まほのガーデン  日刊ろっくす 前日のThAnk YoU rocks  top   back

↑私製ジャケです。このような日本盤シングルは存在しません。


ろっくす超大特選盤


生き上げろ
ベルとジェイムス
1979/1/27


♪おういえ金曜だ金曜だ週末だ終末の週末だそりゃもう踊るっきゃねえべな踊れ踊れ踊れレッツデスコうえるかむまいですこイエイ!エブリバデーいえいサアご一緒に!♪

「どうしたんですか?」

「ぜいぜい・・・だって金曜だろ。金曜と言えばデスコだろ。」

「それを言うなら土曜じゃないんですか?」

「違うよ、週休二日制の昨今、ほんとは金曜なのだフィーヴァーするのは。」

「そう言えばそうですね。」

「とゆうことで今日は俺様は村の鎮守のディスコDJだの



毎度おなじみ70’sや80’sのレコ屋でござーい。
皆の衆、逆らうでない。
それではまずこのインストで体を暖めて貰おうじゃないの。

追跡



CHASE



ジョルジオ・モロダー
Giorgio Moroder




映画”ミッドナイト・エクスプレス”のサントラより



1979年1月20日全米チャート90位で初登場、
以後80-69-62-55-48-44-40-35-34-33-65位。
最高位33位。
踊れ!



Midnight Express (Chase Theme) - Giorgio Moroder
http://www.youtube.com/watch?v=WDxwGwULpPw


おういえーい!
どうだファンキーだろ。」

「YMOですか?」

「おほほ被ってるのは確かだ。
が、
こちらが元祖なのだピコピコの。
この虚無的で零下48度のサウンドを浴びるのだ。
お前の汗も凍るぞ!!」

「この寒いのに・・・」

「・ドコモポイント・・ドコモポイント・・ドコモポイント・」

「あれ?反論は?」

「いえーい、それでは本番!
このクソッタレな一週間をド〆るべくお前らは浴びねばならーん
このサウンドを。
それはーーーーーー

生き上げろ
Livin' It Up (Friday Night)

ベルとジェイムス
Bell & James




お前が悪いと指差しているのが、多分、
あのフィラデルフィア・ソウルの重鎮トム・ベル氏の甥だとゆうドラムとギター担当
リロイ・ベル君。
俺は悪くねえよと不貞腐れているのが、多分、
ギターと鍵盤とベース担当のケイシー・ジェイムス君。



早速仲間割れさねのユニット、
それがベルとジェイムス。
おじさんのコネでA&Mから颯爽とデビュー!
その才能で一発目から大ヒットの一発屋!
1979年1月27日に全米チャート88位で初登場、
以後76-66-57-50-41-37-32-28-21-17-16-15-22-54-88位。
最高位15位いえい。
全英でも3月31日に68位で初登場、
一回落っこちて
4月14日に再エントリー59位、翌週74位で消え・・・
いえい
それが何だってええんだ、これこそが新世代デスコ世代のアンセムなり
踊れ



Bell & James-Livin' It Up (Friday Night)
http://www.youtube.com/watch?v=F_WO7ZuCGcs




