まほのガーデン 日刊ろっくす 前日のThAnk YoU rocks   top   back


ろっくす超大特選盤

ラインズ
ザ・プラネッツ
1979/7


♪へい、ラーメンライスとレバニラ炒め定食上がりっ♪

「頼んでないよ。」

「お客さん、困るねえ。さっきウチのメニュー、端から端まで頼むって言ったじゃねえの。」

「言ってないよ。」

「えー、もう作っちゃったからねえ。喰ってもらわないと。」

「まだ作ってないじゃん。ここはヤーさん飯屋か。
って、何?おいちゃん。今日は飯屋ゴッコ?」

「そう飯屋ゴッコ。終わり。ちゃんちゃん。」

「終わるんかい。」

「終わらないよ。正確には、惑星飯店ゴッコ!
はい



長らくお待たせいたしました。お馴染み売れるも売れないも強引な80’sのレコ屋でござーい。
今日、持って参りましたお宝はーーーーーー

ザ・プラネッツ
The Planets


フロム・リバプール。」

「知らない。じゃあね。」

「帰らないでおくれよう。」

「わ、すごい顔。わ、わかった。付き合う。」

「あんがと。言ってもわかんない方はわかんないかと思いますが
元デフ・スクールのベーシスト、スティーヴ・リンゼイさんのソロ・プロジェクト、
それが
ザ・プラネッツ。」

「わかんない。」

「ビートルズ後のリバプールです。ペンペン草です。ただエリックスってクラブがありましてね、
そこに有象無象の音楽野郎が集いまして、そこからバンドが発生しました。
デフ・スクール。
メンバーには後にマッドネスやコステロさんのプロデュースとかしたあのクライヴ・ランガー氏や
なんかがおりました。
何ともこれが名状しがたきイギリスPOPSロックをやる連中でして、私も好きなんだか嫌いなんだか
ただ無視は出来ませんで、LPもCDも持ってるだよ。
それでよくぞ学校と名付けたな。解散後そこから70’s後半のリバプール・シーンを席巻するバンドが続出したよ。
その一つが
ザ・プラネッツ。
デフ時代は”Average”と呼ばれましてアンタ、地味。と呼ばれたスティーヴさんが才能爆発!」



「ふーん。わかった。じゃね。」

「行くなよう。まだ音楽、聞いてないじゃん。」

「あ、そか。」

「それではご紹介いたしましょう。
1979年7月Rialtoレーベルから発売、
レコード番号TREB 104
8月18日に英国チャート64位初登場、
以後46-37-36-41-51位。
最高位36位。



ラインズ



LINES



http://youtu.be/OeEwYHw_NyA


The Planets LINES TOTPs
http://youtu.be/t21MVCrvhOQ

「どう?」

「うん、ポリスみたいでカッコいいね。
で、
歌詞は?」

「う。それがありません。盤にもネットにもどこにも。」

「ふーん。じゃこれで終わりだね。ばいばい。」

「待て。そのぶん、今日はたくさんあるんだから。
この曲、仰る通りポリスに似ておりますが、路線をパクったかどうかはわかりません。
まああちらもレゲエのロック化はボブ・マーリー氏のエクソダスのバスドラ四ツ踏みレゲエからだろうから
そこから派生したのかな。
それが共に英国の哀愁と出会ってのおニューなロック誕生です。
これは各方面に少なからず少なく反響を呼びまして、
我が国でもベタ惚れなさったのがムーンライダーズの鈴木慶一さん。
さらに

一風堂 ミステリアス・ナイト
http://youtu.be/b5uJYJCg4k8

パクっちゃってるよ。」

「ふーん。」

「興味を持っていただいたとこで
B面だ。



The Planets - Further Down
http://youtu.be/yYb8hoV8cMA

どーだ。」

「なにこれ。隙間ファンクインスト。表と全然ちゃうやん。」

「すまん。言い忘れたが、この時バックは何とイアン・デューリーさんとこのブロックヘッズです。
ミッキー・ギャラガー君やチャーリー・チャールズさんや。
で、
やれヒットしたよ、嬉しいなと次に出したシングルが
1979年10月 TREB 109



