前日のThAnk YoU 前回へ行く 日刊ろっくす TOPへ  次へ進む

 

 
721021.jpg

洋楽70's全曲探検
1972/10/21号
カルフォルニアの青い空&クレア登場


皆様こんにちわ、
洋楽70's全曲探検、
42年前の今週最新米英日のヒットチャートから初登場曲をピックアップし
全曲聴いてしまおうという企画です。
司会は、
うちわがどうしたくだらねえ、
山口眞と申します。

昨日からずっと思い出そうとしてたんですが
思い出しました。

麻丘めぐみさんの「悲しみよこんにちは」です。
http://youtu.be/sXROTbGRCg0

いやもうイントロから何かに似てる。はて何だっけなんだっけ。
出ました。
ビー・ジーズです。
マサチューセッツだ。

The Bee Gees- 'Massachusetts'
http://youtu.be/Mc5oqjFsT5g

まるで聞きながら別のメロディを編み出したかのようです。
おそらく筒美さん、麻丘さんの新曲だってんで、
いやー若いねえお姫様若いねえ若いねえ若葉の頃ビー・ジーズ
若葉のころ
http://youtu.be/ufsH8dOH0Zo
若葉のころじゃ出て来ないなあ
じゃマサチューセッツだな
てんで
やったなー。
恐るべし。レイ・デイヴィス王と双璧をなすパクリ・プロ技。
だから洋楽ファンにはたまらねえや。

なお
全チャートの眺めは、一番下(追記部分)にありますのでご参照ください。

−−−−−−

今週のチャート初登場全曲再生リスト
http://www.youtube.com/playlist?list=PLEBB66F68BA99D8A1


Rock of Ages from 1969(fromMarch) vol.1
http://www.youtube.com/playlist?list=PLA9848671995DB3A7

Rock of Ages from 1969(fromMarch) vol.2
http://www.youtube.com/playlist?list=PLEBB66F68BA99D8A1

ヒットチャートロックの歴史
http://www.youtube.com/playlist?list=PLF17180564A99EA22

Best of Charted 70's Pops
http://www.youtube.com/playlist?list=PL26E2DB24FF57D4C2

Best of Charted 70's Soul & Funk
http://www.youtube.com/playlist?list=PL095D0B8355FBF0A6

All the Charted 70's Reggae in Usa & UK
http://www.youtube.com/playlist?list=PL9FF6696215D26B9F

All the Charted Glam Pop
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTxVxw4O6oIWvDSFfBq1ExRl

ベスト・オブ・日本洋楽史70's
http://www.youtube.com/playlist?list=PL8FE5FC9CFF908F9E

B-ROCK IN 70'S
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTzPigQphdlDDmdO9I4BIPg2

歴史オブ西海岸ロック
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTyIW3wwEtUZtasuU2GHyHsB

All Progressive Rock Single in 70's Chart
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTwc2Z7ZNAGCmryr4NpDQDTp

Not Glam But Pop Rock in UK 70's chart
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTxy0894KWrY4lDlYd9yod3G

−−−−−−

1972年10月21日米国チャートから、
表記は
順位/曲名/歌手、バンド/の順なり。
☆(最高五つ星)は今に通ずる素敵度判断。
先に英日チャートでランクイン済みの場合は失礼ながらその時のレビューを転用させていただいてます。
+印のは勝手につけさせていただいた邦題です。

1-551
☆☆☆☆☆63. VENTURA HIGHWAY - America (Warner Brothers)-1
ヴェンチュラ・ハイウェイ アメリカ

721021-uss-63.jpg

721021-uss-63-1.jpg


721021-uss-63-3.jpg

http://rocksblog.seesaa.net/article/111780304.html
http://youtu.be/f5J54RVZjYs


名前のない馬から一挙に名前のある馬になったアメリカ、
待望の2作目アルバム11月15日発売「Homecoming」より先行第一弾シングルは
作、デューイ・バネルくん。これがここで出てバンドの馬イメージを完全に払拭した洗練のグルーヴィン・ソング。
いつまでも疾風を心に吹かせてくれます100点。

米、1972年10月21日63位初登場、最高位8位。

英国チャート、2回目のヒットで、11月25日48位初登場、最高位43位、12月16日50位まで通算4週。

日本洋楽チャート、4回目のヒットで、11月27日35位初登場、1973年1月15日に最高位11位。

♪Chewing on a piece of grass Walking down the road


2-552
☆☆☆☆☆65. IT NEVER RAINS IN SOUTHERN CALIFORNIA - Albert Hammond (Mums)-1
カルフォルニアの青い空 アルバート・ハモンド

721021-uss-65.jpg

721021-uss-65-1.jpg


721021-uss-65-3.jpg

http://youtu.be/XqMEEvmfyQU


出ました。
デビュー・アルバム「カルフォルニアの青い空〜It Never Rains in Southern California」より
ダウン・バイ・ザ・リバー
http://rocksblog.seesaa.net/article/402297586.html
につづいて
ハモンド氏の代名詞たる「青カル」。洋楽聞きはじめの時に遭遇、猿みたいに流れててもちろん好きなったのが
作ったのはイギリス人でそんなに空が青くないとはついぞ知らなかった名曲です100点。

米、1972年10月21日65位初登場、最高位5位。

日本洋楽チャート、1回目のヒットで、12月18日36位初登場、1973年3月12日に最高位1位2週。

♪Got on board a westbound 747


3-553
☆☆☆☆73. THEME FROM "THE MEN" - Isaac Hayes (Enterprise)-1
ザ・メン アイザック・ヘイズ

721021-uss-73.jpg

721021-uss-73-1.jpg

721021-uss-73-2.jpg

http://youtu.be/kswFYo9H2j0

座面ではありませんザ・メン。
つるっぱげ主題歌王、ヘイズ親分の新曲はもちろん主題歌。
刑事コロンボさんと競合するABCテレビの犯罪ドラマのテーマです。
ああ、だよなーと体に馴染んでるサウンドで92点。

見たことは無い。

1972年10月21日73位初登場、最高位38位。R&Bチャート19位。

♪♪


4-554
☆☆☆☆80. CONVENTION '72 - The Delegates (Mainstream)-1
コンベンション72 デリゲイツ

721021-uss-80.jpg

http://youtu.be/EyzoK1yIBIc

大ディッキ−・グッドマン師が確立した
米国ノベルティ・レコード定番のヒット曲を多々カットインしてツッコミ笑い挿入ソングなり。
ネタは選挙。一応登場人物は微妙に変名。物真似入り。
ワシラには笑うより楽しんでしまう90点。

1972年10月21日80位初登場、最高位8位。

♪Good morning ladies and gentlemen This is Walter Clondite From Convention Hall


5-555
☆☆☆☆☆87. I LOVE YOU MORE THAN YOU'LL EVER KNOW - Donny Hathaway (Atco)-1
溢れ出る愛を ダニー・ハサウェイ

721021-uss-87.jpg

721021-uss-87-1.jpg

http://youtu.be/Dko6eQl4w2s


ニュー・ソウル王ダニーさん1973年6月18日発売生きとし最後のアルバム
愛と自由を求めて〜Extension of a Man
より大先行シングルは作:歩くパーことアル・クーパー師。
ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズの1stアルバム「子供は人類の父である」より
http://youtu.be/gPQSfeYzOi8
これぞ人を得た懇親のカバーと言わずして誰が言おう100点。

夕暮れの太陽にほえろ。

1972年10月21日87位初登場、最高位60位。R&Bチャート20位。

♪If I ever leave you... you can say I told you so!


6-556
☆☆☆☆88. TOGETHER ALONE - Melanie (Neighborhood)-1
トゥゲザー・アローン メラニー

721021-uss-88.jpg

721021-uss-88-1.jpg

721021-uss-88-2.jpg

http://youtu.be/02N64yPolQ8

ウッドストック世代のハスキー・リンダ・ロンシュタットことサフィカさん
新曲は、当年11作目アルバム「Stoneground Words」より
泣くな同年代、泣くよ同年代のたまんねーさ94点。

94点にしたら怒られるぞ。

1972年10月21日88位初登場、最高位86位。

♪We'll grow old, we'll take care of each other


7-557
☆☆☆☆89. SUNDAY MORNING SUNSHINE - Harry Chapin (Elektra)-1
サンデー・モーニング・サンシャイン ハリー・チェイピン

721021-uss-89.jpg

http://youtu.be/sZr1iq-D-YU

僕は肩にナップサックをしょって街にやって来た。

ゆりかごの猫のチェイピンさん10月発売の2作目アルバム「Sniper and Other Love Songs」より
泣くな同胞、知らなくても知ってても泣くのは歳のせいじゃないぞ94点。

1972年10月21日89位初登場、最高位75位。

♪I came into town with a knapsack on my shoulder


8-558
☆☆☆90. CRAZY HORSES - The Osmonds (MGM/Kolob)-1
クレイジー・ホース オズモンズ

721021-uss-90.jpg

721021-uss-90-1.jpg

721021-uss-90-2.jpg

http://youtu.be/H2WJt6Cpwus

本家は何故か突如ハード・ロック・バンドと化しました兄弟は同名アルバムよりタイトルトラックをカット。
アラン、メリル、ウエイン作のオリジナルです、車排気ガス公害への抗議ソングだそうで
一挙に硬派となったが正直ちとダサい84点。

米、1972年10月21日90位初登場、最高位14位。

英国チャート、2回目のヒットで、11月11日27位初登場、最高位2位、1973年3月10日43位まで通算18週。

日本洋楽チャート、4回目のヒットで、1973年1月22日24位初登場、3月5日に最高位6位。
以後6位、7位を行ったり来たりのしぶといヒット。

♪There's a message -FLOATING In the air Crazy horses riding everywhere


9-559
☆☆☆☆91. YOU OUGHT TO BE WITH ME - Al Green (Hi)-1
ユー・オウト・トゥ・ビー・ウイズ・ミー アル・グリーン

721021-uss-91.jpg

http://youtu.be/yG5-x1CRGIM

Let's Stay Togetherの続編みたいのはもうやめましょうね
とか言われてそうなアルさんすが
1973年4月発売6作目アルバム「Call Me」より
お馴染みのAl Green, Al Jackson, Jr, Willie Mitchellトリオで
またやっちまいました。
それがやっぱりいいからしょうがねえな91点。

1972年10月21日91位初登場、最高位3位。R&Bチャート1位。

♪Sit right down and talk to me, About how you want to be


10-560
☆☆92. HEY, YOU LOVE - Mouth and MacNeil (Philips)-1
ヘイ・ユー・ラブ マウス・アンド・マクニール

721021-uss-92.jpg

721021-uss-92-1.jpg

http://youtu.be/lXGrzlebdOg

人形遣いのBig MouthさんとMaggie MacNeal上のお二人オランダの歌謡曲コンビ、
「ハウ・ドゥ・ユー・ドゥ」米最高位8位
http://rocksblog.seesaa.net/article/395805720.html
のバカ・ヒットに続く第2弾。タイトルも紛らわしい柳の下にドゼウ2匹目すが
そのどぜうがちっちゃくて74点。

1972年10月21日92位初登場、最高位87位。

♪I really don't believe you, Big Mouth


11-561
☆☆☆☆☆94. DOWN TO THE NIGHTCLUB - The Tower Of Power (Warner Brothers)-1
ダウン・トゥ・ザ・ナイトクラブ タワー・オブ・パワー

721021-uss-94.jpg

http://youtu.be/qNWYHSbaFBs


世界最強のホーン隊を誇るオークランド・ファンクの猛者のガッツなヒットは
2作目アルバム「Bump City」よりこれぞ奴らのキッレキレ・ファンクだ文句あるかかかって来い97点。


1972年10月21日94位初登場、最高位66位。

♪It's Saturday night and I'm just hangin' out Lookin' for a place to party


12-562
☆☆☆☆95. MISTY BLUE - Joe Simon (Sound Stage)-1
ミスティ・ブルー ジョー・サイモン

721021-uss-95.jpg

http://youtu.be/6HVkSxhjj0c

1943年9月2日ルイジアナのシムズポート生まれ乙女座それは
真理の探究・内面の探求・真理を求め、獲得する、
信念堅実、正々堂々、几帳面、計画の人。
それはジョーおじさん。
曲はボビー・モントゴメリー氏1966年作、ブレンダ・リー嬢の為に書くも断られて廻り回ってエディ・アーノルド氏米57位、カントリー3位ヒットに。
して高名なるは1975年のドロシー・ムーア嬢のヒットです米最高位3位、R&Bチャート2位。

http://youtu.be/RMONGMDEerI

これなるはその黒ヴァージョンのルーツなり、味は元91点。

1972年10月21日95位初登場、最高位91位。R&Bチャート47位。

♪Oh, it's been such a long, long time


13-563
☆☆☆☆96. THE PEOPLE TREE - Sammy Davis Jr. with the Mike Curb Congregation (MGM)-1
ザ・ピープル・トゥリー サミー・デイビス・ジュニア

721021-uss-96.jpg

http://youtu.be/VjuLJ9XFH0A

飴売りおじさんキャンディ・マンとして47歳にして初の全米No.1ヒットをモノにしたジュニアおいちゃんの次なる一手は機を見るに敏、もちろん同じ路線だよ。
それがねいい曲なんだけどからっきし空振りに終わりまして世の中ってのはホントにわからねえもんです91点。

1972年10月21日96位初登場、最高位92位。

♪Hey, wouldn't it be nice To make a people tree


14-564
☆☆☆☆98. SONG SELLER - The Raiders (Columbia)-1
ソング・セラー レイダーズ

721021-uss-98.jpg

http://youtu.be/5K13QLqMpRY

さてとこちらは嘘付かないインディアン・リザベイションのレイダーズ。
その後はやっぱからっきしアカンで困っちゃいます。シングル・オンリーのこの曲もナイス・ポップながらそりゃまインディアンに比べりゃアカンて言われりゃどうしょもないじゃねえか90点。

1972年10月21日98位初登場、最高位96位。

♪This is just our little memo To remind you of my demo


15-565
☆☆99. WHAT AM I CRYING FOR - Dennis Yost and the Classics IV (MGM South)-1
ホワット・アム・アイ・クライング・フォー デニス・ヨーストとクラシックス・フォー

721021-uss-99.jpg

http://youtu.be/F2yAfCS3P6I

さてとさてとこちらはスプーキーとストーミーのクラシックス・フォーです。
もうアトランタ・リズム・セクションは始動しておりますが
Buddy Buie, J.R. Cobb両人はまだ曲を書いてくれてます。

どうも尻に力が入ってない曲でね、よくもまあそこまで上がったもんだ74点。

1972年10月21日99位初登場、最高位39位。

♪It was just a passing thing I dug her and she dug me


16-566
☆☆100. I GUESS I'LL MISS THE MAN - The Supremes (Motown)-1
アイ・ゲス・アイル・ミズ・ザ・マン シュープリームス

721021-uss-100.jpg

http://youtu.be/ef9jqW4V9i0

そしてロス嬢ロス後もジーン・テレル嬢奮闘で踏ん張っておりますシュープリームス。
目先を変えての11月発売アルバム「The Supremes Produced and Arranged by Jimmy Webb」より
「ゴッドスペル」の作曲家スティーヴン・シュワルツ氏によります清麗なるバラードも
さすがにこれは地味でございます、いい曲ですがどう反応したらいいんでしょう74点。

1972年10月21日100位初登場、最高位85位。

♪I guess i'll miss the man, Explain it, if you can. His face was far from fine


***************

ちなみに
この週の全米TOP3は

1.☆←7 MY DING-A-LING - Chuck Berry (Chess)-10 (1 week at #1)
2.←2 USE ME - Bill Withers (Sussex)-9
3.☆←4 BURNING LOVE/ IT'S A MATTER OF TIME - Elvis Presley (RCA)-10

チャック爺さん、本人大得意になる強烈奪取。

−−−−−−

1972年10月21日付TOP20米アルバム・チャートの
ニュー・エントリー盤は

1-74
☆☆☆☆☆15.☆←25 Back Stabbers - O'Jays
裏切り者のテーマ オージェイズ

721021-usa-15.jpg

http://rocks.studio-web.net/soul/ojays/back.html

Side A
1. "When the World's at Peace" Kenneth Gamble, Bunny Sigler, Phil Hurtt 5:21
2. "Back Stabbers" Leon Huff, Gene McFadden, John Whitehead 3:07
3. "Who Am I" Sigler, Hurtt 5:14
4. "(They Call Me) Mr. Lucky" Gamble, Huff 3:20
5. "Time to Get Down" Gamble, Huff 2:53

Side B
1. "992 Arguments" Gamble, Huff 6:09
2. "Listen to the Clock on the Wall" Gamble, Huff, Whitehead, McFadden 3:48
http://youtu.be/7hEmSGvIaPg

3. "Shiftless, Shady, Jealous Kind of People" Gamble, Huff, Whitehead, McFadden 3:36
4. "Sunshine" Sigler, Hurtt 3:42
5. "Love Train" Gamble, Huff 2:59

Personnel
The O'Jays - Vocals
Dennis Harris - Guitar
Bobby Eli - Guitar
Roland Chambers - Guitar
Bunny Sigler - Guitar, Keyboards, Piano, Producer
Norman Harris - Arranger, Guitar
Ronnie Baker - Bass
Eddie LeVert - Vocals
William Powell - Vocals
Walter Williams - Vocals
Lenny Pakula - Keyboards
Leon Huff - Keyboards, Producer, Piano
Earl Young - Drums
Don Renaldo - Conductor, Horn, Strings
Thom Bell - Arranger, Strings, Producer
Larry Washington - Bongos, Percussion
Vincent Montana, Jr. - Percussion, Vibraphone

Additional personnel
Kenneth Gamble - Producer
Tony Martell - Executive Producer
Adam Block - Director
Joe Tarsia - Engineer
Tony Sellari - Art Direction
Bobby Martin - Arranger

Recorded 1972 Sigma Sound Studios

8月発売。4枚のブレーク・シングル含むフィラデルフィア・インターナショナルからの再デビュー盤。
フィリー団総結集による至極の名曲しか入っておりません大名盤です100点。

最高位10位。R&Bチャート3位。


TOP3は

1.☆←6 SUPERFLY SOUNDTRACK - CURTIS MAYFIELD
2.←2 Carney - Leon Russell
3.☆←7 Days Of Future Passed - Moody Blues

−−−−−−

1972年10月21日付TOP40英国アルバム・チャートより

1-126
☆☆☆☆3. 20 STAR TRACKS Vol. 1 - VARIOUS ARTISTS
20スター・トラックス第1巻 オムニバス

721021-uka-03.jpg

Side A
1. Cat Stevens - Morning Has Broken
2. Middle Of The Road - Samson And Delilah
3. Mott The Hoople - Midnight Lady
4. Greyhound - I Am What I Am
5. Sweet - Poppa Joe
6. Atomic Rooster - Stand By Me
7. Buffy Sainte-Marie - Soldier Blue
8. Jethro Tull - Life Is A Long Song
9. Laurie Styvers - Beat The Reaper
10. Lindisfarne - Lady Eleanor

Side B
1. Procol Harum - Conquistador
2. Joan Baez - The Night They Drove Old Dixie Down
3. Royal Scots Dragoon Guards - Amazing Grace
4. Free - Little Bit Of Love
5. Labi Siffre - Get To The Country
6. Mungo Jerry - In The Summertime
7. Traffic Etc - Gimme Some Lovin'
8. Blue Haze - Smoke Gets In Your Eyes
9. Scott English - Brandy
10. Olivia Newton-John - Banks Of The Ohio

またも出ましたこれでもかとヒット曲てんこ盛りの大流行20シリーズ。
レーベルは米Ronco。これがお初の進出。
もちろんTVCMで売り込みはお約束。ライバルはK-TEL。
たぶんあっちに許しといてこっちにゆるさんはないでしょうと各レコード会社と接触したんだろな。
銭の香りぷんぷんもこのラインナップに文句はあるはずも無し。
重複してなきゃ買うわ90点。銭の香り分減点。

唯一のヒットで、
10月21日3位初登場、最高位2位、1973年1月20日49位まで通算13週。


2-127
☆☆☆☆☆22. A SONG FOR YOU - CARPENTERS
ア・ソング・フォー・ユー カーペンターズ

721021-uka-22.jpg

満を持しての英上陸です。
米登場時のレビューでどうぞ。

http://rocksblog.seesaa.net/article/401791220.html



Side A

1. ア・ソング・フォー・ユー (A Song For You) - 4:42(レオン・ラッセル)
http://youtu.be/_PMgmgDq2Fo

2. トップ・オブ・ザ・ワールド (Top of the World) - 2:56(リチャード・カーペンター、ジョン・ベティス)
3. ハーティング・イーチ・アザー (Hurting Each Other) - 2:46(アデル/ゲルド)
4. 小さな愛の願い (It's Going to Take Some Time) - 2:55(キャロル・キング、トニ・スターン)
5. 愛にさよならを (Goodbye to Love) - 3:50(リチャード・カーペンター、ジョン・ベティス)
6. インターミッション (Intermission) - 0:22(リチャード・カーペンター)

Side B

1. 動物と子供たちの詩 (Bless the Beasts and Children) - 3:07(バリー・デヴォーゾン、ペリー・ボトキン・ジュニア)
2. フラット・バロック (Flat Baroque) - 1:45(リチャード・カーペンター)
3. ピアノ・ピッカー (Piano Picker) - 1:59(ランディ・エデルマン)
4. 愛は夢の中に (I Won't Last a Day Without You) - 3:46(ポール・ウィリアムス、ロジャー・ニコルズ)
5. クリスタル・ララバイ (Crystal Lullaby) - 3:58(リチャード・カーペンター、ジョン・ベティス)
6. 明日への旅路 (Road Ode) - 3:50(ガリー・シムス、ダン・ウッダムス)
7. ア・ソング・フォー・ユー (A Song For You (Reprise)) - 0:53(レオン・ラッセル)

Personnel

Karen Carpenter - lead and backing vocals, drums
Richard Carpenter - lead and backing vocals, keyboards, orchestral arrangement
Joe Osborn - bass guitar
Tony Peluso - lead guitar
Hal Blaine - drums
Earl Dumler - oboe, english horn
Bob Messenger - tenor saxophone, flute, alto flute
Louie Shelton - guitar
Tim Weisberg - bass flute on "It's Going to Take Some Time"
Buddy Emmons - pedal steel guitar on "Top of the World"
Norm Herzberg - bassoon
Red Rhodes - steel guitar
Gary Coleman - percussion on "Hurting Each Other"

6月13日発売、ノリにノッたるカーペンターズ4作目アルバム。
なんたてあの「トップ・オブ・ザ・ワールド」を筆頭に4曲ものシングルを擁するそれもまた掛け値無しの名曲ですから
一家に一枚、何人がこれで洋楽入りしたことか100点。

人の人生の一部魔法。



米、最高位4位。

英国チャート4回目のヒットで、9月23日40位初登場、最高位13位、1974年3月2日40位まで通算37週。

日本5位。


3-128
?32. WHO CAME FIRST - PETE TOWNSEND
現人神 ピート・タウンゼンド

721021-uka-32-1.jpg

721021-uka-32.jpg

Side A
1. "Pure and Easy" 5:32
2. "Evolution" (Ronnie Lane) 3:44
http://youtu.be/kRWBE6xs0tY

3. "Forever's No Time at All" (Billy Nicholls, Katie Mclnnerney) 3:06
4. "(Nothing is Everything) Let's See Action" 6:25

Side B
5. "Time is Passing" 3:27
6. "There's a Heartache Following Me" (Ray Baker) 3:23
7. "Sheraton Gibson" 2:37
8. "Content" (Maud Kennedy, Townshend) 2:58
9. "Parvardigar" (Meher Baba, Townshend) 6:46


Personnel
Pete Townshend – vocals, guitars, keyboards, bass guitar, drums, percussion, harmonica on "Day of Silence"
Ronnie Lane – vocals, guitar on "Evolution"
Billy Nicholls – vocals, guitar on "Forever's No Time at All"
Caleb Quaye – guitars, bass guitar, percussion on "Forever's No Time at All"

Producer Pete Townshend

ザ・フーのピートさんの公式ソロ・デビュー・アルバムです10月発売。
録音は当時英国で一番だった自身のホーム・スタジオ。
中身は聞いたことが無くとも「現人神〜あらひとがみ」の「おお」とうめいてしまう邦題だけはどなたもご存知よ。
あ、わたしも。

1回目のヒットで、
10月21日32位初登場、次週30位。2週。

4-129
☆☆☆☆37. GLITTER - GARY GLITTER
グリッター ゲイリー・グリッター

721021-uka-37.jpg

Side A
1. "Rock and Roll Part 1" (Gary Glitter, Mike Leander)
2. "Baby, Please Don't Go" (Big Joe Williams)
3. "The Wanderer" (Ernie Maresca)
4. "I Didn't Know I Loved You ('Til I Saw You Rock 'n' Roll)" (Glitter, Leander)
5. "Ain't That a Shame"
6. "School Day (Ring Ring Goes the Bell)" (Chuck Berry)

Side B
1. "Rock On!" (Glitter, Leander)
http://youtu.be/naa_WkwIIQc

2. "Donna" (Ritchie Valens)
3. "The Famous Instigator"
4. "The Clapping Song" (Lincoln Chase)
5. "Shaky Sue" (Glitter, Leander, Edward Seago)
6. "Rock and Roll Part 2" (Glitter, Leander)

Producer Mike Leander

3月3日お雛様に発売されておった
幻の「ロックン・ロール」セッションの全貌がここに明かされたのに
今、みんな気が付いた、煉獄から甦れしブチギレおっさん再デビューの全貌が今ここに明かされた
しょうもない愛すべき歌てんこ盛りさ91点。

1回目のヒットで、
10月21日37位初登場、最高位8位、1974年2月2日25位まで通算40週。

******

TOP3は

1.←1 TWENTY ALL TIME HITS OF THE 50'S - VARIOUS ARTISTS
2.←2 CATCH BULL AT FOUR - CAT STEVENS
3.☆ NEW 20 STAR TRACKS - VARIOUS ARTISTS

キャットさんが挟まれて目立ってます。

−−−−−−

1972年10月21日付TOP50英国シングル・チャートより

1-195
☆☆☆☆☆15. CLAIR - Gilbert O'Sullivan
クレア ギルバート・オサリバン

721021-uks-15.jpg

721021-uks-15-1.jpg

http://youtu.be/z_K8VIuKpy4


出ました。アローン・アゲインと双璧をなすオサリバンさんの二大名曲。
恩人であり居候先でありプロデューサーであります大ゴードン・ミルズ師の娘さんのことを歌っております。
とにかく仲良しこよしだったんだって。
収録アルバムは2作目アルバム「Back to Front」。
そのケラケラ笑い声に生涯ニコニコな100点。

7回目のヒットで、
10月21日15位初登場、最高位1位、1973年1月20日39位まで通算14週。

米、1972年10月28日86位初登場、最高位2位。16週。

日本洋楽チャート、2回目のヒットで、12月11日25位初登場、1973年1月15日に最高位4位。

♪Clair, the moment I met you, I swear. I felt as if something


2-196
☆☆☆☆45. GARDEN PARTY - Rick Nelson
思い出のガーデン・パーティー リック・ネルソンとストーン・キャニオン・バンド

721021-uks-45.jpg

http://youtu.be/PECmjB9df0w

米登場時のレビューでどうぞ。

http://rocksblog.seesaa.net/article/402793569.html



ネルソンのお父さん、グレート・リッキー、最後の大ヒットです。
3月発売同名アルバムのタイトル曲、作は自身、
ガーデンパーティーとは1971年10月15日NYマジソン・スクエア・ガーデンで開催の
ロックンロール・リヴァイヴァル・コンサートのこと、
ジワジワ来る夏の日の祭典、世界でヒットだ91点。

歌詞にはヨーコさんジョンさん、ジョージさんはじめ各著名人に言及魔法。



米、7月29日99位初登場、最高位6位。

英、3回目のヒットで、10月21日45位初登場、最高位41位、11月11日47位まで通算4週。

日本洋楽チャート、唯一のヒットで、11月27日TOP40内28位初登場、翌週29位。2週。

♪I went to a garden party to reminisce with my old friends


3-197
☆☆☆☆46. DESTINY - Anne Murray
デスティニー アン・マレー

721021-uks-46.jpg

http://youtu.be/5IzSr4gEg_w

カナダの歌おばさん、アンさん謎の英国(欧州)だけのヒットです。
1971年5作目アルバム「Talk It Over in the Morning」より
作はホセ・フェリシアーノ氏。1970年アルバム「Fireworks」収録のカバー。
http://youtu.be/TP57JOesiLs
シングルにもなって全米最高位83位。
http://rocksblog.seesaa.net/article/278814222.html
むちゃくちゃいい曲であります。が、何故今になってかはわからんがな。94点。

2回目のヒットで、
10月21日46位初登場、最高位41位、11月11日46位まで通算4週。

♪I love you You love her There's nothing I can do It was in my destiny to fall for yo


******

TOP3は

1.☆←1 6 MOULDY OLD DOUGH - Lieutenant Pigeon -6wks /2wks No.1
2.☆←10 5 DONNA - 10cc -5wks
3.←3 5 YOU'RE A LADY - Peter Skellern -5wks

ドナちゃん来ました。

----------------------

1972年10月23日付のTOP20日本洋楽チャートより

1-94
☆☆☆☆☆18. ポップコーン - ホット・バター
POPCORN - Hot Butter

721023-jps-18.jpg

http://youtu.be/2DAiZWzahDI

これぞヒットの神降臨が日本上陸。
米登場時のレビューでどうぞ。

http://rocksblog.seesaa.net/article/401258888.html



ニュー・ヨークのムーグシンセ軍団、
棟梁はスタン・フリー氏、
以下
Dave Mullaney, John Abbott, Bill Jerome, Steve Jerome, Danny Jordanだろ。
がカマしたウエスタン調元祖テクノ一大ド一発ヒットはこれがカバーで
オリジナルは
ドイツ生まれのアメリカ人電子音楽作曲家ガーション・キングスレイ〜Gershon Kingsley氏が
1969年の「Music To Moog By」に収録した曲

http://youtu.be/Q_wy_Pr1bqM

おおおっとこれは掟破りの手柄そのまま横取り100点。

再び選んで、ドラムさんの必死の奮闘がこのブレークに結びついたと魔法。



米、7月8日89位初登場、最高位9位。

英、唯一のヒットで、7月22日41位初登場、最高位5位、1973年1月6日50位まで通算19週。

日本洋楽チャート
唯一のヒットで、
10月23日TOP20内18位初登場、11月6日最高位5位。

♪♪


2-95
☆☆☆☆☆19. ハッピー - ローリング・ストーンズ
HAPPY - The Rolling Stones

721023-jps-19.jpg

http://rocksblog.seesaa.net/article/75264416.html
http://youtu.be/hCvV_CtRC5o

ハッピー来ましたこれはハッピー。
米登場時のレビューでどうぞ。

http://rocksblog.seesaa.net/article/401791220.html



7月15日発売新曲登場。5月12日発売英10作目米12作目アルバム
メイン・ストリートのならず者〜Exile on Main St.
より2枚目にして最後のカット。キースさん作、歌唱、もはやオハコの唄です
へろへろ唄いがハシッシで最高97点。

ブラスが軍団の如し魔法。



米、7月15日69位初登場、最高位22位。

英国チャート、ノンヒット。

日本洋楽チャート
12回目のヒットで、
10月23日TOP20内19位初登場、11月13日に最高位14位。

♪Well I never kept a dollar past sunset, It always burned a hole in my pants


3-96
☆☆☆☆20. 明日の風 - バッドフィンガー
Carry On Till Tomorrow - Badfinger

721023-jps-20.jpg

http://youtu.be/wrEggYMu-1s

我が国では
「嵐の恋」
http://rocksblog.seesaa.net/article/170473094.html
のB面は
英国仕様で「ベター・デイズ」にしたもんで
米仕様のB面の
http://rocksblog.seesaa.net/article/299716072.html
この曲はまだ手付かずでした
つーても1970年1月9日発売アルバム「Magic Christian Music」ではすっかりお馴染みですけど
我慢できずに発売だ、各地でその熱情に答える94点。

3回目のヒットで、
10月23日TOP20内20位初登場、12月11日に最高位3位。

♪In younger days, I told myself my life would be my own


************

TOP3は

1. アローン・アゲイン - ギルバート・オサリヴァン
2. ブラック・アンド・ホワイト - スリー・ドッグ・ナイト
3. サタデイ・イン・ザ・パーク - シカゴ

最強の三曲、2週連続。

************

以上

いよいよ年末。
73年の香りがする歌が登場いたしました。
私の洋楽デビュー年なだけに早くも胸がきゅんきゅんしております。
多感な時期のあの頃の浴びた音楽はまた特別だなあまったく。
いいよなあ。

次週もお楽しみに!

(山)2014.10.21

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

僕たちの洋楽ヒット Vol.4 1970~71

僕たちの洋楽ヒット Vol.5 1971~72

100 Hits: Rock

100 Hits: Soul

100 Hits: 70's


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくす洋楽70’s全曲探検 のページ

資料

英語資料

English Version

.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

閲覧ありがとうございます。
僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA


−−−−−−−−−−−−−−−−−



..


US Top 100 Singles Week Ending 21st October, 1972

TW LW TITLE Artist (Label)-Weeks on Chart

1 7 MY DING-A-LING
Chuck Berry (Chess)-10 (1 week at #1)
2 2 USE ME
Bill Withers (Sussex)-9
3 4 BURNING LOVE/
IT'S A MATTER OF TIME
Elvis Presley (RCA)-10
4 3 EVERYBODY PLAYS THE FOOL
The Main Ingredient (RCA)-15
5 8 NIGHTS IN WHITE SATIN
The Moody Blues (Deram)-12
6 1 BEN
Michael Jackson (Motown)-12
7 6 BABY DON'T GET HOOKED ON ME
Mac Davis (Columbia)-17
8 12 GARDEN PARTY
Rick Nelson and the Stone Canyon Band (Decca)-13
9 10 POPCORN
Hot Butter (Musicor)-16
10 5 GO ALL THE WAY
The Raspberries (Capitol)-17
------
11 15 TIGHT ROPE
Leon Russell (Shelter)-9
12 17 FREDDIE'S DEAD (Theme From "Superfly")
Curtis Mayfield (Curtom)-10
13 13 YOU WEAR IT WELL
Rod Stewart (Mercury)-9
14 18 GOOD TIME CHARLIE'S GOT THE BLUES
Danny O'Keefe (Signpost)-8
15 16 WHY/
LONELY BOY
Donny Osmond (MGM)-9
16 14 SPEAK TO THE SKY
Rick Springfield (Capitol)-12
17 22 LISTEN TO THE MUSIC
The Doobie Brothers (Warner Brothers)-8
18 19 GET ON THE GOOD FOOT (Part 1)
James Brown (Polydor)-12
19 20 THE CITY OF NEW ORLEANS
Arlo Guthrie (Reprise)-13
20 26 I CAN SEE CLEARLY NOW
Johnny Nash (Epic)-7
------
21 28 IF I COULD REACH YOU
The 5th Dimension (Bell)-7
22 27 WITCHY WOMAN
The Eagles (Asylum)-7
23 25 STARTING ALL OVER AGAIN
Mel and Tim (Stax)-14
24 24 DON'T EVER BE LONELY (A Poor Little Fool Like Me)
Cornelius Brothers and Sister Rose (United Artists)-8
25 29 THUNDER AND LIGHTNING
Chi Coltrane (Columbia)-8
26 30 I BELIEVE IN MUSIC
Gallery (Sussex)-11
27 36 I AM WOMAN
Helen Reddy (Capitol)-9
28 32 I'LL BE AROUND/
HOW COULD I LET YOU GET AWAY
The Spinners (Atlantic)-10
29 31 MIDNIGHT RIDER/
WOMAN TO WOMAN
Joe Cocker and the Chris Stainton Band (A&M)-6
30 35 I'D LOVE YOU TO WANT ME
Lobo (Big Tree)-5
------
31 33 LOVING YOU JUST CROSSED MY MIND
Sam Neely (Capitol)-8
32 39 SPACE MAN
Nilsson (RCA)-6
33 21 BLACK & WHITE
Three Dog Night (Dunhill)-11
34 50 SUMMER BREEZE
Seals and Crofts (Warner Brothers)-7
35 9 BACK STABBERS
The O'Jays (Philadelphia International)-14
36 40 DON'T DO IT
The Band (Capitol)-6
37 48 ELECTED
Alice Cooper (Warner Brothers)-3
38 38 ROCK ME BABY
David Cassidy (Bell)-7
39 44 AMERICAN CITY SUITE (Sweet City Song/All Around
the Town/A Friend Is Dying)
Cashman and West (Dunhill)-5
40 41 FROM THE BEGINNING
Emerson, Lake and Palmer (Cotillion)-9
------
41 11 PLAY ME
Neil Diamond (Uni)-11
42 23 SATURDAY IN THE PARK
Chicago (Columbia)-12
43 37 GERONIMO'S CADILLAC
Michael (Martin) Murphey (A&M)-12
44 56 IF YOU DON'T KNOW ME BY NOW
Harold Melvin and the Blue Notes (Phila. Intl.)-4
45 46 A PIECE OF PAPER
Gladstone (ABC)-9
46 47 DON'T HIDE YOUR LOVE
Cher (Kapp)-7
47 49 ALL THE YOUNG DUDES
Mott the Hoople (Columbia)-5
48 53 THAT'S HOW LOVE GOES
Jermaine Jackson (Motown)-6
49 52 CAN'T YOU HEAR THE SONG
Wayne Newton (Chelsea)-5
50 51 SLAUGHTER
Billy Preston (A&M)-7
------
51 78 OPERATOR (That's Not the Way It Feels)
Jim Croce (ABC)-2
52 59 ROCK 'N ROLL SOUL
Grand Funk Railroad (Capitol)-5
53 54 (It's the Way) NATURE PLANNED IT
The Four Tops (Motown)-7
54 83 PAPA WAS A ROLLIN' STONE
The Temptations (Gordy)-2
55 75 ROCKIN' PNEUMONIA - BOOGIE WOOGIE FLU
Johnny Rivers (United Artists)-3
56 67 POOR BOY
Casey Kelly (Elektra)-5
57 58 A LONELY MAN/
THE MAN AND THE WOMAN (The Boy and the Girl)
The Chi-Lites (Brunswick)-4
58 55 SWEET CAROLINE (Good Times Never Seemed So Good)/
HARRY HIPPIE
Bobby Womack and Peace (United Artists)-9
59 71 FUNNY FACE
Donna Fargo (Dot)-4
60 60 LET IT RAIN
Eric Clapton (Polydor)-5
------
61 63 WOMAN DON'T GO ASTRAY
King Floyd (Chimneyville)-6
62 62 GUESS WHO
B.B. King (ABC)-10
63 -- VENTURA HIGHWAY
America (Warner Brothers)-1
64 68 I'LL MAKE YOU MUSIC
Beverly Bremers (Scepter)-6
65 -- IT NEVER RAINS IN SOUTHERN CALIFORNIA
Albert Hammond (Mums)-1
66 66 COLORADO
Danny Holien (Tumbleweed)-7
67 69 TOAST TO THE FOOL
The Dramatics (Volt)-8
68 72 SO LONG DIXIE
Blood, Sweat and Tears (Columbia)-4
69 81 MAN SIZED JOB
Denise LaSalle (Westbound)-3
70 74 WE CAN MAKE IT TOGETHER
Steve and Eydie Featuring the Osmonds (MGM)-6
------
71 92 I'M STONE IN LOVE WITH YOU
The Stylistics (Avco)-2
72 98 SOMETHING'S WRONG WITH ME
Austin Roberts (Chelsea)-2
73 -- THEME FROM "THE MEN"
Isaac Hayes (Enterprise)-1
74 80 SUNNY DAYS
Lighthouse (Evolution)-3
75 84 IF YOU CAN BEAT ME ROCKIN' (You Can Have My Chair)
Laura Lee (Hot Wax)-4
76 77 IF YOU LET ME
Eddie Kendricks (Tamla)-3
77 79 GUILTY
Al Green (Bell)-4
78 89 BABY SITTER
Betty Wright (Alston)-2
79 90 WHY CAN'T WE BE LOVERS
Holland-Dozier Featuring Lamont Dozier (Invictus)-4
80 -- CONVENTION '72
The Delegates (Mainstream)-1
------
81 91 NO
Bulldog (Decca)-2
82 82 BEST THING
Styx (Wooden Nickel)-6
83 87 WEDDING SONG (There Is Love)
Petula Clark (MGM)-3
84 85 DANCE, DANCE, DANCE
The New Seekers (Elektra)-5
85 86 THE MOSQUITO
The Doors (Elektra)-4
86 88 DINAH FLO
Boz Scaggs (Columbia)-4
87 -- I LOVE YOU MORE THAN YOU'LL EVER KNOW
Donny Hathaway (Atco)-1
88 -- TOGETHER ALONE
Melanie (Neighborhood)-1
89 -- SUNDAY MORNING SUNSHINE
Harry Chapin (Elektra)-1
90 -- CRAZY HORSES
The Osmonds (MGM/Kolob)-1
------
91 -- YOU OUGHT TO BE WITH ME
Al Green (Hi)-1
92 -- HEY, YOU LOVE
Mouth and MacNeil (Philips)-1
93 96 DETERIORATA
National Lampoon (Banana)-2
94 -- DOWN TO THE NIGHTCLUB
The Tower Of Power (Warner Brothers)-1
95 -- MISTY BLUE
Joe Simon (Sound Stage)-1
96 -- THE PEOPLE TREE
Sammy Davis Jr. with the Mike Curb Congregation (MGM)-1
97 97 RUNNIN' BACK TO SASKATOON
The Guess Who (RCA)-2
98 -- SONG SELLER
The Raiders (Columbia)-1
99 -- WHAT AM I CRYING FOR
Dennis Yost and the Classics IV (MGM South)-1
100 -- I GUESS I'LL MISS THE MAN
The Supremes (Motown)-1

------

------

US WEEKLY ALBUM CHARTS 1971/10/21

TW LW Title/Artist
1 6 SUPERFLY SOUNDTRACK-CURTIS MAYFIELD
2 2 Carney-Leon Russell
3 7 Days Of Future Passed-Moody Blues
4 3 Never A Dull Moment-Rod Stewart
5 1 Chicago V-Chicago
6 4 Honky Chateau-Elton John
7 5 Big Bambu-Cheech & Chong
8 13 All Directions-Temptations
9 9 The London Sessions-Chuck Berry
10 12 Rock Of Ages-Band
11 10 Moods-Neil Diamond
12 8 Seven Separate Foots-Three Dog Night
13 16 Ben-Michael Jackson
14 14 Trilogy-Emerson,Lake & Palmer
15 25 Back Stabbers-O'Jays
16 19 Baby Don't Get Hooked On Me-Mac Davis
17 11 Himself-Gilbert O'Sullivan
18 18 St.Dominic's Preview-Van Morrison
19 20 Elvis Live At Madison Square Garden-Elvis Presley
20 17 Too Young-Donny Osmond


------

UK Album Chart For Week Up To 1972/10/21

TW LW Title/Artist
1 1 TWENTY ALL TIME HITS OF THE 50'S VARIOUS ARTISTS
2 2 CATCH BULL AT FOUR CAT STEVENS
3 NEW 20 STAR TRACKS VARIOUS ARTISTS
4 RE SIMON AND GARFUNKEL'S GREATEST HITS SIMON AND GARFUNKEL
5 3 NEVER A DULL MOMENT ROD STEWART
6 4 TWENTY FANTASTIC HITS VARIOUS ARTISTS
7 6 DINGLY DELL LINDISFARNE
8 7 SLADE ALIVE SLADE
9 9 BLACK SABBATH VOL.4 BLACK SABBATH
10 8 CLOSE TO THE EDGE YES
11 13 CHERISH DAVID CASSIDY
12 14 THE RISE AND FALL OF ZIGGY STARDUST DAVID BOWIE
13 17 EVERY PICTURE TELLS A STORY ROD STEWART
14 18 TRILOGY EMERSON, LAKE AND PALMER
15 10 BRIDGE OVER TROUBLED WATER SIMON AND GARFUNKEL
16 21 STAR PORTRAIT JOHNNY CASH
17 16 SING ALONG WITH MAX MAX BYGRAVES
18 20 MOODS NEIL DIAMOND
19 11 SOMETIME IN NEW YORK CITY JOHN AND YOKO / THE PLASTIC ONO BAND
20 35 IMAGINE JOHN LENNON AND THE PLASTIC ONO BAND
21 19 PORTRAIT OF DONNY DONNY OSMOND
22 NEW A SONG FOR YOU CARPENTERS
23 23 CIRCLES NEW SEEKERS
24 36 AMERICAN PIE DON MCLEAN
25 27 HONKY CHATEAU ELTON JOHN
26 39 FOG ON THE TYNE LINDISFARNE
27 26 BANDSTAND FAMILY
28 15 THE SLIDER T. REX
29 12 FOXTROT GENESIS
30 28 TEASER AND THE FIRECAT CAT STEVENS
31 25 LOVE THEME FROM 'THE GODFATHER' ANDY WILLIAMS
32 NEW WHO CAME FIRST PETE TOWNSHEND
33 RE GILBERT O'SULLIVAN HIMSELF GILBERT O'SULLIVAN
34 30 ELVIS AT MADISON SQUARE GARDEN ELVIS PRESLEY
35 31 THE EDWARD WOODWARD ALBUM EDWARD WOODWARD
36 RE SERGEANT PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND BEATLES
37 NEW GLITTER GARY GLITTER
38 RE NICELY OUT OF TUNE LINDISFARNE
39 RE CONTINUOUS PERFORMANCE STONE THE CROWS
40 22 ROXY MUSIC ROXY MUSIC

------

UK Singles Chart For Week Up To 1972/10/21
TW LW Wks TITLE/Artist
1 1 6 MOULDY OLD DOUGH Lieutenant Pigeon
2 10 5 DONNA 10cc
3 3 5 YOU'RE A LADY Peter Skellern
4 2 6 HOW CAN I BE SURE David Cassidy
5 4 5 I DIDN'T KNOW I LOVED YOU Gary Glitter
6 9 4 IN A BROKEN DREAM Python Lee Jackson
7 8 4 BURNING LOVE Elvis Presley
8 6 7 WIG-WAM BAM Sweet
9 17 3 ELECTED Alice Cooper
10 5 6 CHILDREN OF THE REVOLUTION T. Rex
11 11 9 BIG SIX Judge Dread
12 19 3 THERE ARE MORE QUESTIONS THAN ANSWERS Johnny Nash
13 12 6 JOHN I'M ONLY DANCING David Bowie
14 7 6 TOO YOUNG Donny Osmond
15 - 1 CLAIR Gilbert O'Sullivan
16 14 8 SUZANNE BEWARE OF THE DEVIL Dandy Livingstone
17 15 9 COME ON OVER TO MY PLACE Drifters
18 22 4 GOODBYE TO LOVE Carpenters
19 23 5 BURLESQUE Family
20 18 5 BACKSTABBERS O'Jays
21 26 3 ELMO JAMES Chairmen Of The Board
22 21 4 GUITAR MAN Bread
23 13 15 IT'S FOUR IN THE MORNING Faron Young
24 39 2 HALLELUJAH FREEDOM Junior Campbell
25 30 15 HOUSE OF THE RISING SUN Animals
26 46 2 LOOP DI LOVE Shag
27 16 8 MAMA WEER ALL CRAZEE NOW Slade
28 24 10 VIRGINIA PLAIN Roxy Music
29 29 3 AMERICA Simon And Garfunkel
30 37 11 LEADER OF THE PACK Shangri-Las
31 20 9 WALK IN THE NIGHT Junior Walker And The All-Stars
32 40 2 NEW ORLEANS Harley Quinne
33 38 20 OH CAROL Neil Sedaka
34 25 10 AIN'T NO SUNSHINE Michael Jackson
35 27 9 LIVING IN HARMONY Cliff Richard
36 45 3 HERE I GO AGAIN Archie Bell And The Drells
37 34 5 ALL FALL DOWN Lindisfarne
38 28 11 YOU WEAR IT WELL Rod Stewart
39 36 14 POPCORN Hot Butter
40 50 20 LET'S DANCE Chris Montez
41 33 5 YOU CAME YOU SAW YOU CONQUERED Pearls
42 32 13 I GET THE SWEETEST FEELING Jackie Wilson
43 31 10 SUGAR ME Lynsey De Paul
44 42 8 LOVE THEME FROM THE GODFATHER Andy Williams
45 - 1 GARDEN PARTY Rick Nelson
46 - 1 DESTINY Anne Murray
47 44 11 ALL THE YOUNG DUDES Mott The Hoople
48 43 8 LONG COOL WOMAN Hollies
49 48 11 LAYLA Derek And The Dominoes
50 RE 18 PUPPY LOVE Donny Osmond

----------------

日本洋楽シングルチャート
1972年10月23日

1. アローン・アゲイン - ギルバート・オサリヴァン
2. ブラック・アンド・ホワイト - スリー・ドッグ・ナイト
3. サタデイ・イン・ザ・パーク - シカゴ
4. 秋はひとりぼっち - ヴィグラスとオズボーン
5. ダンカンの歌 - ポール・サイモン
6. シーモンの涙 - イングランド・ダンとジョン・フォード
7. ゴッドファーザー愛のテーマ - ニノ・ロータ / アンディ・ウィリアムス
8. 灰色の朝 - ブレッド
9. 愛にさよならを - カーペンターズ
10. ハイウェイ・スター - ディープ・パープル
11. 涙のくちづけ - ボビー・ヴィントン
12. すてきなクラスメート - コスタ
13. 渚の想い出 - ミッシェル・ポルナレフ
14. ギター・マン - ブレッド
15. 涙の滑走路 - グラス・ルーツ
16. ゴー・オール・ザ・ウェイ - ラズベリーズ
17. 安息の日々 - ユーライア・ヒープ
18. ポップコーン - ホット・バター
19. ハッピー - ローリング・ストーンズ
20. 明日の風 - バッドフィンガー


----------------


. .