前日のThAnk YoU rocks   top   back


ろっくす超大特選盤



グッヅ


A Night at the Opera
Queen
1975/12/2


オペラ座が帰ってまいりました。
先日、32年ぶりに。LPが。どこぞのご家庭で、大切に大切になさっていたものでありましょう。
どうのようなご事情か手放す心情を察するに。
我が家で再び大事にいたしますのでどうかご安心下さい。
クイーンのアナログ中古って、特に初期のはなかなかこれが出ません。出たら安いんだけど(^0^)。それだけ思い出テンコ盛りで、CD時代になってプレ
ーヤ、蔵に入れちゃって聴くことが無くなっても、手放すことが出来ないんだと思います。
改めて手に取り、廻し、聴くに
様々な感慨が盤から立ち上って来ました。
ああ、買ってたミュージックライフの表紙の9割はこん人たちだったなあ。
とか
ジャケの絵は立体だったのかー
とか
0-070116-20.jpg
ほんといいバンドだよなあ
とか
当たり前だ。あはは。いや改めて。バンキャラ(バンドキャラクターの略)最高だし。
3人の二の線の好男子が3人。バックで。
0-070116-08.jpg
フロントに立つはこれ以上目立つ野郎はおるまいつう濃いキャラのフレディちゃん。
0-070116-07.jpg
前に出る責任一手に引き受け、恥ずかしいことも込みで三の線。
それで安心して後ろのええ男連中は演奏できる。
とか
0-070116-14.jpg
いやー、当時たまげたっけなあ。ハードロック・バンドだと思ってたら、これだから。
30年も経つとその辺の戸惑いはどっか遠くのコジコジの国に飛んで行ってしまって、ほんとに素晴らしい盤だと思えるます。
考えてみりゃあ戸惑うだろうなあってのはクイーン側でも承知の輔で、こっちもまんまと戸惑ったよ。しかし非難するいわれはねえよなあ。
こんなにナイスなんだから。
とか
0-070116-17.jpg
オペラ座ゆうても、大劇場由緒正しきゆうよりもー、裏通り1939年の歌舞伎町オペラ座だよなあ。
そこは遊園地で色んな乗り物。わくわく。
とか
0-070116-18.jpg
フレディちゃんの独壇場、夢の開花と思ってたんだけど、見ましょう曲の作クレジット。全員共犯だったんだなあ。
マーキュリーさんの声でちょっと胸焼けが・・・と思ったらロジャー君の叫びが・・・また胸焼けがと思ったらブライアンさんの爽やかー。
で、いいとこに入ってるよ完璧シングルが。
瞳孔開いちゃうよ。
ベスト・フレンド
ボヘミアン・ラプソディ
終わってゴッド・セイブ・ザ・クイーンが流れるとこなんざ、もう。
その昔、シングルってのはシングルでアルバムの曲ってのはアルバムの曲でおるべきとこにおったもんじゃ。焼き。
しかもそのシングルは定番破りじゃき。
とか
0-070116-19.jpg
ドラムの音は・・・ギターの音は・・・ベースの音は・・・歌声は・・・コーラスは
クイーンだよなあ。
って、当たり前だけど、すげえことだよ。他におらんってこたあ。
とか
ああ、ラブ・オブ・マイ・ライフ
蠍団だ
とか
LPの音質てば、最高。
独特のヴィニール音。確かにレンジとかは狭いかもしれんが。75年の音が75年で鳴ってるよ。
とか

万感胸に迫り。

そしてフレディさん。わき目もふらずのその姿。神々しき三の線です。大馬鹿野郎です。
天に召してからこの方、いきなし聖人にさせてしもうてからに、いかーん。
そうゆうのを手の平返しと申す。未来永劫ポテチンな最高個性で愛してあげたいなあと星に誓いました。


(山)2007.1.16



入手先参考、日本盤,アマゾン

入手先参考、日本盤+DVD,アマゾン

入手先参考、US盤,試聴可能です,アマゾン


オペラ座動画

Queen - Bohemian rhapsody
http://www.youtube.com/watch?v=4E_TdM6-cAM


Queen - You're my best friend
http://www.youtube.com/watch?v=JZ--eIoh00I

Queen - Love of my Life
http://www.youtube.com/watch?v=giO5MlfmJvk

Queen - Death On Two Legs (making of)
http://www.youtube.com/watch?v=oULmnZgZH-0

Queen "Death on two legs"
http://www.youtube.com/watch?v=iEsGYYTm7ws

Queen - '39 (Live '76).
http://www.youtube.com/watch?v=zYpf8X5u7D4

Queen - The Prophet's Song (Live '76).
http://www.youtube.com/watch?v=HUuWdvEkpFk

Queen _ Sweet Lady (Live '76).
http://www.youtube.com/watch?v=1G-RAgPG7mw




The English translation page : here.





<完璧なシングルを讃える会>より

*本日の「完璧なシングルを讃える会」は

01b8-1a5.jpg

「ボヘミアン・ラプソディ/Bohemian Rhapsody」
/クイーン
です。

アルバム「オペラ座の夜」からカット、本国英国では1975年11月3週にTOP40初登場17位、その2週後にはナンバー1となり翌年1月の4週まで9週連続村位揃持とゆうとんでもないこった。アメリカではその派手さと対照的に76年2月の1週に38位で初登場、その後3アップ2アップ1アップとじんわりじんわり12週かけて最高位9位に到達、その後5週間圏内に粘るつう。その両国の動き、どちらもこの曲の有り様を示していると思います。とてつもなく大仕掛け、ギャグ突入必須でありながら不思議と飽きない、21世紀の今まで。ギターを電気で増幅してばかでかい音で鳴らし始めたのがロックの始まり。であるからには極端と申しますか、現実のある部分をとてつもなく肥大化してファンタジーに誘うのが使命の一つかと。となると誰もが一度は考える、もしかしてアホらしいかも恥ずかしいかもしれないこと、を躊躇無く勇気を持って敢行、しかも見事にかっこよくやってしまうのが最高のプロのロック・ミュージシャンではと思う次第であります。その意味でこの曲は正に完璧、やりつくしたプロモ・フィルムと共に、オペラとハード・ロックつう共に大仰さでは引けを取らぬ、そこが共通点を力技で合体、しかも大真面目にやったってクイーンの他に誰が出来るってんだい。一歩孫が引けたらそこでもう大敗北、やり切ったからこそウエインズ・ワールドで皆で歌ったのだ。ならば俺も恥ずかしさを捧げよう。さんざ開陳されている歌詞に挑戦す。

01b99a1.jpg


現実のことでありあしょうか。それとも夢か。
しょうもなく思えてしまうのでありんす。
現世から逃げることなんぞ出来やしやせん。かっと目を見開いてわかっておりやす。
空を見上げて見て見れば
あっしは貧しいガキでありやした。わかってもらおうなどとは思いませんぜ。
簡単なことほど、わかりにくいったらありゃしやせん。
いいことも悪いことも大して無く
世間様がどうであろうと、あっしには関わりの無いことでござんす。

お母上殿、あっしはたった今人を斬ってめえりやした。
頭から大上段に刀を振り下ろし斬ってめえりやした。
あやつは今地獄に旅立っておりやす。
お母上殿、やつの人生は始まったばかりだとゆうのに、あっしが奪って台無しにしてしまった次第で。
お母上殿、あんたを泣かせるつもりはありゃしません。
あっしが今再び明日戻るつもりが無いと言うのなら
何も気にしないで、どうか生き続けておくんなさい。

気付くにはあまりに遅すぎたのでございやす。
恐ろしゅうて恐ろしゅうて、生き延びたいー。
おいとませねばなりやせん、皆々様。
行かねばならぬ行かねばならぬ。浮世の風に身をさらしてまいりやす。
お母上殿、世間様がどんな冷たい目であっしを見ても
地獄に旅立つ気はございやせん。
でも・・・こんなあっしはきっとこの世に生まれなかった方が良かったんでございやすな。

シルエットと影がお前の前に立ちはだかる。
闘え、斬れ、そら舞うように避けろ。
稲妻の光がさぞや恐ろしかろう。
赤鬼、青鬼、地獄の番人。

あっしは貧乏な子せがれでやした。誰もかまってくれるものなどおりゃしません。
ヤツだって貧乏人、身内も全部貧乏人。
この極悪非道からどうかヤツを救ってやっておくんなまし。
たやすいことだと申しますか。無理です。
どうかあっしを追い払ってくだせえ。
あんたを追い出すことなんかできゃしません。ヤツをどうか
神様仏様、どうか出て行っておくんな。あっしを追い出してもいい。
神様仏様、ヤツでも、あっしでも、ヤツでも、あっしでも。れみごれみご。

駄目だって言うんですかい。駄目駄目駄目駄目間宮様間宮様
お母上殿、地獄の閻魔様に頼んで、どうかあっしの中の鬼を追い出すように
あっしのために、ために

ならばお前様、あっしに石を投げて、ツバを吐きかけておくれよ。
ならばどうかあっしに惚れて、あの世に送ってくだされ。
おお、娘さん、あっしには出来やせん。出て行きやす。たった今ここから。

