まほのガーデン 日刊ろっくす 前回のThAnk YoU rocks   top   back


ろっくす超大特選盤

Hydra



 






ホールド・ザ・ライン
TOTO
1978/11/11


由緒正しき血脈。
幼少の頃から音楽の街LAハリウッドにて
G1音楽職人の家庭に育った音楽ボンボンどもが幾多のセッションを得て導かれ遭遇し、
ボズ・スキャッグスおっさんの”シルク・ディグリーズ”アルバムで時が熟して自ら立つ。

スーパー・バンドおTOTO見参。



おTOTOの音を聴いたのは全米TOP40が最初。デビュー・ヒットのこれだ。

ホールド・ザ・ライン
〜Hold The Line




誰だ誰だこの新人一体誰だ?大抵は正体なんかわからんうちに先に曲を聴きます。
印象は強烈。
好きとかいう前にインパクトの方が大。
頭の中の???も含めて。

で、正体があのジェフ・ポーカロ氏とデヴィッド・ペイチ氏のバンドだと聞いて、
そうなのかーと納得・・・しずらかったよこれが。

だってさー
セッションではファンク寄りのサウンド師たちでは無かったか。
それがいきなしハード・ロックで、TOTOだもん。
アメリカーンで大味ポテトチップで便器な。
TOTOフロム小用足してる時に見た小便器のロゴ説は、何とラジオでユーミンさんが流布したそうですが、
そりゃ信じるし。それしか我らには思い当たらないし。
真相は、
オズの魔法使いのTOTOかららしいが。もう遅い。

1stアルバム

TOTO
〜宇宙の騎士






1978年10月15日発売、に収録。

11月11日に全米TOP40に6週目に53位から37位で初登場、
以後33-23-18-15-13-10-8-5-5-8-20-34位。
最高位5位2週の大ヒット。

イギリスでも・・・ほんまなら到底ウケそうに無いんだけど、
翌79年の2月10日に62位で初登場、
以後49-43-31-35-18-14-15-22-46-75位。
奇蹟の最高位14位。

我が国では79年2月4日に24位で初登場、
以後19-16-12-11-10-10-11-11-16-25-25-40-40位。
最高位10位。

大味に感じるのは、ボストンのヴォーカルさんともしかして同じ方?ってなくらいな旬過ぎる味わいの
アメリカーンなボビー”金玉ボーイズ”キンボールさんの髭のせいでもあり。
それでいえこの曲は妙なんです。
はい、作ったご本人、デヴィッド・ペイチさんにお話を伺ってみましょう。

「そいつはイントロのピアノのリフで始まったんだ。
俺はこのリフを弾き始めた、で、弾き止められなかった。
一日中弾いてたよ。そして歌い始めたんだ。

”ちょっと待て
恋はいつだって時間通りにいくもんじゃない”

それはまさに俺の頭に飛び込んで来たフレーズだったのさ。
それは天の恵みだった。
夜に来たんだ。
それから俺は前段にとりかかって
2時間で書き上げたよ。
歌ってのは時にそんな風にスパッと出来ちゃうもんだ。
で、時には作り上げようとするのに2年かかることだってある。」


なるほど。わかります。そうゆう歌が最強だと私も御意。
でもなー、あとから振り返ると何か自分が作ったような気がしなかったりして。

まあ音楽の神様が贈ってくれた歌なら、ヘンテコリン理屈に合わない魅力なのも当然で。
そんでヘンテコリンの元凶、この複雑怪奇骨董箱のリズムの担い手、
ドラマーのジェフ・ポーカロさんにも訊いてみましょう。

「俺が演ろうとしたたことと言えばそうさなスライ・ストーンのオリジナル・ドラマー、グレッグ・エリコみたいなもんだ。
ヤツが”ホット・ファン・イン・ザ・サマータイム”で演ってたように。
ハイハットは三連符だ。
スネアドラムは2拍と4拍のバックビートでやる。
そしてバスドラは1と2。
セカンド・ビートの8番目の音は三連に引きづられるように。
俺達が曲をやった時に、俺は言ったぜ。

”ふえー、こりゃヘヴィなフォー・オン・ザ・フロア・ロッカーになるぜ。
けど俺達はスライのグルーヴが欲しい。”

この曲の三連のグルーヴはデヴィドが書いたものだ。
そいつはスライのグルーヴからいただいた、
でもっとハードなロックと穴蔵の中で合体させたものなんだよ。」


Sly & the Family Stone - Hot Fun in the Summertime 1969
http://www.youtube.com/watch?v=3ahhmiuyko0


すまんです。この方、音楽”シャツの店”職人の方でして。
少々狂ってます。ナイスに。
スティーリー・ダンの”Aja”セッションの時に、ハイハット髪の毛一枚分の開け閉めで勝負したぜと
スポ根漫画は現実ですの世界をやった人。

”親方ー、そんなの誰もわからないですって。”犬

って若いのに言われても耳なんか鹿島線。貸しません。
だが、実際はわかってるのだ。みんな。耳に入ってるんだから当然。
感じて聴いて。
理屈でわからんからと言って、その滑稽なまでのこだわりを音楽屋が捨てたらこの世は闇だよ。



Toto -Hold the Line
http://www.youtube.com/watch?v=9f-cEM1l7Ks


るんるん

かかかかかかかかかかかかかかかか

それは君の抱き方じゃない

それは君が僕を思ってくれるってゆう言い方じゃない

それは君が僕の友達と付き合ってきた仕方じゃない

それは君が最後までいてくれたやり方じゃない

それは君の見方じゃ無いし
自分ですると言ってたことでも無いよ

ちょっとお待ち

恋はいつだって時間通りにいくもんじゃない

うおううおううおう

ちょっとお待ち

恋はいつだって時間通りにいくもんじゃない

うおううおううおう

それは君が僕に話してくれた言葉じゃない、娘さん

それは君が言う君は僕のものだ説じゃない
うう、うううう

それは君の口答えの仕方じゃない

それは君の愛が僕を自由にしてくれた方法じゃない

それは君の見方じゃ無いし
自分ですると言ってたことでも無いよ

ちょっとお待ち

恋はいつだって時間通りにいくもんじゃない

うおううおううおう

ちょっとお待ち

恋はいつだって時間通りにいくもんじゃない

うおううおううおう

ギタアうぎゃあ



それは君が僕に話してくれた言葉じゃないよ

それは君が言う君は僕のものだ説じゃない
うう、うううう

それは君の口答えの仕方じゃない

それは君の愛が僕を自由にしてくれた方法じゃない

それは君の見方じゃ無いし
自分ですると言ってたことでも無いよ

ちょっとお待ち

恋はいつだって時間通りにいくもんじゃない

うおううおううおう

ちょっとお待ち

恋はいつだって時間通りにいくもんじゃない

恋はいつだって時間通りにいくもんじゃない

ちょっとお待ち

恋はいつだって時間通りにいくもんじゃない
恋はいつだって恋はいつだって恋はいつだって時間通りにいくもんじゃない

ちょっとお待ち

恋はいつだって時間通りにいくもんじゃない

恋はいつだって時間通りにいくもんじゃない

恋はいつだって時間通りにいくもんじゃない

恋はいつだって時間通りにいくもんじゃない

うおううおううおうおおおお

だだだだだだだ


るんるん

くどい!

朝からテキサスバーガーを3食喰ったような気分になる歌詞だ。うがー。
しかして
このややこしいビートですから、歌詞のクドさでまっつぐになってヒットしたようなものかもしれません。

私、前にも書いたんすけど、この2年後くらいかな、TOTOとジャーニーのコピー・バンドでベースを手伝ったことが有ります。
中学生の頃からの友達のバンドだったもんで、パンクがトラで協力。
でね、
せっかくだからこの曲、やろうよって言ったんですけど・・・
しなかった。



