日刊ろっくす 前日のThAnk YoU rocks   top   back




ろっくす超大特選盤





アイ・エイント・マッチ
アトランタ・リズム・セクション
1980/10/11


BTOと同じくらい人様に好きだと説明するのがややこしいは
我らが別道サザン・ロック・バンド
アトランタ・リズム・セクション。

いやあアトランタ・リズム・セクションが好きでねえ・・

と言うのにも噛みそうだから

ARSが好きでねえ

と言おうとすれば「何それ?」となるで

ほれソー・イントゥ・ユーとかイマジナリー・ラバーとかヒットしたでしょ

あの夜の静寂の・・・ほれ最高じゃん

「ふーん。」

終わり
となるので

エアロとかアメリカ人相手ならラッシュとかやたら盛り上がるでそれとは別の
口にはせず各々ひっそり贔屓にする類
なのでバンド側にはそうとう分が悪いんじゃないか思ってるより人気が有っても。

そんなARS、サザン・ロック・ブーム去りし後も楚々として良作を作り続けて迎えるは激動の80's。
不動の布陣だったも79年にもっとロックな方向にしたいと言う作詞担当でドラマーのロバート・ニックス師、
頭でプロデューサーのバディー・バイー師の引き続きメロウ夜の静寂路線希望といよいよ合わなくなり脱退です。
しからば新ドラマー、ロイ・イエーガー師を迎えて奮闘2作目の
9作目スタジ・アルバム



ザ・ボーイズ・フロム・ドラヴィル
The Boys from Doraville


1980年8月発売。

わ、来日してたのかまるで気づかんかったすげえ後悔してもアフターザフェスティボー

改めましてメンツは

Ronnie Hammond – vocals and background vocals
Barry Bailey – guitar
J.R. Cobb – guitar and background vocals
Dean Daughtry – keyboards
Roy Yeager – drums and percussion
Paul Goddard – bass
"Stray" Straton – background vocals

Producer Buddy Buie

時代はNW真っ只中、逆風すさまじくブレーク後3作続けてTOP30内ゴールド続けたものの
急激に落下米最高位65位となってさ

1回目カットシングル、

バッキング・ヴォーカルにロニー師の兄弟のスティーヴさんを迎えた

アイ・エイント・マッチ
I Ain't Much


作はBuddy Buie, J.R. Cobbコンビ



全米チャート
1980年10月11日101位初登場、
次週10月11日101位。
最高位101位。2週。

79年直前の「スプーキー」が最高位17位でしたからその辛さおもんばかるにはばかれるよ



https://youtu.be/fCAdJ7GL_sY


少しは時代を意識してか軽妙なリズムでそれでも味はそのままこんなにいいのに・・
して
訳して溜飲を下げようと思ったらレコードスリーブには歌詞が載ってるのにいまだネットに誰も拾ってくれず

出来ん。

書き写そうか・・・今度。

B面は
アルバムA4の

プッティング・マイ・フェイス・イン・ラヴ
Putting My Faith In Love




https://youtu.be/Q-S3Hk-ZfmY


さらに軽いのでこれはB面向けアルバム幕間用。

それならば

1回目カットシングル、


↑オランダ盤

シルヴァー・イーグル
Silver Eagle


はどうでしょう。

スティール・ギターにRick Maxwellさんを迎えて
作はBuddy Buie, J.R. Cobbコンビ

全米チャート
1980年12月20日108位初登場、
以後
(12/27)101-101-(1981/1/17)101位。
最高位101位。4週。

少しは持ちこたえたが同じく最高位101位って
ひどすぎる
こちらは歌詞が有ったぞ。



https://youtu.be/_O3-Viwk6zU




Fire up the silver eagle
 奮い立てシルバー・イーグル

Follow that big demand
 大いなる求めに応じてくれ

Take us to where we are goin'
 僕らが向かう所へ連れて行っておくれ

Hurry it up if you can
 出来るものならなるべく早く

How long
 どんなにか

Have we been gone
 僕らは遠く行っていたのか


Ridin' up front with the driver
 運転手と一緒に前を向いて

Keepin' each other awake
 互いに眠らぬようにして

Laughin' and talkin' and thinkin'
 笑って喋って考えて

Starin' off into space
 銀河を遠く見つめ


How many Holiday Inns
 いったいいくつのホリデイ・イン

And overnight friends
 一夜の友


But we keep on movin'
 けど僕らは走り続ける

Searchin' for a ravel in the noose
 縄のもつれをほどく為に


Carry me
 連れて行け

Carry me
 連れてってくれ

Silver eagle
 シルバー・イーグル

Let me hear
 聞かせてくれよ

Those mighty diesels drone
 その力強きディーゼルの唸りを


Fire it up
 奮い立つんだ

Let it whine
 鳴いてくれ

Follow the long white line
 長い白線を追いかけて


Silver eagle
 シルバー・イーグル

Carry on
 連れてってくれ

Carry Roll on
 連れて行け


ギタア


How many Holiday Inns
 いったいいくつのホリデイ・イン

And overnight friends
 一夜の友


But we keep on movin'
 けど僕らは走り続ける

Searchin' for a ravel in the noose
 縄のもつれをほどく為に


Carry me
 連れて行け

Carry me
 連れてってくれ

Silver eagle
 シルバー・イーグル

Let me hear
 聞かせてくれよ

Those mighty diesels drone
 その力強きディーゼルの唸りを


Fire it up
 奮い立つんだ

Let it whine
 鳴いてくれ

Follow the long white line
 長い白線を追いかけて


Silver eagle
 シルバー・イーグル

Roll on
 走るんだ

Silver eagle
 シルバー・イーグル

Carry on
 連れてってくれ


Carry me
 連れて行け

Carry me
 連れてってくれ

Silver eagle
 シルバー・イーグル

Let me hear
 聞かせてくれよ

Those mighty diesels drone
 その力強きディーゼルの唸りを


Fire it up
 奮い立つんだ

Let it whine
 鳴いてくれ

Follow the long white line
 長い白線を追いかけて


Silver eagle
 シルバー・イーグル

Roll on
 走るんだ


Roll on and on and on
 走って走って走り抜け



わ、これは題名まんまARS流イーグルス調。
トラック・ドライバー・ソングに託して
解散しちゃいそうだよ立場は違えど同じく70年代を戦って来た戦友に奮起を祈る
これがまたさすがいい曲で。

B面は
アルバム最終曲

作はBuie/Nix/Daughtry/Walker

ストリクトリーR&R
Strictly R & R




https://youtu.be/nwla2d_TVz4


ニックス師の忘れ形見か
十八番、湿気たっぷりのミドル・サザン・ロック。

結局はアトランタ・リズム・セクションはアトランタ・リズム・セクション。
揺らぐも揺らぐか
ポリドール、クビになったかコロンビアへレーベル移籍
再奮起してエラ最後の一撃へ。

(山)2017.12.10
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすアトランタ・リズム・セクションのページ

資料(英版)

−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.
.