前日のThAnk YoU rocks   top   back


ろっくす超大特選盤







蠍団伝説
スコーピオンズ
1978


いやさ桃から生まれた尻太郎〜ならぬ尻から生まれた蠍太郎。誕生と同時に光線ピーーー。悪を退治じゃ。
ドイツの誇る世界ベスト30のハード&ヘヴィ・ロック・バンド、スコーピオンズの最初のベスト盤、
その名も

蠍団伝説
Best of the Scorpions


やれ嬉しやアナログ・ゲエエット!。恐らく5年前から棚に有ったに相違無いそのブツ。お店のご主人が買った時の嬉しそうな顔と言ったら・・・おもわずラリカルの盤100円をオマケに付けてくれたぐらい。その不本意な印象から世界で最もナめられてるバンドと思われますけん、有ります。ひっそりと貴方の街のおじさんの店にも。
 CD化もされているのですけど、現在別なジャケになり、
0-0-0-0-061020-18.jpg
それも尻モノだー、オハイオ・プレーヤーズのと間違えて買ったらどーすんだー、で、廃盤みたい、どうすんだあ。えらい高い値段で出てたぞ。アマゾンで。だから有ります。探せば。しかもすぐに。もしくは3枚モノBOXがうんにゃと妥当な値段で出てますのでジャケはろっくすで眺めてもろうて聴いてくださいこれは宝石尻音楽です。尻ラブソング。
 これを入手した暁には、まだ解釈していない蠍の完璧なシングルをやらせてもろうと企てるこちらの陰謀をたたっ斬る内容でござった。
だってさ、まだヒット無いんだもん。
時は1978年、ギター百年仙人ウイリッヒ・ロート氏が脱退、若きマティヤス・ヤプス氏を迎えての「暴虐の蠍団」出して再出発。ここしか時期はねえでは無いかと速攻リリースされた盤。
0-0-0-0-061020-13.jpg
1stロンサム・クロウからは、まるで無かったのごとく選曲無し。だってロンサムでしょ。
2nd電撃の蠍団からは、必殺キラー「スピーディーズ・カミング」!。
3rd復讐の蠍団からは、ロボット・マン、んだこれっきゃねえ「イン・トランス」、そして「ダークレディ」
4th狂熱の蠍団からは幻の肖像、バックステージ・クイーン、ヘル・キャット、ヴァージン・キラー
6th暴虐の蠍団からは3曲と。

何つってもウリさんエラです。辞めちゃったんだからマイネ=ルドルフ・コンビの曲中心に選べばええものを実直を持って為す団長ルドルフさんは惜しげも無くウリちゃんの曲を大フューチャーす。そして新生蠍も負けず劣らず凄いでしょと叫んでる。1000年大王スコズ偉いっ。
ウリさんは不思議な存在でした。ドラえもんでいやあジャイアン、新日で言えば前田日明。欠くべからず存在なれどどっか馴染んでいないつう。
そりゃそうだマイネさんつう類稀なる唄歌い擁しながら、上手とは言えないすよの歌を歌いたがるギタリストがいるんだから。ルドルフ親方は煽られてギンギンにならざるを得ず、特にマイネ=ウリ・ラインできりきりと音を為す緊張感が充満しております。
 それでもバンドの花形満だ。改めて聴くにそのプレイたるや天上天下唯我独尊なり。曲に斬り込むそのフレーズ、カッティングの鋭さ。あんたも偉い!



それでは改めて歌っていただきます。
ウリ・エラのルドルフ=マイネコンビの必殺シングル

幻の肖像〜ピクチャード・ライフ

肖像と申しても林家正蔵ぢゃないす。0-0-0-0-061020-19.jpgあれはコブのコブ平。
0-0-0-0-061020-17.jpg

ううう 暗黒メディテイション
お前の裏の映像が俺の光を浴びる
クリスタル・ボールに照らされて
日々はそれは甘く 中毒
カラスの背中の如し夜が俺の心を捕獲する
壁の背後で

ロックに浸入す 赤の夢の壁を通し
ロックに浸入す クリームを見つけ出すために
ロックに浸入す 赤の夢の壁を通し
絵の如き人生 昨日からの

ううう 暗黒メディテイション
深く沈殿する光の渦の中で溢れ出す
日々はそれは甘く 中毒
カラスの背中の如し夜が俺の心を捕獲する
壁の背後で

ロックに浸入す 赤の夢の壁を通し
ロックに浸入す クリームを見つけ出すために
ロックに浸入す 赤の夢の壁を通し
絵の如き人生 昨日からの

絵の如き人生 絵の如き人生
絵の如き人生 昨日からの

っかっこいー。まだ何だかわからん歌詞時代。ウリ坊のてろてろてろてろてろって突っ込みとカウベルが肝。

続けて歌っていただきます。
ウリさん作ながら「これは俺が歌わせてもらう」とマイネさん珍しく凄んだか、
「いややっぱし俺が歌いたい」、
「何をー」
「まあまあ、このシャウトはお前には無理だ。」とルドルフ親方が
「嫌だ歌う歌う」
とダダを捏ねるところ
「マイネが歌へ。」とディーター社長が一言。
そんなやりとりが想像されます

ヴァージン・キラー

壮絶な歌唱及びギターです。
0-0-0-0-061020-16.jpg

感じるまま叫べ
感じるままやれ 感じるまま
逃げ出すんだやれ
脱出のため叫べ 脱走するんだ
走るのはとても難しかろう
ヤツはヴァージン・キラーなんだ

のーのーのー お前には見えないのか?
のーのーのー お前には見えないのか?
お前は悪魔だ お前は悪魔だ
お前は悪魔だ 欲望の塊

スクリーンの悪魔
サディスティックな雑誌、見っけ
毎日自殺
陰謀 ゲット
そう お前は新たな道を探すことは出来ない
しかしながらヤツはヴァージン・キラーなのだ

のーのーのー お前には見えないのか?
のーのーのー お前には見えないのか?
お前は悪魔だ お前は悪魔だ
お前は悪魔だ 欲望の塊

渦を巻くゴミ
お前の夢に爆弾 ほーれ
エクソシストがうめく 忘れなさい
そんなのからは逃げ出すんだ
だってさヤツはヴァージン・キラー

のーのーのー お前には見えないのか?
のーのーのー お前には見えないのか?
お前は悪魔だ お前は悪魔だ
お前は悪魔だ 欲望の塊
いざやー

深読みするとロスちゃんの歌詞ってばいつもここから逃げ出そうとしてるみたいですわ。それでいて生き生きしてるってんだから
ロックです。
マイネさん本気印シャウトの瞬間みっけ。


(山)2006.10.20




0-061201-05.jpg

ロボット・マン/生と死
スコーピオンズ
1975/11


21世紀ももう2006年の師走に突入す。
私は走りたいとは思いません。走るのは止めて美味いものを喰おうぜ。
そんな時には「週刊狂蠍人間サソリ買います」。
前回はたしか10月20日発行。週刊ぢゃねーじゃん。
いいえ親族関係でその間やらして貰ってますから。
今週号の特集は1975年のアルバム

復讐の蠍団〜イン・トランス
0-061201-10.jpg

から復習して

ロボット・マン/生と死
の完璧なシングルを。えつ?そんなシングル無い?
有るとゆう噂は聞きました。しかあし、そんな噂が無くてもこれはパーフェクト・シングルです。だってベストに入ってるもん。色んなのにー。と瞬間幼児退行現象で理由無き反抗。
それにしてもジャケが無いな。うーん、困った。
そんな時は作りましょう。
ロボ、ロボ・・・ロボットといやあ「われはロボット」byアイザック・アシモフ博士。博士お願い、蠍団とわれに力を貸して_<(_ _)>_。
「よかろう」
お許しを貰ったのでじゃーん。

0-061201-03.jpg

なんてたって21世紀なのだ。ロボットが世界中に溢れる日も近い。噂では極小兵器でスズメバチみたいなのも極秘裏に開発されているらしい。
まったく世界の死ね死ね団、ろくなものを作りゃしないぜ。バチが当たります。
ぐだぐだ放置で開発だけやらかしているととんでもないことになるのは必定。アシモフ博士の「ロボット工学三原則」をそれこそ最初によーく見つめなければなりません。
そしてもっともっと恐ろしいことは人がロボット扱いされる世の中にされること。実際我が国ではそんな鬼畜が当たり前のようにまかり通っている。
「人権」ってのはどこに行ったのだ。こんな状況で某国のことを非難出来るのでしょうか、首相さんよう。
それでは蠍の皆さん、そんなことを平気でやれる鬼どもに一発かましてやってください。

0-061201-07.jpg


彼を感じることが出来るか? 冷たい振動の男
いかなるところからもやってくる 狂った科学の妄想の産物を作りに
そして俺は言う おおお おおお
俺はロボットマンだ
俺は言う おおお おおお
俺は負け犬だ
俺は言う おおお おああコミュニケイション
俺を見てくれ これが俺の生活 狂ったロボット男としての
あんたはおお
俺はロボットマン
そう それこそが俺の心
それこそが俺の生活
それこそが俺の魂

べいぶ、それは魔法の駅
俺たちが生きている 俺たちがしている 俺たちの魔法と共に 俺たちの時代のことだ
俺は言うぞ、べいぶ、それは幻じゃない
それは現実だ、これこそはロボット世界なのだ俺たちが暮らしているそのものが
そして俺は言う おおお おおお
俺はロボットマンだ
俺は言う おおお おおお
俺は負け犬だ
俺は言う おおお おおお
俺はロボットマン
そう それこそが俺の心
それこそが俺の生活
それこそが俺の魂

叫ぶ ううう ううう
俺はロボだ
叫ぶぞ ううう ううう
負けロボ
ううう ううう
ロボタン
ううう ううう 負けた

ホワイト・メタル(当社造語)の騎士、スコーピオンズです。チクタクチクタクのリフと共に笑うことも泣くことも悲しむことさえ許されぬ、怒る。
それは俺たちが造ってしまったことだ。止めることが出来るのも俺たち。他人事では無いのだと敢えて鬼と化しますマイネさん。

B面は、そうなるとこれしかねえだろう

リビング・アンド・ダイイング
生と死


0-061201-06.jpg

蠍演歌の代表曲の一つです。高らかに鳴り響く、どイントロに導かれて歌われる言葉。己で解釈したくてたまらなかったのだ。
介錯仕ろう。


汚(けが)れた古い街に
俺の家がある 俺の家がある
おれの いえが ある
ここには何もかわゆいものは無い
そして俺は孤独だった
一人だった 一人ぼっちだった

そして俺の心の中で
溢れんばかりの望み、叫び
生きることと死ぬこと

そして俺の心の中で
溢れんばかりの望み、叫び
生きることと死ぬこと


その家の暗闇の中には
魔法の石がある
魔法の石 魔法の石 それは魔法の石
でも俺はそれを見つけることが出来なかった
何故ならその輝きは失われていたからだ
輝きは失われていた 輝きはもう無い

そして俺の心の中で
溢れんばかりの望み、叫び
生きることと死ぬこと

そして俺の心の中で
溢れんばかりの望み、叫び
生きることと死ぬこと

生きることと死ぬこと

生きることと死ぬこと

生きることと死ぬことは生きることと見つけたり。
叫ぶだけ叫んで叫び尽くして、そうだ、耳を潰してやれ。
魔法の石の輝きを奪ったヤツラの。

0-061201-09.jpg

(山)2006.12.1



入手先参考(US盤、アマゾン)

試聴はこちらで、US盤箱(同)



蠍がみんな好き動画集

Scorpions Concert - Las Vegas
http://www.youtube.com/watch?v=8bNJEkag4fk


Scorpions
http://www.youtube.com/watch?v=zoc1ay9U4Y0

The Platinum Collection CM
http://www.youtube.com/watch?v=11vajIY41V0


燃やせカロンの彼は女
Scorpions
1977



”週刊スコーピオンズ”が装いも新た”週刊スコーピオンズ”として戻ってまいりました。

同じじゃん。それじゃ駄目じゃん。

駄目ではありません。グーです。前回は週刊弟と合体で「ラブドライブ」からの曲を、去年最後は80’sの蠍をって、
順番も何もあったもんじゃないじゃん。
いーの。ブライアン。時空は不連続体なの。

つうことで、改めまして、お尻ベストアルバム「蠍団伝説」より各アルバムの名曲を旅する本誌、



今回の特集は1977年作

暴虐の蠍団
TAKEN BY FORCE

0-070209-01.jpg

からの2曲だ。
アルバム原題を訳さば「力ずくで奪取」、それを暴虐と訳したRVCのディレクターさんナイス!
なんつたって「暴虐」だい。
*乱暴で残虐なこと。荒々しい振る舞いで人を苦しめること。また、そのさま。*
ぎゃあ。怖い。国語辞典にはさのように。この場合はアラアラな振る舞いで酒を振舞い人を苦しめつつも喜ばせること。おお、これぞハード・ロック・メタルのアンセムではありませんか。

今回のアルバムよりドラムスが交代です。ルディ・レナーズ氏が気の毒に病気の為やむなく後ろ髪ひかれたいで脱退、急遽、唄って曲も作れますドラマー、ハーマン・ラレベル氏が参加だ。
そしてギター仙人ウリ・ロート氏の最後の雄姿となる。
ロートさんてば、バンド内では言ってみりゃ青春ドラマの石橋正次ちゃん0-070209-04.jpg、コンバットでのカービーちゃん0-070209-06.jpg、スコーピオンズのジミ・ヘンドリクスちゃんって立場で、何かっつうと俺だ俺だ俺俺俺で多大なる緊張状態を作り続けてきた男。でも、そのはねっ返りでバンドはぎんぎんに飛翔するのだ。
ルドルフ&マイネ氏の人徳により。
まあ、これが凡なギター弾きだったらコノヤロぶちころすって百叩きプリプリの上、荒川に流されてしまうとこですけんど、ウリの売りは思わず参るすげープレイなのじゃ。
ぎゅわーん、きゅきゅきゅきゅ、どしゃーんとジミさんの精霊が宿っている。生で聴いたら3倍増しなんじゃないでしょうか。同じバンドで演奏は至福の喜び、ちょっとムカツクけど。
しかあし、本人は出て行きたくってしょうがない。3人で自分で歌って弾きますが、精霊の完成形だもん。
俺は都会へ行くんだ、こんな村いやだー。
ちょっと待て、最後にこれだけはやっていきなさい。
それなら暴れてやるー。
の暴虐。

暴虐のハード・ロッカー

0-070209-00.jpg


俺はそれが通りを歩いているのを見た 寂しく
猫のようにクーーール、悪夢のようでもあり
俺は2回もそれを見た ああ信じられない
おーやだやだやだ
そいつは振り返って再び俺を見た
思わず言ったよ「やだ。マジかよ。」
そいつは男だった そいつは女でもあったのだ げ

ヤツは女 彼女は男
ヤツは女 彼女は男

思うに、どっか遠くからいらしたんだと思います
俺はまるで催眠術にかかってしまった だから動けないのだ
そいつは俺の手を取って言ったよ
「おいでなさい。ちょっと寄っておくんなまし。さあ。さあ。さあ。さあ。さあ。さあ。」
俺たちはぶっ飛んで家に帰ったよ それはとっても素敵で暖かなとこだよ
ヤツは動き始めた 彼女はやり始めた
俺には肉体が必要なんだ 君は違うのかい?

ヤツは女 彼女は男
ヤツは女 彼女は男

ヤツは女 彼女は男
ヤツは女 彼女は男


ぷ。情景を想像すると思わず噴出すシチエイションで・・。途中キクちゃんも登場するし。
でも赤のレッド他人がそうゆう目にお会いになりましたら笑えますけど、自分だったら怖いわ。
それを自分事に感じたのがロートさん。恐るべきその恐怖をこれ以上ねえってくらいギターで表し、マイネちゃんはいつもより多く叫ぶぞこれがハードロックだ。



カロンの渡し守

0-070209-02.jpg


ダークな夜 光など皆無
黒魔術男の縄張りだ
魂は震える 冷たい瞬きの中で
破壊者マジック国ではさ
可哀相な男 その霊の方が強大
彼らは疲れとゆうものを知らない
お前は支配され始めてしまう

盲者 お前は自分で自分の血をすすり
すぐさま黒魔術の死に浸入する
きゃああと言い始めたほうがいいんじゃないかい

盲者 お前は自分で自分の血をすすり
すぐさま黒魔術の死に浸入する
きゃああと言い始めたほうがいいんじゃないかい

燃やせお前の邪悪な欲望
闇の王の王国は俺のもので建立されている

光の王国を絶やす無かれ
そこには暗闇は無く 夜は無い

これぞ極め付けのウリ坊の蠍団への置き土産です。♪カロンのわたし〜♪では無いのだ。
0-070209-07.jpg
カロンてえのは”三途の川”って意味らしく、外国にもあったのね。
で、どこが三途の川だー。
イメージだよ。ウリさん目が行っちゃってますから。
ゼップで言えばカシミール。中央アジア及び近辺の香りを直行便でお届けしています。
マイネさんもその瞬間、渡し守になり、きょえーーーーーー。
鳥肌立たせて、ロートちゃんは三途の川の向こう側に渡ってしましいました。
生きたまま。

あーああー。

(山)2007.2.9



入手先参考(日本盤、アマゾン)

試聴はこちらで、US盤(同)



蠍が暴虐動画集

Scorpions - He's A Woman She'a A Man (with Uli Jon Roth)
http://www.youtube.com/watch?v=VvFAoObhjfA


Uli Jon Roth - Sails of Charon (Scorpion Days)
http://www.youtube.com/watch?v=Q5r16oIOfXY

Uli Jon Roth - She's a women/He's a man (Scorpion days)
http://www.youtube.com/watch?v=zkhVVMkI53Y

Scorpions - Wacken 2006 (w/ Uli Jon Roth)
http://www.youtube.com/watch?v=Iy8dxPvHN4A



The English translation page : here.






みなさんオピニオン
:




こちらのアルバムへの貴方の感謝はこちらから。YOUR OPINION HERE