前日のThAnk YoU まほのガーデン 前回へ行く 日刊ろっくす TOPへ  次へ進む

 

 



週刊ロック伝
あの時ニュー・ソング
1969/4/26号
ラガマフィン・クロスロード


「皆様こんにちわ、週刊ロック伝あの時ニュー・ソング、
ロックの真の歴史を米英日、各国チャートから、ちあーんと順を追って紐解くお時間です。
本日は10回目、
今を去ること42年前1969年の5月1週の各国チャートから聴いてみましょう。」

「おっーーーす。」



どーん

「お、リーダー。今日はあんじょうたのんまっさ。」

「ミッ子です。」

「なんや自分?」

「だからミッ子やて言うてはりまんやないけー。」

「あ、薔薇の親分は初めてでしたね。コイツはこの方のご親友のミッ子さんです。」



「何や、川の姐御のコネ持ちかいな。」

「てめー、ミッ子の実力をあなどると痛い目に合わせるでチよ。」

「あ、リーダーが戻ってきはりましたな。」

「ミッ子・・・・かわいがってもらえや・・」

「へーい。」

「それでは全員揃いましたところで
司会は俺様、
ロック界の最大アイコン執事、優しきジャイがお勤めさせていただきます。
ゲストは毒舌悪魔人形アナドルこと侮ると容赦しないアイドル、ミッ子さんと
久しぶりに来て下さいました英吉利の薔薇の親分さん。
お二人には候補曲の中から、ロックの歴史に真に加えるべきかどうか認定のお役目を担っていただきます。」

「そうだったんか?すげープレッシャーやな。」

「あたちがイヤと言ったらイヤよ。」

ロック伝一挙再生リスト
http://www.youtube.com/view_play_list?p=A9848671995DB3A7


「では最初は恒例、
まず1969年の5月3日の米国チャートから。ご探検いたしましょう。
事情により
今週もスペシャルにアメリカだけの連続再生リストをお作りしました。
なお先週のは消えております。音は儚いもんだもんね。」

http://www.youtube.com/view_play_list?p=0681EB63E94391E7


では初登場のピックアップ、上位から順番に

59 WHERE'S THE PLAYGROUND SUSIE - Glen Campbell (Capitol)-1
http://youtu.be/xChEc__seZI

「愚連のおっさんやな。」

「何これ次行って。」

「御意。」

74 EVERYDAY WITH YOU GIRL - The Classics IV Featuring Dennis Yost (Imperial)-1
http://youtu.be/FwiIgkzIEpg

「74位初登場のスプーキーでストーミーなクラ4でございます。」

「その2曲が無かったら、ARSの前身じゃなかったらぶち殺したる気分になる連中や。」

「アンタ、ずいぶんヒドイこと言いまチね。」

「違うか?」

「ううん、賛成。次行って。」

「今日は、お二人ともお機嫌がお悪いようです。」

77 PROUD MARY - Solomon Burke (Bell)-1



http://youtu.be/LiJw79k4wGc

「ソウルでチ、次行って。」

「大親分の一人やないか。あの高名なるベル・セッションからCCRのカバーのおハコやけど、
いいんか?」



「まあ確かにドソウルですし。参考ということで」

○ロウディ/クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル
LODI - Creedence Clearwater Revival (Fantasy)-1



http://youtu.be/UqyjCngQldY

「78位で初登場でございます。」

「そのCCR登場!」

「CCレモン?」

「そりゃ飴玉。こっちはクソ泥玉。それはええとして、これってもしかしたらあの歌のB面じゃねえのか?」

「はい、両A面かと思われますが、何故か別々に上がっております。」

「自分戦いかい、そりゃえろうございますな。」

「それだけ人気があったとゆうことで。」

「で、認定するんか?」

「困りましたね。むちゃCCR節でございますが、これを採用いたしますと残りも全部ってことに。」

「そんなん駄目。次行って。」

「ダメですか?ならば非難はすべてミッ子さんにかぶっていただいて、参考歌ということで。」

「ミッ子、悪くない。」

△イン・ザ・ゲットー/エルヴィス・プレスリー
IN THE GHETTO - Elvis Presley (RCA)-1



http://youtu.be/2En0ZyjQgU4

「おおキングや。」

「79位、初登場でございます。」

「つまんない、次行って。」

「お前さん、ずいぶん思い切ったことをいいよるなあ。」

「実はわたくしもソウメンエルヴィスさんの魅力がイマイチわかりません。
薔薇の親分は?」

「ワイか?ワイはなあ・・・ウチの子分に・・ジェレミーてんだが・・ぞっこんのヤツがおるがのう・・」

「ここのメンバーにはプレスリー党はおりませんようです。では失礼ながら参考ということで。」

◎バッド・ムーン・ライジング/クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル
BAD MOON RISING - Creedence Clearwater Revival (Fantasy)-1



http://youtu.be/ZeZm7KQJT1o

「おお、ここにさっきのロウディのA面が。それにしてもこっちが下なんかい。」

「80位で初登場でございます。」

「脚の歌でチ。臭そうでチ。」

「どうするんや、こっちは?」

「どうしますか?これも採用いたしますと残りも全部ってことになりますが。」

「そんなん駄目。次行って。」

「ダメですか?ならばこれまた非難はすべてミッ子さんにかぶっていただいて、参考歌ということで。」

「何で俺が?」

「では、今日は悪い月の日だったってことで。」


83 MEDICINE MAN (Part 1) - The Buchanan Brothers (Event)-1
http://youtu.be/YXe5T7J-weE

「何これ、次行って。」

「ロイ・ブキャナンの兄か弟かいな?」

「違うと思います。では飛ばしまして。」

○ワン/スリー・ドッグ・ナイト
ONE - Three Dog Night (Dunhill)-1



http://youtu.be/UiKcd7yPLdU

「84位で初登場でございます。」

「おお三犬夜や。しかもあのハリーのニルソンの泣き歌のカバー!」

「女々しいでチ。次行って。」

「これもあかんのかー!」

「今日はほんと悪い月の日ですねえ。参考歌ですか。」

「犬だけにワンてか。」


#37 プリティ・ワールド/セルジオ・メンデスとブラジル66
PRETTY WORLD - Sergio Mendes and Brasil '66 (A&M)-1



http://youtu.be/yla_z-aFjn0


「85位、初登場でございます。」

「わーカワイイ歌!!採用でチ。」

「いいんかい?ボサノヴァやで。」

「いいの。プリティだから。」

「確かに。これだけステキですと逆らうわけにはまいりません。
あ、何か心がウルウルして来ました。認定です。おめでとうございます。」


89 WITH PEN IN HAND - Vikki Carr (Liberty)-1
http://youtu.be/eVuSpMSOoPo

「お母さんでチ。用無し、次行って。」

「あはは、御意。」

96 MARLEY PURT DRIVE - Jose Feliciano (RCA)-1

「×××のホセでチ。干せ。」

「なんつうことを言うんや。」

「わたくし、この歌知りませんので何とも如何とも。通過させていただきます。」

97 I COULD NEVER LIE TO YOU - The New Colony Six (Mercury)-1
http://youtu.be/bFwamoLT6Hc

「シカゴのバンドやな。何ぞSFか宗教団体みてえなバンド名の。」

「何これ?ヘタレ。次行って。」

「本日、通道に程遠くなっております。通過です。」

△ザ・ワイルドミルズ・オブ・ユア・マインド/ダスティ・スプリングフィールド
THE WINDMILLS OF YOUR MIND - Dusty Springfield (Atlantic)-1
http://youtu.be/Wl8fKAYQuPk

「99位初登場でございます。」

「大人気、アルバム”ダスティ・イン・メンフィス”からまた名曲や。
またいかにもタラちゃんが好きそうな。背中に匕首でたまらん。」

「タラちゃんでちゅ。」

「そっちじゃなくてクオンティン。」

「ではどういたしましょう?」

「うーーーーーーん。コッソリ、ゾクゾクするから参考歌じゃ。」

「御意。」

100 I WANT TO LOVE YOU BABY - Peggy Scott and Jo Jo Benson (SSS International)-1

「”次行って”ですか?」

「うにゃ、次行って。」

「わたくし、知りませんし、あいすみませんながら通過です。」

「連休やのに今週のアメリカンは何か組み合わせの食い合せが悪いちゅうか何やなあ。」

「まあこればっかは思い通りにするわけにはまいりませんし、仕方がのうございます。」

−−−−−−

「それでは次は
5月3日付け英国アルバム・チャートから。」

△ソングス・フロム・ア・ルーム/レーナード・コーエン
Leonard Cohen - Songs From A Room



http://youtu.be/qoArm1nkTnA

「いきなり2位で初登場でございます。」

「公園が2位かいな。」

「わかんないでチ。」

「実は私もこの方の魅力よくわかりませんで。すんませんご参考と言う事で。」

△夢幻/ムーディー・ブルース
The Moody Blues - On The Threshold Of A Dream



http://youtu.be/ItM9qqGAXjM

「いきなし3位で初登場でございます。」

「ムーデーがいきなし3位かいな。」

「かったるう。次行って。」

「え、これまたどなたも・・・。実は私も・・・どうも童夢、なんちゃて。」

「しゃあないわな、誰もミリキがわからんてば。ご参考や。ツイテ無かったと思いなはれ。」

△NBCテレビ・スペシャル/エルヴィス・プレスリー
Elvis Presley - Elvis - NBC TV Special

http://youtu.be/rdSoRrTD9BQ



「4位初登場でございます。」

「次行って。」

「いやー今週はほんまに・・・審査員の人選間違ったんちゃうか?」

「ねえ。ほんまに。陳謝の上、参考アルバムとゆうことで。」

−−−−−−

「それでは今度は
同じく5月3日付け英国シングル・チャートから。」

25. Simon And Garfunkel - The Boxer



「こないだ出たでチ。」


#38 ラガマフィン・マン/マンフレッド・マン
Manfred Mann - Ragamuffin Man



Manfred Mann - Ragamuffin Man (Rare promo film)
http://youtu.be/xVdVnTCfCRc




http://youtu.be/V-E8AyDFjv8




「37位初登場でございます。」

「ああたまらん、フォンタナのマン。当然採用ぜってー認定。」

「ステキでチ。賛成。」

「いいんですか、これ採用いたしますと残りも全部ですよ。」

「何言ってるんや。これがマン名義でのラスト・シングルやないか。」

「あ、そうか。」

「何ならB面の”A 'B' Side”も認定したろか。」

A 'b' side-Manfred Mann
http://youtu.be/FpYlRHrIcrY

「それはさすがに・・・」

「駄目か?
しゃあないのう。」

△マイ・フレンド/ロイ・オービソン
Roy Orbison - My Friend



http://youtu.be/zCNOtGYJ-YM

「43位初登場でございます。」

「すげー。メチャクチャ不遇時代のロービソンはんもちゃんとヒットさせてる。さすが英国人。」

「いい歌でチ。泣けてきたでチ。」

「ほんとに・・・ステキ。参考歌です。」

「鬼や、おまはん。」

43. Blood Sweat & Tears - You've Made Me So Very Happy

「既に出たチ。」

----------------------

「それでは最後です。
1969年5月4日付の日本洋楽チャートから。」

△シバの女王/レーモン・ルフェーヴル・グランド・オーケストラ



http://youtu.be/NGZfVto4loM


「15位で初登場でございます。」

「さて問題でチ。どんなメロだったでしょう?」

「あはは、これこれ。何か聞いてえろう嬉しいわ。」

「わたしも。でもまあどこからどう考えても参考。」

「これロックの歴史に入れたらタモリ倶楽部や。」

「シバの女王とゆうことはウオツカかはたまたブエナビスタそれとも真野響子。」

「なんでチか?それ。」

!ロック・ミー/ステッペンウルフ



「あの認定第一号が、日本のチャートにも入って来ました。
19位初登場。
乾杯です。」



乾杯!

#39 クロスロード/クリーム



http://youtu.be/ejPi8D8LFnI


「20位初登場!」

「クリームってえろう人気者だったんでおわすなあ。このブルースがチャート入りとは。」

「凄い顔ジャケでチ。ゲストで呼びたいでチ。」

「そういや何故ジンジャー親分が???」

「ねえ。どうしてでしょうねえ。」

「知らんのかい。」

「何でわたくしがそんな何から何まで知ってなきゃいけないのですか。」

「うひゃ、そんな思い切り涙目でムキにならはんでも。悪かったわ。すまんの。」

「ならよろしい。では、さすがにこればっかは如何に耳タコでも認定せざるを得ないでしょう。」

「何ということを言う。炎上するで。」

「火消しは頼みます。
では
今週はこれでよろしゅうございますね。地味でも。



「よろしいそうです。
それでは
みなさまさらば。ごゆっくりのご休息を。

また来週、この時間に、あなたをお待ちしております。」


(山)2011.5.4

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

The Very Best of the Fontana Years

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすロック伝のページ

資料

英語資料

English Version
.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

当ブログ記事への、
楽天キャッシュ
https://point.rakuten.co.jp/Top/TopDisplayCash/
または
Amazonギフト券(Eメールタイプ)
での、
おひねりをば頂ければこれ幸いです。
宛先メルアドは

rocksp@jcom.home.ne.jp

にて。
↓下記バナー内上左より



金額はお心次第、いかほどでも。
いただいたおこころざしは、歓びこの上なく、遠慮無く使わさせていただき、
勇気百倍、毒千倍、
また一日暴れさせていただきます。
よろしくお願い申し上げ奉ります。

日刊ろっくす ヤマ & まほ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ネットショップやっております

logo-mahog-s.jpg

まほさん手作りエコトートバッグ発売中。

♪取り扱い品目はコチラで♪


.