大したことじゃありゃしません。
まったくもって大したことじゃ
よくある話でございやす。
あっしだって気にしてる訳じゃなし。
世間様がどうでありましょうと。
大したことじゃ


(山)2005.12.5

01ma97a9.jpg



01ma98a6.jpg


01b4-1.jpg



*今週の「完璧なシングル」は
「マイ・ベスト・フレンド」、クイーンです。
アメリカでのシングル・チャートにお目見え以来連続3曲の完璧なシングルだ。まだボヘミアン・ラプソディはこちらでやらせて貰ってませんけど、これは満を辞そう。まずは有無を言わせぬPOP絵巻のキラー・クイーン、そして感動&歌って笑顔で楽しいラプソディ、体に似合わぬじわじわ地味アップ、TOP40圏内17週つう全米をままみや漬けにしてしまった後のシングルがこれです。ラプちゃんくどいっていやくどかったから次はどうするとなると、あるじゃないか最適任の曲が、人が。ディーコン・ジョンさん。最後に加入したスマイル・クイーン。この方がとんでもない才能の持ち主だったのです。いつものようにおずおずともじもじしながら出来たんだけどこんなんって持って来ましたマイ・ベスト・フレンド。聴いたらメンバ全員飛び上がったんじゃないか。やばいヒットするって(^0^)。やばくないか。そしていささか困ったかも。アルバム「オペラ座の夜」は新生面己のフィールドを切り開こう大作戦で取り組んだものの、この曲はあまりにもチャレンジだよって。駄目だったらいいんだけどとゆうディーコンさんの目を見てると、いや頑張ろうって全員応援したくなり、ヒット・・・そして札束・・・エビス・ビールが飲めるつう欲も頭上にピッカリ出て来て、持てるセンスの全てをもって取り組みました。ほんとジョン・ディーコンは好い人です。こんな曲書く人が悪い人の訳はありません。悪くしちゃったとしたらそれは周囲が悪い情けない。人柄は隠しようも無く音楽に出ると確信してますんで。もしこれで意固地の悪い人だったら・・・。この世は闇だ。考えたくも無く、騙してくれてもいいから好い人であって欲しいっす。元ネタだって隠そうともしません。ズバリ、ウイングス75年の大傑作アルバム「ビーナス・アンド・マース」の5曲目「磁石屋とチタン男」。もう大好きですこの曲、私も。好きって点から言えばウイングス中1,2を争い。そんな曲を元にこんなんしてくれてしかもこんなんラブリーに。嬉しくって嬉しくって。グリコのポーズで町内1週しちゃう。歌詞だって真っ直ぐです。こんな直球で感銘を受けるラブ・ソングは魑魅魍魎跋扈する音楽業界の一筋の光、暖かくって涙が出ます。「♪ああ、貴方は私を生きさせてくれる。この世の全てを与えてくれる。それが貴方です。私の視界には貴方しか見えない。貴方はとてつもなく私の親友。随分長い間一緒にいました。知っていて欲しい。貴方は私の光です。この気持ちは本当です。本当に貴方を愛しています。」。物凄いラブレター。男でも女でも。若人の話でもそして老夫婦の話にも聞こえる。何て素敵なことかと思う。何よりもこんな感情を持つ相手を持つことが出来たことが。コードはCをベースにF,G,Cm。展開のI still come back to youのYOUのところで唯一のFm7でワサビ。硬質な音色のウイリツァー・エレピ(違ったら赤っ恥)、あまりにも英国なエレピに導かれて、テイラー印のどすんどすんドラム、あのマジカル・コーラス、これまたボトムとドスの効いたジョンさんベース、あの音色のギターきゅーん。これはクイーンとゆうロック・バンドが演奏するPOPソングです。そしてこのポカポカのバックに乗せて歌うはエモーショナルなフレディさんの歌。この方も絶対悪い人では無いと、あんなだけど(^0^)、全米中の人が実感した瞬間です。新生クイーン。ポール・ロジャース氏をフロントに現在活動絶好調。しかしそこにはディーコンさんの姿は無く。これを聴いていると何故いないかわかるような気がしてきます。フレディちゃんに歌えてロジャース氏には歌えない歌を書いた人。それがジョン・ディーコン。彼無き今、ベスト・フレンドは封印されたのだと思う。器用に気持ちは切り替えることが出来ません。と思う彼は。そしてそれがとても嬉しい。活動してる彼らも嬉しい。だからみんな納得してます。
(山)2005.10.22




みなさんオピニオン
:





こちらのアルバムへの貴方の感謝はこちらから。YOUR OPINION HERE