日刊ろっくす 前回のThAnk YoU rocks   top   back




ろっくす超大特選盤

トム王メニュー



いとしのルシール
トム・ジョーンズ
1973


こんなですからー、
ロック子連れ狼拝一刀になってる気持ちです。
感謝冥府魔道を行き、一日一殺、悔いを残さず。
マジ、まほのガーデンがアーウトだったらこないに時間をかけて書き刻み込むこと出来なくなりますから。

だからああああ、
青コーナーー、ミスター・チャンピオンベルト、

トム・ジョーンズexclamation

1973年作、

いとしのルシール
<バディ・アンド・ソウル>
〜The Body and Soul of Tom Jones




むっちゃ好きでんがな。このおっさん、まさに生き抜いてます、力の限り。
お姿を拝見するだけでありがたや。へへぇえ(土下座まず)。
歌うプロレスラーで、どうしてもブルーノ・サンマルチノ氏を思い出してしまう。



お顔似てますから。

歌う人間発電所だな。
と、
思っていたら、日本盤ライナーにもっと凄い描写が。

歌う男根

だそうです。

歌うのかあああ?



で、
「男根の悲哀」を彼のようにみごとに歌える人はいないでしょう。”
だって。

悲哀するのかあ?



このライナー、各所読んでて大笑必須。
これ、来日直後のアルバムらしく、その時の入場料が何と3万円!!
今でも考えられません!!!
で、その言い訳に始まり、トムさんはホテルの部屋で女性とxxxxしてませんとの釈明有り、
西郷輝彦サンへの何でかわからぬ罵倒あり、いやーさすが歌う男根のファン。



ごっついです。手(グー)

ごっついのはこのアルバムも当然同じだぜ。
あらんばかりユー・チューブにてカバー元歌とご本人ヴァージョンを連続再生リストで作りました。
まあ聴いてください。
最後に、何故か突然ブライアン・フェリーさん、入れてます。
その訳は、何とまーこのアルバム、特にA面、初期のフェリー氏のサウンドにそっくり。
あの無理やりズンドコ・ビートが満載だ。
しかも歌いっぷりまで似てやんの。体力三倍の兄貴みたい。

これで惚れずにいられますかってなもんでい。パンチ

出が二人とも肉体労働者ですから、共通するものがあるのかも。
そして色々発見各所。
トムさんの歌いっぷりはオーティス・レディング氏とレイ・チャールズ氏と和田アキ子氏と、
ビブラートはエルヴィス・プレスリー王に感化されたものと思え、
そうだよ、あのフェリー氏の気持ち悪いビブラートの原点はプレスリー氏だったのか。
オーティス・コンプレックスは気付いてはいたが。

プロデュースはもちろん、悪徳有能ドン親分、ゴードン・ミルズ氏。
おそらく当時何だかわからんが急激に人気が出てきたフェリーさんのソロを聞いたに違い無し。
もちろん多分英国録音でありましょうから、もしかしたらバック陣もかぶってたりして。
クリス・スペディング氏とかはいかにも参加してそう。
ゴンザレス、ココモのパブ・ファンクの連中も。
それほどごっつい音どかーん。
選曲も最高。

the body tom jones
http://www.youtube.com/view_play_list?p=82F580E3F4ECCA47




1. 悲しきインディアン
〜Runnin' Bear


・・・1960年のジョニー・プレストンさんのヒットのカバー。
これがまた思いっきりフェリーさんの東京ジョー。も笑っちゃってオオウケ。
もしかしたらこれ聴いて逆に東京ジョーの音キメしてたりして。それくらい、いやーロキシーだ。

2. 消えゆく太陽
〜Ain't No Sunshine When She's Gone


・・・もうこれまた無茶苦茶好きなアメリカのボコボコ顔ソウル・シンガー、ビル・ウィザース氏のおハコのカバー。
まさにトム兄貴、待ってましたの唄。だってすげーキメありますから。

るんるん あのー、あのうあのうあのうあのうあのうあのうあのうあのうあのう るんるん

ディーヴォのサティスファクションの”べびべびべびべびべびべびべびべび”に匹敵する必殺です。

3. 愛が罪なら
〜(If Loving You Is Wrong) I Don't Want to Be Right


・・・ルーサー・イングラム氏ヒットの名曲ソウル・バラード。私はボビー・ブランドこれまた親分のヴァージョンも好きで。
これまたトムさんにびったしの大仕掛けの大技唄ですから。たまりません。
で、もちろんフェリー・サウンド。このサウンドで力んで唄ったらさぞ腰抜けで最高だろうなあ。

4. 心のたそがれ
〜Since I Loved You Last


・・・これは出所がわからず。もうほとんどエルヴィス・プレスリー王化してるんで、王様の唄のカバーかも。
で、これまたもちろんフェリー・・・。以下先と同文。

5. 私を頼りに
〜Lean on Me


・・・モロな邦題ついてますびっくりですのこれはまたまたビル・ウィザース氏のおハコのカバー。
これまた大好きな。80’sにクラブ・ヌーヴォーでヒットしたやつです。
これもねえ。思いっきり歌う男根が裸絞めするにふさわしき力唄でして。
ビル氏が朴訥に歌ってる分だけ、やらかすことが出来るわけです。
出だしのこれでも抑えてるつもりのすげー浪曲声がたまらぬ。
女性コーラスは英国名物、その辺の事務職姉さんがやる気なしでやってるあれです。



とここまでが肉体編、
ここからB面に、ガラッと世界が変わるよ。



1. いとしのルシール
〜Letter to Lucille




・・・シングルでヒットの代表曲の一つです。イギリスで最高位31位ですから・・・
いつか完璧シングルで徹底的に讃えたいっす。
作はあの英国ソウルを書かせたら右に左にかなうものいないトニー・マコーレイ氏。
これまた、今まで何で気付かなかったんだろ。やっぱフェリー・サウンドです。
狭い範囲で恐縮すけどさ、その筋のファンの朋友の方々には是非聴いていただきたく。

2. 二度目の恋
〜Today I Started Loving You Again


・・・急にカントリー・ソングの世界にここから突入。マール・ハガード氏の曲で。
さすがにこの路線はフェリーさんはやらず。好きかもしれんが。英国民はカントリーが好きです。
私は苦手です。でもトムさんの熱唱だから聴く。

3. ふたりの世界
〜I'll Share My World with You


・・・これまたモロカントリー。ブルース・ブラザースが映画で無理やりブッキングしたカントリーバーでウケそうな唄です。
ビールやらバーボンやら瓶が金網に翔んでくる。トムさんの場合、頭突きでそれをぶち割る。

4. あなたがいれば
〜I Still Love You Enough (To Love You All Over Again)


・・・まだまだ続くカントリー。”あなたがいれば”って”貴方が入れ歯”かと思ったらそうじゃないらしい。
これは杉良さんのド演歌と同じで特定のファン層のお姉さま方が失神用だな。

5. ビリー・ジョーのバラード
〜Ballad of Billy Joe


・・・最後もカントリー。しかしこれはボーダーのメヒコ国境もので、ライ・クーダー氏なら全く違う音でやるかも。
を想像して楽しみます。

とゆうことで、私にはA面からB面一曲目までが大名盤。
あとは文字通りB面で・・
やっぱ親分は、ソウルでアップテンポのヤツが最高!!

これからも選曲見て買うぞ。
外れたら痛そうですけど。

とにかくこの盤は現在CD化もされてますし、
節分の鬼の福です。

カントリーは外、ソウルはうち〜〜。
フェリー・サウンドばんざい。



(山)2010.2.3

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

The Body and Soul of Tom Jones/Tom Jones Sings She's a Lady

想い出のグリーン・グラス~トム・ジョーンズ・ベスト・セレクション

ゴールド


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

資料

英語資料


English Version



−−−−−−−−−





いとしのルシール
トム・ジョーンズ
1973/3/30


Sir Thomas John Woodward OBE, 1940年6月7日ウェールズはグラモーガンのポンティプリッドの字トレフォレスト生まれ、
社交的・神経質な双子座。炭鉱夫の息子。
燦然と輝く英国のスーパー歌手、別名「ザ・ヴォイス」、「タイガー」、「ミスター・チャンピオンベルト」、「歌う男根」、
1965年のデビュー以来、王者防衛の連戦を勝ち抜きの8年、
ついに最後の聖戦、伝説の戦いをここに敢行す。
1973年6月発表アルバム



いとしのルシール
The Body and Soul of Tom Jones


より垂直落下式裸締め


↑英盤

いとしのルシール
LETTER TO LUCILLE


先行1973年3月30日発売。
作は満を持して筒美京平師、いやトニー・マコーレイ師。
アレンジは朋友ジェニー・スペンス師。
プロデュースは親分の親分ゴードン・ミルズ師。
新興子分のギルバート・オサリバン、リンジー・ディ・ポールが縄張り拡大中絶賛とは言え
一の番頭がしめしをつけなきゃなんとしょうと
このグラムの時代に
妙なおっさんキャラのゲイリー・グリッター組妥当のため
大勝負に出た。
しかるに

英、
24回目のヒットで、
4月14日48位初登場、
http://rocksblog.seesaa.net/article/417268550.html
以後
39-37-(5/5)31-31-32-47-(6/2)48
最高位31位、6月2日48位まで通算8週。



米1973年5月12日93位初登場、
以後
91-88-75-85-66-63-(6/30)60位。
最高位60位。



ベルギー18位。



ドイツ49位。

アイルランド17位。


↑スペイン盤

日本洋楽チャート12回目のヒットで最後、
1973年6月17日33位初登場、
以後
24-21-18-20-17-(7/29)14-14-18-19-34-33-30-(9/16)35位。
最高位14位。14週。


