前日のThAnk YoU 前回へ行く 日刊ろっくす TOPへ  次へ進む

 

 


洋楽70's全曲探検
1972/11/25号
明日を生きよう&ジーン・ジニー登場


皆様こんにちわ、
洋楽70's全曲探検、
42年前の今週最新米英日のヒットチャートから初登場曲をピックアップし
全曲聴いてしまおうという企画です。
司会は、
とある事情でくったくた、
山口眞と申します。

祝日明けだとゆうのに。
別に紅葉を愛でに行ったとかそうゆうアクティヴなレジャーをしたわけじゃねえんすが。
脳みそを絞る趣味をしたもんで。
で、
かと言ってこの72年のチャートをあたらおろそかにすることあたうはずもなく、
ことによったら一日延そうかとも思うも何とかいけました。
良かった。

なお
全チャートの眺めは、一番下(追記部分)にありますのでご参照ください。

−−−−−−

今週のチャート初登場全曲再生リスト
http://www.youtube.com/playlist?list=PLEBB66F68BA99D8A1


Rock of Ages from 1969(fromMarch) vol.1
http://www.youtube.com/playlist?list=PLA9848671995DB3A7

Rock of Ages from 1969(fromMarch) vol.2
http://www.youtube.com/playlist?list=PLEBB66F68BA99D8A1

ヒットチャートロックの歴史
http://www.youtube.com/playlist?list=PLF17180564A99EA22

Best of Charted 70's Pops
http://www.youtube.com/playlist?list=PL26E2DB24FF57D4C2

Best of Charted 70's Soul & Funk
http://www.youtube.com/playlist?list=PL095D0B8355FBF0A6

All the Charted 70's Reggae in Usa & UK
http://www.youtube.com/playlist?list=PL9FF6696215D26B9F

All the Charted Glam Pop
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTxVxw4O6oIWvDSFfBq1ExRl

ベスト・オブ・日本洋楽史70's
http://www.youtube.com/playlist?list=PL8FE5FC9CFF908F9E

B-ROCK IN 70'S
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTzPigQphdlDDmdO9I4BIPg2

歴史オブ西海岸ロック
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTyIW3wwEtUZtasuU2GHyHsB

All Progressive Rock Single in 70's Chart
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTwc2Z7ZNAGCmryr4NpDQDTp

Not Glam But Pop Rock in UK 70's chart
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTxy0894KWrY4lDlYd9yod3G

−−−−−−

1972年11月25日米国チャートから、
表記は
順位/曲名/歌手、バンド/の順なり。
☆(最高五つ星)は今に通ずる素敵度判断。
先に英日チャートでランクイン済みの場合は失礼ながらその時のレビューを転用させていただいてます。
+印のは勝手につけさせていただいた邦題です。

1-613
☆☆☆☆☆77. I WANNA BE WITH YOU - The Raspberries (Capitol)-1
明日を生きよう ラズベリーズ





http://rocksblog.seesaa.net/article/40238977.html
http://youtu.be/hjbB9x_N1ZQ


「ゴー・オール・ザ・ウエイ」でスタート出遅れを見事に挽回して百倍返しのラズさんら。
こうなったらもう怖いもん無しのはずで1972年11月13日発売2作目アルバム「Fresh」より1回目カット、
エリック・カルメンさん作、カルメン節歌唱炸裂のナイス・パワー・ポップ100点です。

1972年11月25日77位初登場、最高位16位。

日本洋楽チャート2回目のヒットで、1973年1月8日25位初登場、2月19日最高位8位。

♪If we were older We wouldn't have to


2-614
☆☆☆☆81. ROCKY MOUNTAIN HIGH - John Denver (RCA)-1
ロッキー・マウンテン・ハイ ジョン・デンバー





http://youtu.be/eOB4VdlkzO4

デンバーさんも本格デンバー時代に突入です。
「故郷に帰りたい」に続く2回目の大ヒット誕生。
1972年9月15日発売6作目同名アルバムよりカット10月30日。
かなり棒なメロも今聞くと呑気がええわあ93点。

1972年11月25日81位初登場、最高位9位。

♪He was born in the summer of his 27th year


3-615
☆☆☆☆83. EVERYBODY LOVES A LOVE SONG - Mac Davis (Columbia)-1
エブリバディ・ラブ・ア・ラブ・ソング マック・デイビス





http://youtu.be/1bIzk4ME_b4

「Baby, Don't Get Hooked on Me」ナンバー1超ヒット後のマックおいちゃんの次の一手は
同じく8月発売3作目Baby, Don't Get Hooked on Meアルバムよりカット。
やっぱ皮肉なタイトルも佳曲ですけどやっぱ無理やりの感も有りで
見事にズッコケました。91点。

1972年11月25日83位初登場、最高位63位。

♪Na na na na... Sometimes it makes me dizzy


4-616
☆☆☆☆☆88. BEEN TO CANAAN - Carole King (Ode)-1
なつかしきカナン キャロル・キング





http://youtu.be/4REEmty-8xw


あまりに素朴なる女王新曲は
1972年10月発売4作目アルバム「Rhymes & Reasons」より待望の1回目カット。
変わらずキャロル節が一番だ95点。

1972年11月25日88位初登場、最高位24位。

♪Green fields and rolling hills


5-617
☆☆89. WHAT WOULD THE CHILDREN THINK - Rick Springfield (Capitol)-1
ホワット・ウッド・ザ・チルドレン・シンク リック・スプリングフィールド





http://youtu.be/tB98OzK4WKc

若リック王子、デビュー曲「Speak to the Sky」最高位14位を受けて第2弾発売。
1972年8月28日発売1作目アルバム「Beginnings」より2回目カット。
自作で哀愁のどことなく故国の英雄ビージーズ味。哀に流された感有りで成功を継続できず74点。

1972年11月25日89位初登場、最高位70位。

♪She wakes up in the morning with the new sunrise


6-618
☆☆☆☆☆90. THE JEAN GENIE - David Bowie (RCA)-1
ジーン・ジニー デビッド・ボウイー







http://youtu.be/BLbi6y4ktgc


これがやっぱし本国より一歩先行く人気でお先に新しきが出現する米でのボイちゃん。
1973年4月13日発売6作目アルバム「Aladdin Sane」より1回目カット11月24日発売。
思いっきり真っ黒なグラム・ブルース且つポップと戦慄の代表曲。
先んじるもコケ申したが本国では大ヒットはそれが当然96点。

1972年11月25日90位初登場、最高位71位。

英、4回目のヒットで、1972年12月9日33位初登場、最高位2位、1973年3月3日39位まで通算13週。

日本洋楽チャート2回目のヒットで、1973年1月29日31位初登場、3月12日最高位8位。

♪A small Jean Genie snuck off to the city


7-619
☆☆☆☆☆94. WHY CAN'T WE LIVE TOGETHER - Timmy Thomas (Glades)-1
ホワイ・キャント・ウィ・リヴ・トゥゲザー ティミー・トーマス





http://youtu.be/cFU-FJzPE80

1944年11月13日インディアナ州イヴァンズヴィル生まれ、
自分の判断があくまで基準の蠍座射手寄り。
歌手で鍵盤師。ジャズ畑で活動始めるもメンフィスでセッション・ミュージシャンとなりゴールドワックスでソロ・デビューするも成功せず。
こたびグラデスに移籍して一世一代の大ヒット産まるる、
1972年発売1作目同名アルバムよりカット、世界初テクノ・ソウル誕生の瞬間。
4分33秒があっと云う間、
ハモンドオルガンの響きも高らかにその切望の唸りと共に癖になる忘れようもない歌です95点。

1972年11月25日94位初登場、最高位3位。R&Bチャート1位。

英、1回目のヒットで、1973年2月24日37位初登場、最高位12位、5月5日44位まで通算11週。

♪Tell me why? Tell me why? Tell me why? Umm


8-620
☆☆☆☆96. YOU'RE A LADY - Peter Skellern (London)-1
ユアー・ア・レイディ ピーター・スケルトン





http://youtu.be/_YPXPDDk7TI

英、登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/405873899.html



1947年3月14日ランカシャー州ベリー生まれ
自己主張が強く負けず嫌い行動派の魚座牡羊座寄り
のシンガー・ソングライター・デビュー。
「Softly Whispering I Love You」のthe Congregation
http://rocksblog.seesaa.net/article/385717163.html
をバックに
同名デビュー・アルバムのタイトル曲。
歌詞は如何に?の興味が自然に湧き出る英国ランディ・ニューマン師な名曲なり94点。

男ウィスパリング。



米、1972年11月25日96位初登場、最高位50位。8週。

英、1回目のヒットで、9月23日43位初登場、最高位3位、12月2日50位まで通算11週。

♪Now the evening has come to a close


9-621
☆☆☆98. YOU'RE A LADY - Dawn Featuring Tony Orlando (Bell)-1
ユアー・ア・レイディ トニー・オーランド&ドーン



http://youtu.be/QINFG6YPv3k

黄色いリボン前、一旦不振に陥ったドーン、
新曲と選びしは何と奇遇にも本家と競作の形となった↑。
曲が曲だけに悪かありませんがどう考えてもドーンのイメージとは異なってあきまへん84点。
しかしいい曲。
1973年3作目アルバム「Tie A Yellow Ribbon」に収録されます。

1972年11月25日98位初登場、最高位70位。

♪Now the year has come to a close


10-622
?100. I'M SORRY - Joey Heatherton (MGM)-1
アイム・ソーリー ジョーイ・ヘザートン



ジョーイさん、いつも上位に位置する1944年9月14日NY生まれ、
徹底した正々堂々、節度と品格の乙女座天秤座寄り。
女優さん、ダンサーさん、歌手さんの二発目ヒットは「The Joey Heatherton Album」より
ブレンダ・リー嬢、1960年の米ナンバー1のリメイクで。

http://youtu.be/VpFSiprA7GI

残念ながらジョーイさん版の音は聞けず。採点不可。

1972年11月25日100位初登場、最高位87位。

♪I'm sorry, so sorry That I was such a fool

***************

ちなみに
この週の全米TOP3は

1.☆←1 I CAN SEE CLEARLY NOW - Johnny Nash (Epic)-12 (4 week at #1)
2.☆←2 I'D LOVE YOU TO WANT ME - Lobo (Big Tree)-10
3.☆←3 I'LL BE AROUND/ HOW COULD I LET YOU GET AWAY - The Spinners (Atlantic)-15

強すぎて三すくみ、変わらず。

−−−−−−

1972年11月25日付TOP20米アルバム・チャートの
ニュー・エントリー盤は

1-85
☆☆12.☆←69 Seventh Sojourn - Moody Blues
神秘な世界 ムーディー・ブルース



Side One
1. 失われた世界 "Lost in a Lost World" (Mike Pinder) – 4:41
2. 新しい地平線 "New Horizons" (Justin Hayward) – 5:10
http://youtu.be/iF2__-K8qFo

3. フォー・マイ・レディー "For My Lady" (Ray Thomas) – 3:57
4. 神秘な世界へ "Isn't Life Strange" (John Lodge) – 6:00

Side Two
1. ユー・アンド・ミー "You and Me" (J. Hayward, Graeme Edge) – 4:19
2. 虚飾の世界 "The Land of Make-Believe" (J. Hayward) – 4:51
3. ホエン・ユー・アー・ア・フリーマン "When You're a Free Man" (M. Pinder) – 6:05
4. ロックン・ロール・シンガー "I'm Just a Singer (In a Rock and Roll Band)" (J. Lodge) – 4:19

Personnel
ジャスティン・ヘイワード - ボーカル、ギター
ジョン・ロッジ - ボーカル、ベース
マイク・ピンダー - ボーカル、チェンバリン、メロトロン、ピアノ、オルガン
レイ・トーマス - ボーカル、フルート、タンブリン
グレアム・エッジ - ドラムス、ボーカル

Producer - Tony Clarke

「サテンの夜」のちょっと原因がわからない大ヒットを受けてますます大陸で人気のムーディーズ
1972年11月17日発売7作目アルバム、新譜が凄い勢いでチャートイン。
2曲のシングルヒットを産み出します。
風呂敷はでかくも地味な風情でどうしても印象に残らねえんだよなあ81点。

持ってはいても思い出せなかったら改めて「新しい地平線」をこたび聞き直したらこれがよくて。

米1位。

英国チャート7回目のヒットで、12月2日5位初登場、最高位5位、1973年5月5日46位まで通算18週。


2-86
☆☆☆☆18.☆←22 Black Sabbath Volume IV - Black Sabbath
ブラック・サバス4 ブラック・サバス



英登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/406257921.html



Side A

1. ウィールズ・オブ・コンフュージョン/ザ・ストレイテナー "Wheels of Confusion/The Straightener" - 8:01
2. トゥモロウズ・ドリーム "Tomorrow's Dream" - 3:11
3. チェンジス "Changes" - 4:44
4. FX "FX" - 1:43
5. スーパーナート "Supernaut" - 4:49
http://youtu.be/s4zlAd_eXjM

Side B

1. スノウブラインド "Snowblind" - 5:33
http://youtu.be/qHal84S_XkI

2. コーニュコピア "Cornucopia" - 3:54
3. ラグナ・サンライズ "Laguna Sunrise" - 2:55
4. セント・ヴィタス・ダンス "St. Vitus Dance" - 2:29
5. アンダー・ザ・サン/エヴリ・デイ・カムズ・アンド・ゴーズ "Under the Sun/Every Day Comes and Goes" - 5:52


Personnel

オジー・オズボーン - ボーカル
トニー・アイオミ - ギター、ピアノ、メロトロン
ギーザー・バトラー - ベース
ビル・ワード- ドラムス
コリン・コールドウェル、ヴィック・スミス - エンジニア
パトリック・ミーハン - プロダクション

1972年9月25日発売。
文字通り4作目。
これは持ってます。

印象が無いんだよなあ。

聞き返すと、曲全勝は無いのはこの当時のロック・アルバムは当たり前で
それでもやはり地力が違う。サバスなエナジー毒々の浴びせ倒し92点。



米最高位13位。

英、4回目のヒットで、9月30日19位初登場、最高位8位、12月2日48位まで通算10週。。


TOP3は

1.☆←1 Catch Bull At Four - Cat Stevens
2.←2 SUPERFLY SOUNDTRACK - CURTIS MAYFIELD
3.☆←4 All Directions - Temptations

−−−−−−

1972年11月25日付TOP40英国アルバム・チャートより

1-141
☆☆☆☆☆4. 22 DYNAMIC HITS, VOL.2 - VARIOUS ARTISTS
22ダイナミック・ヒッツ第2弾 オムニバス



Side A
1. "Sylvia's Mother" Dr. Hook & the Medicine Show
2. "Suzanne Beware Of The Devil" Dandy Livingstone
3. "Annabelle" Daniel Boone
4. "Sailing" The Sutherland Brothers Band
5. "Brandy (You're a Fine Girl)" Looking Glass
6. "Son of My Father" Chicory Tip
7. "Lean On Me" Bill Withers
8. "Goodbye to Love" The Carpenters
9. "With a Little Help from My Friends" Joe Cocker
10. "A Thing Called Love" Johnny Cash & The Evangel Temple Choir
11. Popcorn" Hot Butter

Side B
1. "Stir It Up" Johnny Nash
http://youtu.be/kgfmgZ7EPJA

2. "Runnin' Away" Sly and the Family Stone
3. "What's Your Name" Chicory Tip
4. "Outa-Space" Billy Preston
5. "Maybe I Know" Seashells
6. "And When I Die" Blood, Sweat & Tears
7. "Tragedy" Argent
8. "Dreams Are Ten A Penny" Kincade
9. "If Not For You" Olivia Newton-John
10. "Let Your Yeah" The Pioneers
11. "Get It On" T. Rex

クリスマス商戦に向かいますます吹き荒れるヒットてんこ盛りオムニバス盤流行の波。
今度は本家K-Telが20曲じゃなくて22曲、いつもより多く廻してますの手に出た。
例によっての営業力で売れに売れます。そりゃ中身は96点。

唯一のヒットで、
11月25日4位初登場、最高位2位、1973年2月10日35位まで通算12週。


2-142
☆☆☆☆☆5. 20 FANTASTIC HITS VOL.2 - VARIOUS ARTISTS
20ファンタスティック・ヒッツ第2弾 オムニバス



Side A
1. New Seekers I'd Like To Teach The World To Sing (In Perfect Harmony)
2. Donny Osmond Too Young
3. Gary Glitter Rock N'Roll Part II
4. T. Rex Hot Love
5. Sweet Little Willy
6. Middle Of The Road Soley Soley
7. Staple Singers I'll Take You There
8. Blackfoot Sue Standing In The Road
9. Bee Gees Run To Me
10. Vicky Leandros Come What May

Side B
1. Slade Take Me Bak 'Ome
2. Derek And The Dominos Layla
3. Bay City Rollers Keep On Dancing
http://youtu.be/-5c7f8ANifA

4. Joe Cocker Delta Lady
5. Dawn Knock Three Times
6. Mardi Gras Too Busy Thinking About My Baby
7. Frederick Knight I've Been Lonely For So Long
8. Melanie Ruby Tuesday
9. Sammy Davis Jr. The Candy Man
10. Mary Hopkin Those Were The Days

Record Company – Arcade Records Ltd.
Distributed By – William Levene Ltd.
Designed At – Allen, Brady & Marsh
Manufactured By – Polydor

激烈なるヒット・オムニバス戦争です。
こちらはアーケイドの第2弾。選曲が命ですから情報合戦の末、ちゃんと違う陣容で勝負に挑みます。
96点。

唯一のヒットで、
11月25日5位初登場、最高位2位、1973年3月3日50位まで通算14週。


3-143
6. CARAVANSERAI - SANTANA
キャラバンサライ サンタナ



米登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/409114443.html



Side One
1. 復活した永遠なるキャラバン - "Eternal Caravan of Reincarnation" (Tom Rutley, Neal Schon, Mike Shrieve) - 4:28
http://youtu.be/Hjc_pSD8ZSs

2. 躍動 - "Waves Within" (Douglas Rauch, Greg Rolie) - 3:54
3. 宇宙への仰視 - "Look Up (to See What's Coming Down)" (D. Rauch, G. Rolie, Carlos Santana) - 3:00
4. 栄光の夜明け - "Just in Time to See the Sun" (G. Rolie, C. Santana, M. Shrieve) - 2:18
5. 風は歌う - "Song of the Wind" (G. Rolie, C. Santana, N. Schon) - 6:04
6. 宇宙への歓喜 - "All the Love of the Universe" (C. Santana, N. Schon) - 7:40

Side Two
1. フューチュア・プリミティヴ (融合) - "Future Primitive" (Jose Chepito Areas, James Mingo Lewis) - 4:12
2. ストーン・フラワー - "Stone Flower" (Antonio Carlos Jobim, C. Santana, M. Shrieve) - 6:15
http://youtu.be/sUFu3vUMin0

3. リズムの架け橋 - "La Fuente del Ritmo" (J. M. Lewis) - 4:34
4. 果てしなき道 - "Every Step of the Way" (M. Shrieve) - 9:05


Personnel
カルロス・サンタナ - ギター、ボーカル、パーカッション
グレッグ・ローリー -オルガン、ピアノ、ボーカル
ニール・ショーン - ギター
ダグ・ローチ - ベース、ギター
マイケル・シュリーヴ - ドラムス
ホセ・チェピート・アリアス - パーカッション
ジェイムズ・ミンゴ・ルイス - パーカッション、ボーカル
トム・ラトリー - アコースティック・ベース(on 1. 6. 8. 9. 10.)
ハドリー・カリマン - サックス(on 1.)
ウェンディ・ハース - ピアノ(on 1. 8.)
ダグラス・ロドリゲス - ギター(on 2.)
Rico Reyes - ボーカル(on 6.)
レニー・ホワイト - カスタネット(on 6.)
アルマンド・ペラーサ - パーカッション(on 8. 9.)
トム・コスター - エレクトリックピアノ(on 9.)
トム・ハーレル - オーケストラ・アレンジ(on 10.)

1972年10月11日発売4作目アルバム。

この盤はねえ・・・
アタシの感性が鈍いのかこれほど聞いて退屈したレコードは生涯ありませんてほど退屈したのです。
とにかく辛気臭くて0点。ファンの方、申し訳ない。
ジャケットは100点。



米8位。

英、
4回目のヒットで、
11月25日6位初登場、最高位6位、1973年2月10日33位まで通算11週。


4-144
?18. BOBBY CRUSH - BOBBY CRUSH
ボビー・クラッシュ ボビー・クラッシュ



Side A
1. One Of Those Songs
2. Cabaret
3. Happy Heart
4. Till
5. The Alley Cat
6. Aquarius - Good Morning Sunshine

Side B
1. Mack The Knife
2. For All We Know
3. Forgotten Dreams
4. Oh Babe What Would You Say
5. For Once In My Life
6. The Stripper
http://youtu.be/hZuof5IcaMs

えと
11月4日に登場しました
http://rocksblog.seesaa.net/article/408290855.html

☆☆☆☆37. BORSALINO - Bobby Crush
ボサリアーノ ボビー・クラッシュ

http://youtu.be/bkoi7YZotqs

1954年3月23日東ロンドン生まれ、負けず嫌い牡羊座魚座寄り、
タレント発掘番組「Opportunity Knocks」でこの年、6週連続で優勝したピアニストさんです。
その唯一ヒットは1970年度ジャン=ポール・ベルモンド氏とアラン・ドロン氏共演の
ああたまらないっす同名映画主題曲。

http://youtu.be/PH0rzBSnKzc

音楽はクロード・ボラン師。
みんなも思わずたまらねえでヒットかな91点。
オリジナルの時はスルーしたけど。

唯一のヒットで、
11月4日37位初登場、
最高位37位、11月25日41位まで通算4週。

♪♪

の方のアルバムです。持ってませんので何とも言えませぬ。
が、楽しそうだな。

1回目のヒットで、
11月25日18位初登場、最高位15位、1973年2月3日44位まで通算9週。


5-145
☆☆☆☆31. SPACE ODDITY - DAVID BOWIE
スペース・オディティ デビッド・ボウイー



Side A
1. スペイス・オディティ (Space Oddity) 5:14
2. 眩惑された魂 (Unwashed and Somewhat Slightly Dazed) 6:10
3. ドント・シット・ダウン (Don't Sit Down) 0:39
4. ヘルミオーネへの手紙 (Letter To Hermione) 2:30
5. シグネット・コミティー (Cygnet Committee) 9:30

Side B
1. ジャニーヌ (Janine) 3:19
2. おりおりの夢 (An Occasional Dream) 2:56
3. フリークラウドから来たワイルドな瞳の少年 (Wild Eyed Boy From Freecloud) 4:47
http://youtu.be/gDCor7efUOc

4. 神は知っている (God Knows I'm Good) 3:16
5. フリー・フェスティバルの思い出 (Memory Of A Free Festival) 7:07


Personnel
デヴィッド・ボウイ - ボーカル、ギター、スタイロフォン、カリンバ、エレクトリック・コード・オルガン
キース・クリスマス - ギター
ミック・ウェイン - ギター
ティム・レンウィック - ギター、フルート、レコーダー
トニー・ヴィスコンティ - ベース、フルート、レコーダー
ハービー・フラワーズ - ベース
John 'Honk' Lodge - ベース
ジョン・ケンブリッジ - ドラムス
テリー・コックス - ドラムス
リック・ウェイクマン - メロトロン、エレクトリック・チェンバロ
Paul Buckmaster - チェロ
Benny Marshall and friends - ハーモニカ

トニー・ヴィスコンティ - プロデューサー(「スペイス・オディティ」除く)
ガス・ダッジョン - プロデューサー(「スペイス・オディティ」のみ)

旋風吹き荒れ大ヒット表題曲含むもアルバムはヒットしなかった
1969年11月14日発売2作目。当初のタイトルは再びの「David Bowie」。
こたびRCAが権利を買い取って「スペイス・オディティ」に改題してジャケ変えもしての再発です。
何しろ「スペース〜」の印象強すぎでほかのをまるで覚えてませんで
いい機会ですから聞き直そう。点数はボイちゃんだから基本94点。

3回目のヒットで、
11月25日31位初登場、最高位17位、1974年1月19日40位まで通算37週。


6-146
☆☆☆☆40. THE MAN WHO SOLD THE WORLD - DAVID BOWIE
世界を売った男 デビッド・ボウイー





Side A
1. 円軌道の幅 (The Width of a Circle) 8:05
2. オール・ザ・マッドマン (All the Madmen) 5:38
3. ブラック・カントリー・ロック (Black Country Rock) 3:32
4. アフター・オール (After All) 3:51

Side B
1. ランニング・ガン・ブルース (Running Gun Blues) 3:11
2. セイヴィア・マシン(救世の機械) (Saviour Machine) 4:25
3. シー・シュック・ミー・コールド (She Shook Me Cold) 4:13
4. 世界を売った男 (The Man Who Sold The World) 3:55
http://youtu.be/6x5OubSeb-U

5. スーパーメン (The Supermen) 3:38

Personnel
デヴィッド・ボウイ - ボーカル、ギター
ミック・ロンソン - ギター
トニー・ヴィスコンティ - ベース
ミック・ウッドマンジー - ドラムス
ラルフ・メイス - シンセサイザー

トニー・ヴィスコンティ - プロデューサー、リミックス・エンジニア
ケン・スコット - レコーディング・エンジニア

旋風吹き荒れ3作目アルバムも同時週チャートイン。
米1970年11月4日発売、「ヒューストン・カウボーイ」ジャケ。
英1971年4月女装ジャケで発売。
そしてRCAが権利を買ってこたび蹴飛ばしジャケで再発。
こちらもタイトル曲の印象強すぎでほかのはおぼろ。
いい機会ですから聞き直そう。点数はボイちゃんだから基本94点。

4回目のヒットで、
11月25日40位初登場、最高位24位、1983年7月16日95位まで通算30週。

******

TOP3は

1.←1 TWENTY ALL TIME HITS OF THE 50'S - VARIOUS ARTISTS
2.←2 BACK TO FRONT - GILBERT O'SULLIVAN
3.←3 20 STAR TRACKS - VARIOUS ARTISTS

3すくみ変わらず。

−−−−−−

1972年11月25日付TOP50英国シングル・チャートより

1-217
☆☆☆☆☆8. GUDBUY T'JANE - Slade
グッバイ・ジェーン スレイド





http://youtu.be/zPHtNNboEXM


来ました。
向かうところ敵無し。「Mama Weer All Crazee Now」に続く絶頂期三部作第2弾。
作はノディ・ホルダー師&ジム・リー師。
1972年11月1日発売2作目アルバム「Slayed?」より2回目カット11月17日発売。
完全無比だ100点。

6回目のヒットで、
11月25日8位初登場、最高位2位、1973年2月17日44位まで通算13週。
チャック・ベリー師匠に阻まれてどうしても2位。

米、1973年3月10日88位初登場、最高位68位。

♪Goodbye to Jane, goodbye to Jane She's a dark horse see if she can


2-218
☆☆☆☆☆25. BEN - Michael Jackson
ベンのテーマ マイケル・ジャクソン



http://youtu.be/Jj_8yT0XkyU

ベン、いや、米登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/403208612.html



幼少時代のマイケルくんのヒットつうたらこれでしょう。
7月12日発売。
プリティで恐怖なネズミ映画「ウイラード」続編の「ベン」主題歌。
思い出すたびに泣けてくるよ、動物には特に小動物にはめっぽう弱いです95点。

ベン魔法。



米、1972年8月5日85位初登場、最高位1位。

英、
3回目のヒットで、
11月25日25位初登場、最高位7位。2009年7月18日69位まで通算17週。

日本洋楽チャート、1回目のヒットで、12月11日39位初登場、12月18日最高位26位?。

♪Ben, the two of us need look no more


3-219
☆☆☆☆28. ROCK ME BABY - David Cassidy
ロック・ミー・ベイビー デビッド・キャシディー



http://youtu.be/ZQenz6p2xgc

米登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/405106491.html



ジャック父さん長男さん人気絶頂の第4弾シングルは72年2作目同名アルバムタイトル曲。
Johnny Cymbal, Peggy Clingerお二人作。
これから来ます「ロック」な曲の雰囲気先取りのイノベーション・ナンバーなのだ。
半分くらい首を突っ込んでその分、アイドル超えなヒットにはならんかった惜しく90点。

ブルースのあの曲とは違うよ魔法。



米、1972年9月9日73位初登場、最高位38位。

英、
3回目のヒットで、
1972年11月25日28位初登場、最高位11位、1973年1月20日42位まで通算9週。

♪You may call me a rolling stone


4-220
☆☆☆☆39. HELP ME MAKE IT THROUGH THE NIGHT - Gladys Knight & The Pips
ひとりぼっ ちの夜 グラディス・ナイト&ザ・ピップス



http://youtu.be/0D6HsaQ4EJM

米登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/392568500.html



カバーに挑戦したもの枚挙にいとまがなく、してヒット確率はこれも半端ない、米男前協会筆頭クリス・クリストファーソン氏作
のエバーグリーンをグラディスおばちゃんがやります。さすがにまんまでは芸がないので
ゆったりとライバル、アリサ・フランクリンさんマナーのバラードで。
ピップスのおいちゃんたちやることないよーの声を尻目に94点。
3月6日発売。

歌名人魔法。



米、3月25日74位初登場、最高位33位。R&Bチャート13位。


4回目のヒットで、
11月25日39位初登場、最高位11位、3月17日46位まで通算17週。

♪Take the ribbon from my hair Shake it loose and let it fall


5-221
☆☆☆☆45. EYE LEVEL - Simon Park Orchestra
アイ・レベル サイモン・パーク・オーケストラ



http://youtu.be/F_ZSaxF63Gs

英国はマーケット・ハーボローにて1946年3月生誕のサイモン・パークさん親分による
ITVのTV番組「ヴァン・ ダー・バルク」のテーマだそうです。
主演はバリー・フォスターさん。思い出せん。
はともかくいい番組だきっと。主題歌が素敵ですから。94点。

1回目のヒットで、
11月25日45位初登場、次週41位。2週。

♪♪


6-222
☆☆☆☆☆48. VENTURA HIGHWAY - America
ヴェンチュラ・ハイウェイ アメリカ



http://rocksblog.seesaa.net/article/111780304.html
http://youtu.be/f5J54RVZjYs

米登場時のレビューでどうぞ。



名前のない馬から一挙に名前のある馬になったアメリカ、
待望の2作目アルバム11月15日発売「Homecoming」より先行第一弾シングルは
作、デューイ・バネルくん。これがここで出てバンドの馬イメージを完全に払拭した洗練のグルーヴィン・ソング。
いつまでも疾風を心に吹かせてくれます100点。



米、1972年10月21日63位初登場、最高位8位。

英国チャート、
2回目のヒットで、
11月25日48位初登場、最高位43位、12月16日50位まで通算4週。

日本洋楽チャート、4回目のヒットで、11月27日35位初登場、1973年1月15日に最高位11位。

♪Chewing on a piece of grass Walking down the road


7-223
☆☆49. LONG HAIRED LOVER FROM LIVERPOOL - Little Jimmy Osmond
ロング・ヘアード・ラバー・フロム・リバプール リトル・ジミー・オズモンド



LONG HAIRED LOVER FROM LIVERPOOL
http://youtu.be/X_Ybe1lihNA

MOTHER OF MINE
http://youtu.be/y-6UcfW8q5Q

おおこんなご当地ソングが有ったのかと思いだしたかのように上陸大ヒット!
米登場時のレビューでどうぞ。
彼の地ではリャン面ヒットでした。



オズモンズのちいちゃなジミーくんがソロで本国初ヒットです。
日本じゃ既にカルピスで大スターですけど。
後押しはMGMの悪徳社長マイク・カーブ氏。プロデュースは氏とペリー・ボトキンJr。
特にニール・リードくんが超活躍の英国を意識してライバルとしてこっちが本家だと投入、
見事に大ヒットいたしました74点。
なにせB面はモロにそのニール・リードくんの「ママに捧げる詩」の競作版で
怖い子供同士の戦いだ魔法。



米、4月22日98位初登場、最高位38位。

英、
1回目のヒットで、
11月25日49位初登場、最高位1位、1973年6月2日47位まで通算27週。

日本じゃ既に昔の人扱いかヒットせず。

♪I'll be your long haired lover from Liverpool

******

TOP3は

1.☆←2 MY DING-A-LING - Chuck Berry -5wks /1wks No.1
2.☆←7 CRAZY HORSES - Osmonds -3wks
3.←1 CLAIR Gilbert - O'Sullivan -6wks /2wks No.1

師匠、バカウケです。

----------------------

1972年11月27日付のTOP20日本洋楽チャートより

1-105
☆☆☆☆17. トップ・オブ・ザ・ワールド - カーペンターズ
Top of the World - The Carpenters



http://youtu.be/M1u6628Rdqs

これが元祖だ。
世界に先駆けて
1972年6月13日発売4作目アルバム「A Song for You」より日本独自カットで登場です。
このあと、リン・アンダーソン嬢がカバーしてカントリー・チャート2位のヒットしたもんだから
お二人はリアレンジして米シングル発売、
http://youtu.be/MSlX3tn1ido
2曲目のナンバー1ヒットを達成いたします。
その先駆けしたんだから恐るべし日本洋楽界パワー!94点。

米、1973年10月6日80位初登場、最高位1位。

10回目のヒットで、
TOP20内11月20日17位初登場、1973年1月15日最高位1位。

歌謡チャート21位。

♪Such a feelin's comin' over me There is wonder in most every thing I see


************

TOP3は

1. 愛の休日 - ミッシェル・ポルナレフ
2. 秋はひとりぼっち - ヴィグラスとオズボーン
3. サタデイ・イン・ザ・パーク - シカゴ

ポルさん天下。

************

以上

今週もツボつく豪快なる名曲目白押しやら
意外なるボイちゃん旋風やら。
意外じゃないか。

スレイド!
すげえぞ。

次週もお楽しみに!

(山)2014.11.25

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

僕たちの洋楽ヒット Vol.4 1970~71

僕たちの洋楽ヒット Vol.5 1971~72

100 Hits: Rock

100 Hits: Soul

100 Hits: 70's



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくす洋楽70’s全曲探検 のページ

資料

英語資料

English Version

.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

閲覧ありがとうございます。
僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA


−−−−−−−−−−−−−−−−−



..


US Top 100 Singles Week Ending 25th November, 1972

TW LW TITLE Artist (Label)-Weeks on Chart

1 1 I CAN SEE CLEARLY NOW
Johnny Nash (Epic)-12 (4 weeks at #1)
2 2 I'D LOVE YOU TO WANT ME
Lobo (Big Tree)-10
3 3 I'LL BE AROUND/
HOW COULD I LET YOU GET AWAY
The Spinners (Atlantic)-15
4 4 I AM WOMAN
Helen Reddy (Capitol)-14
5 6 PAPA WAS A ROLLIN' STONE
The Temptations (Gordy)-7
6 10 SUMMER BREEZE
Seals and Crofts (Warner Brothers)-12
7 13 IF YOU DON'T KNOW ME BY NOW
Harold Melvin and the Blue Notes (Phila. Intl.)-9
8 15 YOU OUGHT TO BE WITH ME
Al Green (Hi)-6
9 5 NIGHTS IN WHITE SATIN
The Moody Blues (Deram)-17
10 11 IF I COULD REACH YOU
The 5th Dimension (Bell)-12
------
11 8 CONVENTION '72
The Delegates (Mainstream)-6
12 7 FREDDIE'S DEAD (Theme From "Superfly")
Curtis Mayfield (Curtom)-15
13 18 VENTURA HIGHWAY
America (Warner Brothers)-6
14 21 IT NEVER RAINS IN SOUTHERN CALIFORNIA
Albert Hammond (Mums)-6
15 20 I'M STONE IN LOVE WITH YOU
The Stylistics (Avco)-7
16 9 WITCHY WOMAN
The Eagles (Asylum)-12
17 28 CLAIR
Gilbert O'Sullivan (MAM)-5
18 29 SOMETHING'S WRONG WITH ME
Austin Roberts (Chelsea)-7
19 24 CRAZY HORSES
The Osmonds (MGM/Kolob)-6
20 22 OPERATOR (That's Not the Way It Feels)
Jim Croce (ABC)-7
------
21 25 FUNNY FACE
Donna Fargo (Dot)-9
22 19 BURNING LOVE/
IT'S A MATTER OF TIME
Elvis Presley (RCA)-15
23 39 ME AND MRS. JONES
Billy Paul (Philadelphia International)-4
24 12 GARDEN PARTY
Rick Nelson and the Stone Canyon Band (Decca)-18
25 16 LISTEN TO THE MUSIC
The Doobie Brothers (Warner Brothers)-13
26 32 ROCKIN' PNEUMONIA - BOOGIE WOOGIE FLU
Johnny Rivers (United Artists)-8
27 36 CORNER OF THE SKY
Jackson 5 (Motown)-5
28 38 DIALOGUE (Parts 1 and 2)
Chicago (Columbia)-5
29 30 ROCK 'N ROLL SOUL
Grand Funk Railroad (Capitol)-10
30 40 SWEET SURRENDER
Bread (Elektra)-3
------
31 23 GOOD TIME CHARLIE'S GOT THE BLUES
Danny O'Keefe (Signpost)-13
32 14 MY DING-A-LING
Chuck Berry (Chess)-15
33 26 ELECTED
Alice Cooper (Warner Brothers)-8
34 51 WALK ON WATER
Neil Diamond (Uni)-3
35 33 I BELIEVE IN MUSIC
Gallery (Sussex)-16
36 47 LIVING IN THE PAST
Jethro Tull (Chrysalis)-4
37 17 THUNDER AND LIGHTNING
Chi Coltrane (Columbia)-12
38 43 SUNNY DAYS
Lighthouse (Evolution)-8
39 27 AMERICAN CITY SUITE (Sweet City Song/All Around
the Town/A Friend Is Dying)
Cashman and West (Dunhill)-10
40 83 SUPERFLY
Curtis Mayfield (Curtom)-2
------
41 60 KEEPER OF THE CASTLE
The Four Tops (Dunhill)-3
42 37 ALL THE YOUNG DUDES
Mott the Hoople (Columbia)-10
43 44 THEME FROM "THE MEN"
Isaac Hayes (Enterprise)-6
44 45 SO LONG DIXIE
Blood, Sweat and Tears (Columbia)-9
45 52 LONG DARK ROAD
The Hollies (Epic)-4
46 48 LIES
J.J. Cale (Shelter)-4
47 49 I DIDN'T KNOW I LOVED YOU ('Till I Saw You Rock and Roll)
Gary Glitter (Bell)-4
48 34 DON'T DO IT
The Band (Capitol)-11
49 50 LET IT RAIN
Eric Clapton (Polydor)-10
50 54 BABY SITTER
Betty Wright (Alston)-7
------
51 89 SITTING
Cat Stevens (A&M)-2
52 57 WHAT AM I CRYING FOR
Dennis Yost and the Classics IV (MGM South)-6
53 46 THAT'S HOW LOVE GOES
Jermaine Jackson (Motown)-11
54 63 ALIVE
The Bee Gees (Atco)-2
55 68 YOUR MAMA DON'T DANCE
Kenny Loggins and Jim Messina (Columbia)-3
56 55 MAN SIZED JOB
Denise LaSalle (Westbound)-8
57 58 WHY CAN'T WE BE LOVERS
Holland-Dozier Featuring Lamont Dozier (Invictus)-9
58 73 AND YOU AND I (Part 2)
Yes (Atlantic)-3
59 59 WORK TO DO
The Isley Brothers (T-Neck)-5
60 64 ONE NIGHT AFFAIR
Jerry Butler (Mercury)-4
------
61 62 NO
Bulldog (Decca)-7
62 67 IN HEAVEN THERE IS NO BEER
Clean Living (Vanguard)-4
63 53 WOMAN DON'T GO ASTRAY
King Floyd (Chimneyville)-11
64 76 992 ARGUMENTS
The O'Jays (Philadelphia International)-3
65 65 WEDDING SONG (There Is Love)
Petula Clark (MGM)-8
66 90 PIECES OF APRIL
Three Dog Night (Dunhill)-2
67 71 DANCING IN THE MOONLIGHT
King Harvest (Perception)-5
68 79 I GOT A BAG OF MY OWN
James Brown (Polydor)-2
69 70 SPECIAL SOMEONE
The Heywoods (Family)-5
70 81 YOU TURN ME ON, I'M A RADIO
Joni Mitchell (Asylum)-3
------
71 82 SUPERSTITION
Stevie Wonder (Tamla)-2
72 77 GOOD TIME SALLY
Rare Earth (Rare Earth)-4
73 74 DOWN TO THE NIGHTCLUB
The Tower Of Power (Warner Brothers)-6
74 66 IF YOU LET ME
Eddie Kendricks (Tamla)-8
75 80 ANGEL
Rod Stewart (Mercury)-2
76 85 DAY AND NIGHT
The Wackers (Elektra)-2
77 -- I WANNA BE WITH YOU
The Raspberries (Capitol)-1
78 78 I FOUND MY DAD/
TROUBLE IN MY HOME
Joe Simon (Spring)-4
79 61 I LOVE YOU MORE THAN YOU'LL EVER KNOW
Donny Hathaway (Atco)-6
80 75 SUNDAY MORNING SUNSHINE
Harry Chapin (Elektra)-6
------
81 -- ROCKY MOUNTAIN HIGH
John Denver (RCA)-1
82 84 SMOKE GETS IN YOUR EYES
Blue Haze (A&M)-3
83 -- EVERYBODY LOVES A LOVE SONG
Mac Davis (Columbia)-1
84 86 LOVIN' YOU, LOVIN' ME
Candi Staton (Fame)-4
85 87 I GUESS I'LL MISS THE MAN
The Supremes (Motown)-6
86 88 ANNABELLE
Daniel Boone (Mercury)-3
87 98 DO IT AGAIN
Steely Dan (ABC)-2
88 -- BEEN TO CANAAN
Carole King (Ode)-1
89 -- WHAT WOULD THE CHILDREN THINK
Rick Springfield (Capitol)-1
90 -- THE JEAN GENIE
David Bowie (RCA)-1
------
91 -- I JUST WANT TO MAKE LOVE TO YOU
Foghat (Bearsville)-3
92 93 THE WORLD IS A GHETTO
War (United Artists)-2
93 94 DO YA
The Move (United Artists)-5
94 -- WHY CAN'T WE LIVE TOGETHER
Timmy Thomas (Glades)-1
95 96 MAMA WEER ALL CRAZEE NOW
Slade (Polydor)-2
96 -- YOU'RE A LADY
Peter Skellern (London)-1
97 -- AMERICA/
FOR EMILY, WHENEVER I MAY FIND HER
Simon and Garfunkel (Columbia)-8
98 -- YOU'RE A LADY
Dawn Featuring Tony Orlando (Bell)-1
99 100 YOU CAN DO MAGIC
Limmie & Family Cookin' (Avco)-2
100 -- I'M SORRY
Joey Heatherton (MGM)-1


------

------

US WEEKLY ALBUM CHARTS 1971/11/25

TW LW Title/Artist
1 1 CATCH BULL AT FOUR-CAT STEVENS
2 2 Superfly Soundtrack-Curtis Mayfield
3 4 All Directions-Temptations
4 7 Close To The Edge-Yes
5 5 Ben-Michael Jackson
6 8 Rhymes & Reasons-Carole King
7 6 Rock Of Ages-Band
8 11 Phoenix-Grand Funk Railroad
9 19 Caravanserai-Santana
10 9 Never A Dull Moment-Rod Stewart
11 12 Baby Don't Get Hooked On Me-Mac Davis
12 69 Seventh Sojourn-Moody Blues
13 15 I'm Still In Love With You-Al Green
14 3 Days Of Future Passed-Moody Blues
15 18 Summer Breeze-Seals & Crofts
16 10 The London Sessions-Chuck Berry
17 14 Greatest Hits On Earth-Fifth Dimension
18 22 Black Sabbath Volume IV-Black Sabbath
19 20 Liza With A "Z"-Liza Minnelli
20 16 Chicago V-Chicago

------

UK Album Chart For Week Up To 1972/11/25

TW LW Title/Artist
1 1 TWENTY ALL TIME HITS OF THE 50'S VARIOUS ARTISTS
2 2 BACK TO FRONT GILBERT O'SULLIVAN
3 3 20 STAR TRACKS VARIOUS ARTISTS
4 NEW 22 DYNAMIC HITS, VOL.2 VARIOUS ARTISTS
5 NEW 20 FANTASTIC HITS VOL.2 VARIOUS ARTISTS
6 NEW CARAVANSERAI SANTANA
7 4 SIMON AND GARFUNKEL'S GREATEST HITS SIMON AND GARFUNKEL
8 7 SING ALONG WITH MAX MAX BYGRAVES
9 6 NEVER A DULL MOMENT ROD STEWART
10 5 CATCH BULL AT FOUR CAT STEVENS
11 14 PORTRAIT OF DONNY DONNY OSMOND
12 15 BRIDGE OVER TROUBLED WATER SIMON AND GARFUNKEL
13 10 THE BEST OF BREAD BREAD
14 13 GLITTER GARY GLITTER
15 RE BREAD WINNERS JACK JONES
16 NEW LOOKIN' THROUGH THE WINDOWS JACKSON 5
17 12 TWENTY FANTASTIC HITS VARIOUS ARTISTS
18 NEW BOBBY CRUSH BOBBY CRUSH
19 11 SLADE ALIVE SLADE
20 19 GILBERT O'SULLIVAN HIMSELF GILBERT O'SULLIVAN
21 9 EVERY PICTURE TELLS A STORY ROD STEWART
22 21 BLACK SABBATH VOL.4 BLACK SABBATH
23 17 CHERISH DAVID CASSIDY
24 8 LAST GOON SHOW OF ALL GOONS
25 RE SOUTH PACIFIC ORIGINAL SOUNDTRACK
26 23 WAR HEROES JIMI HENDRIX
27 RE HONKY CHATEAU ELTON JOHN
28 RE LOVE IT TO DEATH ALICE COOPER
29 33 FOXTROT GENESIS
30 RE TRILOGY EMERSON, LAKE AND PALMER
31 NEW SPACE ODDITY DAVID BOWIE
32 26 MOVING WAVES FOCUS
33 35 FOG ON THE TYNE LINDISFARNE
34 39 TEASER AND THE FIRECAT CAT STEVENS
35 20 CLOSE TO THE EDGE YES
36 28 THE SOUND OF MUSIC ORIGINAL SOUNDTRACK
37 25 THE RISE AND FALL OF ZIGGY STARDUST DAVID BOWIE
38 18 A SONG FOR YOU CARPENTERS
39 32 SCHOOL'S OUT ALICE COOPER
40 NEW THE MAN WHO SOLD THE WORLD DAVID BOWIE

------

UK Singles Chart For Week Up To 1972/11/25
TW LW Wks TITLE/Artist
1 2 5 MY DING-A-LING Chuck Berry
2 7 3 CRAZY HORSES Osmonds
3 1 6 CLAIR Gilbert O'Sullivan
4 6 3 WHY Donny Osmond
5 8 4 CROCODILE ROCK Elton John
6 3 16 LEADER OF THE PACK Shangri-Las
7 4 7 LOOP DI LOVE Shag
8 - 1 GUDBUY T'JANE Slade
9 10 4 I'M STONE IN LOVE WITH YOU Stylistics
10 23 2 ANGEL / WHAT MADE MILWAUKEE FAMOUS Rod Stewart
11 9 25 LET'S DANCE Chris Montez
12 5 11 MOULDY OLD DOUGH Lieutenant Pigeon
13 21 3 LOOKIN' THROUGH THE WINDOWS Jackson Five
14 14 8 HERE I GO AGAIN Archie Bell And The Drells
15 15 9 GOODBYE TO LOVE Carpenters
16 13 10 DONNA 10cc
17 11 8 ELECTED Alice Cooper
18 17 7 HALLELUJAH FREEDOM Junior Campbell
19 20 18 HI-HO SILVER LINING Jeff Beck
20 26 5 LAY DOWN Strawbs
21 22 14 BIG SIX Judge Dread
22 24 25 OH CAROL Neil Sedaka
23 29 5 YOU'LL ALWAYS BE A FRIEND Hot Chocolate
24 12 9 IN A BROKEN DREAM Python Lee Jackson
25 - 1 BEN Michael Jackson
26 16 10 BURLESQUE Family
27 18 8 THERE ARE MORE QUESTIONS THAN ANSWERS Johnny Nash
28 - 1 ROCK ME BABY David Cassidy
29 30 4 BABY DON'T GET HOOKED ON ME Mac Davis
30 45 2 KEEPER OF THE CASTLE Four Tops
31 27 3 STAY WITH ME Blue Mink
32 19 7 NEW ORLEANS Harley Quinne
33 37 3 I DON'T BELIEVE IN MIRACLES Colin Blunstone
34 32 10 I DIDN'T KNOW I LOVED YOU Gary Glitter
35 25 9 BURNING LOVE Elvis Presley
36 33 5 WHY CAN'T WE BE LOVERS Holland-Dozier
37 28 11 TOO YOUNG Donny Osmond
38 36 12 WIG WAM BAM Sweet
39 - 1 HELP ME MAKE IT THROUGH THE NIGHT Gladys Knight & The Pips
40 34 20 IT'S FOUR IN THE MORNING Faron Young
41 40 4 BORSALINO Bobby Crush
42 RE 12 SHOTGUN WEDDING Roy C
43 35 10 YOU'RE A LADY Peter Skellern
44 44 2 ONLY YOU Jeff Collins
45 - 1 EYE LEVEL Simon Park Orchestra
46 31 9 GUITAR MAN Bread
47 49 2 JUST OUT OF REACH Ken Dodd
48 - 1 VENTURA HIGHWAY America
49 - 1 LONG HAIRED LOVER FROM LIVERPOOL Little Jimmy Osmond
50 41 11 HOW CAN I BE SURE David Cassidy

----------------

日本洋楽シングルチャート
1972年11月27日

1. 愛の休日 - ミッシェル・ポルナレフ
2. 秋はひとりぼっち - ヴィグラスとオズボーン
3. サタデイ・イン・ザ・パーク - シカゴ
4. 明日の風 - バッドフィンガー
5. アローン・アゲイン - ギルバート・オサリヴァン
6. ポップコーン - ホット・バター
7. ブラック・アンド・ホワイト - スリー・ドッグ・ナイト
8. ゴー・オール・ザ・ウェイ - ラズベリーズ
9. ギター・マン - ブレッド
10. チルドレン・オヴ・ザ・リヴォリューション - T.レックス
11. スターマン - デビッド・ボウイー
12. エミリー・エミリー - サイモンとガーファンクル
13. バーニング・ラブ - エルヴィス・プレスリー
14. タイト・ロープ - レオン・ラッセル
15. 涙のくちづけ - ボビー・ヴィントン
16. ダンカンの歌 - ポール・サイモン
17. トップ・オブ・ザ・ワールド - カーペンターズ
18. サテンの夜 - ムーディー・ブルース
19. シーモンの涙 - イングランド・ダンとジョン・フォード
20. ハッピー - ローリング・ストーンズ

----------------


. .