アイアン・フォー・ジ・アイアン



Iron For The Iron



http://youtu.be/2Q8hvGTE9_E


だよ。」

「バグルズみたいで素敵だね。」

「B面は



Ball and Chain
http://youtu.be/wdx0aUN6hM0

ところがこれが一頓挫有りましてこのシングルは発売中止。理由は謎。
同じレコ番号で11月2日に出し直します。
その時の
B面は



Mile High
http://youtu.be/nixqMtL8Qoo

です。」

「おお、何てB面。」

「なのに全然これがヒットしませんでした。
おかしいじゃんと3枚目のシングルを1980年1月に発売、
TREB 114



ブレーク・イット・トゥー・ミー・ジェントリー
Break It To Me Gently


http://youtu.be/mKhORExAoyM


B面は



1分前
A Minute Ago

http://youtu.be/kzzYLp6YYr0

です。」

「わ、そりゃエルヴィス・コステロさん。好きですから好きだよ。」

「はい、パンチ・ザ・クロックを先取りしたようなコステロ節です。否定しません。
B面は・・・B面です。定食に味噌汁みたいな。ちょっと煮込んでます。
で、
これがまた全然ヒットせず。おかしいだろそりゃ。と
今度はじゃあお買い得版でって、1980年4月に4曲入りEP発売、
TREBE 501

その名も



The Planet E.P.

A1: Too Late

http://youtu.be/FYsirB94tXM


A2: Lines

B1: Break It To Me Gently
B2: Iron For The Iron




ここで新しく登場は1曲目の”トゥ・レイト”。これがまた10ccみたいでいいのよ。」

「売れたの?」

「全然。あきまへん。
で、
これら一連の唄は皆、1979年某月某日発売の1stアルバム



Goon Hilly Down

に収録されてます。
曲目は

A1 Iron For The Iron

A2 Mile High

A3 A Minute Ago

A4 Lines

B1 Break It To Me Gently

B2 Too Late

B3 Secret

http://youtu.be/1Up5LBxlu9A

B4 Ball And Chain

B5 I'm On Fire

http://youtu.be/a0IMCPnyEbc

全9曲中7曲をシングル絡みで出しちゃいました。
フリートウッド・マック級ならいざ知らず、無名バンドでは異例のことですわ。
それもこれも・・・・」

「みんなメロ、キャッチーだもんねえ。」

「そうなんですがな。よくぞ言うてくらはりました。
シングルにしたくなりまんがな。こんなPOPじゃあ。」

「でもこうしてドワって聴くと何か妙な後味かも。」

「はいそこです問題は。
確かに、まあ、ポリスはねえ、チンピラ装っていたとは言え、世界を目指すてな雰囲気会ったけど
このプラネッツは、街一番の中華料理屋さんみたいな。」

「油断すると味噌ラーメンに業務用エバラの味噌ラーメンの元、使ってるみたいな。」

「メニュー多いですから。皆さんに喜んでいただきたい一心。
昨今ねえ、
生き残るのは
一流で雑誌に載るような店か、
命かけてますみたいなラーメン専門店か、
安いからOKなチャーン店ばっかで、
一番苦しいのは街の馴染みの中華屋だもんなあ。そうそう値段は下げられないし。」

「おいちゃんみたいなレコ屋さんみたいだね。」

「つまんねえよー、そうゆうのが無い町は。」

(山)2011.10.7

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

Goonhilly Down/Spot

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

Deaf School資料(英版)

English Version

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

当ブログ記事への、
楽天キャッシュ
https://point.rakuten.co.jp/Top/TopDisplayCash/
または
Amazonギフト券(Eメールタイプ)
での、
おひねりをば頂ければこれ幸いです。
宛先メルアドは

rocksp@jcom.home.ne.jp

にて。
↓下記バナー内上左より



金額はお心次第、いかほどでも。

日刊ろっくす ヤマ & まほ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

楽天オークションに出品してます。

logo-mahog-s.jpg

まほさん手作りエコトートバッグとお宝ロック本をどうぞ。

♪取り扱い品目はコチラで♪

...