前日のThAnk YoU 前回へ行く 日刊ろっくす TOPへ  次へ進む

 

 


洋楽70's全曲探検
1973/1/20号
ダニエル&悪魔の呪文登場


皆様こんにちわ、
洋楽70's全曲探検、
42年前の今週最新米英日のヒットチャートから初登場曲をピックアップし
全曲聴いてしまおうという企画です。
司会は、
正月疲れが抜けません、
山口眞と申します。

とは申しても鬼の1973年、
年初から一切ゆるむことなき全力疾走。
今週もすげえや。
少しでも表示が遅くなることを避けるためアッシのくだらねえ前フリは抜き。
さっそくまいりましょう。

なお
全チャートの眺めは、一番下(追記部分)にありますのでご参照ください。

−−−−−−

今週のチャート初登場全曲再生リスト
http://www.youtube.com/playlist?list=PLEBB66F68BA99D8A1


Rock of Ages from 1969(fromMarch) vol.1
http://www.youtube.com/playlist?list=PLA9848671995DB3A7

Rock of Ages from 1969(fromMarch) vol.2
http://www.youtube.com/playlist?list=PLEBB66F68BA99D8A1

ヒットチャートロックの歴史
http://www.youtube.com/playlist?list=PLF17180564A99EA22

Best of Charted 70's Pops
http://www.youtube.com/playlist?list=PL26E2DB24FF57D4C2

Best of Charted 70's Soul & Funk
http://www.youtube.com/playlist?list=PL095D0B8355FBF0A6

All the Charted 70's Reggae in Usa & UK
http://www.youtube.com/playlist?list=PL9FF6696215D26B9F

All the Charted Glam Pop
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTxVxw4O6oIWvDSFfBq1ExRl

ベスト・オブ・日本洋楽史70's
http://www.youtube.com/playlist?list=PL8FE5FC9CFF908F9E

B-ROCK IN 70'S
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTzPigQphdlDDmdO9I4BIPg2

歴史オブ西海岸ロック
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTyIW3wwEtUZtasuU2GHyHsB

All Progressive Rock Single in 70's Chart
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTwc2Z7ZNAGCmryr4NpDQDTp

Not Glam But Pop Rock in UK 70's chart
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTxy0894KWrY4lDlYd9yod3G

−−−−−−

1973年1月20日米国チャートから、
表記は
順位/曲名/歌手、バンド/の順なり。
☆(最高五つ星)は素敵度判断。
先に英日チャートでランクイン済みの場合は失礼ながらその時のレビューを転用させていただいてます。
+印のは勝手につけさせていただいた邦題です。

1-15
☆☆☆☆☆61. LOVE TRAIN - The O'Jays (Philadelphia International)-1
ラブ・トレイン オージェイズ







http://rocksblog.seesaa.net/article/29908470.html

http://youtu.be/kQvmCzILBfE


フィラデルフィアから心をこめて
「裏切り者のテーマ」
http://rocksblog.seesaa.net/article/8524138.html

フィリーの旗手として大ブレークの3人いてもオーゼイズ、
1972年8月発売PI1作目アルバム「Back Stabbers」より3回目カット1972年12月発売、
2回目の超ヒット、自身初のナンバー1。
作・プロデュースはケニー・ギャンブル師、リオン・ハフ師。
音楽が武器の世界への貧乏人のレジスタンス。
楽観は見てきた上で絞り出す97点。

1973年1月20日61位初登場、最高位1位。R&Bチャート1位。

英、2回目のヒットで、3月3日46位初登場、最高位9位、5月26日41位まで通算13週。

♪People all over the world (everybody) Join hands (join) Start a love train, love train


2-16
☆☆☆☆76. HUMMINGBIRD - Seals and Crofts (Warner Brothers)-1
ハミングバード シールズ&クロフツ







http://youtu.be/B412Ij9IAnc

「サマー・ブリーズ」
http://rocksblog.seesaa.net/article/405106491.html
で衝撃の登場たるシルクロさんらの次の一手は続けて8月発売4作目サマー・ブリーズ・アルバムからカット。
基本的にはアルバム内曲でシングルに向かぬとは思うも、薄暮のサマー・ブリーズとなる一発屋非宣言には相応しき二発目94点。

1973年1月20日76位初登場、最高位20位。

日本洋楽チャート1回目のヒットで、4月15日40位初登場、1週。

♪Oh, hummingbird Mankind was waiting for you to come flying along


3-17
☆☆☆☆79. I GOT ANTS IN MY PANTS (And I Want To Dance) (Part 1) - James Brown (Polydor)-1
+オバチャンゲットでダンスでGO! ジェイムズ・ブラウン





http://youtu.be/kODWvNTR9oI

親分、さっそく仕事始め、シングル限定で来ました。
とはいうものの録音は1971年10月10日メイコンのキャプリコーンで。
ちょい大人しめ?but元気が何より90点。

1973年1月20日79位初登場、最高位27位。R&Bチャート4位。

♪Ow, hey, tell me what you're gonna do about that


4-18
☆☆☆☆85. THE MESSAGE - The Cymande (Janus)-1
ザ・メッセージ シマンド





http://youtu.be/VO91BtMIciU

この頃はファンク不毛の地だったロンドンよりAWBより一足先に出稼ぎ上陸、
ギアナ、ジャマイカ、セント・ヴィンセント合流真っ黒隊。
シマンドとはカリプソ流儀で鳩、翻ってピース&ラブの意味。
1972年1作目アルバム「Cymande」よりカット、グランドマスター・フラッシュとは無関係、
妖しく蠢く闇夜の土人ファンクです94点。

1973年1月20日85位初登場、最高位48位。R&Bチャート22位。

♪Together, fore we go Forever like it was before


5-19
☆☆☆☆☆91. HOW CAN I TELL YOU - Travis Wammack (Fame)-1
ハウ・キャン・アイ・テル・ユー トラヴィス・ワマック



http://youtu.be/636B8nU5bbI


マッスルショールズの腕利きギタリスト師、
フェイムからのデビュー・アルバム「Travis Wammac」よりカットは
何と云う南部なのにヨウロピアンな名曲なのだ
そうです
作はキャット・スティーヴンス師。
1971年10月1日発売5作目アルバム「Teaser and the Firecat」収録曲、

http://youtu.be/Y6vCMOv73fY

もとより美曲は間違い無し。それをフェイム・アレンジで完璧なシングル化湿地帯97点。

前走
http://rocksblog.seesaa.net/article/404737147.html

1973年1月20日91位初登場、最高位68位。

♪How can I tell you that I love you... I love you


6-20
☆☆☆☆93. HOT WIRE - Al Green (Bell)-1
ホット・ワイヤー アル・グリーン



http://youtu.be/A1BXIUNMtIw

突然、スタックスじゃなくてベルからアルさん登場。
これは1967年3月21日発売1作目アルバム「Back Up Train」より反則カットもの。
がこれが
最近"Let's Stay Together"のその後ばっかしですから実に新鮮なるチャートへの喝となる93点。
最新サウンドとなる。

1973年1月20日93位初登場、最高位71位。

♪I miss you How I long to kiss you, baby


7-21
☆☆☆☆97. BLIND EYE/ SWEET LORRAINE - Uriah Heep (Mercury)-1
盲目/スウィート・ロレイン ユーライア・ヒープ






BLIND EYE
http://youtu.be/V-MBnZe-Avk

SWEET LORRAINE
http://youtu.be/RPOp_Lokm58

英人には出来ぬ米人の特典、ヒープのシングルを楽しもう
1972年11月発売5作目アルバム「魔の饗宴〜The Magician's Birthday」より1回目カット、
リャン面A面扱いでメインは何故か「盲目」。わるかないけどさー「盲目」すか?
の疑問に必殺の「スウィート・ロレイン」で答えるくらいなら後で考え直します94点。

1973年1月20日97位初登場、最高位97位。

♪Stranger than the sunrise Darker than the night Fiercer than a rainstorm


8-22
☆☆☆☆98. IF IT'S ALL RIGHT WITH YOU - Dottie West (RCA)-1
+もしもあなたとバッチリだったら ドッチー・ウエスト



http://youtu.be/DnMWgyLiG1o

1932年10月11日テネシー州マクミンヴィル生まれ、こだわりを持つ分野ではパイオニア、天秤座。
カントリー女性歌手さん、ドッチーさん、デビューは1960年。
カントリーチャートでは中堅ヒット連打も苦節12年ついにポップ・チャート初見参、
1973年5月発売アルバム「If It's All Right With You/
Just What I've Been Looking For」よりカット。
酒焼けの声が年月を語る、そのくせどっか神臭いのは誤解かね90点。

1973年1月20日98位初登場、最高位97位。

♪If it's all right with you I'd like to stay here and love you


9-23
☆☆☆☆☆99. LITTLE WILLY - The Sweet (Bell)-1
リトル・ウィリー スイート





http://rocksblog.seesaa.net/article/51111867.html
http://youtu.be/z13a4uky600

これほどなスイートをアメリカが拒否する理由なんてこれっぽっちもございません。
甦れ夢のバブルガム!

英登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/399119364.html



さー、満を持して
スイートが
ニッキー・チン&マイク・チャップマンが
グラムに突入です5月19日発売。
虎視眈々と策を練りに練ってただけにハナからこの超絶ど真ん中喝破大名作な
勢いどかんでアメリカでも初、それも大ヒット達成な
狂いそうなほど大好き100点。

チニチャプ魔法。



米、1973年1月20日99位初登場、最高位3位。

英、5回目のヒットで、6月10日47位初登場、最高位4位、9月9日50位まで通算14週。

♪North side, east side Little Willy, Willy wears the crown


***************

ちなみに
この週の全米TOP3は

1.☆←1 YOU'RE SO VAIN - Carly Simon (Elektra)-8 (3 weeks at #1)
2.☆←2 SUPERSTITION - Stevie Wonder (Tamla)-10
3.←3 ME AND MRS. JONES - Billy Paul (Philadelphia International)-12

納得の変わらず。

−−−−−−

1973年1月20日付TOP20米アルバム・チャートの
ニュー・エントリー盤は

1-6
☆☆☆☆18.☆←23 360 Degrees Of Billy Paul - Billy Paul
ビリー・ポールの世界 ビリー・ポール



Side A
1. Brown Baby 4:38
2. I'm Just A Prisoner 8:06
3. It's Too Late 4:34
4. Me And Mrs. Jones 4:45

Side B
1. Am I Black Enough For You 5:19
http://youtu.be/eX6k5tRzDuU

2. Let's Stay Together 6:28
3. Your Song 6:32
4. I'm Gonna Make It This Time 4:23

Personnel
Billy Paul - Lead and Backing Vocals
Bobby Eli, Bunny Sigler, David Bay, Norman Harris, Roland Chambers - Guitar
Eddie Green, Leon Huff - Piano
Vincent Montana, Jr. - Vibraphone
Anthony Jackson, Ron Baker - Bass
Earl Young, Norman Farrington - Drums
Don Renaldo - Horns, Strings
Larry Washington - Congas
Lenny Pakula - Organ
Carla Benson, Evette Benton, Barbara Ingram, background vocals

Producer Kenny Gamble & Leon Huff

1972年発売4作目。

「Me And Mrs. Jones」でフィリーのピン歌手として唯一の爆走を続けるビリー師アルバムがランクイン。
もち360度フィリー印サウンド。ムード一発だと思ってるとB1のようなダンサー名品でぶっ飛ぶです94点。

米最高位17位。R&Bチャート1位。

TOP3は

1.☆←1 NO SECRETS - CARLY SIMON
2.☆←3 Rhymes & Reasons - Carole King
3.☆←6 World Is A Ghetto - War

−−−−−−

1973年1月20日付TOP40英国アルバム・チャートより

1-2
☆☆☆☆☆17. NO SECRETS - CARLY SIMON
うつろな愛 カーリー・サイモン



米1位爆走中!がおっとり刀で米上陸。
米登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/411342667.html



All songs written by Carly Simon, unless otherwise noted.

Side A
1. "The Right Thing to Do" – 2:57
2. "The Carter Family" (Simon, Jacob Brackman) – 3:29
3. "You're So Vain" – 4:17
4. "His Friends Are More Than Fond of Robin" – 3:00
5. "We Have No Secrets" – 3:57
http://youtu.be/pudLAQhZ8Vs

Side B
1. "Embrace Me, You Child" – 4:06
2. "Waited So Long" – 4:14
http://youtu.be/s8cTEEkkwv0

3. "It Was So Easy" (Simon, Brackman) – 3:06
4. "Night Owl" (James Taylor) – 3:47
5. "When You Close Your Eyes" (Simon, Bill Mernit) – 3:05

Personnel
Carly Simon – acoustic guitar (5-8), piano (1-4, 10) vocals, backing vocals (1, 7) string arrangements (3), ARP synthesizer arrangements (4)
Andy Newmark – drums (1, 2, 6, 8, 10)
Jimmy Ryan – acoustic guitar (2-5, 10), bass guitar (1, 10) electric guitar (3, 6-9)
Klaus Voormann – bass guitar (2, 3, 5-9)

Additional personnel
Paul Buckmaster – string and woodwind arrangements (10), synthesizer arrangements (6, 10), choir arrangement (6), orchestration (3, 6)
Kirby Johnson – string arrangements (2, 5), woodwind arrangements (2), electric piano (5)
Ray Cooper – congas (1, 9)
Jim Gordon – drums (3, 5)
Nicky Hopkins – piano (7, 9)
Jim Keltner – drums (7, 9)
Paul Keough – acoustic guitar (5, 8)
Vicki Brown – backing vocals (1)
Liza Strike – backing vocals (1)
Richard Perry – percussion (3)
David Hentschel – ARP synthesizer (4)
Peter Robinson – piano (6)
Lowell George – slide guitar (7)
Bill Payne – organ (7)
James Taylor – backing vocals (7)
Bonnie Bramlett – backing vocals (9)
Bobby Keys – tenor saxophone (9)
Linda McCartney – backing vocals (9)
Paul McCartney – backing vocals (9)[8]
Doris Troy – backing vocals (9)
Mick Jagger – backing vocals (uncredited) (3)

Production
Produced by Richard Perry
Engineer: Robin Geoffrey Cable
Remixing: Robin Geoffrey Cable
Mastering: Ted Jensen

1972年11月28日発売3作目。

さー秘密はございません、全部カーリーでサイモン。
これで世界になりましたの「うつろな愛」含む1972年のどーだ”つづれおり”であります97点。



米最高位1位。

英、
1回目のヒットで、
1973年1月20日17位初登場、最高位3位、9月29日40位まで通算28週。


2-3
☆☆☆☆23. PILEDRIVER - STATUS QUO
パイルドライヴァー ステイタス・クオー



http://www24.big.or.jp/~great/boogie/quo/pile.html

Side A
1. Don't Waste My Time 4:18
2. Oh Baby 4:33
http://youtu.be/v1tbDj3IVxA

3. A Year 5:50
4. Unspoken Words 5:10

Side B
1. Big Fat Mama 5:53
2. Paper Plane 2:57
3. All The Reasons 3:43
4. Roadhouse Blues 7:28

Personnel
Francis Rossi - guitar, vocals
Rick Parfitt - guitar, keyboards, vocals
Alan Lancaster - bass, vocals
John Coghlan - drums

Bob Young - Harmonica on 'Roadhouse Blues'
Jimmy Horowitz - Piano on 'Roadhouse Blues'

Producer Status Quo

さあこのジャケです。このタイトルです。
古いも新しいも
これよりまさしく腹をくくったブギ道王者道一直線。
同時にレッテルに知ったことかの己道をも示唆する94点。

1回目のヒットで、
1973年1月20日23位初登場、最高位5位、1975年2月22日48位まで通算37週。


3-4
☆☆☆☆39. FOCUS 3 - FOCUS
フォーカス3 フォーカス



Side A
1. "Round Goes the Gossip" (Thijs van Leer) – 5:16
2. "Love Remembered" (Jan Akkerman) – 2:49
3. "Sylvia" (van Leer) – 3:32
4. "Carnival Fugue" (van Leer) – 6:02

Side B
1. "Focus III" (van Leer) – 6:07
http://youtu.be/xCqDZMqd4XY

2. "Answers? Questions! Questions? Answers!" (Akkerman, Bert Ruiter) – 14:03

Side C
1. "Anonymus II (Part 1)" (van Leer, Akkerman, Ruiter, Pierre van der Linden) – 19:28

Side D
1. "Anonymus II (Conclusion)" (van Leer, Akkerman, Ruiter, van der Linden) – 7:30
2. "Elspeth of Nottingham" (Akkerman) – 3:15
3. "House of the King" (Akkerman) – 2:23

Personnel
Focus
Thijs van Leer – keyboards, flute, piccolo, recorder, vocals
Jan Akkerman – electric guitar, acoustic guitar, lute
Bert Ruiter – bass guitar
Pierre van der Linden – drums

Additional personnel
Mike Vernon their producer - backing vocals on "Round Goes The Gossip" but is uncredited
Martin Dresden - bass guitar on "House Of The King", but is uncredited[citation needed]
Hans Cleuver - drums on "House Of The King", but is uncredited[

ワシがフルートを吹く男じゃいな強インパクト・ジャケで追いつき追い越せ1972年度3枚目がランクイン。
二枚組もまだまだ足りんの意欲は自らを獲得したバンドのみの怒涛の勢い94点。

米、最高位35位。

2回目のヒットで、
1973年1月20日39位初登場、最高位6位、5月12日48位まで通算16週。

******

TOP3は

1.☆←3 BACK TO FRONT - GILBERT O'SULLIVAN
2.←1 SLAYED? - SLADE
3.☆←8 SIMON AND GARFUNKEL'S GREATEST HITS - SIMON AND GARFUNKEL

お兄ちゃん、満を持して1位獲得。

−−−−−−

1973年1月20日付TOP50英国シングル・チャートより

1-13
☆☆☆☆☆34. DO YOU WANNA TOUCH ME - Gary Glitter
タッチしたいの ゲイリー・グリッター



http://youtu.be/Pb3kZCak10I


変態おっさんグラム王者、その勢いは止まりません。
ここでさらにの名曲を投入。
作は自身とマイク・リーンダー氏名コンビ。
これなら党民は入れ食い状態だ98点。

3回目のヒットで、
1月20日34位初登場、最高位2位、3月31日38位まで通算11週。

♪We've been here too long tryin' to get along


2-14
☆☆☆☆☆38. DANIEL - Elton John
ダニエル エルトン・ジョン





http://rocksblog.seesaa.net/article/33405570.html
http://youtu.be/tB7gskqXFgw


ダニエル入ります。
英1973年1月22日発売6作目アルバム「ピアニストを撃つな!〜Don't Shoot Me I'm Only the Piano Player」より2回目カット。
3月26日発売とウィキペに書いて有りますはほれこの通り間違いです。
カットされた3番があるそうで、肝心な部分「戦地からの兄弟の帰還」がそこで歌われて
実はランボーな歌だったとゆう。ゲイじゃないって。
作詞のバーニーさんは「最も誤解されている歌」だと嘆いてるそうですが、
誰がカットする決断をしたのだ、ガス・ダッジョンか?
確かに尺はこれ以上無しが正解だけどねえ。今になって知って複雑な気持ち有りで98点。
いや95点。いやそれでもこの味わいは100点。

5回目のヒットで、
1月20日38位初登場、最高位4位、3月24日39位まで通算10週。

米、1973年4月7日77位初登場、最高位2位。

日本洋楽チャート7回目のヒットで、3月5日32位初登場、4月15日に最高位2位。
日本3月5日発売。
歌謡チャート最高位46位。4.7万枚。

♪Daniel is travelling tonight on a plane


3-15
☆☆☆☆☆40. HOCUS POCUS - Focus
悪魔の呪文 フォーカス





http://youtu.be/CfoCQvdCnXQ


出ました。
これでオランダから世界のフォーカスになりました痛快無双ラリララ・インスト、
1971年10月発売2作目アルバム「Focus II」よりカット1972年10月発売、
作はテイス・ヴァン・レール、ヤン・アッカーマン鉄壁コンビ。
これぞロックを感じるものならどなた様もKOされなきゃモグリだ100点。
特に短いシングル・ヴァージョンの3分天国が最強です。

1回目のヒットで、
1月20日40位初登場、最高位20位、2010年6月12日57位まで通算11週。

米、1973年3月3日98位初登場、最高位9位。

♪♪


4-16
☆☆☆☆☆44. WHISKY IN THE JAR - Thin Lizzy
ウイスキー・イン・ザ・ジャー シン・リジー



http://rocksblog.seesaa.net/article/16883043.html
http://youtu.be/_j4OC7-g_84


ここでリジー初見参。
ダブリンからい出し異形のハード・ロック軍団、2枚目シングル、シングルのみで出しのが来ました。
オリジナルはアイリッシュ・トラッド。
最初に世に示すは先輩でガチなアイリッシュ・フォーク楽団のダブリナーズ1968年。

http://youtu.be/8eOIU9ekSMk

この男網走番外地ヴァージョンを敢然とロック化。

メンバーは
フィル・リノット兄貴
エリック・ベル氏:ギター
ブライアン・ダウニー兄さん:ドラムス
三人ですからリノット兄貴がアコ・ギター弾いた日にゃあベースががら空きです
そのスカッスカがまたたまらん男道98点。

1回目のヒットで、
1月20日44位初登場、最高位6位、4月7日37位まで通算12週。

♪As I was goin' over the Cork and Kerry mountains.


5-17
☆☆☆☆☆48. BABY I LOVE YOU - Dave Edmunds
ベイビー・アイ・ラブ・ユー デイブ・エドモンズ



http://rocksblog.seesaa.net/article/42213671.html
http://youtu.be/TVRWktdnODg


そしてデイブ兄貴降臨。
オリジナルはキチガイ・フィル・スペクター師監修ロネッツの1963年米24位、英11位ヒット。

http://youtu.be/gbbRkHazUIg

度を超えた好きが高じるとこんな状況になりますがにを絵に描いたような狂気の狂喜は必ず伝わります97点。

2回目のヒットで、
1月20日48位初登場、最高位8位、4月14日43位まで通算13週。

♪Have I ever told you How good it feels to hold you?


******

TOP3は

1.☆←1 LONG HAIRED LOVER FROM LIVERPOOL - Little Jimmy Osmond -9wks /5wks No.1
2.☆←16 BLOCKBUSTER - Sweet -2wks
3.←2 THE JEAN GENIE - David Bowie -7wks

打倒糞ガキ、ブロックバスター侍来る。

----------------------

1973年1月22日付のTOP40日本洋楽チャートより

1-12
☆☆☆24. クレイジー・ホース - オズモンズ
CRAZY HORSES - The Osmonds



http://youtu.be/H2WJt6Cpwus

米登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/407479783.html



本家は何故か突如ハード・ロック・バンドと化しました兄弟は同名アルバムよりタイトルトラックをカット。
アラン、メリル、ウエイン作のオリジナルです、車排気ガス公害への抗議ソングだそうで
一挙に硬派となったが正直ちとダサい84点。



米、1972年10月21日90位初登場、最高位14位。

英国チャート、2回目のヒットで、11月11日27位初登場、最高位2位、1973年3月10日43位まで通算18週。

日本洋楽チャート、
4回目のヒットで、1973年1月22日24位初登場、3月5日に最高位6位。
以後6位、7位を行ったり来たりのしぶといヒット。

♪There's a message -FLOATING In the air Crazy horses riding everywhere


2-13
☆☆☆39. デルタ・クイーン - プラウド・フット
Delta Queen - Proudfoot





http://youtu.be/V-DyFh_c-E8

さーお主何者?
南アフリカはケープタウンのバンドらしい。ヨーロッパで軒並みヒットとか。
それをばこりゃ第2の”マミー・ブルー”ポップ・トップスだと日本レコード会社洋楽担当者勇断で直輸入。
結果はちょい当たってます。微妙が楽しい81点。

唯一のヒットで、
1月22日39位初登場、2月12日に最高位26位。

♪Delta Queen, honey, honey, where you been ?


************

TOP3は

1. トップ・オブ・ザ・ワールド - カーペンターズ
2. 愛の休日 - ミッシェル・ポルナレフ
3. 恋のフィーリング - カプリコーン

一切英米に影響されず。

************

以上

特に英国、連続のクラッシュでございます。
文句無し5曲!
多種多彩。

存分にお楽しみください。

(山)2015.1.20

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

100 Hits: Rock

100 Hits: Soul

100 Hits: 70's



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくす洋楽70’s全曲探検 のページ

資料

英語資料

English Version

.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

閲覧ありがとうございます。
僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA


−−−−−−−−−−−−−−−−−



..


US Top 100 Singles Week Ending 20th January, 1973

TW LW TITLE Artist (Label)-Weeks on Chart

1 1 YOU'RE SO VAIN
Carly Simon (Elektra)-8 (3 weeks at #1)
2 2 SUPERSTITION
Stevie Wonder (Tamla)-10
3 3 ME AND MRS. JONES
Billy Paul (Philadelphia International)-12
4 9 CROCODILE ROCK
Elton John (MCA)-7
5 6 YOUR MAMA DON'T DANCE
Kenny Loggins and Jim Messina (Columbia)-11
6 7 ROCKIN' PNEUMONIA - BOOGIE WOOGIE FLU
Johnny Rivers (United Artists)-16
7 4 CLAIR
Gilbert O'Sullivan (MAM)-13
8 8 SUPERFLY
Curtis Mayfield (Curtom)-10
9 13 WHY CAN'T WE LIVE TOGETHER
Timmy Thomas (Glades)-9
10 15 OH, BABE, WHAT WOULD YOU SAY
Hurricane Smith (Capitol)-8
11 5 FUNNY FACE
Donna Fargo (Dot)-17
12 18 HI, HI, HI
Wings (Apple)-6
13 17 TROUBLE MAN
Marvin Gaye (Tamla)-6
14 14 DON'T LET ME BE LONELY TONIGHT
James Taylor (Warner Brothers)-8
15 21 THE WORLD IS A GHETTO
War (United Artists)-10
16 10 KEEPER OF THE CASTLE
The Four Tops (Dunhill)-11
17 20 I WANNA BE WITH YOU
The Raspberries (Capitol)-9
18 23 DO IT AGAIN
Steely Dan (ABC)-10
19 25 LOVE JONES
Brighter Side Of Darkness (20th Century)-7
20 11 LIVING IN THE PAST
Jethro Tull (Chrysalis)-12
21 19 PIECES OF APRIL
Three Dog Night (Dunhill)-10
22 30 DANCING IN THE MOONLIGHT
King Harvest (Perception)-13
23 26 SEPERATE WAYS/
ALWAYS ON MY MIND
Elvis Presley (RCA)-8
24 12 IT NEVER RAINS IN SOUTHERN CALIFORNIA
Albert Hammond (Mums)-14
25 29 ROCKY MOUNTAIN HIGH
John Denver (RCA)-9
26 33 DON'T EXPECT ME TO BE YOUR FRIEND
Lobo (Big Tree)-4
27 27 SMOKE GETS IN YOUR EYES
Blue Haze (A&M)-11
28 35 DADDY'S HOME
Jermaine Jackson (Motown)-7
29 34 JAMBALAYA (On the Bayou)
The Blue Ridge Rangers (Fantasy)-8
30 32 YOU TURN ME ON, I'M A RADIO
Joni Mitchell (Asylum)-11
31 41 COULD IT BE I'M FALLING IN LOVE
The Spinners (Atlantic)-4
32 16 SITTING
Cat Stevens (A&M)-10
33 24 BEEN TO CANAAN
Carole King (Ode)-9
34 43 DREIDEL
Don McLean (United Artists)-5
35 37 REELIN' & ROCKIN'
Chuck Berry (Chess)-8
36 44 DO YOU WANT TO DANCE
Bette Midler (Atlantic)-5
37 40 HARRY HIPPIE/
SWEET CAROLINE (Good Times Never Seemed So Good)
Bobby Womack and Peace (United Artists)-16
38 22 YOU OUGHT TO BE WITH ME
Al Green (Hi)-14
39 39 THE RELAY
The Who (Track)-7
40 42 I'LL BE YOUR SHELTER (In Time Of Storm)
Luther Ingram (KoKo)-8
41 28 WALK ON WATER
Neil Diamond (Uni)-11
42 49 LOOKING THROUGH THE EYES OF LOVE
The Partridge Family (Starring Shirley Jones
and Featuring David Cassidy) (Bell)-6
43 60 LAST SONG
Edward Bear (Capitol)-6
44 52 I'M NEVER GONNA BE ALONE ANYMORE
Cornelius Brothers and Sister Rose (United Artists)-5
45 38 PAPA WAS A ROLLIN' STONE
The Temptations (Gordy)-15
46 31 I AM WOMAN
Helen Reddy (Capitol)-22
47 36 SOMETHING'S WRONG WITH ME
Austin Roberts (Chelsea)-15
48 51 I CAN'T STAND TO SEE YOU CRY
Smokey Robinson and the Miracles (Tamla)-6
49 55 THE COVER OF "ROLLING STONE"
Dr. Hook and the Medicine Show (Columbia)-8
50 45 SWEET SURRENDER
Bread (Elektra)-11
51 58 PEACEFUL EASY FEELING
The Eagles (Asylum)-4
52 46 I CAN SEE CLEARLY NOW
Johnny Nash (Epic)-20
53 53 REMEMBER (Christmas)
Nilsson (RCA)-5
54 56 YOU'VE GOT TO TAKE IT (If You Want It)
The Main Ingredient (RCA)-5
55 54 NO
Bulldog (Decca)-15
56 68 JESUS IS JUST ALRIGHT
The Doobie Brothers (Warner Brothers)-6
57 66 LUCKY MAN
Emerson, Lake and Palmer (Cotillion)-16
58 64 LIVING TOGETHER, GROWING TOGETHER
The 5th Dimension (Bell)-3
59 69 BIG CITY MISS RUTH ANN
Gallery (Sussex)-4
60 48 IF YOU DON'T KNOW ME BY NOW
Harold Melvin and the Blue Notes (Phila. Intl.)-17
61 -- LOVE TRAIN
The O'Jays (Philadelphia International)-1
62 62 WHAT MY BABY NEEDS NOW IS A LITTLE MORE LOVIN'
James Brown-Lyn Collins (Polydor)-5
63 61 IN HEAVEN THERE IS NO BEER
Clean Living (Vanguard)-12
64 80 DUELING BANJOS
Deliverance (Eric Weissberg and Steve Mandell)
Warner Brothers-2
65 59 WOMAN TO WOMAN/
MIDNIGHT RIDER
Joe Cocker and the Chris Stainton Band (A&M)-16
66 67 DAYTIME NIGHT-TIME
Keith Hampshire (A&M)-5
67 78 DON'T LEAVE ME STARVIN' FOR YOUR LOVE (Part 1)
Holland-Dozier Featuring Brian Holland (Invictus)-3
68 77 DANNY'S SONG
Anne Murray (Capitol)-3
69 73 SONGMAN
Cashman and West (Dunhill)-4
70 71 I NEVER SAID GOODBYE
Engelbert Humperdinck (Parrot)-4
71 98 GOOD MORNING HEARTACHE
Diana Ross (Motown)-2
72 65 ANTHEM
Wayne Newton (Chelsea)-5
73 83 SOUL SONG
Joe Stampley (Dot)-3
74 75 SILLY WASN'T I
Valerie Simpson (Tamla)-7
75 95 GIVE ME YOUR LOVE
Barbara Mason (Buddah)-2
76 -- HUMMINGBIRD
Seals and Crofts (Warner Brothers)-1
77 81 OH NO, NOT MY BABY
Merry Clayton (Ode)-5
78 79 ONE LAST TIME
Glen Campbell (Capitol)-7
79 -- I GOT ANTS IN MY PANTS (And I Want To Dance) (Part 1)
James Brown (Polydor)-1
80 82 BOOGIE WOOGIE MAN
Paul Davis (Bang)-5
81 76 MAMA WEER ALL CRAZEE NOW
Slade (Polydor)-10
82 85 DIDN'T WE
Barbra Streisand (Columbia)-7
83 88 HAPPY (Love Theme From "Lady Sings the Blues")
Bobby Darin (Motown)-3
84 90 FEVER/
MY CREW
Rita Coolidge (A&M)-4
85 -- THE MESSAGE
The Cymande (Janus)-1
86 86 CONTROL OF ME
Les Emmerson (Lion)-2
87 84 YOU CAN DO MAGIC
Limmie & Family Cookin' (Avco)-10
88 92 BUT I DO
Bobby Vinton (Epic)-4
89 89 CHOO CHOO MAMA
Ten Years After (Columbia)-6
90 94 SLOW MOTION (Part 1)
Johnny Williams (Philadelphia International)-3
91 -- HOW CAN I TELL YOU
Travis Wammack (Fame)-1
92 97 WE
Shawn Phillips (A&M)-2
93 -- HOT WIRE
Al Green (Bell)-1
94 87 I'M SORRY
Joey Heatherton (MGM)-9
95 96 ON AND OFF (Part 1)
Anacosta (Columbia)-3
96 99 TWEEDLEE DEE
Little Jimmy Osmond (MGM/Kolob)-2
97 -- BLIND EYE/
SWEET LORRAINE
Uriah Heep (Mercury)-1
98 -- IF IT'S ALL RIGHT WITH YOU
Dottie West (RCA)-1
99 -- LITTLE WILLY
The Sweet (Bell)-1
100 100 I MISS YOU BABY
Millie Jackson (Spring)-3

------

------

US WEEKLY ALBUM CHARTS 1973/1/20

TW LW Title/Artist
1 1 NO SECRETS-CARLY SIMON
2 3 Rhymes & Reasons-Carole King
3 6 World Is A Ghetto-War
4 4 One Man Dog-James Taylor
5 5 Living In The Past-Jethro Tull
6 2 Seventh Sojourn-Moody Blues
7 10 Tommy-London Symphony Orchestra
8 8 Catch Bull At Four-Cat Stevens
9 9 Homecoming-America
10 12 Hot August Night-Neil Diamond
11 14 Talking Book-Stevie Wonder
12 7 I'm Still In Love With You-Al Green
13 11 Summer Breeze-Seals & Crofts
14 13 Rocky Mountain High-John Denver
15 17 Lady Sings The Blues-Diana Ross
16 16 For The Roses-Joni Mitchell
17 18 Superfly Soundtrack-Curtis Mayfield
18 23 360 Degrees Of Billy Paul-Billy Paul
19 20 Loggins & Messina-Loggins & Messina
20 15 Caravanserai-Santana

------

UK Album Chart For Week Up To 1973/1/20

TW LW Title/Artist
1 3 BACK TO FRONT GILBERT O'SULLIVAN
2 1 SLAYED? SLADE
3 8 SIMON AND GARFUNKEL'S GREATEST HITS SIMON AND GARFUNKEL
4 2 20 FANTASTIC HITS VOL.2 VARIOUS ARTISTS
5 7 PORTRAIT OF DONNY DONNY OSMOND
6 4 25 ROCKIN' AND ROLLIN' GREATS VARIOUS ARTISTS
7 5 22 DYNAMIC HITS, VOL.2 VARIOUS ARTISTS
8 15 NEVER A DULL MOMENT ROD STEWART
9 10 TOO YOUNG DONNY OSMOND
10 16 THE RISE AND FALL OF ZIGGY STARDUST DAVID BOWIE
11 9 CRAZY HORSES OSMONDS
12 6 TWENTY ALL TIME HITS OF THE 50'S VARIOUS ARTISTS
13 11 BRIDGE OVER TROUBLED WATER SIMON AND GARFUNKEL
14 20 CATCH BULL AT FOUR CAT STEVENS
15 RE THE STRAUSS FAMILY CYRIL ORNADEL / LONDON SYMPHONY ORCHESTRA
16 24 THE OSMONDS LIVE OSMONDS
17 NEW NO SECRETS CARLY SIMON
18 12 SLADE ALIVE SLADE
19 19 MADE IN JAPAN DEEP PURPLE
20 18 SEVENTH SOJOURN MOODY BLUES
21 22 GILBERT O'SULLIVAN HIMSELF GILBERT O'SULLIVAN
22 RE EVERY PICTURE TELLS A STORY ROD STEWART
23 NEW PILEDRIVER STATUS QUO
24 14 MOTOWN CHARTBUSTERS, VOL.7 VARIOUS ARTISTS
25 RE IMAGINE JOHN LENNON AND THE PLASTIC ONO BAND
26 RE GREATEST HITS JACKSON 5
27 RE SING ALONG WITH MAX VOL.II MAX BYGRAVES
28 RE LAST GOON SHOW OF ALL GOONS
29 RE SING ALONG WITH MAX MAX BYGRAVES
30 RE TEASER AND THE FIRECAT CAT STEVENS
31 13 CARAVANSERAI SANTANA
32 17 BEN MICHAEL JACKSON
33 RE GLITTER GARY GLITTER
34 RE CHERISH DAVID CASSIDY
35 RE CLOSE TO YOU CARPENTERS
36 RE MOVING WAVES FOCUS
37 RE DOREMI FASOL LATIDO HAWKWIND
38 RE THE SOUND OF MUSIC ORIGINAL SOUNDTRACK
39 NEW FOCUS 3 FOCUS
40 RE SPARTACUS ARAM KHATCHATURIAN / VIENNA PHILHARMONIC ORCHESTRA

------

UK Singles Chart For Week Up To 1973/1/20
TW LW Wks TITLE/Artist
1 1 9 LONG HAIRED LOVER FROM LIVERPOOL Little Jimmy Osmond
2 16 2 BLOCKBUSTER Sweet
3 2 7 THE JEAN GENIE David Bowie
4 7 6 YOU’RE SO VAIN Carly Simon
5 5 7 HI HI HI / C-MOON Paul McCartney And Wings
6 6 7 BALL PARK INCIDENT Wizzard
7 3 7 SOLID GOLD EASY ACTION T. Rex
8 4 11 CRAZY HORSES Osmonds
9 10 6 ALWAYS ON MY MIND Elvis Presley
10 8 7 BIG SEVEN Judge Dread
11 18 9 HELP ME MAKE IT THROUGH THE NIGHT Gladys Knight And The Pips
12 11 20 SHOTGUN WEDDING Roy C
13 13 19 NIGHTS IN WHITE SATIN Moody Blues
14 9 9 GUDBUY T’JANE Slade
15 26 2 WISHING WELL Free
16 21 7 CAN’T KEEP IT IN Cat Stevens
17 19 6 DESPERATE DAN Lieutenant Pigeon
18 37 2 PAPA WAS A ROLLIN’ STONE Temptations
19 12 9 BEN Michael Jackson
20 24 8 COME SOFTLY TO ME New Seekers
21 17 12 WHY Donny Osmond
22 14 13 MY DING-A-LING Chuck Berry
23 30 2 IF YOU DON’T KNOW ME BY NOW Harold Melvin And The Bluenotes
24 40 2 PAPER PLANE Status Quo
25 42 2 ME AND MRS JONES Billy Paul
26 22 8 LITTLE DRUMMER BOY Royal Scots Dragoon Guards Band
27 33 2 RELAY Who
28 25 11 STAY WITH ME Blue Mink
29 20 12 CROCODILE ROCK Elton John
30 31 4 I’M ON MY WAY TO A BETTER PLACE Chairmen Of The Board
31 23 8 GETTIN’ A DRAG Lynsey De Paul
32 39 2 BIG CITY Dandy Livingstone
33 15 7 HAPPY XMAS (WAR IS OVER) John And Yoko And The Plastic Ono Band
34 - 1 DO YOU WANNA TOUCH ME Gary Glitter
35 50 2 TAKE ME HOME COUNTRY ROADS Olivia Newton-John
36 28 10 ANGEL / WHAT MADE MILWAUKEE FAMOUS Rod Stewart
37 35 21 BIG SIX Judge Dread
38 - 1 DANIEL Elton John
39 27 14 CLAIR Gilbert O’Sullivan
40 - 1 HOCUS POCUS Focus
41 32 11 LOOKIN’ THROUGH THE WINDOWS Jackson Five
42 29 9 ROCK ME BABY David Cassidy
43 41 18 MOULDY OLD DOUGH Lieutenant Pigeon
44 - 1 WHISKY IN THE JAR Thin Lizzy
45 43 2 YOU ARE AWFUL Dick Emery
46 47 2 ON A SATURDAY NIGHT Terry Dactyl And The Dinosaurs
47 46 9 JUST OUT OF REACH Ken Dodd
48 - 1 BABY I LOVE YOU Dave Edmunds
49 38 12 LAY DOWN Strawbs
50 RE 3 THE LOVE IN YOUR EYES Vicky Leandros

----------------

日本洋楽シングルチャート
1973年1月22日
1. トップ・オブ・ザ・ワールド - カーペンターズ
2. 愛の休日 - ミッシェル・ポルナレフ
3. 恋のフィーリング - カプリコーン
4. チルドレン・オヴ・ザ・レヴォリューション - T.レックス
5. クレア ギルバート・オサリヴァン
6. クロコダイル・ロック - エルトン・ジョン
7. シュガー・ミー - リンジー・ディ・ポール
8. イージー・アクション - T.レックス
9. アリスは大統領 - アリス・クーパー
10. 片想いと僕 - ロボ
11. ピース・オブ・エイプリル - スリー・ドッグ・ナイト
12. ヴェンチュラ・ハイウェイ - アメリカ
13. スターマン - デビッド・ボウイー
14. バーニング・ラブ - エルヴィス・プレスリー
15. 明日の風 - バッドフィンガー
16. タイト・ロープ - レオン・ラッセル
17. 裏切者のテーマ - オージェイズ
18. カリフオルニアの青い空 - アルバート・ハモンド
19. 明日を生きよう - ラズベリーズ
20. ハイ・ハイ・ハイ - ウイングス
21. ポップコーン - ホット・バター
22. スイート・サレンダー - ブレッド
23. ベンのテーマ - マイケル・ジャクソン
24. クレイジー・ホース - オズモンズ
25. 魔女のささやき - イーグルス
26. アローン・アゲイン - ギルバート・オサリヴァン
27. サタデイ・イン・ザ・パーク - シカゴ
28. 初恋の街 - ビョルン&ベニー
29. ゴー・オール・ザ・ウェイ - ラズベリーズ
30. エミリー・エミリー - サイモン&ガーファンクル
31. 見果てぬ夢 - ピーター・オトゥール : アンディ・ウィリアムス
32. ジャンバラヤ - ザ・ショッキング・ブルー : ジョン・フォガティーとブルー・リッヂ・レインジャーズ
33. ブラック・アンド・ホワイト - スリー・ドッグ・ナイト
34. バラキのテーマ - リズ・オルトラーニ
35. ゴッドファーザー愛のテーマ - ニノ・ロータ : アンディ・ウィリアムス
36. ギター・マン - ブレッド
37. ダイアログ - シカゴ
38. シルバー・マシーン - ホークウィンド
39. デルタ・クイーン - プラウド・フット
40. ほほえみの海 - ザ・ビー・ジーズ


----------------


. .