まほのガーデン 日刊ろっくす 前日のThAnk YoU rocks   top   back


ろっくす超大特選盤



ハード★ショック!
モントローズ
1973/10


昨晩、夢を見まして。
それが刑事コロンボの夢。
まるまる一本分の新作。
70年代のヴァージョンのです。
筋は通常の殺人事件のとは違って、
幼馴染みの警官が悪いヤツに恐喝されてるのをコロンボが察知して助けるってものでして。
自分でも夢見ながらこりゃ地味なストーリーだけどよく出きてるわとか感心してたりして。
恐喝されてる警官はコロンボと同期ながら気が小さくて優しくて頭も大して良くない。
恐喝された理由だって自分に責任があるものではありません。
ハメられて因縁つけられてるだけです。
それでも誰にも言えず黙ってるうちにどんどん事態は悪くなってニッチもサッチもブルドッグでルイ・アームストロング。
話が地味なだけにリアルでねえ。

その時、夢の中でコロンボが警官に言ったセリフ。

「わたしゃ、思うんだけどね。
確実に破滅へと向かって進んでいる時ってゆうのは、怖くてね、とかく今のままで大丈夫、時が経てば解決するさ、
とか思うもんだ。たしかにね、そうゆう時もある。けどそうゆう時こそよーく考えて、
自分にとって何が一番大事か、思い返してみてね、もし、それが失われてしまうかもしれない、
万が一にもだよ、そうゆう時には勇気を振り絞って、最初からやり直してみるもんだ。
何か方法がある。じっくりと・・・じっくりと、あれはこうする、これはああする。
時間をかけて焦らずに。」

そうだよなあ。自分で納得してやんの。
今年も事業仕分けってやるんですわな。お役所内での金の配分。
あっちを削ってあっちに廻して。ってのじゃ無くて、むしろあっちを削ってあっちを削ってって感じで。
とにかく金が無いから。
それはそれでいいことだけど、何か風邪をひいて市販の風邪薬買って症状を緩和させてるみたいです。
実際はね、こじらせちゃってもう肺炎にかかってヤバいのに、それで何とかなると思ってる。
とにかく焦っちゃって。
それじゃアカンわな。
もっと大元の問題。こんなにうまくいってないんだから、何でこううまくいかなくなったか原因を突き止めるのが最初です。
赤字事業なら民営化。それか地方丸投げ。
それじゃ責任放棄だよ。放棄してるうちに誰のせいだかわからんうちに全部オシャカになるかも。
そんな風にされたらたまりません。
風邪薬飲むのは、それはそれで飲まなきゃ体力無くなってしまいますから、いいとして、
同時にやらねばならんことがあるはず。
例えば、事業は事業でも民間を含めた事業の仕分け。

こないだシルシルミシルってヴァラエティ番組見て思いました。
普通のADがいぢられてドカ食いさせられて肥えるって企画と、
評判企業の評判の秘密を探るってのが二大看板のものなんすが。
ティッシュペーパーの作り方。
やってまして、それが見事。工場で大規模にどだだだだだ。
凄いぞ人間の知恵。よくぞ言ってみりゃティッシュペーパーもどきであんな製造機械を作ったもんだ。
そしてそれは正しいです。
何故ならありゃ機械じゃなきゃ出来ないから。
何故ならその機械が出来る前はティッシュペーパーなんてものは世の中に無かったから。
ちり紙なんてものでみんな不便だなあと思いながらハナをかんでたもんです。

もう一つやってたのが、
てんやとかゆう天丼チェーン店の秘密。
高級料理だった天丼を500円で出して大当たりだとゆう店。
ベトナムで大量養殖して人件費の安い現地で下処理して日本に送り、
日本のお店ではベルトコンベア式の天ぷら揚げ機械で揚げて、職人の技を誰でも出来るようにし、
経費節減でそれを実現した。
凄いぞ人間の知恵。天丼であれだけの機械をよくぞ考案したものだ。
が、
待てよ。
これは正しいことか?
お店は大繁盛で大儲け、私は喰ったことは無いんすが味はそれは相応か500円にしては美味いぞのレベルだと想像するんすが、
まあ500円だからいいやね、お金無いし。
だがそれには犠牲者がいます。
今までの天丼屋さん。
高級な老舗は大丈夫です。明らかに質が違って求められるものも客層も違うから。
ヤラれるのは普通の、うちらの街にあるお蕎麦屋さんとか。
900円で出さざるを得ないところ。
下手すりゃ全滅です。たいして違わないならそりゃ500円のを食べるよみんな。
で、問題は、
そうやって多大なる被害を受けて不幸になる普通に真面目にやってた人の不幸を前提として儲けようって商売だってことで。
創業者の人は純粋に安く天丼が食べられればみんな喜ぶし儲かるなあで始めたのでしょうが。
踏み台にされる人たちのことは考えたのでしょうか?
資本主義だからそれは当たり前なのだ、勝てばいいと思ってるのかな。

あたしだったらそんな何かやましい気分になることはいくら儲かってもやりたくないね。
天丼は馬券で大当たりするぐらいのことがあってやっと喰える喰い物だと思ってますから。

もっと問題があります。
今はいいです。ベトナムで人件費安く作れるから。しかし後進国とか言ってこき使っても、
いづれは発展してどんどん人件費だって高くなっていくのは必定。
その時は500円で天丼が作れなくなるのも当然。
そしたらサッサとそんな商売やめて、他の儲かることを探すのかな?
さて
その時には900円で普通の天丼を作るシステムはどうなってるでしょうか。
普通の職人さんの技術はどこに?
すぐに採算合わなくなってやめてくれればいいけど、時間が経てば経つほどまずいことになります。
文字通り。不味い天丼しか喰えなくなるよ。

これは間違った商売だ。タバコみたいに税金大量にかけてしまわねばなりません。なんてね。

ヒトゴトじゃ無いのがロックの世界です。
いつまでもあると思うなロックと天丼。

ロックなんてのは今時時代遅れなんだから消えてもしょうがない。
とか言われたらたまらん。
ロックは天丼だったのですから。
天丼が時代遅れかてんだー。

その証明が

ハード★ショック!
モントローズ




1973年10月発売。
エドガー・ウィンター・グループ出身のロニー・モントローズ氏が立ち上げたハードロックバンドのデビュー作です。
ヴォーカルには後にヴァン・ヘイレン入りする、これぞハードロックのために産まれたとしか言い様がない才能の人、
サミー・ヘイガー氏。
ブリティッシュ原産で天然海老を使ったそれをとにかく好きで、アメリカは西海岸でも喰いたいと、
地場の音楽職人の知恵総結集、キレのロックならお任せってテッド・天ぷらマンじゃねえや
テッド・テンプルマン氏を共同プロデュースに迎え、修行を持って手揚げした極上の逸品。
誰でも手を出せるてなヤワなもんじゃねえが求めるものには答えてくれる。
およそサーファーの天地にハードロック、誰もが合わねえよと言っただろうが、為してその礎となる。
これが
こないな名品となった為に、あのヴァン・ヘイレンも産まれ、LAメタルだって出来た。
無くても出てきたかもしらんけど。
確実に5年は遅れて形も違ってしまったかもしれない。
それほどの爽快傑作です。



ハナは”ロック大地”って曲からある意味、掟破りの展開を盛り込み始まる。
そのさま、ユーチューブで拾わせてもらってリスト作って聴けるようにいたしました。

ご注意!
そしてお願い!

全部聴けちゃうように今はなってまするが、
もしまだ未聴の方で、もしドカーンと感じることがありましたら、そこで聴くのはやめて下さい。

身銭を切って命金を使ってお買いになってください。

100円でも二百円でも自分の稼ぎ金で買うのが礼儀かと。

そこはグッと我慢してもらって。



ややもすると何でも容易に手に入ってしまうのがこの21世紀。
容易ってのは悪魔の囁きかもしれません。

天使を生き返らせるには、今度はこっちがお迎えに行かなくてはいけなくなったのは確実で、
それがどの程度でやればいいか・・・そうとう難解

「じっくりと・・・じっくりと、あれはこうする、これはああする。
時間をかけて焦らずに。」



(山)2010.3.18

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

Montrose


00000-3.jpg

ハード★ショック!/モントローズ
http://www.youtube.com/view_play_list?p=20460E5271142B3C


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすモントローズのページ

資料

英語資料


↑当時ML誌レビュー

English Version

.
−−−−−−−−−

ネットショップやっております

logo-mahog-s.jpg

冬の20%offバーゲン実施中!!
シングル盤サイズ、オリジナルプリントのトートバッグ発売しました。


♪取り扱い品目はコチラで♪



.

.

.






: