日刊ろっくす 前回のThAnk YoU rocks   top   back

130428-20.jpg130428-21.jpg
130428-22.jpg130428-23.jpg

ろっくす超大特選盤


 



↑オランダ盤

愛しのエイミー
ピュア・プレイリー・リーグ
1975/2/22


♪えーっと、えーっと、えーーーっと♪

「何だ。何か言いたいことがあるんならはっきり言え。」



「にゃあああああ」

「うまくいえないんだって。」



「きゅうううん」

「有りすぎて言えないんだって。」



「みょん」

「どれから言えばいいかわからないんだって。」

「わんわん」

「何もわからないんだって。」

「それじゃこっちだって答えようがないだろうが。」

「にゃ」

「それぐらい察しろ
だって。」

「きゅ」

「いい歳をしてそれくらいわからねえのか
だって。」

「わんわん」

「やっぱ無用に歳だけとった糞親父だな
だって。」

「むちゃくちゃ言いやがって。どうせ何か喰わせろとか小遣いくれとかそうゆうことだろが。」


「にゃきゅわわーーーん」

「正解
だって。」

「からめ手から来ても何もやんねえよ。」

「にゃ」

「くそ。失敗した
だって。」

「え?なんか言ったか?」

「きゅ」

「くそ。失敗した。って言ったんだよ
だって。」

「あそう。失敗だね。


何が言いたいのかさっぱりわからん前置きはええかげんにして



長いことお待たせいたしました。
毎度おなじみさっぱりわからんレコ屋でござーい。
今日の相当なすれ違いのお宝はああああ

愛しのエイミー
AMIE
ピュア・プレイリー・リーグ
The Pure Prairie League


知っとるけ?」

「知らん。」



「ご説明いたしましょう。」

「さあご説明してくれ。」

「オハイオ州ウェイヴリーがルーツのカントリー・ロック・バンドです。
事実上は1965年にコロンバスで結成され、シンシナティで初の成功をおさめました。
後にリトル・フィートに加入するクレイグ・フラーを中心に、
トム・マクグレイル、ジム・コーラン、ジョン・デヴィッド・コールはハイスクール時代からさまざまなバンドで演奏し
1970年にピュア・プレイリー・リーグとして最初の陣容が固まり、
シンシナティのマウント・ワシントン地区のニュー・ディリーズ・パブの専属バンドとして人気を博しました。
1971年にマクグレイルとベースのフィル・ストークスがラム・ジャムのビル・バートレットと組むために脱退、
それを契機にメンバー大幅入れ替え、
全国的人気者になるべく高名なるクリーブランドのロックン・ロール・プロモーターのロジャー・アブラムソンとつなぎをとろうとして
元ジャイムズ・ギャングのローディーで今バンドのローディーのジム・ウェストメイヤーのゴリ押しで
アブラムソン師が件のパブで演奏を見て、マネージメント契約をすることになり
RCAレコードとの契約に成功、
仰山のコンサートでの前座演奏仕事を獲得、
1作目アルバム



Pure Prairie League

1972年3月発売、
ジャケにはノーマン・ロックウェル・サタデイ・イブニング・ポストの表紙でフューチャリングされている
ルークことよれよれカウボーイを採用、
これよりバンドにとってアイアン・メイデンのエディくんみたいなトレードマークに。
さてと
全国ツアーに乗り出した矢先、スティール・ギターのジョン・デヴィッド・コール、ベースのジム・ラナム、Dろアムのジム・ラナム脱退、
バンドにはRCAともう一枚アルバムを制作せんきゃならん契約が有ったので
とにもかくにも1972年夏、
クレイグ・フラー師とギターのジョージ・パウエル師とプロデューサーのボブ・リンジ師はRCAのトロント・スタジオで2枚めのアルバムにとっかかり
シンシナティ出身のドラマー、ビリー・ハインズ師加入、
彼の友人のマイケル・コナー師がキーボードで助っ人参戦、
どうゆう縁か、あのミック・ロンソン師がストリングスのアレンジで参加、
9月には後年バンドの顔となるベーシストのマイケル・ライリー師が加入、
アルバムではフラー師がベースを演奏してましたが
何とかかんとか

2作目アルバム



愛しのエイミー
Bustin' Out


1972年10月発売です。
直後、バンドはオハイオに帰郷、
フラー師が何とケンタッキーで徴兵拒否容疑で裁判にかけられ良心的兵役拒否者として免責される前に
半年の刑を下されて服役、1973年2月にやむなくバンドを離れます。
この事件発生でRCAはバンドを解雇し、前途は真っ暗に。
フラー師は良心的兵役拒否者要件を満たすためコミュニティの病院で遅番で働き
フォード大統領によって恩赦を下されて釈放もバンドに戻るはかなわず、
ライリー師がバンドリーダーとして就任、
その友人のラリー・ゴーショーン師が1973年3月、フラー師の代わりに歌とギターで加入して
バンドはツアーに出発、
北東部、中西部、南東部でのむちゃくちゃキツいスケジュールでの演奏で
特にさまざまな大学で人気を獲得、特に評判が良かったのが

愛しのエイミー
AMIE


ラジオ局にリクエストが殺到しだしてRCAは「Bustin' Out」アルバムを再発、
そこから「愛しのエイミー」をカット、シングル化1975年2月したら
来ました
2年3ヶ月ごしで

皮肉なことに
作・歌唱はバンドの顔だったクレイグ・フラー師。
プロデュースはRobert Alan Ringe師。

たまたま同系のオザーク・マウンテン・デアデビルズが名前も似たように長いしライバルのように先にヒットしたのもあって

米国チャート
1975年2月22日圏外109位初登場、
1975年3月1日96位初登場、
http://rocksblog.seesaa.net/article/447449032.html
以後
88-76-65-54-44-(4/12)36-30-(4/26)27-42-51-51-(5/24)68位。
最高位27位。13週。

バンドが世にでるためにはこんなに苦労をしなきゃいけないかとゆう。」



「そのこれでもかご苦労に花束贈りましょう。」


↑米盤

https://youtu.be/u4xp2lgiAjY






I can see why you think you belong to me
 俺にはわかる
 何でお前が俺の女だと思っているのかを

I never tried to make you think,
 俺はけしてお前に考えさせようとしなかった

or let you see one thing for yourself
 自分自身で一つのことさえ確かめようともさせなかった

But now your off with someone else and I'm alone
 だが今はどっかの誰かとお楽しみ中
 俺はひとりぼっち

You see I thought that I might keep you for my own
 承知なんだろうな
 俺がテメエのためにお前と続けてればよかったと思ってるって



Amie what you want to do?
 エイミー、何を望んでるんだ?

I think I could stay with you
 俺はお前といれたらいいなと思ってる

For a while, maybe longer if I do
 しばらくはな
 多分俺が思ってるよりは長く



Don't you think the time is right for us to find
 お前は時が解決するとは思わないのか

All the things we thought weren't proper could be right in time
 俺らがまずったことは何もかもそのうちに何とかなるさ

And can you see
 わからないのか

Which way we should turn together or alone
 元ザヤに戻るのか、別れちまうのかどっちにしたらいいのかを

I can never see what's right or what is wrong
 俺にはけしてわからねえ
 どれが正しいのか間違ってるのか

will it take to long to see
 わかるには時間がかかるだろな



Amie what you want to do?
 エイミー、何を望んでるんだ?

I think I could stay with you
 俺はお前といれたらいいなと思ってる

For a while, maybe longer if I do
 しばらくはな
 多分俺が思ってるよりは長く




ギタア




Well now
 でよ



Amie what you want to do?
 エイミー、お前は何を望んでるんだ?

I think I could stay with you
 俺はお前といれたらいいなと思ってる

For a while, maybe longer if I do
 しばらくはな
 多分俺が思ってるよりは長く



Now it's come to what you want you've had your way
 さてとお前の望んだ通りになったってわけか
 やりたいようにやったんだな

And all the things you thought before just faded into gray
 お前が思っていたことは何もかも色あせたものになって消えちまった

And can you see
 だがわからねえのか

That I don't know if it's you or if it's me
 俺にはわからねえが
 それがお前か、俺かは

If it's one of us I'm sure we'll both will see
 それが俺たちのうちのどっちでも
 いずれは二人ともわかる時が来る
 それだけは確かだ

Won't you look at me and tell me
 俺を見てそう言ってくれないか



Amie what you want to do?
 エイミー、お前は何を望んでるんだ?

I think I could stay with you
 俺はお前といれたらいいなと思ってる

For a while, maybe longer
 しばらくはな
 多分長く

longer if I do
 俺が思ってるよりは長く

Yeah now
 いえい、でよ



Amie what you want to do?
 エイミー、お前は何を望んでるんだ?

I think I could stay with you
 俺はお前といれたらいいなと思ってる

For a while, maybe longer if I do
 しばらくはな
 多分俺が思ってるよりは長く


Fallin' in and out of love with you
 お前とくっついて別れて

Fallin' in and out of love with you
 お前とくっついて別れて



Don't know what I'm gonna do,
 俺にはテメエがどうしたいのかわからねえんだ

I'd keep
 そのまんまだな



Fallin' in and out of love
 くっついて別れて



With you
 お前と





「結局、この時のメンバーはどなたさんたちだったですか?」

「えー

Pure Prairie League
Craig Fuller – bass guitar, electric guitar, vocals
George Powell – electric guitar, vocals
Billy Hinds – drums
David Huchins - Guitar

Additional musicians
Dianne Brooks – background vocals on "Leave My Heart Alone"
Steven Edney – background vocals
Al "Brisco" Clark – steel guitar
Michael Connor – piano, keyboards
Bob Ringe – percussion, marimba
James Rolleston – bass
Mick Ronson – guitar, background vocals, string arrangements
Gary Smith – guitar

です。」

「蘇るに相応しきチャーミングな歌だわなあ。」

「とは言え

そんなにめんどくさいまわりっくどい人だからイヤなのよ

と言われそうな男の歌だよね。」

「素朴なのに反してのそのクドいのがギャグみたいでウケたのかもしれんな。」

「B面は



1975年6月発売3作目アルバム「Two Lane Highway」より
Goshorn, Richard Palmer作


↑米盤

Memories

https://youtu.be/6-Mq9c7U5tA


いやーこれがまったくつまらん曲で。」

「えとえとミック・ロンソン師参加のを聞かせて。」

「オランダ盤のB面

Angel No. 9

https://youtu.be/8pPbpYzQoKU


でギターばりばり弾いてます。」

「凄い違和感。文化激突だね。」

(山)2016.3.17

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

資料(英版)

−−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.muzie.ne.jp/artist/a001909/

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.
.