つか

出来なかったんです。
このドラムはアマチュアにはムリでございますです。
さっきポーカロ師が言ってたようなん、誰が叩けますってなもんだい。

(山)2010.3.27

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

宇宙の騎士

Toto

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




ジョージー・ポージー
TOTO
1979/4/28


超絶にド完璧だからと言って大ヒットするもんでなし。
1979年4月28日に全米チャート79位で初登場、
以後69-59-53-49-48-84-78-77-98位。最高位48位。
TOP40目前にして折り返し。
英日ではカットされなかったか無反応。それは謎。
が米でそうだったのはそりゃも理由はひとつだけ良すぎたからだ。
カーステレオで聞いたら運転など出来ず、
職場で聞いたら仕事に手がつかず、
ディスコで踊ったら音楽に彼女を乗っ取られる。
それじゃ困りますってんで場は気合聴取に限られるもんで世間的見た目では地味に葬られるが、
それで失敗したと思われたんじゃたまんねえよ。
実際、これじゃあかんと思われたフシ有り。
何とこれ以後、こんなプロ必殺の路線は葬られたのだ。
私から見たら、こう言っては語弊があるかもしれんが、アマチュアのロック路線が主導になる。

何ともったいない。



ジョージー・ポージー
GEORGY PORGY
TOTO


1stアルバム

TOTO
〜宇宙の騎士


1978年10月15日発売、に収録。
3枚目のシングルカット
親分デヴィッド・ペイチ氏作。
トトズ・オリジナル・ファンク。



あの名作、ボズ・スキャッグス氏の”シルク・ディグリーズ”で血と汗と涙でものにした
ロウ・ダウン・ビート。
歌唱は何とギターのスティーヴ・ルカサー氏。これがうまい。そして当然ボズ氏を強烈に意識。
さらに強力助っ人参戦。



小飼の弟子筋、あの”ガット・トゥ・ビー・リアル”のシューパー・ブラック爆弾娘、
シェリル・リン嬢。
後半そっくりもっていくほどの熱唱。
ミスター・顔面金玉男、ボビー・キンボールさんはライヴ限定。
突貫ドラマー、ジェフ・ポーカロ氏はその熱情をこう申し述べました。

「そいつはな、ポール・ハンフリーを強烈に真似たんだ、
そいつはな、アール・パーマーをそりゃも強烈に真似たんだ、
グルーヴが天から降ってきた時、俺の最大の影響は、
ポール・ハンフリー、エド・グリーン、アール・パーマー
そして16分音符グルーヴのゴッドファーザー、ジェイムス・ギャドソン。
その”ジョージー・ポージー”のグルーヴ、
俺は彼らに乗っかる。」


とまあ70’sファンクその道好きにはこれ以上のコメントはございません。
そしてそのデカ口に愛まごうことなくこれ以上のサウンドはござらぬ。
白き70’sグルーヴの極北、どうか聴いておくんなさい。



Georgy Porgy - Toto featuring Cheryl Lynn (1978)
http://www.youtube.com/watch?v=Fn3MzHsU0OE


TOTO === Georgy Porgy Disco Version
http://www.youtube.com/watch?v=x94KBDs99J4




それは君のことじゃないけど
ただよく考えて欲しいだけなんだ

僕は理屈っぽくは無いけど
ただ君に夢中でどうしょもなくなってるだけ

君を抱くただ一人の男じゃないんだ
君に絶対に言ってはいけなかった
君は僕のただ一人の女(ひと)

ただ思って欲しい
どれくらい長く君のことを知っていたか
僕にとって君との付き合いはそりゃ長いもの
鍵穴と鍵

迷うことなんかじゃない
ただの若さの幻想さ、わかるかい?

僕は君を抱くたった一人の男じゃない
絶対に言ってはいけなかったんだ
君は僕のただ一人の女(ひと)だなんて

僕は君を抱くたった一人の男じゃない
絶対に言ってはいけなかったんだ
君は僕のただ一つの世界だなんて

ジョージー・ポージー
プリンパイ
娘たちにキスをして泣かせてきた
ジョージー・ポージー
プリンパイ
娘たちにキスをして泣かせてきた
ジョージー・ポージー
プリンパイ
娘たちにキスをして泣かせてきた
娘たちにキスをして泣かせてきた
娘たちにキスをして泣かせてきた

ブレーク!

ギタア

それは君のことじゃないけど
ただよく考えて欲しいだけなんだ

僕は理屈っぽくは無いけど
ただ君に夢中でどうしょもなくなってるだけ

僕は君を抱くたった一人の男じゃない
絶対に言ってはいけなかったんだ
君は僕のただ一人の女(ひと)だなんて

僕は君を抱くたった一人の男じゃない
絶対に言ってはいけなかったんだ
君は僕のただ一つの世界だなんて

ジョージー・ポージー
プリンパイ
娘たちにキスをして泣かせてきた
ジョージー・ポージー
プリンパイ
娘たちにキスをして泣かせてきた
ジョージー・ポージー
プリンパイ
娘たちにキスをして泣かせてきた
ジョージー・ポージー
プリンパイ
娘たちにキスをして泣かせてきた
ジョージー・ポージー
プリンパイ
娘たちにキスをして泣かせてきた
娘たちにキスをして泣かせてきた
娘たちにキスをして泣かせてきた

ジョージー・ポージー
プリンパイ
娘たちにキスをして泣かせてきた
娘たちにキスをして泣かせてきた
娘たちにキスをしてハイにさせてきた

ジョージーー
ポオジャイ
娘たちにキスをして泣かせてきた
娘たちにキスをしてハイにさせてきた

ジョージーーあい
ポオジャイあ
娘たちにキスをして泣かせてきた
娘たちにキスをして泣かせてきた



Toto - Georgy Porgy - Live 1979
http://www.youtube.com/watch?v=xWj4iHx6EIY


うごはひほたまんね。
あのスティーリー・ダンに白ファンク導師として最大に接近、ハナ差前に出た瞬間。

妄想として抱くは・・・・
ルカサー氏の歌唱もそりゃいいけど・・・・
これ
ボズ親分とアレサ・フランクリン嬢と、バックはそれこそ前記の伝説ドラマーたち、
ベースはチャック・レイニー氏、ギターはラリー・カールトン氏
でやったヴァージョンも聴きてー。

我が国で言えば、キャラメル・ママと小坂忠さんと吉田さんになるか。
聴きてー。

それこそジョージー・ポージーいえいあ、
何人ものグイ乗り大好きモノを泣かせてハイにしてきた
罪なヤツでございます。

己でモノしたのがこれ一発のってのがまた。

(山)2011.3.17

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

宇宙の騎士

Toto


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

資料

資料(英版)


English Version
.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

当ブログ記事への、
楽天キャッシュ
https://point.rakuten.co.jp/Top/TopDisplayCash/
または
Amazonギフト券(Eメールタイプ)
での、
おひねりをば頂ければこれ幸いです。
宛先メルアドは

rocksp@jcom.home.ne.jp

にて。
↓下記バナー内上左より



金額はお心次第、いかほどでも。
いただいたおこころざしは、歓びこの上なく、遠慮無く使わさせていただき、
勇気百倍、毒千倍、
また一日暴れさせていただきます。
よろしくお願い申し上げ奉ります。

日刊ろっくす ヤマ & まほ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ネットショップやっております

logo-mahog-s.jpg

まほさん手作りエコトートバッグ発売中。

♪取り扱い品目はコチラで♪


..

Georgy Porgy Lyrics

It's not your situation.
I just need contemplation over you.
I'm not so systematic.
it's just that I'm an addict for your love.

Not the only one that holds you.
I never ever should have told you.
You're my only girl.
I'm not the only one that holds you.
I never ever should have told you.
You're my only world.

Just think how long I've known you.
it's long for me to own you.
lock and key.
It's really not confusing.
I'm just the young illusion, can't you see.

I'm not the only one that holds you.
I never ever should have told you.
You're my only girl.
I'm not the only one that holds you.
I never ever should have told you.
You're my only world.

Georgy Porgy.
pudding pie.
kissed the girls and made them cry.
Kissed the girls and made them cry.
kissed the girls and made them cry.

(In strumental break).

It's not your situation.
I just need contemplation over you.
I'm not so systematic.
it's just that I'm an addict for your love.

Not the only one that holds you.
I never ever should have told you.
You're my only girl
I'm not the only one that holds you.
I never ever should have told you.
You're my only world.

Georgy Porgy, pudding pie, kissed the girls and made them cry
Kissed the girls and made them cry, kissed the girls and made them cry.

Georgy Porgy, pudding pie, kissed the girls and made them cry
Kissed the girls and made them cry.
kissed the girls and made them high.

Georgy Porgy.
Kissed the girls and made them cry, kissed the girls and made them high.
Georgy Porgy
Kissed the girls and made them cry, kissed the girls and made them cry.


.

.
.
.

 

: