前日のThAnk YoU 1969年版 1971年版 日刊ろっくす TOPへ    

 

70-yk.jpg

1970年白紅白歌合戦
特選歌謡曲&ポップス 第一部
胸いっぱいの愛を


♪ぱんぱかぱーん、ぱぱぱ、ぱんぱかぱーん!♪

「皆様こんばんわ。
今年もろっくす白紅白歌合戦の時間がやってまいりました。
司会はもはや誰も覚えてるかわかりません世界の執事、宇宙の執事、ジャイでございます。」

「それとロロロロろ〜らだよ。ぺちょむん。」

「1970年度の歌謡チャートと、今年は洋楽チャートのコラボ、
外国からのゲスト多数をお迎えしての終わるまでのお時間、どーかひとつお付き合いください。」

「長いのはゴメンだなー。私、寝ちゃう。ぺちょむん。」

「寝ないでくださいよ。面白いんだから。面白いはずだから。
えー、一応ですね、年初から順番に年間歌謡チャートとかにはトンと縁のない名曲をセレクトしてお届け、
これで今年の晦日の夜はキマリだね。」

「私、大脱走見ちゃうかも。毎年恒例だし。ぺちょむん。」

「やってねえよ。今は。」

↓衝撃の連続再生リスト年越しそば喰いながら聴いてね
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTxfuBf7xaB9PWVP7E8oxdiv



-----------

「どかんとね。最初のお客様は白組から。今年はハード・ロック元年の年でもあります。
洋楽チャート1月19日号20位初登場、
フロム・ロンドン、奇跡のサウンド!!」

胸いっぱいの愛を - レッド・ツェッペリン
Led Zeppelin - Whole Lotta Love




http://youtu.be/Mln0RciE2o0

「カラスが鳴いてるみたいな声〜。気持ち悪ーい。」

「お前はそー聞こえるんか、え?聞こえるんか?」

「そーだよ。ぺちょむん。」

-----------

「次は紅組のばんだよ。おねーちゃんが三人です。」

海の底でうたう唄 - モコ・ビーバー&オリーブ
My memory at the the sea - Moko beaver & olive




http://youtu.be/0LAwn3wl8Cg

♪わたしたちが会ったのは静かな海の底〜

「少しはちゃんと紹介せーよ。
歌謡チャート2月9日号40位初登場、
作詞:尾崎きよみさん、作曲:関口直人さん、編曲:青木 望さん。
和製バカラック・サウンドがイカしてますね。」

「そうかもー。設定がわかんないー。」

「そりゃそうかもしれないけどね。それが歌なの。ファンタジーっての。
続きまして再び外国のお客様、1970年はイギリス歌謡曲絶頂期でもありました。」

笑って!ローズマリーちゃん - フライング・マシーン
SMILE A LITTLE SMILE FOR ME - The Flying Machine




http://youtu.be/BR3xcZ-osqE
http://rocksblog.seesaa.net/article/249113180.html

♪You really should accept. this time he's gone for good.

「歌謡チャート2月9日号30位初登場です。もうたまりません。わたし、溶けちゃう。」

「溶けちゃえば。あとは一人でやるしー。め。」

「そうはいきません。半分溶けかかりながらもやってやります。
次なるは白組、またしてもロンドンから。ゼップが来たなら俺もやると馳せ参じてくれましたよ。」

プリンス - ジェフ・ベック・グループ
Plynth - The Jeff Beck Group




http://youtu.be/hM__HgisHAA

「洋楽チャート2月9日号20位初登場、”監獄ロック”のB面曲です。ロッド兄貴も最高!」

「なんでB面なの〜。きっとA面がつまんないんだ。」

「そうゆうことではない。」

-----------

「紅組だって負けてないよ〜。外国からのお姉ちゃんを呼んだんだよ〜。」

ドラマー・マン - ナンシー・シナトラ
DRUMMER MAN - Nancy Sinatra




http://youtu.be/hN6zFLrzHjo

♪Hush, hush, little baby, don't you cry Hush

「ビビっただろが。え?」

「はい。チビリました。2月16日号歌謡チャート33位初登場、
高らかに鳴り響くドラマーマンはあの名手ハル・ブレーンさん。
こないなグルーヴィンなんが歌謡チャート進出するとは驚きです。」

「したんだよ。文句あるのかよ。ぺちょむん。」

-----------

「ありません。でもちょっと怖かったから次はのほほんとするのを。」

雨にぬれても - B.J.トーマス
Raindrops Keep Falling On My Head - BJ Thomas




http://youtu.be/yAoznLKG8XE

♪Raindrops keep fallin' on my head
And just like the guy Whose feet are too big for his bed

「歌謡チャート3月16日号36位初登場です。
御馴染み映画”明日に向って撃て!”挿入歌、ハル・デイヴィッド=バート・バカラック両氏の忘れじの名作ですね。」

「知らなーい。英語、わかんなーい。」

「いまさらそれいうか。」

「言うよ。」

-----------

「そうかい言うのかい。んじゃその減らず口に向かって続けて英語の歌をぶち込んでやるわ。」

ヴィクトリア - キンクス
Victoria - The Kinks




http://youtu.be/TraFxjPyDns
http://rocksblog.seesaa.net/article/76760189.html

「洋楽チャート3月23日号20位初登場、我らが愛唱歌、さささご一緒に!」

「歌えなーい。」

「ヴィクトーリア、ヴぃくとーりあ、トリア、とりあのとこだけでいいんだよ。」

「スキー屋さんの宣伝だね。」

「あ、それってベタ。」

-----------

「で、ベタついでにも一つロックの大定番名曲だよ。」

ワイルドでいこう! - ステッペンウルフ
Born To Be Wild - Steppenwolf




http://youtu.be/rMbATaj7Il8

♪Get your motor runnin'

「何と歌謡チャートに登場したんです。3月30日号39位初登場。
70年は何と言っても映画”イージーライダー”大爆発の年じゃけん。」

「あああの最後にはいつものラーメン喰って現地の人にぶち殺される映画ネ。」

「そうだよ。」

「そんなのいや。次はかわいい紅組だよ。」

-----------

「駄目。許さん。この方達は、ほうっておくとそこらじゅうのもの全部破壊するんで、
適時、演奏してもらいます。」

リヴィング・ラヴィング・メイド - レッド・ツェッペリン
LIVING LOVING MAID (She's Just a Woman) - Led Zeppelin




http://youtu.be/TwMGYAlTgSc

「何と我が国では独立して発売されました。洋楽チャート4月19日号17位初登場です。
もともと”胸いっぱいの愛を”のB面だったつう意味をも込めてのこのナイスジャケを見よ。」

「カラスが鳴いてるみたいな声〜。気持ち悪ーい。」

「それしか聞こえんのか。続きまして白組。外国のお客様です。麗しのブリット歌謡・・・」

急いで!!ベイビーちゃん - フライング・マシーン
Baby Make It Soon - The Flying Machine




http://youtu.be/BwpJjiQ3lUw

「”笑って!ローズマリーちゃん”を演ったんならこれも演って貰わなにゃ帰すわけにはまいりません。
洋楽チャート4月19日号18位初登場。」

「何で外国のお客様ばっかなのー。しかも白組ばっか〜。ずるい〜。」

-----------

「あ、そうかね。気付かなかったけどね。えー次は外国のお客様。栄光の英国歌謡から・・」

「殺す。」

恋のほのお - エジソン・ライトハウス
Love Grows (Where My Rosemary Grows) - Edison Lighthouse




http://youtu.be/GPy3FQcJJ48
http://rocksblog.seesaa.net/article/248910126.html

「洋楽チャート4月25日号18位初登場。フライング・マシーンが出るなら俺らもって聞かないんです。」

「あ、唄ってる人、同じじゃなーいのお。」

「バレたか。」

-----------

「どうぞ。」

「何?どーぞって。」

「紅組どーぞ。」

「何それ。上から〜。バカにしてるー。
でもやるー。」

恋よ、さようなら - ディオンヌ・ワーウィック
I'll Never Fall In Love Again - Dionne Warwick




http://youtu.be/FzQBOBoPg04

「研ナオコさんじゃないよー。しかもバカじゃないよー。バカラックさん。ぺちょむん。」

「洋楽チャート5月3日号15位初登場。永遠の名曲だね。」

-----------

「ぢゃ紅組やったから次は白組。」

「配分ふこーへー。」

「そんな世の中の不条理を唸る黒いおじさんです。」

スリル・イズ・ゴーン - B.B.キング
The Thrill Is Gone - B.B. King




http://youtu.be/buP4ZjXjOgA

「洋楽チャート5月3日号19位初登場、後にも先にもどブルースの洋楽チャート入りは多分これだけです。」

「へー。」

「へーかい。」

-----------

「さあ真っ黒になったところで70年忘れぢの世界大一発ソングを。」

スピリット・イン・ザ・スカイ - ノーマン・グリーンバウム
Spirit In The Sky - Norman Greenbaum




http://youtu.be/Xij9JAZjorA

「洋楽チャート5月16日号34位初登場。アメリカ本国では最高位3位、英国では1位の不滅の田舎サイケだぜ。」

「そうなんですか。」

「そうなんです。」

-----------

「ぐーぐー」

「寝やがったな。叩き起こしてやるぜ。」

ハートブレイカー - グランド・ファンク・レイルロード
Heartbreaker - Grand Funk Railroad




http://youtu.be/1DadZ2JqxTk

「うるさいなー。寝れないじゃないの〜。」

「番組中、寝るか普通。
えー、洋楽チャート5月31日18位初登場、これがなけりゃあ1970年じゃありません。」

「傘がない。」

「あ、それベタ。」

-----------

「70年といえばこのお祭りも抜きでは語れません。」

「抜いてもいーよ。」

ウッドストック - クロスビー,スティルス,ナッシュ&ヤング
Woodstock - Crosby, Stills, Nash & Young




http://youtu.be/TrWNTqbLFFE

「洋楽チャート6月6日号34位初登場です。嗚呼、私もあのフェスティバルに行きたかったなあ。」

「あ、それいまさら無理。」

-----------

「氷のように冷たい女の子だねまったく。」

「そーでもないよ。ぺちょむん。」

「んじゃ、熱くしてやるぜーベイベー。」

「やめろよ。」

ビークル - アイズ・オブ・マーチ
VEHICLE IDES OF MARCH




http://youtu.be/sxJFjO4Skgo

「洋楽チャート6月21日号26位初登場。イリノイの猛牛ラッパ楽団なり。アメリカで最高位2位の大一発なんだよ。」

「ふーん。」

「ふーんてか。

納得して貰えましたところで第一部の終了です。
続きは
明日大晦日、裏番組をぶっとばせ!!」

「あのさ〜、歌謡曲は?紅組は?」

「ふふふ。明日をお楽しみに。」

(山)2011.12.30

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

青春歌年鑑 1970

ニッポン洋楽ヒッツ! ORICON洋楽ヒット・チャート・コンピレーション 1968-1979

僕たちの洋楽ヒット Vol.3 1968~70

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


70-yk2.jpg

1970年白紅白歌合戦
特選歌謡曲&ポップス 第ニ部
ぼくの好きな


♪ちゃん♪

「皆様こんばんわ。
今日もろっくす白紅白歌合戦の時間がやってまいりました。
司会は誰か思い出してくれたでしょう世界の執事、宇宙の執事、ジャイでございます。」

「それとロロロロろ〜らだよ。プンプン。」

「昨日に引き続き1970年度の歌謡チャートと、
今年は洋楽チャートのコラボ、外国からのゲスト多数をお迎えしての後半戦、
終わるまでのお時間、どーかひとつお付き合いくださいネ。」

「今日も紅組の出番が少ないの?だったら帰る。プンプン。」

「だいじょーぶ。出る時は出ますから。いな。
引き続き同様に年初から順番に年間歌謡チャートとかにはトンと縁のない名曲をセレクトしてお届けいたします。
何つっても洋楽つたって日本のチャートから選ぶんですから我らの琴線に直撃間違いなしっ。
頼むよ。」

「何を?プンプン。」

↓衝撃の連続再生リスト年越しそば喰いながら聴いてね
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTxfuBf7xaB9PWVP7E8oxdiv



-----------

「まずは白組から。
洋楽チャート6月28日36位初登場、ぼくらのドノバンちゃんがぼくらの好きなんやってくれますよ。」

ぼくの好きなシャツ - ドノバン
I Love My Shirt Donovan




http://youtu.be/sKxKFT2Lxxo

「今年はなんつっても日本洋楽界独自暴走の年でした。テキトーなん見つからなかったら自分で見つけてシングルにしてヒットさすこと多数。
これもその一環です。68年の英”アトランティス”シングルのB面なんだよ。」

「ま、キュートかもしんないネ。ふん。」

-----------

「そして次は白組です。」

「おいおい。」

「おいおいって。まあ紅組はおいおいと。」

ママ・トールド・ミー - スリー・ドッグ・ナイト
MAMA TOLD ME NOT TO COME Three Dog Night




http://youtu.be/YLQYkbzSz5s
http://rocksblog.seesaa.net/article/139386912.html

「これを外してはナイトの皆様とニューマンおいちゃんに申し訳が立ちません。
全米1位獲得、大ブレーク作だ。洋楽チャート8月1日号38位初登場。」

「何を言ってるかわかんねえんだよ。お”らぁ。」

「だんだんガラが悪くなってますよ。」

「あら、失礼。ひゃん。」

-----------

「はい、続けて白組。」

「しまいにゃぶち殺したろか。」

京都の恋 - ベンチャーズ
Kyoto Doll - The Ventures




http://youtu.be/vani0p-hNnU

「待て。これは紅組応援なんだから。あの渚ゆう子さんの今年の曲とも言うべきウルトラヒットのオリジナルです。
歌謡チャート8月17日号37位初登場。
ほら、歌いなさいよ。歌詞のせて。」

「知るわけがないよ〜。♪風の噂を信じて今日からは〜♪」

「知ってるじゃん。」

-----------

「こんどこそ紅組だよ。
芸能界の年末年初はワイハーてね。あたしもカメラにうつろうかな。」



灯影のふたり - ベッツイ&クリス
Sadow Two - Betsy & Chris






http://youtu.be/kO99o6UMOzk


♪夏よ 浮気な夏よ お前だけは 知っているんだろう

「大正琴の調べにのせて夏をおまえ呼ばわりする神視点のエラい歌の”夏よおまえは”をのB面です。
歌謡チャート8月24日22位初登場!
おめでとうございます。
今年度金のたら賞受賞!!」

「紅組優勝!!キマリだよー。」

「早いよ。」

-----------

「はい順番です。次は白組。」

「はいぶんふこーへー。どーかんがえても。」

「考えるんだ。」

「バカにしてるー。」

二人の架け橋 - ブレッド
Make It With You Bread




http://youtu.be/k44wSE3vcGc

「忘れちゃあかんだろう。今年はブレッド登場の年だがや。
全米1位獲得。洋楽チャート9月17日29位初登場の名曲です。」

「もうすっかり秋だもんねえ。」

「冬だよ。」

-----------

「何でもいいから紅組だよ。」

「何でもいいってあんた。」

ケ・セラ・セラ - メリー・ホプキン
QUE SERA, SERA (Whatever Will Be, Will Be) - Mary Hopkin




http://youtu.be/0mip6UNhWi8

♪When I was just a little girl, I asked my mother, What will I be?

「今年も絶好調なホプキン嬢、本人はすげえ嫌いなポールちゃん関与のオクラ入りのが
そんなんカンケーねえの日本では堂々ヒットです。
歌謡チャート9月21日号25位初登場。」

「かわいいよね。ワタシみたいに。ぷ。」

-----------

「次も紅組です。」

「よっしゃあ〜。」

悲しき鉄道員 - ショッキング・ブルー
Never Marry A Railroad Man - Shocking Blue




http://youtu.be/WTxbKktwwN8

♪Have you been broken hearted once or twice?

「日本なんてデーっ嫌いだとゆうオランダのナスビー・バンドはそんなんまったくカンケーねえと
ウケにウケツヅケます。しかも勝手に回転数上げられて仕上げられて
歌謡チャート10月5日37位初登場、ベスト3まであっとゆうま。」

「アタシだってこんな奴らデーっ嫌いだけど歌は好き。」

「すごいなアンタ。」

-----------

「続きまして白・・・」

「ダメ。紅組!!」

「いいのかこれを飛ばしても。」

「何なんだよ。」

ローラ - キンクス
LOLA KINKS




http://youtu.be/nVXmMMSo47s
http://rocksblog.seesaa.net/article/76760189.html

「あ、アタシの歌だ。やってよし。」

「だろ。
何とこの日本で連続ヒットをかましたんだよあのキンクスが。
洋楽チャート10月5日39位初登場。」

「どんなこと唄ってんの?アタシがかわい〜〜〜ってでしょ。」

「そうだよ。」

-----------

「次は
おめでとうございます。
栄光の
今年度金のたら賞受賞曲!!」

「2曲もあるの〜。金が。」



ひまわりのテーマ - ヘンリー・マンシーニ
Sunflower HENRY MANCINI






http://youtu.be/YMwGHVzBBFA


「もう聴いちまったら即泣きです。見てようが見てまいが映画のすべてが走馬灯のように駆け巡り涙腺直撃。
洋楽チャート10月12日39位初登場。今年の大賞受賞。」

「・・・・・」

「わ、泣いてる泣いてる。」

「バカにしてるー。」

-----------

「涙を拭いて紅組だよ。」

恋人と呼んで - いしだあゆみ
Call Me Lover - Ayumi Ishida




http://youtu.be/ydCp0HUDUQk

「絶好調いしださんのちょっとこころらで懐の広さを示しましょう演歌”何があなたをそうさせた”のB面です。
作詞:喜色H満面、なかにし礼さん、作曲:川口真さん、編曲:森岡賢一郎さん。
歌謡チャート10月26日22位初登場。私はこっちがウケてヒットしたと確信するすんごいステキなフォーク歌謡さ。」

「そうだね〜。」

「すなおじゃん。」

-----------

「ぢゃ白組。正真正銘ロック!!」

オール・ライト・ナウ - フリー
Free All Right Now




http://youtu.be/siMFORx8uO8

「何と幸せな年なんでしょう。ねえ。
洋楽チャート11月2日号31位初登場。誰にも何も言わせねえ問答無用オーライナウだぜ。」

「あの・・・」

「言わせねえ。」

-----------

「勢いに乗って白組だ!」

長い夜 - シカゴ
25 OR 6 TO 4 - Chicago




http://youtu.be/iUAYeN3Rp2E
http://rocksblog.seesaa.net/article/282261116.html

♪Waiting for the break of day

「あーたまったく何と幸せな年なんでしょう。この曲まで出てくるんだよ。
歌謡チャート11月9日号36位初登場!!」

「あの・・・松山千・・」

「言わせねえ。」

-----------

「紅組やってもいいかなあ?」

「いいよ。」

「一発逆転してやるわよ。おほほほほほー。」

サークル・ゲーム - パフィ・セントメリー
The Circle Game - Buffy Sainte-marie




http://youtu.be/4pg-leGtwvQ

♪Yesterday a child came out to wonder

「どーだ参ったか。」

「参りました。いちご白書をもう一度。
歌謡チャート11月16日号TOP40内何と17位初登場。わが青春です。」

「アタシはちがうー。今せいしゅん。」

-----------

「参らせたところで次も紅組だよ。」

別れたあとで - ちあきなおみ
After Leavin' - Naomi Chiaki




http://youtu.be/PuNsfA8BcA0

♪「あそびにしよう」とあなたが言った 「そうね」と私も笑って別れた

「おおお、1970年度ジャズ歌謡大賞作だ。
作詞:白鳥朝詠さん、作曲:鈴木淳さん、編曲:森岡賢一郎さん。
歌謡チャート11月30日30位初登場!!
B面もいいのよ。
「変身」
http://youtu.be/pgazSDr25sU
作詞:白鳥朝詠さん、作曲:鈴木淳さん、編曲:舩木謙一さん。」

「アタシは子猫ちゃん〜。ぷ。」

「あそう。」

「だよ。次も紅組だよ。」

生きがい - 由紀さおり
Raison Detre - Saori Yuki




http://youtu.be/GTlqrMr9sB8

♪今あなたは目ざめ煙草をくわえてる

「ほら紅組。来る時は来るがな。由紀さんの最高傑作だと思います和製バカラック歌謡最高峰賞受賞。
作詞:山上路夫さん、作曲編曲:渋谷毅さん。
歌謡チャート11月30日28位初登場!!」

「こりゃこっちの勝ち、確定だね。」

「勝負にこだわるなあ。O型?」

「知らんわ。」

-----------

「負けそうなんでホテルで暴れてるアイツラを呼び返します。」

移民の歌- レッド・ツェッペリン
IMMIGRANT SONG - Led Zeppelin




http://youtu.be/GnpaPGHFsL4

「きゃあ、痛い痛い、チェーンが脳天に当たったあ。血だ。」

「人間調子に乗ってはいけません。
すげえ調子に乗ってるゼップのまたまた必殺が登場です。
洋楽チャート12月7日号31位初登場。まいったか。」

「痛くないよ。ぺろぺろ。」

「血を舐めたよ。ブッチャーか。」

-----------

「んじゃすげえ血生臭いヤツをまた。」

Zのテーマ - ミキス・テオドラキス
LOVE THEME FROM [Z] Mikis Theodorakis




http://youtu.be/nmagWguEOGc

「革命だ革命だ。合言葉は”Z”。同名映画主題歌。
洋楽チャート12月14日号40位初登場。すごいのが入ってくるぞ日本洋楽界。」

「革命って何さ。プンプン。」

「まったくイマドキの若いのは。」

「まったくイマドキの親父は。」

-----------

「革命だったらプリテー革命だよ。」

あなたのとりこ - シルヴィ・バルタン
Irresistiblement - Sylvie Vartan




http://youtu.be/AfiCbMXBoKE

♪Tout m'entraine irresistiblement vers toi comme avant

「アタシのとりこになりなさい。」

「あんたじゃないよ。バルタンさんだよ。不屈の星人、歌謡チャート12月21日号33位初登場の
21世紀直撃名曲だ。」

「アタシだよ。その証拠に・・・」

中途半端はやめて - 奥村チヨ
Don't leave things half-done - Chiyo Okumura




http://youtu.be/MPVm_t2x7eo

♪中途半端はやめて 苦しいだけだから

「何が証拠だ・・・わ、チヨさんだ。もはやギャグと表裏一体の粋に達してる境地賞受賞作。
作詞:無敵の色恋沙汰法師、なかにし礼さん、作曲編曲:これが筒美京平さん。
歌謡チャート12月21日号31位初登場。聞いちゃったら3週間は耳にこびりつく。」

「中途半端は嫌いよ。
連続攻撃!紅組優勝!!」

京都慕情 - 渚ゆう子
Reflections in A Palace Lake - Yuko Nagisa




http://youtu.be/F0XZCYWRHk8

♪あの人の姿懐かしい 黄昏の河原町

「こ、これ反則。来年の年間チャートに入る必須歌だろが。
作詞:林春生さん、作曲:The Ventures、編曲:川口真さん。
歌謡チャート12月21日号17位初登場。
そんなことやるんだったったら白組返しするますよ。

ザ・ベンチャーズのオリジナルを聞け!



http://youtu.be/nTC_b0x16ow

参ったか。」

「ぜんぜん。ぷー。」

-----------

「最後はぜったい紅組で〆るよ。」

赤坂の夜は更けて - 西田佐知子



http://youtu.be/wqPzn9NabIY

「わ、こんなわびしー歌で〆やがって。しかも1965年12月発売曲じゃねえか。」

「歌謡チャート1970年12月28日号29位初登場のリベンジ・ヒット”女の意地”の元々はA面だよ。
作詞・作曲: 鈴木道明さん、編曲: 川上義彦さん。
これぞ女の意地!いぢ〜!!」



「それイギー。



オチもキマリましたところでオシマイです。
来年のこの日をお楽しみにー!!。」

(山)2011.12.31

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

青春歌年鑑 1970

ニッポン洋楽ヒッツ! ORICON洋楽ヒット・チャート・コンピレーション 1968-1979

僕たちの洋楽ヒット Vol.3 1968~70

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくす新日本歌謡トップ40のページ


English Version
.

−−−−−−−−−−−−−−−−−−


いつも閲覧ありがとうございます。
僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸い、CM込みで見てクリックしてお聞きくださりませればお駄賃になりましてなお嬉しです。
よろしくお願い申しあげます。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA


−−−−−−−−−−−−−−−−−



.