rocks    back



0-070211-05.jpg



グッバイ・イエロー・ブリック・ロード
〜ベニーとジェッツ
エルトン・ジョン
1973-1974


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

黄昏のレンガ路

Goodbye Yellow Brick Road


00000-3.jpg

Elton John Goodbye Yellow Brick Road 1976 live
http://jp.youtube.com/watch?v=grc2rYZOWc8


Elton John-Goodbye yellow brick road
http://jp.youtube.com/watch?v=43Ho_6C_fM4

Elton John - Bennie & The Jets Live 1974 at Watford
http://jp.youtube.com/watch?v=QiVxQsddQqk

Bennie and the Jets
http://jp.youtube.com/watch?v=2q8iyaIE9SE

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「大切な歌」第10回はーーーー

エルトン・ジョン

アルバム「黄昏のレンガ路」からの必殺2曲。

0-071225-00.jpg

もちろん”完璧なシングル”でもあります。
何たって最初に買ったLPですから。三つ子の魂百までも。これが無かったら私の人生、いったいどうなっていたかわかりません。
まず間違いなくこころっくすはやってなかったよな。どうなってたろう。想像出来ん。
まだ全米TOP40をラジオで聴く前、ニッポン放送のポップスベスト10を聴いてた頃で。英語ってことだけで何かワクワク、ソワソワしてた頃。
カーペンターズのイエスタデイ・ワンスモアを卒業してここにハマってしまった。直後にはビートルズに。

グッバイ・イエロー・ブリック・ロード

0-071225-08.jpg

とにかく変な曲で。今でも変だと思ってます。今でもそれで全然飽きてない。今でもワクワク、今でも謎。
歌詞担当のバーニー・トーピン氏、書いて書いて書きまくって、渡されたエルトンちゃん、それを見て一発で曲を付けて一発で録音してしまったらしい。
正にどうかしてる神がかり状態で、そんな神様に13のガキがかなうわけがねえや。
とりつかれたはずで。
そのくせどんな歌か今まで気にはしてたけど、本気で見たことが無かったよ。どうかしてる。そのまんま、音で夢中になってたんだ。

0-071225-06.jpg



君が降りて行く時
君がその地に行くその時
僕はその農場にいなければいけなかった
僕は僕の爺さんに聞かねばならなかった

君はわかってる 僕を永遠には抱けないことを
僕は君と契約しなかった
僕は打ち解けてる君の友だちへのプレゼントじゃないんだ
この少年はあまりに若すぎてブルースは歌えない
あーああああー、あーあーあーあー

だからさよなら黄昏のレンガ道
世の中の犬が吼える場所
君は僕を君のペントハウスには植えられない
僕は自分の畑に帰っていく
年寄りのフクロウの吼えるところに戻る
後ろに角があるヒキガエルを求めて
おー僕は結局自分の未来に向かって決めたんだ
黄色のレンガ道の向こうにある
あーああああー、あーあーあーあー

0-071225-07.jpg

君はどう思う それから君がすることを
それはきっと君の飛行機を打ち落としてしまうよ 僕はそれに賭ける
君は2、3杯のウォッカとトニックが欲しくなる
もう一度、自分の足を地に着けるために
多分君は代わりのものを見つけるさ
それは沢山ある 僕が見つけたみたいに
1ペニーさえ貰えない野良犬
地面に鼻をくんくんさせてる君みたいなものにあげる1ペニー
あーああああー、あーあーあーあー

だからさよなら黄昏のレンガ道
世の中の犬が吼える場所
君は僕を君のペントハウスには植えられない
僕は自分の畑に帰っていく
年寄りのフクロウの吼えるところに戻る
後ろに角があるヒキガエルを求めて
おー僕は結局自分の未来に向かって決めたんだ
黄色のレンガ道の向こうにある
あーああああー、あーあーあーあー



あー、訳わかんない。よくこれで全米全世界ヒットしたもんだ。
アメリカでは73年11月3日に40位で登場して5週かけて最高位2位に。その2位が3週。
イギリスでは9月からヒットで、最高位6位。
みんなもどうかしててとりつかれてたんだな。何しろメロディが七転八倒してます。考えて作れるもんじゃこれは無い。
途中で作るの止めちゃったら一巻の終わりで、一筆書きみたいに一挙に為されたものと思われます。
なので多分本人もどうやって作ったか覚えてないんじゃないか。
歌詞も曲も。
どっかからやって来たものです。作った場所、フランスの空気入りで。
そしてそのまんま、日本にもやって来て人の人生を狂わせやがったぞ。

さらに追い討ち

ベニー・アンド・ザ・ジェッツ

0-071225-01.jpg

アメリカでは74年の3月2日に32位で登場、6週目で何と1位になりやがった。さらにブラック・チャートでも最高位15位。
これはソウルか?私はソウル・トレインで演ってるエルトンちゃんを見たぞ。大うけで黒い人たちが踊ってた。
本国イギリスでは、何故か1976年の9月からヒット、最高位37位。
本国の方が戸惑ってる。
デビッド・ボイちゃんとスパイダース・フロム・マースの事を唄いこんだと言われております。
はじめはエルトンさんは全くシングルにする気が無かったらしい。周囲の勧めでカットしたらこれが大ヒット。
何で出来たのか本人はまたわからず、何でいいのかもわかって無かったっつう、摩訶不思議。
これはソウルなのか?
エルトンさん、天才ですから、人の音楽聴いても、全てエルトン脳内でエルトン化させちゃう。
ヤツの耳にはこう聴こえてる。
同じような方が日本にもおって、それはユーミンさん。昨日感謝の”サーフ&スノウ”内「まぶしい草野球」でこれをば引用した。
ジギーが草野球してるのだ。
訳わかりません。

0-071225-03.jpg



へいキッズ、一緒にノろうぜ
スポットライトが当たってる
それは天気を瞬時に変えちまうことで知られている
俺たちは太った豚を今夜殺っちまうぞ
だからそばにいてくれ
お前はエレクトリック・ミュージックを聞くんだ
ソリッドなウォール・オブ・サウンド

言えよ、キャンディとロニー、君はまだヤツラを見たことがないのかい
おー、でもヤツラはとても遠いところにいるんだ、ぷぷぷぷベニーとジェッツ
おー、でもヤツラは魔法使い ヤツラは最高
おー、ベニー、あの娘は熱いぜ
電気のブーツを履いてる モヘアの服だ
知ってるだろ 俺はそれを雑誌で見た
おー、ぷぷぷベニーとジェッツ

0-071225-05.jpg

へいキッズ、不実へ一直線
多分ヤツラはメクラだ
でもベニーはそれを永遠に出来る
俺たちは生き残る 俺たちを一緒に引き連れて
俺たちが両親と闘うところ 街外れ
どっちが正しいか間違ってるか、決着をつけようぜ

言えよ、キャンディとロニー、君はまだヤツラを見たことがないのかい
おー、でもヤツラはとても遠いところにいるんだ、ぷぷぷぷベニーとジェッツ
おー、でもヤツラは魔法使い ヤツラは最高
おー、ベニー、あの娘は熱いぜ
電気のブーツを履いてる モヘアの服だ
知ってるだろ 俺はそれを雑誌で見た
おー、ぷぷぷベニーとジェッツ

ピアのソろ

おー、キャンディとロニー、君はまだヤツラを見たことがないのかい
おー、でもヤツラはとても遠いところにいるんだ、ぷぷぷぷベニーとジェッツ
おー、でもヤツラは魔法使い ヤツラは最高
おー、ベニー、あの娘は熱いぜ
電気のブーツを履いてる モヘアの服だ
知ってるだろ 俺はそれを雑誌で見た
おー、ぷぷぷベニーとジェッツ

ベニー、ベニーとジェッツ
ベニー、ベニー、ベニー、ベニーとジェッツ
ベニー、ベニー、ベニー、ベニー、ベニーとジェッツ

ベニー、ベニー、ベニー、ベニー、ベニーとジェッツ
ベニー、ベニー、ベニー、ベニー、ベニー、ベニー、ベニー、ベニー、ベニー、ベニーとジェッツ、ジェツ
ベニー、ベニー、ベニー、ベニー、ベニー、ベニー、ベニー、ベニー、ベニー、ベニーとジェッツ



だから何がいいたいのかーー?
理解出来なきゃ音楽はわからん方にはどうしょも無い曲で、音楽はそこにあるから音楽だって方には最高。
最高ってことが最高の意味だよ。
だから永遠にわからず、だから永遠に飽きませぬ。
臭くって濃くてどろどろの。
それが売れに売れていたのだ。
幸せだったその頃の世界としか言えませぬ。

そしてそこを通過出来た俺も大幸福者なので、余裕を持って今はつまらんなあって言えるぞ。
あはは。

まったく今はつまらん。??

(山)2007.12.25


資料

英語資料


English Here


.