」

「これぞ昭和最大の大自虐超ヤケクソ歌だ。」

「なんつってもこの不細工で不器用でかっこ悪い丸出しがたまりません。」

セイム・オールド・シーンのほうがそりゃかっこいいけど
なんつってもどうしてもこっちが好きなんだよママもそうだよ。」

(山)2017.11.24
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




ボス・エンズ・バーニング
ロキシー・ミュージック
1975/12


♪ぐえーぎゃぎゅよわああああ♪

「かっこ悪い踊り、かっこ悪い踊り
だって。」

「かっこ悪い踊りがどうしたってんだ?」



「にゃあああああ」

「年明けたから
だって。」



「きゅううううん」

「狂ったように
だって。」



「みょん」

「すげーかっこ悪い踊りを
だって。」

「わんわん」

「踊りたい
だって。」

「酔狂だな。カッコいい踊りじゃないのか?」

「にゃ」

「カッコいい踊りじゃ発散できんじゃないか
だって。」

「うむそれもそうだ。我を忘れてだなやるんだな。
それじゃ自ずとかっこ悪くもなろうて
それじゃ



長いことお待たせいたしました。
かっこ悪い踊りものならおまかせのレコ屋でござーい。
今日持ってまいりましたかっこ悪い踊りと言ったらのお宝はあああああ


↑ベネルクス盤

ボス・エンズ・バーニング
Both Ends Burning
ロキシー・ミュージック
Roxy Music


お待たせ。」

「きゅ」

「そう来ると思った
だって。」



「ご説明いたしましょう。」

「説明不要じゃねえんか?」

「両手だらりで左右ふりふり、
必死も必死で顔をしかめて変になるブライアン・フェリーさん率いるロキシーです。

1975年10月24日発売6枚目アルバム



サイレン
Siren


英国アルバムチャート
5回目のヒットで
1975年11月8日4位初登場、
最高位初登場4位。17週。

米50位。


づんどこ期最後の大傑作から
2回目最後カット12月発売。


↑ドイツ盤

メンツは

Bryan Ferry – vocals, keyboards
Phil Manzanera – guitar
Andrew Mackay – oboe, saxophone
Edwin Jobson – strings, synthesiser, keyboards
John Gustafson – bass
Paul Thompson – drums

金色のの6人。

有りそうで無かった哀愁下りメロ攻め、
でこれがコード進行は意外です

G F
F Eb
Ab D F
D F D G

G F
Eb
D

と全メジャー。
こんな不思議な無茶ができるのはフェリー兄さんだけ作、
クリス・トーマス師匠プロデュース、
よく聞けばボンゴ炸裂
お初でロキシー聞く方でも一発でヤラれますよ

英国チャート
6回目のヒットで、
1975年12月27日40位初登場、
以後
40-32-28-(1976/1/24)25-25-(2/27)36位。
最高位25位2週。通算7週。

デビュー以来最低ヒットなんてひどいじゃないか。」



「抗議の意味を込めて花束贈ります。」


↑英盤

PV
https://youtu.be/KGrdWwYE77c


https://youtu.be/LFeqtXMKZ4U




ちょんちょんちょんちょんちょんちょんちょんちょん



Please don't ever let me down
 どうか俺を凹まさないでくれ

For you know I'm not so sure
 お前は俺が自信無くしてるのを知ってるはず

Do I have the speed to carry on
 俺はやってく勢いってのがあるのだろうか

I'll burn you out of my mind,
 お前のことを心の中から燃やし出したろか

I know
 それがいい


You're a flame that never fades
 お前はけして消えることのない炎

Jungle red's a deadly shade
 密林の赤はベラドンナの色

Both ends burning,
 両端が燃え盛り

will the fires keep
 その炎をたたえ続ける

Somewhere deep in my soul
 俺の魂の中、奥深くどこかで

tonight
 今夜



Both ends burning
 両端バーニン

Burning
 燃える

Burn
 燃えよ


Both ends burning
 両端バーニン

Burning
 燃える

Burn
 燃えよ



Now my course is plain as day
 今や俺の取るべき道は極めて明白

Running bold across to play
 やるなら肝っ玉ぶっとくならねば

Both ends burning
 全身全霊、無理を承知でせねば

with a strange desire
 妙ちきりんな欲望を抱いて

That feeds the fire
 火を注ぐのだ

in my soul
 俺の魂に

tonight
 今夜


I will dance the night away
 一晩中、踊り明かしてやる

Living only for today
 今日だけを生きて

Both ends burning
 燃え尽きる

while you're counting sheep
 お前が羊の数を数えてる間

Hell,
 糞、

who can sleep in this heat
 誰がこんな暑い中、眠れるってんだ

this night?
 こんな夜に?



Both ends burning
 両端バーニン

Burning
 燃える

Burn
 燃えよ


Both ends burning
 両端バーニン

Burning
 燃える

Burn
 燃えよ



Tell me will I ever learn?
 教えてくれ
 俺はいつか学ぶのだろうか?

It's too late, the rush is on
 もう遅すぎる、いくら急いでも

Both ends burning
 両端が燃えている

and I can't control
 俺にはどうしょもできない

The fires raging in my soul
 炎が俺の魂で荒れ狂ってる

tonight
 今夜


Oh will it never end?
 あゝ、けして終わらぬことなのか?

Put your foot around the bend
 気のふれたお前の脚を押さえつけてると

Drive me crazy to an early grave
 俺までおかしくなって早死しちまう

Tell me what is there to save
 教えてくれ
 何をここで救えばいいのか

tonight
 今夜



Both ends burning
 両端バーニン

Burning
 燃える

Burn
 燃えよ


Keep on burning till the end,
 燃やし続けるのだ最後まで

until the end
 最後の最後まで

Both ends burning till the end,
 燃やし尽くすのだ最後まで

until the end
 最後の最後まで


Keep on burning till the end,
 燃やし続けるのだ最後まで



until the end
 最後の最後まで



Both ends burning till the end,
 燃やし尽くすのだ最後まで



until the end
 最後の最後まで



ギタア!





「出だしのシンセ発信音がたまらねー。」

エドガー・ウインター・グループのフランケンシュタイン・シングル版と並んで入りが難しい世界二大だ。」

Edgar Winter, The Edgar Winter Group - Frankenstein
https://youtu.be/65XSHM3jlAY


「アルバム・ヴァージョンじゃんか。」

「無かったんだよ。」

「Both ends burning
 両端バーニン
って具体的にどーゆー意味なの?」

「burn the candle at both ends
口語〜精力[金銭など]を浪費する, 無理をする
由来〜ろうそくを両端からともすことができないの意から
から来てると思われます。」

「とかくしじゅう無理してるフェリー兄さんにまさしくだな。」

「B面は


↑英盤

フォー・ユア・プレジャー
For Your Pleasure (Live)


来るViva!ライブ盤に収録されない同じ日の1975年10月エンパイア・プール。ウェンブリーでのライブです。」

Roxy Music - For Your Pleasure (Live)
https://youtu.be/VlrUgjFfpUY


「たまらねー。」

「訳したいがそれは件アルバムのとこでやるようにしよう。」

「にゃ」

「じゃもっともっとかっこ悪い踊りなの
だって。」

「よっしゃ。ではサイレン・アルバムで両端バーニンの次のB4曲行くか。
有るよちんちん

ナイチンゲール
Nightingale


だ。」

https://youtu.be/AAXSYJlqOs4






Before the morning comes
 朝が訪れる前に

Will I hear your song?
 お前の唄を聞かせてくれないか?


Come little nightingale
 さあ愛しのナイチンゲール

I won't be here for long
 俺はここには長くいられないんだよ


When you're up there flying
 お前がそこで飛んでるとき

Do you care
 気にかけているのか

If there's no one else around?
 周りに誰か他にいないのかと?



When your lover leaves you
 お前の恋人がお前の元から離れたら

In the air
 空中で

Do you waver,
 お前は羽ばたいていられるのか

do you fall?
 落ちてしまうのか?



Now, while the moon is high
 さあ、月が高く輝いてるうちに

Shall we, nightingale
 しないか、ナイチンゲール


Duet all through the night?
 一晩中デュエットしないか?

A pair of souls for sale
 魂を捧げた者同士


Stars cluster glistening
 星が群れをなして輝き

Captive till the dawn
 夜明けまでとりことなる


Patiently listening
 じっと耳すませば

They've heard it all before
 すべて聞き覚えのある声ばかり


サックスぷえ〜〜〜



Should I stay here or should I go?
 ここに留まるべきか行くべきか?

I couldn't bear to be alone
 孤独には耐えられそうもない

Was it really love I saw?
 俺が出会ったのは本当の愛だったのか?

Oh, now I'll never know
 あゝ、今となっては知る由もなし



What is this I hear?
 俺が聞いてるもんはいったいなんなのだ?

Recognize that song
 聞き知るあの唄は


Sweet little nightingale
 甘き愛しきナイチンゲール

I knew you'd come along
 お前がやって来るのはわかっていたんだよ


Soon when the morning comes
 朝が訪れたらすぐに

We will both be gone
 俺たちは共に旅立とう




So sing pretty nightingale
 だから唄ってくれ愛しきナイチンゲール

Lead, I'll follow on
 導くのだ、俺はついていく

ぴよぴよぴよ



Roxy Music -16- Nightingale [Sweden '76]
https://youtu.be/WQuuZINsu6I


「たまらねー。」

「突進ロキシーの名曲列伝に確実に加わる逸品じゃ。」

「両者とも次のステップにいかざるを得ない心境を毎度情けなく唄ってます。」

(山)2018.1.5
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすロキシー・ミュージックのページ

資料

英語資料

−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.