朝6時に起きて
大都会に向かうのだ

音楽をかける、ラジオで
誰も急いでやしない
 誰も急いでやしない

毎日毎日
うおううおううおううおう
あくせく働いてすごし
いえいいえいいえいいえい

時間をパンチする
俺はまた遅刻だ

裏口でこそこそして
俺は時間を勘定さ、分までだってもちろん
そう嬉しいね、金曜日さ
 そう嬉しいね、金曜日さ

俺の車に飛び乗れ
 ふうふうふうふう
金曜の夜だ
 いえいいえいいえいいえい

生き上げろ生き上げろオウイエイ
金曜の夜
生き上がる生き上がるついに

生き上げろ生き上げろオウイエイ
金曜の夜
生き上がる生き上がるついに

金曜日だけだ
ぜってー日曜日じゃない
ぜってー月曜日なんかじゃない
おう
毎日同じ生活
何か呪いのブゥードゥーみたいだぜ
 何か呪いのブゥードゥーみたいだぜ

相も変わらぬややこしさ
余裕なんかどこにもねえ
 余裕なんかどこにもねえ

俺の心は夢見てる
俺はどこかにいる
払いのけることは出来無いよ
 無理だ無理だ

俺はその感じを忘れてしまった
楽しむことの
誤魔化すことなんか出来やしない
 誤魔化せねえ事実だね

俺の車に飛び乗れ
 ふうふうふうふう
金曜の夜だ
 いえいいえいいえいいえい

生き上げろ生き上げろオウイエイ
金曜の夜
生き上がる生き上がるついに

生き上げろ生き上げろオウイエイ
金曜の夜
生き上がる生き上がるついに

生き上げろ生き上げろオウイエイ
生き上がる生き上がるついに

生き上げろ生き上げろオウイエイ
生き上がる生き上がるついに

生き上げろ生き上げろオウイエイ
金曜の夜
生き上がる生き上がるついに


生き上げろ生き上げろオウイエイ
金曜の夜
生き上がる生き上がるついに


生き上げろ生き上げろオウイエイ

とんつくぺ!



どーだあ、ナイスな歌詞とも共このイケてるグルーヴはどーだあ?
これで踊らにゃ何で踊りますか
踊れ踊れ踊れ踊れ踊れ。」

「踊らなきゃいけませんか。」

「え?えーと出来ればそうしてもらえば。」

「では

ほい猫

あほい猫

ほい猫

ほいとな。猫

踊ったよ。」

「・・犬・・犬・・犬

うーむ、このところ世代間のコミュニケイションブレイクダウンがとみに感じるこの頃だ。
折を見てお前さんとその辺をじっくり話し合わねばならんな。」

「嫌です。

と言って身も蓋もないのでしたら
嫌です嫌です嫌ですハンソン。
なんちゃって。」



(山)2010.11.12

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

Midnight Express: Music From The Original Motion Picture Soundtrack

Disco Box

ベル&ジェームス

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ベルとジェイムス資料(英版)

ジョルジオ・モロダー氏資料

ジョルジオ・モロダー氏資料(英版)

English Version
.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

当ブログ記事への、
楽天キャッシュ
https://point.rakuten.co.jp/Top/TopDisplayCash/
または
Amazonギフト券(Eメールタイプ)
での、
おひねりをば頂ければこれ幸いです。
宛先メルアドは

rocksp@jcom.home.ne.jp

にて。
↓下記バナー内上左より



金額はお心次第、いかほどでも。
いただいたおこころざしは、歓びこの上なく、遠慮無く使わさせていただき、
勇気百倍、毒千倍、
また一日暴れさせていただきます。
よろしくお願い申し上げ奉ります。

日刊ろっくす ヤマ & まほ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ネットショップやっております

logo-mahog-s.jpg

エコトートバッグ発売中。

♪取り扱い品目はコチラで♪


..


Bell & James
Livin' It Up (Friday Night) lyrics

Up in the morning at six o'clock.
Head for the city.
Turn on the music, the radio.
Nobody's hurrying.

Day after day.
Slaving away, yeah.
Yeah, yeah, yeah.

Punching the time.
I'm late again.
Sneak in the back way.

I count the hours, minutes too.
So glad it's Friday.

Jump in my ride.
It's Friday night.
Yeah, yeah, yeah, yeah.

[CHORUS].
Livin' it up, livin' it up.
Oh, yeah, Friday night.
Livin' it up, livin' it up at last.
Living it up, livin' it up.
Oh, yeah, Friday night.
Livin' it up, livin' it up at last.

Only on a Friday.
Never on a Sunday.
Never on a Monday.

Same situation every day.
Some kind of voodoo.
Same complications.
Stand in the way.
Nowhere to run to.

My mind is dreaming.
I'm somewhere else.
Can't seem to shake it.
I miss the feeling.
Having fun.
No way to fake it.

Jump in my ride.
It's Friday night.
Yeah, yeah, yeah, yeah.

[Repeat CHORUS].

Living it up.
Living it up, oh, yeah.
Living it up.
Living it up at last.

Living it up.
Living it up, oh, yeah.
Living it up.
Living it up at last.

[Repeat CHORUS].

Living it up, living it up.
Oh, yeah, Friday night...

.