前日のThAnk YoU まほのガーデン 前回へ行く 日刊ろっくす TOPへ  次へ進む

 

 


週刊ロック伝
あの時ニュー・ソング
1969/7/12号
レディ・ホンキー・ピース・バラバジャガ・ピース



「皆様こんにちわ、週刊ロック伝あの時ニュー・ソング、
ロックの真の歴史を米英日、各国チャートから初登場曲を聴いてリアルに順を追って紐解くお時間です。
本日は20回目、
今を去ること42年前1969年の7月2週の各国チャートから覗いてみましょう。」

「おっす。」



どーん

「今日も立派に呪うんだよ。」

「了解!張り切るッチ。」

「別にそんなこと張り切らなくてもいいんですが・・」

「何か言ったっチ?呪うッチ。」

「あのー・・・」

「あ、どなたですか?」

「わたし・・・」

「あ、これ?ミッ子の一番上の姉ちゃん。旅館経営のマダム黒ミサ子チ。」

「よろしくお願いしますすすす。」

「また気持ち悪いのがひとり。」

「何か言ったっチ?呪うッチ。」

「いやどうもどもどもども。またまたまたまたまたまた遅刻したんね。なまず先生だよ。よろしく。」

「何かすっかり妖怪館だな。一応、訊いてみるか。
こんなメンツでよろしございますかねえ?



何と
よろしいそうです。
それでは始めます。
司会はわたくし、
もう暑くて暑くて気が狂ってます、発狂きちがい執事、ジャイがお勤めさせていただきます。
ゲストはノリより呪い、ソウル大嫌い毒舌悪魔人形、ミッ子さんと
偽物のお面愛好家、博識学者の、なまず先生
そして特別ゲストに、ミッ子さんのお姉さまの顔色が悪いマダム黒ミサ子さん。
皆さんには候補曲の中から、ロックの歴史に真に加えるべきかどうか認定のお役目を担っていただきます。」

「まかせろッチ」

「はいはいはいはいはい。」

「わたし・・・・。」

−−−−−−

流せばお部屋が一挙に42年前!
今週の初登場全曲再生リスト
http://www.youtube.com/view_play_list?p=0681EB63E94391E7


ロック伝認定名曲一挙再生リスト
http://www.youtube.com/view_play_list?p=A9848671995DB3A7

ソウル・ファンク伝の歴代名曲再生リスト
http://www.youtube.com/playlist?p=PL8714225C30D6D0B8

−−−−−−

「では最初は、
1969年の7月12日の米国チャートから、
初登場のピックアップ、
上位から順番に

●ヘイ・ジョー/ウィルソン・ピケット
81. HEY JOE - Wilson Pickett (Atlantic)-1




http://youtu.be/gR11RZ4iNbk

「81位初登場でございます。」

「はい、すっかりロック・カバーにご執心なピケットさん。今回は何とジミ・ヘンドリクスのあの・・」

「ソウルでチ。次行って。」

「ギター・ソロが・・・・。」

「ギターソロが何ですか?気味悪いな。黒の名曲入りです。」

「黒はわたし・・・ギターソロはデュエイン・・・」


◎ラフィング/ゲス・フー
83. LAUGHING - The Guess Who (RCA)-1




http://youtu.be/XqZUzXKDVx8

「83位初登場でございます。」

「はい、カナダの王者、ゲス・フー。何とも美しい曲ですね。作はあのランディ・バックマン氏とバートン・カミングさん。これはもう・・・」

「下衆はお前ッチ。」

「笑われてる・・・・」

「別に貴方を笑ってません。えー、ロック名曲入り直前です。よろしく。」

「なんでやねん?」


○メドレー/ハプニングス
85. WHERE DO I GO/BE-IN/HARE KRISHNA (Medley) - The Happenings (Jubilee)-1




http://youtu.be/ZdvrF7yIDv8

「85位初登場でございます。」

「ニュージャージーのバンド、ハプニングス。リーダーのデヴィッド・リバートは後年、音楽事務所社長になりまして
あのファンカデリックやパーラメントのP−FUNK集団やランナウェイズが所属し・・・」

「呪いの歌ッチ。」

「はれくりしゅな。寒気・・・・。」

「寒いんですか?私の上着をどうぞ。」

「そうじゃなくて・・・・」

「お前、ミッ子の姉ちゃんに惚れたッチ?呪うぞ。」

「違いますったら。えーーーと。参考歌です。」

「顔が赤いですよ。」


◎ステイ・アンド・ラブ・ミー夏中/ブライアン・ハイランド
87. STAY AND LOVE ME ALL SUMMER - Brian Hyland (Dot)-1




http://youtu.be/fVU3_PmcA2k

「違うって。87位初登場でございます。」

「えー、そうでしょ。ニュー・ヨーク出身のベテランPOP歌手、ブライアンの新曲はすっかり夏モード。浜辺でジャイさんがマダムと聞くのにぴったしで・・・
あ、もしかして黒ミサ子さんてマダムって言うから既婚者じゃ・・・」

「未亡人なんです・・・。」

「それじゃ問題ないね。」

「何、話してるッチ。」

「ほんとですよ。えーー凄く名曲入りにしたいんですが余計なこと言うんで参考歌です。」

「わしのせいかい。」


○ウィリーとローラ・メイ・ジョーンズ/ダスティ・スピリングフィールド
88. WILLIE AND LAURA MAE JONES - Dusty Springfield (Atlantic)-1




http://youtu.be/WaX-h19rhkQ

「88位で初登場でございます。」

「名盤”ダスティ・イン・メンフィス”セッションからまた名曲がひとつ。作はあのトニー・ジョー・ホワイト。何とソウルフルな・・・」

「ソウル?次行って。」

「あの・・・・」

「何ですか?」

「おしっこ。最近近くて・・・。」

「どうぞどうぞ。行ってください。えーー、名曲ですがロックではありませんので参考歌です。」

「妙に優しいッチ。」


●起きろ/チェンバー・ブラザース
92. WAKE UP - The Chambers Brothers (Columbia)-1




http://youtu.be/10oVOLwXsWA

「92位初登場でございます。」

「黒のロック兄弟、チェンバー兄弟。発情丸出し、この糞暑いのに燃えに燃えてる新曲は・・・」

「帰って来ました・・・。」

「早いですね。えー黒の名曲入りです。」


#67 レイ・レディ・レイ/ボブ・ディラン
94. LAY LADY LAY - Bob Dylan (Columbia)-1




http://youtu.be/U_yvrugtnpo


「94位初登場でございます。」

「あの名盤”ナッシュビル・スカイライン”から名曲のランクインです。これはもう問答無用の・・・」

「ロック名曲入りです。67曲目!おめでとうございます。」


○鳥の羽根/ジョー・サウス
96. BIRDS OF A FEATHER - Joe South (Capitol)-1




http://youtu.be/zsqn2YK8S_M

「96位初登場でございます。」

「あのハッシュを作られましたアトランタ・ジョージアの快男児サウス、ここにまたグルーヴィン・ビューチフルな・・・」

「名曲ですね。参考歌です。何か静かだな。」


○イン・ザ・タイム・オブ・アワ・ライブズ/アイアン・バタフライ
97. IN THE TIME OF OUR LIVES - Iron Butterfly (Atco)-1




http://youtu.be/3hfOwaG2glA

「97位初登場でございます。」

「イン・ア・ガダダビダの鋼鉄チョウチョがまたしても時代の大オオゲサハードロックでやってまいりました。この・・・」

「呪い感満載だチ。」

「すやすや・・・あ、すみません。寝ちゃってました・・・。」

「いいんですよ。疲れたら寝てても。参考歌です。」

「ミッ子も寝ててもいいチ?」

「あんたはダメ。」

「贔屓チ。これは呪いだチ。」


○パス・ザ・アップル・イヴ/BJトーマス
98. PASS THE APPLE EVE - B.J. Thomas (Scepter)-1




http://youtu.be/cFhWklEiFkk

「98位初登場でございます。」

「テキサスのトーマスさん、あの”雨にぬれても”で有名ですね。この時点でもう11曲目のシングル。大スターでして・・」

「参考歌です。歌謡名曲ですが。」


○アバーガヴェニイ/シャノン
100. ABERGAVENNY - Shannon (Heritage)-1




「100位初登場でございます。」

「・・・・・・」

「何、黙ってるんですか?解説お願いします。」

「えーっとこれはヘンリー・グロスさんの犬の名前じゃ無くて、えーっとオーケストラの指揮はピーター・ナイトで・・」

「もしかして知らないんですね。」

「えー、知らないとゆうか・・・」

「来週はクビだな。参考歌です。」

「どうかそれだけは・・・」

「いひひ首首。」

−−−−−−

「それでは次は
7月12日付けTOP40英国アルバム・チャートから。」

○ベスト・オブ・クリフ/クリフ・リチャード
21. Cliff Richard - Best Of Cliff




The Minute You're Gone
http://youtu.be/uVVNQ21b-zk

「21位で初登場でございます。」

「これはもうチャート入りは当然の英国大スター、クリフさん。
えーっとクビになったら困るので収録曲を

The Minute You're Gone, On My Word,The Time In Between
Wind Me Up (Let Me Go), Blue Turns To Grey,Visions,Time Drags By
In The Country,It's All Over,I'll Come Running,The Day I Met Marie
All My Love,Congratulations,Girl,You'll Be A Woman Soon

凄いでしょ。特にこの中では・・・」

「参考盤です。」


?オファリム・コンサート・ライブ69/エスター&アビ・オファリム
29. Esther & Abi Ofarim - Ofarim Concert - Live '69




http://youtu.be/8090AZ3md2o

「29位初登場でございます。どなたさまですかこちらは?」

「えへん。知ってます。イスラエルの女性歌手さんです。相棒がギタリストでダンサーのアビさん。
阿鼻叫喚なんちって。ユーロヴィジョン・コンテストとか活躍です。
アルバム収録曲は

A1.Morning Of My Life /A2.Oh Waly, Waly /A3.Adama Adamati /A4.Another Man/
A5.Go Tell It On The Mountain /A6.Ein Kleiner Tambour

B1. Frank Mills (From 'Hair') /B2.Garden Of Home /B3.She's Leaving Home/
B4.Never Grow Old /B5.Down By The River /B6.Cinderella-Rockafella

何と翌年離婚されたって記念の・・・」

「全部、曲名をキチンと発音してみてください。6曲目とか。」

「あんた意外と意地悪だね。」

「あははイジワルイジワル。もっとしろッチ。」

−−−−−−

「それでは今度は
同じく7月12日付Best50英国シングル・チャートから。」

#68 ホンキー・トンク・ウィメン/ローリング・ストーンズ
09. The Rolling Stones - Honky Tonk Women




http://youtu.be/VaNEWQdgLyg


「9位で初登場でございます。」

「出ました。記念すべき週です。この週こそこのストーンズの・・・」

「わかってます。そう言ってるでしょ。68曲目のロック名曲入りです。おめでとうございます。」

「あの・・・。」

「何ですか?」

「おしっこ。」

「どうぞどうぞご遠慮なく。」

「最近近くて・・・・。」

「ミッ子もいきたい。」

「そのへんでしてな。」

「呪った今。」


#69 平和を我等に/プラスチック・オノ・バンド
21. Plastic Ono Band - Give Peace A Chance




http://youtu.be/8Jl4f1iMZkA

「21位で初登場でございます。」

「何とホンキー・トンク・ウィメンとこの歌が同じ週に登場です。この時代の息吹を何と表現したらいいでしょう。それは・・」

「表現しなくていいです。しないと鬼畜と言われかねませんので69曲目のロック名曲です。
おめでとうございます。」

「あんた、嫌いなんか?この歌?」

「まさか。」


○セイヴド・バイ・ザ・ベル/ロビン・ギブ
25. Robin Gibb - Saved By The Bell




http://youtu.be/ztLNq1oNhsk

「25位初登場でございます。」

「ビー・ジーズから独立後、初ソロデビュー曲です。作は多分ギブさん。歌はもちろんギブさんで・・・」

「多分じゃ困るなあ。やっぱ・・・。まいいや。参考歌です。一人より三人がいいです。」


○グッドナイト・ミッドナイト/クローダ・ロジャース
31. Clodagh Rodgers - Goodnight Midnight




http://youtu.be/Swo2kUNGO6M

「31位初登場でございます。」

「北アイルランド・ウルスター生まれの女性ポップシンガー、クローダさん。さぞかし苦労なさったかと・・」

「つまらないこと言う男ッチ。」

「ほんとつまらない。参考歌です。歌は素敵です。この男がつまらないんです。」

「そんな念を押さなくても。どうせ私はなまずですから。」


○カンバセーションズ/シラ・ブラック
32. Cilla Black - Conversations




http://youtu.be/2zjkKBIk7HE

「32位初登場でございます。」

「イギリスの伊東ゆかりさんことシラの新曲。シラだけに知らないなんちって。ブラックですから黒ミサ子さんのお友達?」

「あたし・・知らないですこの人・・・。」

「答えなくていいですよ。貴方も話しかけないでください。」

「ええ、ええ、私は一人ぼっち。なまずだからですね。」

「参考歌です。」

「ぎゃはは。険悪険悪。素敵な呪い世界チ。」


#70 ゴーゴー・バラバジャガ/ドノヴァンとジェフ・ベック
44. Donovan And Jeff Beck - Goo Goo Barabajagal (Love Is Hot)




http://youtu.be/N1M3j_i8R2w


「44位初登場でございます。」

「出ました。稀代の共演!言葉にならぬこのグルーヴよ。永久に燃え上がれバラバジャガ!うん、ふん・・」

「ノッてるノッてるなまずがノッてるチ。」

「ノってますね。ふーん。もちろん70曲目のロック名曲入りです。おめでとうございます。
なまずの踊りに関わらず。」


#71 ピースフル/ジョージィ・フェイム
46. Georgie Fame - Peaceful




http://youtu.be/v995yRJzWVQ


「46位初登場でございます。」

「何と言う週でしょう。さらにこの大名曲の登場です。英国一の伊達男フェイム兄貴の粋歌。作は・・」

「ほんといい歌。当然です。71曲目のロック名曲入り!おめでとうございます。」


●ラヴ・マン/オーティス・レディング
50. Otis Redding - Love Man




http://youtu.be/-4ApRMdL3QY

「50位初登場でございます。」

「オーティスは死なず!オーティスは不滅だ。地獄天国からエナジー一発。喰らってみやがれ!これが・・・」

「それでもソウルでチ。次行って。」

「それでもかい。もちソウル名曲入りです。」

----------------------

「それでは最後です。
1969年7月13日付のTOP20日本洋楽チャートから。」

○17. ジョンとヨーコのバラード - ビートルズ
The Ballad Of John And Yoko - The Beatles




http://youtu.be/Gxx-dOHias8

「17位初登場でございます。」

「さー問題の歌が日本上陸。これがどのくらい上がるのか。はたまた歌謡チャート入りも果たすのか?実に・・・」

「何か問題があるんですか?」

「えーっとそれは・・・なまずには言えません。」

「ふーん。」


◎20. グッド・タイムズ・バッド・タイムズ - レッド・ツェッペリン



http://www.youtube.com/watch?v=Cm2-K6ttHYs

「20位初登場でございます。」

「はい、何と、今週は世界中で衝撃の週だ。ゼップ日本初登場!このあまりにも衝撃なロックは我が国で受け入れられるのか!それは・・・」

「受け入れられますよ。当然じゃないですか。今だってグリーンチャンネルの明日の予想でかかってるし。」

「つまりですね。一般的な人気としては・・・もういいです。」

「あの・・・・。」

「何ですか?」

「おしっこ。」

「いいですよ。どうぞどうぞ。」

「ちかくて・・・・。」


「では、
今週はそりゃもう素晴しゅうございました。5曲もロック名曲が誕生です。



革の姉御さんもまたまた大いにご満悦とゆうことで今日は終了!
お疲れさまでした!!

みなさま
来週、またお会いしましょう。」

「あの、わたし、来週も来ていいですか?」

「さあ。」

「さあって、あんた。ウチでは女房ナマズと3匹の子ナマズがお腹をスカして待ってるんです。
ここのギャラが無いと暮らしていけません。」

「騙されちゃダメっチ。こんなナマズに家族がいるわけ無いッチ。」

「あのお・・・・・」

「何ですか?」

「おしっこ。」

「いいですよ。早く行ってください。って、あなたさっき行ったばかりじゃ。」

「ちかくて・・・・。」

(山)2011.7.13

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg



00000-2.jpg

ろっくす特製でかいジャケットのページ也。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすロック伝のページ

資料

英語資料

English Version
.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

当ブログ記事への、
楽天キャッシュ
https://point.rakuten.co.jp/Top/TopDisplayCash/
または
Amazonギフト券(Eメールタイプ)
での、
おひねりをば頂ければこれ幸いです。
宛先メルアドは

rocksp@jcom.home.ne.jp

にて。
↓下記バナー内上左より



金額はお心次第、いかほどでも。
いただいたおこころざしは、歓びこの上なく、遠慮無く使わさせていただき、
勇気百倍、毒千倍、
また一日暴れさせていただきます。
よろしくお願い申し上げ奉ります。

日刊ろっくす ヤマ & まほ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

楽天オークションに出品してます。

logo-mahog-s.jpg

まほさん手作りエコトートバッグとお宝ロック本をどうぞ。

♪取り扱い品目はコチラで♪


.