前日のThAnk YoU rocks   top   back


ろっくす超大特選盤





0-071206-06.jpg

神秘の扉
フリートウッド・マック
1973/10


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

Mystery to Me

神秘の扉


00000-3.jpg

Fleetwood Mac - Hypnotized
http://jp.youtube.com/watch?v=ewTt09OHXvw


The Fleetwood Mac Story (Rock Family Trees 3 of 4)
http://jp.youtube.com/watch?v=NWEmsYNSp_Y

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

何ともしみじみと素敵なアルバムです。
年を追い日々を重ね季節が変わるごとにますます素敵になる。あの

フリートウッド・マック

の1973年作

Mystery to Me〜神秘の扉

0-071206-00.jpg

「うがー、このケーキ、うめえ。もっと喰っていい?」

0-071206-01.jpg

「いいかお前、食い意地ばっかはってるとろくな猿になれんぞ。」

0-071206-07.jpg

「そーだそーだ、なれんなれん。」

のジャケ強烈です。
リプリーズって会社もマックってバンドも不屈最強なれど時々理解不能なことをなさる。
この時期のジャケはみなどう考えても購買意欲減退させるシリーズで。凄くなんか売れたいみたいなのに。
その分、謎の魅力もいっちゃんかもしれんが。

0-071206-03.jpg

世に言うボブ・ウェルチ・マック時代です。
才能有れどルックスがマクド・ドナルドなため、メンバーにテコ入れ絶えず。前作ペンギンでは3人も入ったのだ。
そして二人が去ったのだ。残ったのはギターのボブ・ウエイストンさんのみ。
結果ボブボブ・マックとなる。
そなれば絶好調になるのはボブ1号ことウエルチさん。
才能全開です。
世界に一人っきりの才能魅力の為、ハマった人はハマり、知らん人はとことん要らねえけど。
もう諦めなさい。
腰据えて彼の世界にみんなどっぷり。ウェルチ氏、力まず最高傑作を連発する。
1曲目

エメラルド・アイズ

もう悶えるくらいいい曲。



貴方には彼女が私にとってどんな人か理解することはないでしょう
彼女はハートなんです 私のすぐ近くで鼓動する
そして戻って来てます 私の感じるままに
その真摯な言葉こそ私の唯一のもの
私は恐れる事無くすべてを受け入れる
エメラルドの瞳 それはミステリー
私のハートを貫き見つめています

見つけなさい エメラルドの瞳 夜の
輝き光り 明るい
まるで銀で覆われたように
彼女は漂う とってもゆるりと
貴方の日々をゆったりとしたものになしてくれます

エメラルドの瞳 それはミステリー
彼女は安住の場所
そして戻って来てます 私の感じるままに
その真摯な言葉こそ私の唯一のもの
真摯な言葉だけが 多分お空のお告げでしょう
エメラルドの瞳 それはミステリー
彼女は安住の場所


歌に絡まる例えようも無いギター、これがまたワンダフル。ボブ・ザ・マックの最高地点です。

そしてさらに最高傑作が

ヒプノタイズド〜催眠状態

0-071206-04.jpg

6/8リズムの眩暈曲。



それは毎度御馴染みのお話
まるで遠い昔から語り継がれて来たもののよう
二人の友が共にコーヒーを飲んでいました
何かが窓から外に飛んで行った
多分芝生の上にまで行っちゃったでしょう
広くて 少なくとも競技場の半分くらいはある
だって貴方の想像は説明が付かず
貴方は感じて見ることが出来ますか?

まるで夢のようで
それは私を催眠にかけました

さあそれは意味無用の問いではありません
問わば それはそこに有り、去ってしまうでしょう
私は北部についての話を思い出します
キャロライナ そして見知らぬ 見知らぬ池
貴方は傍らに生えている草のようなものを見る
道など無い深々とした森
そしてその地が誰の手によって作られようと
その時私は思います それは現されるものであったと

まるで夢のようで
それは私を催眠にかけました

人は言います メキシコを下るところにあると
人が山々、丘を飛び越えて飛べる場所が
飛行機など必要もせず エンジンなんてもってのほか
そしてそうしようとも思いません
え、それは意味の無い問いじゃないかって?
問わばその物語は真実になります
何故なら一番大切なことは感じること
貴方が催眠に落ちる時、それを得ることが出来ます

まるで夢のようで
それは私を催眠にかけました



このアルバムからのシングル・カットは、B面にあるヤードバーズがヒットさせ、グラハム・グールドマン氏作の「フォー・ユア・ラブ」。
ぴたしとはまったその曲は、まるでヒットせず、その裏にひっそりといた”ヒプノタイズ”がそれこそひっそりと長い年月エアプレイされたらしい。

0-071206-05.jpg

肝心な人がもう一人。
双頭のフロント・ウーマン、クリスティン・マクヴィー女史。
あまりにマイペースなウェルチ氏と交互に曲が登場します。
まーたりとした彼の代わりにアップもミディアムも担当する少々辛い立場に。
辛いとゆう字は、幸いにも一を上に足せば幸せになる。
ラストの曲でそれはなされます。

WHY

クリスティンさんの名曲の数々はいつも不変。
それらは改めて、グレーテスト・ヒッツで出して欲しく。
出してくれなくても順番に観てみたいです。


(山)2007.12.6



資料

英語資料



English Here


.

みなさんオピニオン
:




こちらのアルバムのご感想を是非こちらから。