まほ 日刊ろっくす  前日のThAnk YoU rocks   top   back



ろっくす超大特選盤


Nadja3〜エンジェル・ゲイト
萩原健一
1979


新聞をとってます。これでも。
スポーツニッポン。
何故かと申しますとあれ(お馬さん)の記事が載っているからすが、
芸能面に「我が道」とゆう自伝エッセイのコーナーがあります。
これが面白くて。文は人をあらわしますがな。
恨みが多い人はやたら恨み言を書きますし、グチっぽい人はグチだらけ。
豪快な方はやっぱ豪快で。謙虚な方は謙虚。隠せないもんです。
で、
現在連載中は、おーー!、あにき〜、萩原健一さん。
これがまたこれまでで一番面白いぜよ。あんまり面白いんでまほさんは切り抜いて保存してます。
この人ったらまったく・・隠すってことをしません。実名ばりばりで書きまくり。
良かったことも悪かったことも腹が立ったことも嬉しかったことも誰とつき合っていたかも。
ヤーさんたちも登場、黒澤監督も登場、ジュリーへの思いも赤裸々。さっきは褒めてたと思ったら今度はケなしてたり。
PYGはやる気が無かった。「花・太陽・雨」では自分の歌ってるとこをミックスで消された。
傷だらけの天使は好きだったみたいで、こっちも嬉しく。またやりたいその後がやりたいなんて書かれちゃ。
太陽にほえろはやりたくなかったとか。目に鱗エピソード満載だ。
そんな中、また中古LPを見つけちゃった。

Nadja3〜エンジェル・ゲイト

1979年作。実はちょいと買うの躊躇してしまったです。
Nadja2・・・最終的に大好きになったものの・・あにき〜カッコつけ過ぎだよ〜。アキラの声が聞こえたもんで。
結果、やはり買いましてそれでどーだったか。 ”熱狂雷舞”で馴染みだった歌、オンパレードだったすが。 



1. 漂流記
・・・小林和子さん&大野克夫さん作。

”あにき〜カッコつけ過ぎだよ〜。”がく〜(落胆した顔)

サウンドが脱力スティーリー・ダンしてましてその似合わなくて似合ってることと言ったら。
完全に世界に没入してるだけに・・面白いよー。が、このあとが不安だよー。
こればっかだったら。

2. 久し振り
・・・再び大野さん作曲。おういえ。来た。ロックだ。壊れてる〜。ようこそ破壊ショーケン世界へ。
サウンドはエルトン・ジョンのベニー&ザ・ジェッツです。リフまんまです。喜びます。



3. あゝお前
・・・柳ジョージ氏作です。苦手な方です。おじさんカラオケに酔ってそうろうに聞こえます。
フリートウッド・マックの前座で聴きましてドン引きした思い出があります。
が、
これがショーケンさんが歌いますとショーケンさん作化してしまいます。
エブリシングOK。ほんとだ。

4. ファンシー・レディ

ファンシー・レディ 萩原健一(柳ジョージ) 熱狂雷舞1978年ライヴ
http://www.youtube.com/watch?v=ce60qgP658k


・・・大野さん作曲です。これだー!”熱狂雷舞”のも酔ったけど、こちらの素面で酔っ払ってるのいいわ。
サウンドはやっぱスティーリー・ダンすが、ドナルド・フェイゲンさん口あんぐりぃ。
うひゃああああとか字ではあらわせません咆哮よろしく。にゃっとか。うえっっとか。
昔、こうゆう萩原さんのこうゆ歌い方大嫌いでした。今、大好きです。そうゆう音楽です。

5. 大阪で生まれた女



・・・BOROさん作です。問題作。これぞ親父がカラオケで歌います歌の定番。
社長が”マイ・ウェイ”歌って、部長がこれ歌いましたら即死です。
しかしてショーケンは為します。突破なさる。ブライアン・フェリー氏のハード・レインの如く。
実際、他の人は歌うの禁かもしれません。
これをば部下が真似して歌ったら全員頓死です。
生き方をカタにしてこん人はこう歌ってますので、真似したらギャグにもならん。

ここよりB面突入。



6. 泣くだけ泣いたら
・・・ギタリストの速水清司氏作。カッコつけたバラード。
不覚にもマジでカッコいいです。サビ展開の部分が来た時には来ます。

7. 本牧綺談

本牧綺談 萩原健一(柳ジョージ) 熱狂雷舞1978年ライヴ
http://www.youtube.com/watch?v=7b20JiicBgo


・・・柳ジョージさん作。これです。日本で一番英語を叫ばせたら似合う男、ショーケンけんざん。
ファンクで日本語をねっとり絡みつかせたら世界一の男けんざん。
その全部の捨てゼリフ剣山が頭に突き刺さります。全部シャープする音程快感は全部フラットするイアン・ハンター氏と手四つ。



8. どうしようもないよ

どうしようもないよ
http://www.youtube.com/watch?v=Ssm3NHzMZCE


・・・井上尭之さん作曲。これです。ファンクです。ストーンズのホット・スタッフなり。
兄貴がミックさんを頭から喰ってます。やりきれません。
やりきれなくてどーしょもなくてお笑いぐさを歌ったら宇宙一の人です。
この”やややーやや”のややななことと言ったら筆致に尽くせません。筆致コックです。



9. ア・ブランニューディ
・・・井上尭之さん作曲です。ご本人のアルバムでもやられてるようで。

井上堯之 Takayuki Inoue / A Bran-New Day (1977)
http://www.youtube.com/watch?v=tIuJUDIT8Jg

まるで違います。やっぱ人の歌を自作にしちまう。怖いわ。
突如、女の人が歌ってびっくりしたら、いしだあゆみさんとな。
お熱いよー。テれてますか?テれてますね。見所です。

10. さよなら
・・・速水清司氏作。コント赤信号思い出してはいけません。違ったかな。アダモステさんのほうだっけ。
最後の〆はさよならで。

”あにき〜カッコつけ過ぎだよ〜。”
〆。
これはテレの裏返しぶっちゃけかと思うんですけどやってるうちに本気になれるのがこの方。

全役者だ。

音楽に破綻が有りましたら耐えられない方々にはまるで向かない音楽です。
欠点つもんが魅力になるんもんだと信じられない方々にはまるで向かない音楽です。
矛盾ってやつが許せない人にもまるで向かない音楽です。
しかもそれがロックってもんです。
嫌いだ、ヘドが出る。それは有りです。それもロックです。

そして奇跡の人。
これらすべては
元来、日本の音楽業界が一番嫌うものでもあり、ですからもう第2のショーケンは現れません。
一代横綱です。足を向けないと寝られません。

反省してまた同じことをして反省してまた同じことをして反省してまた同じことをして
堅気じゃない。

それが嫌な方々はけっして近寄らないで下さい。



(山)2009.11.23

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

NadjaIII-Angel Gate+1(紙ジャケット仕様)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすショーケンのページ

資料

英語版資料

English Version

.

−−−−−−−−−

ここでCM、失礼いたします。

ネットショップやっております

logo-mahog-s.jpg

現在、楽天オークションにて

♪ミニミニソファ
(微粒子ビーズ使用キルト/フェイクファー仕上げ、女の子座り、正座用・TV枕、花見腰掛けにも)
出品中!


まずはご一見、よろしくお願い申し上げます。

*一部品切れの場合もあります。



.


.




: