日刊ろっくす 前回のThAnk YoU rocks   top   back

130412-20.jpg130412-21.jpg
130412-22.jpg130412-23.jpg

ろっくす超大特選盤

ア・シンプル・マン

 


130412-00.jpg

僕と君のブー
ロボ
1971/4/3


♪わんわん!わんわん!がふうわんわん!!♪

「何だ何だやかましいな。」

「にゃ」

「きゅううん」

「犬が言ってるんだって。”自分はこのコーナーが始まって以来、最初から出てんのにたまにはフューチャーしろよ”って。」

「うーん。お前なあ。地味だしなあ。よく見なきゃわからん痩せ犬だし。なかなかねえ。」

「がぶう。わんわん」

「噛み付くぞ。
だって。」

「わ、お前、何か病気持ってねえか。やめろやめろ。」

「にゃ」

「きゅうん」

「そう言えばこないだヨダレ垂らして苦しんでたんだって。」

「ひゃ。」

「わんわん」

「落ちてたドーナツを喰って腹をこわしたらしいよ。」

「うんまあその程度なら大丈夫だろうが。
うんよし。わかった。



長らくお待たせいたしました。毎度おなじみ愛犬家のレコ屋でござーい。
今日持って参りましたお宝はあああ

130412-06.jpg
↑ドイツ盤

僕と君のブー
ME AND YOU AND A DOG NAMED BOO
ロボ
Lobo


130412-04.jpg
↑オランダ盤

1943年7月31日、フロリダ州タラハシー生まれ。正義・情熱・棟梁の獅子座。
本名Roland Kent LaVoie。」

「ああ、あのウクレレ弾いてるデブ。ブー。」

「それは高木。
この人は・・・・」

「お答えしましょう。」



「わ、兄トロだ。いやトロボ。」

「そうです私がトロボです。
1961年あのグラム・パーソンズやジム・スタッフォードらと一緒にルーモアズってバンドを始めたのが音楽キャリアの最初、
その後色んなバンドで下積み致してはや音楽生活10年の
1971年、ダグ・モリスが始めた新しいレコード会社、ビッグ・トゥリーと見事契約、
芸名をローランド・ケント・ラヴォーからロボ(スペイン語で狼の意味)に変えて颯爽とソロデビューです。

130412-05.jpg
↑ドイツ盤

どうかよろしく。
デビューアルバム

130412-19.jpg

僕と君のブー/イントロデューシング・ロボ〜Introducing Lobo

より。

唄います。」

130412-02.jpg
↑US盤

http://youtu.be/SF2OoHaMoWo




I remember to this day
 僕はこの日まで覚えてる

The bright red Georgia clay
 鮮やかな赤色のジョージアの粘土を

And how it stuck to the tires
 そいつはまったくどれほどタイヤをはめこんじまったか

After the summer rain
 夏の雨が降った後


Will power made that old car go
 気力を振り絞ってそのオンボロ車を動かした

A woman's mind told me that so
 気まぐれな女心が僕に言ったんだ

Oh how I wish
 まあ、ホントに
We were back on the road again
 アタシたちまた旅に戻れるかしらね

Me and you and a dog named boo
 僕と君とブーと言う名前の犬
Travellin' and livin' off the land
 旅してその地その地で暮らしていく
Me and you and a dog named boo
 僕と君とブーと言う名前の犬
How I love being a free man
 僕はどうしてこんなに自由な人間でいるのが好きなんだろう

I can still recall
 今でも思い出せるんだ

The wheat fields of St. Paul
 セントポールの小麦畑

And the morning we got caught
 僕らが捕まっちゃったあの朝
Robbing from an old hen
 おしゃべりおばさんから盗んじゃった

Old McDonald he made us work
 マクドナルド爺さん、奴は僕らを働かせた

But then he paid us for what it was worth
 けどその時、彼は働いた分だけは僕らに金を払ってくれたんだ

Another tank of gas
 もう一回、ガソリンタンクを満タンにして
And back on the road again
 また旅に出る

Me and you and a dog named boo
 僕と君とブーと言う名前の犬
Travellin' and livin' off the land
 旅してその地その地で暮らしていく
Me and you and a dog named boo
 僕と君とブーと言う名前の犬
How I love being a free man
 僕はどうしてこんなに自由な人間でいるのが好きなんだろう

130412-07.jpg
↑ノルウェー盤

I'll never forget the day
 僕はその日のことをけして忘れない

We motored stately into big L.A.
 僕らが意気揚々とビッグLAに乗り込んだ日を

The lights of the city put settlin'
 街の灯を焼き付けたんだ
Down in my brain
 僕の脳裏に

Though it's only been a month or so
 ひと月かそこらだったけど

That old car's buggin' us to go
 あのオンボロ車が僕らに行こうってせがむんだ

We've gotta get away and get back on
 逃げ出さなきゃ、そしてまた
The road again
 旅に出るんだ

Me and you and a dog named boo
 僕と君とブーと言う名前の犬
Travellin' and livin' off the land
 旅してその地その地で暮らしていく
Me and you and a dog named boo
 僕と君とブーと言う名前の犬
How I love being a free man
 僕はどうしてこんなに自由な人間でいるのが好きなんだろう

Me and you and a dog named boo
 僕と君とブーと言う名前の犬
Travellin' and livin' off the land
 旅してその地その地で暮らしていく
Me and you and a dog named boo
 僕と君とブーと言う名前の犬
How I love being a free man
 僕はどうしてこんなに自由な人間でいるのが好きなんだろう

Me and you and a dog named boo
 僕と君とブーと言う名前の犬
Travellin' and livin' off the land・・・
 旅してその地その地で暮らしていく・・・



「ご清聴ありがとうございました。」

「ああ何て・・・
まるで耳で聴く3分間ニュー・シネマ・ロード・ムーヴィー。
それまでのカントリーとも違う、フォークとも違う、アコースティックなギターで
コロコロと転がるメロ、中音部が艶やかな高音質AMラジオ仕様の、
70年代真ん中に向けた新しきこれがアメリカンポップスの夜明けたる・・
何より生きもの好きにはたまらんこの」

「ご評価いたみいります。」

「うん。すごくステキだね。で、どれくらいヒットしたの。」

「はい。ご報告します。

アメリカでは
1971年4月3日に82位初登場、
以後
64-47-(4/24)30-16-10-(5/15)5-5-9-10-12-18-(6/26)27位。
トントン拍子で最高位5位2週。通算13週エントリー。

イギリスでだって
6月19日に44位初登場、
以後
32-18-14-5-(7/24)4-4-6-6-13-19-27-34-(9/18)46位。
最高位4位2週。14週エントリー。

130412-01.jpg

日本ででもですね
洋楽チャートTOP40内に6月21日に38位初登場、
以後
36-28-20-12-6-6-(8/9)4-5-7-13-22-32-32-(9/27)38位。
最高位4位。14週エントリー。

ありがとございますありがとございます。
これでトヨタの新車を買って旅に出れます。」

「それだとなあ。イメージが変わっちまうなあ。」

「ではこっそりとリムジン借りて移動します

ので

車が来るまでB面を唄います。

ウォーク・アウェイ・フロム・イット・オール
Walk Away From It All


130412-03.jpg
↑US盤

http://youtu.be/PhqBNyb3BwU




When you get through.
 何とかしようとしてるとき

With what you thought you had to do.
 自分がしなきゃいけないと思ってることを

You've realized you'd never find.
 君は心底思うんだ
 けして見つけられないんだって
That all important Peace of mind.
 何はなくとも欲しいもの
 安心ってものが

When you feel You want to shout.
 君が叫びたいって感じてる時

That's freedom calling out.
 それが自由を求めてるってことなんだ

To You.
君にとっての

Stand up.
 立ち上がるんだ
Face right.
 ちゃんと前を向いて
And walk away from it all.
 何もかも捨てて逃げ出すんだよ

Walk away from it all.
 何もかも捨てて逃げ出すんだ
 パパン
Walk away from it all.
 何もかも捨てて逃げ出すんだ
If what you're doing doesn't do it to you.
 自分がしてることが君に何ももたらさないなら
Walk away from it all.
 何もかも捨てて逃げ出すんだ
おーほう

If it seems the life you live doesn't have enough to give.
 君の生きてる生活が
 満足に与えてくれるものでないようなら

And you feel it ties you down.
 君はそれが君を縛り付けて凹ませるって感じるはず

And your brain begins to pound.
 で、君のオツムはぐんぐん動き始める

The more you try to hurry
 急こうとすればするほど

The more you have to worry
 心配事が増すばかり

About time.
 やっとどうにかなったって

Stand up.
 立ち上がるんだ
Face right.
 ちゃんと前を向いて
And walk away from it all.
 何もかも捨てて逃げ出すんだよ

あーはあ

Walk away from it all.
 何もかも捨てて逃げ出すんだ
 パパン
Walk away from it all.
 何もかも捨てて逃げ出すんだ
If what you're doing doesn't do it to you.
 自分がしてることが君に何ももたらさないなら
Walk away from it all.
 何もかも捨てて逃げ出すんだ
おーほう

ぴょんぴょんぴょん

When you feel You want to shout.
 君が叫びたいって感じてる時

That's freedom calling out.
 それが自由を求めてるってことなんだ

To You.
君にとっての

Stand up.
 立ち上がるんだ
Face right.
 ちゃんと前を向いて
And walk away from it all.
 何もかも捨てて逃げ出すんだよ

Walk away from it all.
 何もかも捨てて逃げ出すんだ
 パパン
Walk away from it all.
 何もかも捨てて逃げ出すんだ
If what you're doing doesn't do it to you.
 自分がしてることが君に何ももたらさないなら
Walk away from it all.
 何もかも捨てて逃げ出すんだ

おーほう

Walk away from it all.
 何もかも捨てて逃げ出すんだ
 パパン
Walk away from it all.
 何もかも捨てて逃げ出すんだ
If what you're doing doesn't do it to you.
 自分がしてることが君に何ももたらさないなら
Walk away from it all.
 何もかも捨てて逃げ出すんだ

おーほう

Walk away from it all.
 何もかも捨てて逃げ出すんだ
 パパン
Walk away from it all.
 何もかも捨てて逃げ出すんだ・・・



「嗚呼、A面の意思を受け継ぐ何と云う自由の讃歌なのだ。
そうだ我々にはトンヅラするとゆう選択の自由もあるのだ。
このクソッタレな世の中に付き合うことなんぞ無いのだ。
無いモカも捨てて新世界を創造するのだ。
若者よ。
そうでしょ?」

「そうは言ってもねえ。幼稚園休むと進学に差し支えるし。」

「お前はああああ。この根性無しが。」

「だってねえ。」

「いいっ。お前なんか。
ほれ。一緒に来いブー。」

ブーじゃねえよ。結局全然フューチャーされてねえし。

「しゃ、しゃべった。」

(山)2013.4.12

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

資料(英版)

English Version
.
−−−−−−−−−−−−−−−−−

閲覧ありがとうございます。
僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸い、CM込みで見てクリックしてお聞きくださりませればお駄賃になりましてなお嬉しです。
よろしくお願い申しあげます。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA


−−−−−−−−−−−−−−−−−



..
.