↑スウェーデン盤

こんときゃたかが尻尾にかじりついたくれえの打撃やも
このパンチは三年殺しどころか百年殺しさね


↑ユーゴスラビア盤

覚悟せいや。


↑英盤

https://youtu.be/Jc7XKGzfTVo




Somebody, please, if somebody will
 誰か、頼む、誰かしてくれんなら

Let them take a letter to my girl, Lucille
 俺の女に手紙を届けてくれ、ルシールに

Let them tell her, Lord, how I'm missing her still
 アイツに伝えてくれんか、嗚呼、どんなにまだ恋しいか

I think about her constantly
 いつだって想っているんだよ


Somebody, please, if somebody can
 誰か、頼む、誰か出来るのなら

Let them take a letter from this lonely man
 このボッチの男からの手紙を届けてくれ

All I ask is Lord, make her understand
 俺が頼むことといやあこれだけ、嗚呼、アイツにわからせてくれ

I'll die if she don't wait for me
 俺は死んじまうって、アイツが俺のことを待っておらんのなら


I heard a rumor from the guys in Cell A
 俺は噂を聞いたんだ
 独房Aの野郎どもから

You've served your time and you are leaving today
 お前は刑期を終えて今日出所すると

Well, there is something you can do
 そう、お前には出来ることがあるんだ

For me to help your old friend
 俺のために、お前の馴染みのダチを助けるためによ

Help me, please
 助けてくれ、頼む

'Cause I've got seven years in this old pen
 俺はこのズタボロのオリの中に7年もおるんだから

Till I'm home again
 俺がまた家に帰るまで


Somebody, please, if somebody will
 誰か、頼む、誰かしてくれんなら

Let them take a letter to my girl, Lucille
 俺の女に手紙を届けてくれ、ルシールに

Let them tell her, Lord, how I'm missing her still
 アイツに伝えてくれんか、嗚呼、どんなにまだ恋しいか

I think about her constantly
 いつだって想っているんだよ


Somebody, please, if somebody can
 誰か、頼む、誰か出来るのなら

Let them take a letter from this lonely man
 このボッチの男からの手紙を届けてくれ

All I ask is Lord, make her understand
 俺が頼むことといやあこれだけ、嗚呼、アイツにわからせてくれ

I'll die if she don't wait for me
 俺は死んじまうって、アイツが俺のことを待っておらんのなら


To hear you tell it, you're all innocent men
 そうお前は言ってくれるだろ
 根っからイイ奴だからな

But I was guilty, and I'd do it all again
 だが俺は悪い男、またありとあらゆる馬鹿なことをやっちまう

Just to hold her for a minute or two
 1,2分でもいいからアイツをつかまえてくれればいい

I'd steal a king's crown, yes, I would
 俺はお宝を盗んじまう、そう、やっちまう

If I don't reach that girl some way, I know
 アイツとツナギを何とかとらねえと、
 そうさ

There'll be another man around
 別な男がいちまうんだよ

Somebody, please, if somebody will
 誰か、頼む、誰かおるのなら

Let them take a letter to my girl, Lucille
 俺の女に手紙を届けてくれ、ルシールに

Let them tell her, Lord, how I'm missing her still
 アイツに伝えてくれんか、嗚呼、どんなにまだ恋しいか

Because I think about her constantly
 何故ってそりゃ俺はアイツの事をいつだって想っているんだから

Ugh, somebody, please, if somebody can
 あつ、誰か、頼む、誰か出来るのなら

Let them take a letter from this lonely man
 このボッチの男からの手紙を届けてくれ

All I ask is, Lord, why don't you make her understand
 俺が頼むことといやあこれだけ、嗚呼、アイツにわからせてくれないか

because I'll die if she don't wait for me
 何故ってそりゃ俺は死んじまうって、アイツが俺のことを待っておらんのなら

Oooooh, somebody, please, if somebody will
 うーうーんむ、誰か、頼む、誰かしてくれんなら

Let them take a letter to my girl, Lucille
 俺の女に手紙を届けてくれ、ルシールに

Let them tell her, Lord, how I'm missing her still
 アイツに伝えてくれんか、嗚呼、どんなにまだ恋しいか

I think about her constantly
 いつだって想っているんだよて・・・



何とムショの中からほとんど愛想つかされてる恋人に、出所するダチに拝みこんで気持ちを伝えてくれな歌でござんす。
つまり
こんな時代になっちまったが俺様は揺るがずファンの皆々様のことを第一に大事に想っておりまするを例えての次第。
それは
作のマコーレイ師にとっても同じことで
渾身の8ビート、ブギ味ファンキー、もうたまらんでこのコンスタントリーなずんずん闊歩するノリはよ。
受けて立つトム王の歌いっぷりがまた

I heard a rumor from the guys in Cell A
 俺は噂を聞いたんだ
 独房Aの野郎どもから

のとこの声色変えての凄みっぷりやら

終盤の感極まっての

All I ask is, Lord, why don't you make her understand
 俺が頼むことといやあこれだけ、嗚呼、アイツにわからせてくれないか

because I'll die if she don't wait for me
 何故ってそりゃ俺は死んじまうって、アイツが俺のことを待っておらんのなら

Oooooh, somebody, please, if somebody will
 うーうーんむ、誰か、頼む、誰かしてくれんなら

ここのナックルパート、腕折り、カンガルーキック、アリキックから
コブラツイスト、弓矢固め、チョークスリーパー、ジャーマンスープレックスホールド、延髄斬り、
〆の
うーうーんむ

唸って
卍固めキメられては完全にギブアップです。



↑英盤

Thank The Lord
https://youtu.be/zR4w-VG8BCk








何でこんなに好きかって
ロキシー入ってるとこもありで
ハード・レインなビートで
同じ炭鉱夫の息子のブランアン・フェリー氏が唄ってもこりゃきっとバッチリだよ。

(山)2015.4.19

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

資料

資料(英版)


English Version

.
−−−−−−−−−−−−−−−

閲覧ありがとうございます。
僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA


−−−−−−−−−−−−−−−−−



.


.


.