前日のThAnk YoU 前回へ行く 日刊ろっくす TOPへ  次へ進む

 

 


洋楽70's全曲探検
1973/2/10号
幸せの黄色いリボン&ワイルド・サイドを歩け登場


皆様こんにちわ、
洋楽70's全曲探検、
42年前の今週最新米英日のヒットチャートから初登場曲をピックアップし
全曲聴いてしまおうという企画です。
司会は、
いやー、
山口眞と申します。

昨日チューブで見ましたユーミンさんといしだあゆみさんの対談はすごかった。
先輩を先輩とも思わぬタメ口態度の若き日のユーミンさんのクソ生意気なこと。
ニュー・ミュージックには偽物が仰山おるとか、
崖っぷちの上の木の上で縛られて音楽やってるほうが楽だとか言いたい放題。
やっぱねえあの方は根にあるのは怨念、呪い。
原因は・・・・
あれだ。
あれですやっぱ。

を受けて始めます。

なお
全チャートの眺めは、一番下(追記部分)にありますのでご参照ください。

−−−−−−

今週のチャート初登場全曲再生リスト
http://www.youtube.com/playlist?list=PLEBB66F68BA99D8A1


Rock of Ages from 1969(fromMarch) vol.1
http://www.youtube.com/playlist?list=PLA9848671995DB3A7

Rock of Ages from 1969(fromMarch) vol.2
http://www.youtube.com/playlist?list=PLEBB66F68BA99D8A1

ヒットチャートロックの歴史
http://www.youtube.com/playlist?list=PLF17180564A99EA22

Best of Charted 70's Pops
http://www.youtube.com/playlist?list=PL26E2DB24FF57D4C2

Best of Charted 70's Soul & Funk
http://www.youtube.com/playlist?list=PL095D0B8355FBF0A6

All the Charted 70's Reggae in Usa & UK
http://www.youtube.com/playlist?list=PL9FF6696215D26B9F

All the Charted Glam Pop
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTxVxw4O6oIWvDSFfBq1ExRl

ベスト・オブ・日本洋楽史70's
http://www.youtube.com/playlist?list=PL8FE5FC9CFF908F9E

B-ROCK IN 70'S
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTzPigQphdlDDmdO9I4BIPg2

歴史オブ西海岸ロック
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTyIW3wwEtUZtasuU2GHyHsB

All Progressive Rock Single in 70's Chart
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTwc2Z7ZNAGCmryr4NpDQDTp

Not Glam But Pop Rock in UK 70's chart
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTxy0894KWrY4lDlYd9yod3G

−−−−−−

1973年2月17日米国チャートから、
表記は
順位/曲名/歌手、バンド/の順なり。
☆(最高五つ星)は素敵度判断。
先に英日チャートでランクイン済みの場合は失礼ながらその時のレビューを転用させていただいてます。

1-62
☆☆☆☆73. CALL ME (Come Back Home) - Al Green (Hi)-1
コール・ミー アル・グリーン



http://youtu.be/x9dDQUkFG8Y

「レッツ・ステイ・トゥゲザー」その後なの連発でいいものもちと少しづつ下り坂の感がございましたアルおじちゃん、
そろそろ本気で新味を
1973年7月発売アルバム「Call Me」より2回目カット、
作はお馴染みな自身、アル・ジャクソン・ジュニア、ウィリー・ミッチェル社長組なれど
出来が違います、抜群の手応え94点。

1973年2月17日73位初登場、最高位10位。R&Bチャート2位。

♪Call me call me call me. What a beautiful time we had together


2-63
☆☆☆☆☆79. BITTER BAD - Melanie (Neighborhood)-1
ビター・バッド(つれない想い) メラニー







http://youtu.be/y0wx-RzVWfE


ウッドストック世代のリンダさん、メラニーさん最後のTOP40ヒットです。
このスタジオ版はシングルのみリリース。
ナイスなノリノリ・サウンドで最後なんて冗談でしょー95点。

1973年2月17日79位初登場、最高位36位。

♪It's bitter bad, heartsick sad When the one that you love has lost the feel for you


3-64
☆☆☆☆☆80. TIE A YELLOW RIBBON ROUND THE OLE OAK TREE - Dawn Featuring Tony Orlando (Bell)-1
幸せの黄色いリボン ドーン







http://youtu.be/7NCZ4l8FCFc

お化け出ました。
映画「幸せの黄色いハンカチ」のネタ元唄。
1973年4作目アルバム「Tuneweaving」よりカット、
作はお抱え作家組、Irwin Levine, L. Russell Brownのお二人。
問答無用の神様の賜物、歌詞はほぼ映画のまんまだったかと96点。
ただハンカチじゃなくてリボン。許すのなら木に巻いてくれって。その奇妙なのにええ話が秘訣。
ただ耳タコなもんで完全に訳すのはいたしません。

米1973年2月17日80位初登場、最高位1位。

英4回目のヒットで、
1973年3月10日38位初登場、最高位1位、1974年1月5日41位まで通算40週。

日本
1973年4月21日発売
洋楽チャート4回目のヒットで、
1973年4月22日29位初登場、6月10日最高位1位。
歌謡チャート21位。9.6万枚。

♪ I'm coming home. I've done my time.


4-65
☆☆☆84. BOO, BOO, DON'T 'CHA BE BLUE - Tommy James (Roulette)-1
ブー・ブー・ドンチャ・ビー・ブルー トミー・ジェイムス





http://youtu.be/KmiiW8Lof_s

失礼すが出来の割に必ずチャート入りする元ションデルズ頭領、トミーさんも
これで連続ヒットが止まります。えー、そんなー「ブーブー!凹むわあ」84点。
いい曲も砂糖入れすぎ。

1973年2月17日84位初登場、最高位70位。

♪Boo, Boo, Don't 'Cha Be Blue I'm coming back to you


5-66
☆☆☆85. PARDON ME SIR - Joe Cocker (A&M)-1
パードン・ミー・サー ジョー・コッカー





http://youtu.be/vzQTzEepOm8

コンスタントにヒットもでっぱりへっこみ大きいコッカーちゃん、
1972年11月日発売3作目アルバム「Joe Cocker」より4回目最後カット、
今回はへっこみ。サウンドは文句無しも曲があと一歩。自作なもんでそれも致し方なしよ81点。

1973年2月17日85位初登場、最高位51位。

♪Pardon me, friend If what I'm saying don't seem right


6-67
☆☆☆☆86. STEP BY STEP - Joe Simon (Spring)-1
ステップ・バイ・ステップ ジョー・サイモン





http://youtu.be/_CWzg6hu2Gw

1943年9月2日ルイジアナのシムズポート生まれ乙女座それは
真理の探究・内面の探求・真理を求め、獲得する、
信念堅実、正々堂々、几帳面、計画の人。
それはジョーおじさん。常連黒演歌歌手だよ。
それも毎度期待を外さぬ力八部目のこういったいい曲を出してくださるからです94点。

1973年2月17日86位初登場、最高位37位。R&Bチャート6位。

英唯一のヒットで、
1973年6月16日49位初登場、最高位14位、8月18日39位まで通算10週。

♪Oh yeah Step by step I've got to get close to you


7-68
☆☆☆☆87. DREAM ME HOME - Mac Davis (Columbia)-1
ドリーム・ミー・ホーム マック・デイヴィス



http://youtu.be/xLrRAQiFIKU

「Baby, Don't Get Hooked on Me」ナンバー1超ヒット・アフターのマックおじさん、
先タイトル・アルバムより3回目で最後カット。無理して切らなくてもええのにって
アルバム内だといいと思ってたのにシングルとなるとハードル上がって思えて81点。
これで名前で大ヒットなら問題もちゃんとそれなりなので問題無し。

1973年2月17日87位初登場、最高位73位。カントリー47位。

♪Well, it's two A.M. in Nashville, Midnight in L.A


8-69
☆☆☆☆☆88. DAISY A DAY - Jud Strunk (MGM)-1
デイジー・ア・デイ ジャド・ストランク





http://youtu.be/g5AzmEX-txw


Justin Strunk, Jr.、1936年6月11日NYはジェームズタウン生まれ、社交的・神経質な双子座。
シンガー・ソングライター。デビューは1970年。
このたび1973年3作目同名アルバムよりデビュー・シングルが人生誰だって一回は大駆けが在る
ミラクルなキラー・チューン爽やかなるワルツ花歌です96点。

1973年2月17日88位初登場、最高位14位。カントリー33位。

♪He remembers the first time he met her


9-70
☆☆☆☆89. ONE MAN BAND (Plays All Alone) - Ronnie Dyson (Columbia)-1
ワン・マン・バンド ロニー・ダイソン





http://youtu.be/FgYYKzUtuxI

ダイソン球か人間掃除機かワシントンの黒歌謡男、ロニーさん、1970年から下位チャート常連です。
このたび1973年発売2作目アルバム「One Man Band」よりカット、
作はリンダ・クリード嬢、トム・ベル師。プロデュース・アレンジもトム・ベル師。
天は自ら助くる者を助く、選ばれた貴方はそれでもラッキーです、
素晴らしい時期に素晴らしい人達と素晴らしい唄94点。

1973年2月17日89位初登場、最高位28位。R&Bチャート15位。

♪All my life I've been alone


10-71
☆☆☆☆91. BREAKING UP SOMEBODY'S HOME - Albert King (Stax)-1
ブレーキング・アップ・サムデイズ・ホーム アルバート・キング



http://youtu.be/CI7I9OumKhU

フライングV王、ブルース三大キングの一人、アルバート翁、
1972年発売7作目アルバム「I'll Play the Blues for You」
http://www24.big.or.jp/~great/soul/albert/play.html
よりカット、
作はTimothy Jackson, Raymond Matthewsお二人。
生涯2回だけのポップ・チャート・ヒットの最後の1曲。
ホーンはThe Memphis Horns、リズム・セクションはThe Bar-Kays & The Movement。
乾いたVがむせび泣く94点。

1973年2月17日91位初登場、最高位91位。R&Bチャート35位。

♪Laying around home alone On a rainy night like this

#228
#165
11-72
☆☆☆☆☆92. WALK ON THE WILD SIDE - Lou Reed (RCA)-1
ワイルド・サイドを歩け ルー・リード







http://youtu.be/0KaWSOlASWc


Lewis Allan "Lou" Reed、1942年3月2日NYブルックリン生まれ
情緒・優しさ・ナイーブ・芸術家気質の魚座。
かのヴェルヴェット・アンダーグラウンドの雄、
ここに立つ。
1972年11月8日発売2作目アルバム「Transformer」より1回目カット11月8日発売、
作は自身、プロデュースはデヴィッド・ボウイ&ミック・ロンソン両氏。
一世一代の世間と瞬間シンクロした名曲です100点。。

1973年2月17日92位初登場、最高位16位。

英1回目のヒットで、
1973年5月12日32位初登場、最高位10位、7月7日42位まで通算9週。

♪Holly came from Miami, F.L.A. Hitch-hiked her way across the U.S.A.

ロック名曲リスト入り。


12-73
☆☆☆☆☆99. WILDFLOWER - Skylark (Capitol)-1
ワイルドフラワー スカイラーク







http://youtu.be/YQ8n_Esop5I


カナダはバンクーバーより奇跡のバンド登場。
ロニー・ホーキンスのバックバンドのメンバーらにより1971年結成、
1972年デビュー・アルバム「Skylark」よりカットのデビュー・シングル、
作はDoug Edwards, David Richardson両氏。
鍵盤はあのデヴィッド・フォスター師。
ここにアダコン第一号として三千と輝く名曲誕生98点。

1973年2月17日99位初登場、最高位9位。

♪She's faced the hardest times you could imagine


***************

ちなみに
この週の全米TOP3は

1.☆←1 CROCODILE ROCK - Elton John (MCA)-11 (3 week at #1)
2.←2 YOU'RE SO VAIN - Carly Simon (Elektra)-12 (3 weeks at #1)
3.☆←4 OH, BABE, WHAT WOULD YOU SAY - Hurricane Smith (Capitol)-12

3位におっさん見参。

−−−−−−

1973年2月17日付TOP20米アルバム・チャートの
ニュー・エントリー盤は

1-12
☆☆☆☆☆13.☆←98 Don't Shoot Me I'm Only The Piano Player - Elton John
ピアニストを撃つな! エルトン・ジョン



英登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/413807969.html



Side A
1. ダニエル - Daniel
2. 僕には先生が必要 - Teacher I Need You
3. にわとこのワイン - Elderberry Wine
4. ベイビーと僕のためのブルース - Blues for My Baby and Me
http://youtu.be/11YH2t-XHaA
5. ミッドナイト・クリーパー - Midnight Creeper

Side B
1. 罪人にあわれみを - Have Mercy on the Criminal
2. ティーン・エイジャーのアイドル - I'm Going to Be a Teenage Idol
3. テキサスのラヴ・ソング - Texan Love Song
4. クロコダイル・ロック - Crocodile Rock
5. ハイ・フライング・バード - High-Flying Bird
http://youtu.be/fYDviA2TunA

Personnel
Elton John – vocals, piano, electric piano, Leslie piano, Farfisa organ, harmonium, mellotron
Davey Johnstone – acoustic, electric, and Leslie guitars, banjo, sitar, mandolin, backing vocals (tracks 2, 7, 10)
Dee Murray – bass guitar, backing vocals (tracks 2, 7, 10)
Nigel Olsson – drums, maracas, backing vocals (tracks 2, 7, 10)

Additional musicians
Ken Scott – ARP synthesiser (track 1)
Gus Dudgeon – brass arrangement (tracks 3, 5, 7)
Paul Buckmaster – orchestral arrangement (tracks 4, 6)
Jacques Bolognesi – trombone
Ivan Jullien – trumpet
Jean-Louis Chautemps, Alain Hatot – saxophones

Producer Gus Dudgeon

1973年1月26日発売6作目。

来ました。
破竹の勢い、絶頂期に入ったきんどうさん。てっぺん三部作の其二は
何を書いていいかわからんほどハマったアルバム。
とにかくこの空気は無比。この時代音楽の神様はエルトン用に専用でひとりかかりっきりだった100点。



英6回目のヒットで、
1973年2月10日1位初登場、最高位1位、1974年7月13日43位まで通算42週。

米最高位1位。

日本4位。


2-13
☆☆☆☆20.☆←27 Who Do We Think We Are - Deep Purple
紫の肖像 ディープ・パープル



Side A
1. ウーマン・フロム・トーキョー - Woman From Tokyo 5分50秒
2. マリー・ロング - Mary Long 4分25秒
3. スーパー・トゥルーパー - Super Trouper 2分56秒
4. スムース・ダンサー - Smooth Dancer 4分10秒

Side B
1. ラット・バット・ブルー - Rat Bat Blue 5分23秒
2. プレイス・イン・ライン - Place In Line 6分31秒
http://youtu.be/mFwrKtoleRs
3. アワ・レディ - Our Lady 5分12秒

Personnel
イアン・ギラン - ボーカル
リッチー・ブラックモア - ギター
ジョン・ロード - キーボード
ロジャー・グローヴァー - ベース
イアン・ペイス - ドラムス

プロデュース ディープ・パープル

”ライブ・イン・ジャパン”で絶頂期を迎えたパープル、
本来なら押しの一手の盤も何しろバンド内不協和音も絶頂で
特にリッチー師とギラン師はもうあかん。
ネタも練れるはずもなくやる気なしリッチーはんにブルースを弾かせる火に油を注いで
次なる段階へと周囲を納得させる凹みもこれがロックの態度だ81点。
取り繕いません。

1973年米1月13日、英2月発売7作目。

米最高位15位。

英6回目のヒットで、
1973年2月17日13位初登場、最高位4位、5月5日49位まで通算11週。


TOP3は

1.☆←2 World Is A Ghetto - War
2.←1 NO SECRETS - CARLY SIMON
3.←3 Talking Book - Stevie Wonder

−−−−−−

1973年2月17日付TOP40英国アルバム・チャートより

1-12
☆☆☆☆13. WHO DO WE THINK WE ARE - DEEP PURPLE
紫の肖像 ディープ・パープル



英米同時エントリーです。
↑をご参照ください。


2-13
?19. WITH LOVING FEELING - TONY CHRISTIE
ウイズ・ラヴィング・フィーリング トニー・クリスティ



Side A
1. You've Lost That Loving Feeling 3:26
http://youtu.be/DnnJIvYP0VI
2. Daddy Don't You Walk So Fast 3:04
3. Is This The Way To Amarillo? 3:12
4. Life Without You 3:41
5. Solitaire 4:04
6. On Broadway 2:53

Side B
1. A House Is Not A Home 2:59
2. Avenues And Alleyways 3:19
3. God Bless Joanna 3:05
4. My Love Song 4:34
5. Don't Go Down To Reno 3:20
6. So Deep Is The Night 3:34

1972年発売。

Producer – Mitch Murray, Peter Callander

英国のんきな父さん歌謡歌手、2作目アルバムです。
持ってませんでこれより一生持つ気も無さそうだよ?点。

2回目のヒットで、
1973年2月17日19位初登場、3月3日に42位。2週。


3-14
?25. KILLER JOE - LITTLE JIMMY OSMOND
キラー・ジョー リトル・ジミー・オズモンド



Side A
1. "Killer Joe" - 2:40
http://youtu.be/w9KMmV_c-JA
2. "Little Girls Are Fun" - 1:37
3. "My Girl" (Smokey Robinson) - 2:47
4. "Mama'd Know What To Do"
5. "Let Me Be Your Teddy Bear" (Kal Mann, Bernie Lowe)

Side B
1. "Long Haired Lover from Liverpool" - 2:14
2. "If My Dad Were President" - 3:40
3. "Tweedlee Dee" (Winfield Scott) - 3:41
4. "Mother Of Mine" - 3:21
5. "Rubber Ball" - 2:14

1972年11月発売2作目。

Producer – Mike Curb, Perry Botkin Jr. (tracks: B1)
Producer, Arranged By – Don Costa

こちらでの人気が半端ないオズモンドさんとこのガキ。
持ってませんでこれより一生持つ気も無さそうだぜ?点。

唯一のヒットで、
1973年2月17日25位初登場、最高位20位、5月12日40位まで通算12週。


4-15
☆☆☆☆☆31. HOT AUGUST NIGHT - NEIL DIAMOND
グリーク・ シアター・コンサート ニール・ダイアモンド



米登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/411342667.html



Side A
1. "Prologue" 3:07
2. "Crunchy Granola Suite" 4:26
http://youtu.be/WC8y7S2NTu8
3. "Done Too Soon" 3:22
4. "Dialogue" 1:22
5. "Solitary Man" 3:14
6. "Cherry, Cherry" 4:43
http://youtu.be/lIeY4S1h79Q
7. "Sweet Caroline" 4:06

Side B
1. "Porcupine Pie" 1:51
2. "You're So Sweet" 2:17
3. "Red Red Wine" 3:56
4. "Soggy Pretzels" 3:24
5. "And The Grass Won't Pay No Mind" 4:39
6. "Shilo" 3:35
7. "Girl, You'll Be a Woman Soon" 2:48

Side C
1. "Play Me" 4:43
2. "Canta Libre" 5:28
3. "Morningside" 5:35
4. "Song Sung Blue" 4:53
5. "Cracklin' Rosie" 2:45

Side D
1. "Holly Holy" 6:18
2. "I Am... I Said" 6:09
3. "Soolaimon" / "Brother Love's Travelling Salvation Show" 9:36

Personnel
Neil Diamond - vocals and guitar
Richard Bennett - guitar
Danny Nicholson - guitar
Emory Gordy, Jr. - guitar and vibraphone
Alan Lindgren - keyboards
Reinie Press - bass
Dennis St. John - drums
Jefferson Kewley - percussion
String section - Sidney Sharp, Philip Candreva, Paulo Alencar, Baldassare Ferlazzo, Robert Lipsett, Haim Shtrum, Ron Folsom, Henry Ferber, Hyman Goodman, William Henderson, John DeVoogdt, Wilbert Nuttycombe, Jay Rosen, Walter Wiemeyer, Shari Zippert, Ralph Schaeffer, Tibor Zelig, Walter Rower, Salvatore Crimi, Richard Kaufman, David Turner (violins), Linn Subotnick, Philip Goldberg, Sven Reher, Myron Sandler, Marilyn Baker, Samuel Boghossian (violas), Jesse Ehrlich, Jerome Kessler, Raymond Kelley, Nathan Gershman, Alice Ober, Giacinto Nardulli (violoncelli), Timothy Barr, Jess Bourgeois, Don Bagley (bass violins)

Orchestra conducted by Lee Holdridge

Producer Tom Catalano

「おお、こんなにデカくなっちまったい!」
なおっとっとジャケの
1972年8月24日にLAのグリーク・シアターで録音の2枚目の2枚組ライブ盤。
このワイルドさに何ぞ文句言ったら怒られるど93点。



米最高位5位。

英、
5回目のヒットで、
1973年2月17日31位初登場、最高位21位、1977年8月6日60位まで通算21週。

******

TOP3は

1.☆←1 DON'T SHOOT ME I'M ONLY THE PIANO PLAYER - ELTON JOHN (2 week at #1)
2.☆←2 THE STRAUSS FAMILY - CYRIL ORNADEL / LONDON SYMPHONY ORCHESTRA
3.☆←7 NO SECRETS - CARLY SIMON

カーリーさん来ました。

−−−−−−

1973年2月17日付TOP50英国シングル・チャートより

1-32
☆☆☆☆☆17. CINDY INCIDENTALLY - Faces
いとしのシンディ フェイセズ





http://youtu.be/QzcYaSAVXp4

時が経つのは早いもの。
もう1973年4月発売最後作目アルバム「Ooh La La」より1回目カット、
作はレインさん除く三人。穏やかなノリが寂しさをつのりますウー・ラ・ラの香り95点。

2回目のヒットで、
1973年2月17日17位初登場、最高位2位、4月14日49位まで通算9週。

1973年3月10日83位初登場、最高位48位。

♪Oh Cindy ain't you noticed That several of your friends have moved on


2-33
☆☆☆☆27. DOCTOR MY EYES - Jackson Five
ドクター・マイ・アイズ ジャクソン5



http://rocksblog.seesaa.net/article/392377989.html
http://youtu.be/D2zWXpdZo8g

世にも珍なる眼科ソングのジャクソン・ブラウン兄さんのデビュー・ヒットは
こちらではジャクソン違いの兄弟でヒットです。
1972年5月23日発売7作目アルバム「Lookin' Through the Windows」より1973年2月2日にシングル発売。
ほぼマンマなカバーもこれがどんぴしゃ92点。

9回目のヒットで
1973年2月17日27位初登場、最高位9位。4月21日50位まで10週。

♪Doctor, my eyes have seen the years


3-34
☆☆☆☆33. STEP INTO A DREAM - White Plains
ステップ・イントゥ・ア・ドリーム ホワイト・プレインズ



http://youtu.be/7kk9cdYxsqY

お気楽極楽後生楽、英国は70's初頭の歌謡天国の安土桃山を飾ったこのバンドもついに最後のヒットです。
作はクック=グリーナウェイ名伯楽コンビ。
スカのビートで最後まで揺るがぬ明るさで頬がゆるむ90点。

5回目のヒットで、最後、
1973年2月17日33位初登場、最高位21位、4月14日50位まで通算9週。

♪♪


4-35
☆☆☆☆☆47. KILLING ME SOFTLY WITH HIS SONG - Roberta Flack
やさしく歌って ロバータ・フラック



http://youtu.be/O1eOsMc2Fgg

米登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/413027295.html



1973年の歌です。
ネスカフェのCMで有名になってしもった
1973年8月1日発売5作目アルバム「Killing Me Softly」より1回目カット1月21日発売、
作詞:ノーマン・ギンベル(Norman Gimbel)氏、作曲:チャールズ・フォックス(Charles Fox)氏。
生誕の所以は後日「完璧なシングル」で調査して。
ユーミンさんもでっかく打たれたはずなニュー・ソウルの天王山100点。



やるゆうといてまだやらんですまん。

米1973年1月27日54位初登場、最高位1位。R&Bチャート2位。

英、
2回目のヒットで、
2月17日47位初登場、最高位6位、5月19日44位まで通算14週。

日本洋楽チャート1回目のヒットで、4月2日35位初登場、5月27日に最高位5位。
歌謡チャート最高位24位。18.8万枚。

♪Strumming my pain with his fingers


5-36
☆☆☆☆☆50. HOW COULD WE DARE TO BE WRONG - Colin Blunstone
ハウ・クッド・ウイ・ディア・トゥ・ビー・ロング コリン・ブランストーン



http://youtu.be/svP_X9UPcZU

元ゾンビーズ、こりん星の天使の歌声石、コリンストーン氏、
1972年11月発売2作目アルバム「Ennismore」より第2弾カット。
作は自身とフィル・デニーズ氏。
アルバムの最後も飾る逆らいようもないちっちゃな美曲です95点。

3(4)回目のヒットで、
1973年2月17日50位初登場、次週45位。2週。

♪Take me up Fill my cup with your wine


******

TOP3は

1.☆←1 BLOCKBUSTER - Sweet -6wks /4wks No.1
2.☆←3 PART OF THE UNION - Strawbs -4wks
3.←2 DO YOU WANNA TOUCH ME - Gary Glitter -5wks

親父が親父に抜かされる。

----------------------

1973年2月19日付のTOP40日本洋楽チャートより

1-26
☆☆☆☆33. 白い記憶 - ヴィグラスとオズボーン
Remember - Vigrass & Osborne



http://youtu.be/EOjs7Htwe1c

「秋はひとりぼっち」
http://youtu.be/coF5k3jq1VY
http://rocksblog.seesaa.net/article/405873899.html
が我が国で異常とも言える反応でオオウケだった英国お二人の第2弾。
今回も今回のほうがいい曲だと思うんだがこれがまた不思議なウケなさが怖い92点。
あっさりし過ぎなのかな。

2回目のヒットで、
1973年2月19日33位初登場、1週。

♪♪


2-27
☆☆☆☆☆37. グッバイ・ジェーン - スレイド
GUDBUY T'JANE - Slade



http://rocksblog.seesaa.net/article/410224693.html
http://youtu.be/zPHtNNboEXM

英登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/409526426.html



来ました。
向かうところ敵無し。「Mama Weer All Crazee Now」に続く絶頂期三部作第2弾。
作はノディ・ホルダー師&ジム・リー師。
1972年11月1日発売2作目アルバム「Slayed?」より2回目カット11月17日発売。
完全無比だ100点。

英6回目のヒットで、11月25日8位初登場、最高位2位、1973年2月17日44位まで通算13週。
チャック・ベリー師匠に阻まれてどうしても2位。

米、1973年3月10日88位初登場、最高位68位。

日本洋楽チャート
2回目のヒットで、
1973年2月19日位初登場、4月2日最高位12位3週。

♪Goodbye to Jane, goodbye to Jane She's a dark horse see if she can


3-28
?38. アドロ - フランク・プウルセル・グランド・オーケストラ
Adoro - Franck Pourcel & His Grand Orchestra



http://youtu.be/nAkDO_CYLL0

何と歌謡チャートのほうで先行しました。
そのランクイン時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/413753273.html



フランク・プゥルセル〜Franck Pourcel、1913年8月11日 - 2000年11月12日、フランス・マルセイユ生まれ
正義・情熱・棟梁の獅子座。イージー・リスニング王のお一人。
この曲は1967年発表で1972年のフジテレビのドラマ「光る海」のテーマ曲となって
1972年12月1日発売、ヒットしたそうです。
貴方は「光る海」を覚えてらっしゃるでしょうか?私は記憶無し。
ゆえに目が点?点。

ネタバレ↓
最高位24位。14.4万枚。



唯一のヒットで、
1973年2月19日38位初登場、2月26日最高位35位。

♪♪


4-29
☆☆☆☆40. シー・クルーズ - シャ・ナ・ナ
Sea Cruise - Sha-Na-Na



http://youtu.be/IDktB6ccSd4

突然シャナナ。
アルバム「The Night Is Still Young」より
作はヒューイ・ピアノ・スミス師のニュー・オリンズR&B。
http://youtu.be/u38F2D945cY

曲は聞かれればお馴染みのあのノリノリです。
何故突然こっちで小ヒットなのか?アメリカン・グラフィティ先取りの快挙92点。

1回目のヒットで、
1973年2月19日40位初登場、次週40位。2週。

♪Old man rhythm is in my shoes No use t'sittin' and a'singin' the blues


************

TOP3は

1. イージー・アクション - T.レックス
2. カリフオルニアの青い空 - アルバート・ハモンド
3. ハイ・ハイ・ハイ - ウイングス

トップ・オブ・ザ・ワールドおちてハイハイハイがハイになる。

************

以上

油断めさるな今週もドーンとワイルドにすかいらーくな
キラーやっぱし登場の73年。
涅槃はたゆまぬまだ2月。

(山)2015.2.17

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

100 Hits: Rock

100 Hits: Soul

100 Hits: 70's



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくす洋楽70’s全曲探検 のページ

資料

英語資料

English Version

.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

閲覧ありがとうございます。
僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA


−−−−−−−−−−−−−−−−−



.
.


US Top 100 Singles Week Ending 17th February, 1973

TW LW TITLE Artist (Label)-Weeks on Chart

1 1 CROCODILE ROCK
Elton John (MCA)-11 (3 weeks at #1)
2 2 YOU'RE SO VAIN
Carly Simon (Elektra)-12
3 4 OH, BABE, WHAT WOULD YOU SAY
Hurricane Smith (Capitol)-12
4 11 DUELING BANJOS
Deliverance (Eric Weissberg and Steve Mandell)
Warner Brothers-6
5 15 KILLING ME SOFTLY WITH HIS SONG
Roberta Flack (Atlantic)-4
6 6 DO IT AGAIN
Steely Dan (ABC)-14
7 10 COULD IT BE I'M FALLING IN LOVE
The Spinners (Atlantic)-8
8 9 DON'T EXPECT ME TO BE YOUR FRIEND
Lobo (Big Tree)-8
9 3 WHY CAN'T WE LIVE TOGETHER
Timmy Thomas (Glades)-13
10 12 ROCKY MOUNTAIN HIGH
John Denver (RCA)-13
11 7 THE WORLD IS A GHETTO
War (United Artists)-14
12 5 SUPERSTITION
Stevie Wonder (Tamla)-14
13 19 LAST SONG
Edward Bear (Capitol)-10
14 14 DANCING IN THE MOONLIGHT
King Harvest (Perception)-17
15 22 LOVE TRAIN
The O'Jays (Philadelphia International)-5
16 18 DADDY'S HOME
Jermaine Jackson (Motown)-11
17 8 TROUBLE MAN
Marvin Gaye (Tamla)-10
18 21 JAMBALAYA (On the Bayou)
The Blue Ridge Rangers (Fantasy)-12
19 30 THE COVER OF "ROLLING STONE"
Dr. Hook and the Medicine Show (Columbia)-12
20 16 LOVE JONES
Brighter Side Of Darkness (20th Century)-11
21 13 YOUR MAMA DON'T DANCE
Kenny Loggins and Jim Messina (Columbia)-15
22 26 DO YOU WANT TO DANCE
Bette Midler (Atlantic)-9
23 27 DREIDEL
Don McLean (United Artists)-9
24 17 HI, HI, HI
Wings (Apple)-10
25 50 ALSO SPRACH ZARATHUSTRA (2001)
Deodato (CTI)-3
26 25 YOU TURN ME ON, I'M A RADIO
Joni Mitchell (Asylum)-15
27 29 REELIN' & ROCKIN'
Chuck Berry (Chess)-12
28 42 I'M JUST A SINGER (In a Rock and Roll Band)
The Moody Blues (Threshold)-3
29 33 PEACEFUL EASY FEELING
The Eagles (Asylum)-8
30 36 I GOT ANTS IN MY PANTS (And I Want To Dance) (Part 1)
James Brown (Polydor)-5
31 20 ME AND MRS. JONES
Billy Paul (Philadelphia International)-16
32 34 LIVING TOGETHER, GROWING TOGETHER
The 5th Dimension (Bell)-7
33 31 HARRY HIPPIE/
SWEET CAROLINE (Good Times Never Seemed So Good)
Bobby Womack and Peace (United Artists)-20
34 38 BIG CITY MISS RUTH ANN
Gallery (Sussex)-8
35 40 DANNY'S SONG
Anne Murray (Capitol)-7
36 56 AUBREY
Bread (Elektra)-3
37 41 JESUS IS JUST ALRIGHT
The Doobie Brothers (Warner Brothers)-10
38 44 HUMMINGBIRD
Seals and Crofts (Warner Brothers)-5
39 23 SUPERFLY
Curtis Mayfield (Curtom)-14
40 54 NEITHER ONE OF US (Wants To Be the First To Say Goodbye)
Gladys Knight and the Pips (Soul)-4
41 45 GIVE ME YOUR LOVE
Barbara Mason (Buddah)-6
42 53 SPACE ODDITY
David Bowie (RCA)-4
43 48 DON'T CROSS THE RIVER
America (Warner Brothers)-4
44 24 SEPERATE WAYS/
ALWAYS ON MY MIND
Elvis Presley (RCA)-12
45 49 GOOD MORNING HEARTACHE
Diana Ross (Motown)-6
46 68 AIN'T NO WOMAN (Like the One I Got)
The Four Tops (Dunhill)-3
47 57 DEAD SKUNK
Loudon Wainwright III (Columbia)-4
48 37 I'M NEVER GONNA BE ALONE ANYMORE
Cornelius Brothers and Sister Rose (United Artists)-9
49 58 SOUL SONG
Joe Stampley (Dot)-7
50 84 STIR IT UP
Johnny Nash (Epic)-2
51 46 YOU'VE GOT TO TAKE IT (If You Want It)
The Main Ingredient (RCA)-9
52 60 ROSALIE
Sam Neely (Capitol)-4
53 88 BREAK UP TO MAKE UP
The Stylistics (Avco)-2
54 61 TODAY I STARTED LOVING YOU AGAIN
Bettye Swann (Atlantic)-4
55 67 KISSING MY LOVE
Bill Withers (Sussex)-3
56 43 PIECES OF APRIL
Three Dog Night (Dunhill)-14
57 65 HELLO HURRAY
Alice Cooper (Warner Brothers)-3
58 64 CONTROL OF ME
Les Emmerson (Lion)-6
59 63 TWEEDLEE DEE
Little Jimmy Osmond (MGM/Kolob)-6
60 66 THE MESSAGE
The Cymande (Janus)-5
61 78 PEACEFUL
Helen Reddy (Capitol)-3
62 74 ONE LESS SET OF FOOTSTEPS
Jim Croce (ABC)-3
63 77 MASTER OF EYES (The Deepness Of Your Eyes)
Aretha Franklin (Atlantic)-2
64 51 DAYTIME NIGHT-TIME
Keith Hampshire (A&M)-9
65 76 KEEP ON SINGING
Austin Roberts (Chelsea)-3
66 71 LOVE IS WHAT YOU MAKE IT
The Grass Roots (Dunhill)-4
67 72 PALACE GUARD
Rick Nelson and the Stone Canyon Band (MCA)-3
68 70 BOOGIE WOOGIE MAN
Paul Davis (Bang)-9
69 85 A LETTER TO MYSELF
The Chi-Lites (Brunswick)-2
70 73 HAPPY (Love Theme From "Lady Sings the Blues")
Bobby Darin (Motown)-7
71 75 HOT WIRE
Al Green (Bell)-5
72 81 FOLLOW YOUR DAUGHTER HOME
The Guess Who (RCA)-3
73 -- CALL ME (Come Back Home)
Al Green (Hi)-1
74 80 HOW CAN I TELL YOU
Travis Wammack (Fame)-5
75 83 LOST HORIZON
Shawn Phillips (A&M)-2
76 90 COOK WITH HONEY
Judy Collins (Elektra)-2
77 86 LITTLE WILLY
The Sweet (Bell)-5
78 82 SLOW MOTION (Part 1)
Johnny Williams (Philadelphia International)-7
79 -- BITTER BAD
Melanie (Neighborhood)-1
80 -- TIE A YELLOW RIBBON ROUND THE OLE OAK TREE
Dawn Featuring Tony Orlando (Bell)-1
81 87 DO IT IN THE NAME OF LOVE
Candi Staton (Fame)-3
82 92 MAGIC WOMAN TOUCH
The Hollies (Epic)-2
83 89 DON'T BURN ME
Paul Kelly (Warner Brothers)-4
84 -- BOO, BOO, DON'T 'CHA BE BLUE
Tommy James (Roulette)-1
85 -- PARDON ME SIR
Joe Cocker (A&M)-1
86 -- STEP BY STEP
Joe Simom (Spring)-1
87 -- DREAM ME HOME
Mac Davis (Columbia)-1
88 -- DAISY A DAY
Jud Strunk (MGM)-1
89 -- ONE MAN BAND (Plays All Alone)
Ronnie Dyson (Columbia)-1
90 100 THE NIGHT THE LIGHTS WENT OUT IN GEORGIA
Vicki Lawrence (Bell)-2
91 -- BREAKING UP SOMEBODY'S HOME
Albert King (Stax)-1
92 -- WALK ON THE WILD SIDE
Lou Reed (RCA)-1
93 95 WISH THAT I COULD TALK TO YOU
The Sylvers (Pride)-3
94 94 SOMEBODY LOVES YOU
The Whispers (Janus)-4
95 97 GOOD MORNING
Michael Redway (Philips)-2
96 -- BELL BOTTOM BLUES
Eric Clapton (Derek and the Dominos) (Polydor)-3
97 99 TOSSIN' AND TURNIN'
Bunny Sigler (Philadelphia International)-2
98 98 LOVE MUSIC
The Raiders (Columbia)-3
99 -- WILDFLOWER
Skylark (Capitol)-1
100 -- SHE'S GOT TO BE A SAINT
Ray Price (Columbia)-3

------

------

US WEEKLY ALBUM CHARTS 1973/2/17

TW LW Title/Artist
1 2 WORLD IS A GHETTO-WAR
2 1 No Secrets-Carly Simon
3 3 Talking Book-Stevie Wonder
4 4 Rhymes & Reasons-Carole King
5 6 Hot August Night-Neil Diamond
6 5 Tommy-London Symphony Orchestra
7 7 Living In The Past-Jethro Tull
8 9 Lady Sings The Blues-Diana Ross
9 10 More Hot Rocks-Rolling Stones
10 8 Seventh Sojourn-Moody Blues
11 17 Rocky Mountain High-John Denver
12 11 For The Roses-Joni Mitchell
13 98 Don't Shoot Me I'm Only The Piano Player-Elton John
14 15 I Am Woman-Helen Reddy
15 16 Creedence Gold-Creedence Clearwater Revival
16 19 The Divine Miss M-Bette Midler
17 12 One Man Dog-James Taylor
18 13 Catch Bull At Four-Cat Stevens
19 20 Trouble Man Soundtrack-Marvin Gaye
20 27 Who Do We Think We Are-Deep Purple

------

UK Album Chart For Week Up To 1973/2/17

TW LW Title/Artist
1 1 DON'T SHOOT ME I'M ONLY THE PIANO PLAYER ELTON JOHN
2 2 THE STRAUSS FAMILY CYRIL ORNADEL / LONDON SYMPHONY ORCHESTRA
3 7 NO SECRETS CARLY SIMON
4 RE SIMON AND GARFUNKEL'S GREATEST HITS SIMON AND GARFUNKEL
5 14 PILEDRIVER STATUS QUO
6 11 MOVING WAVES FOCUS
7 8 TOO YOUNG DONNY OSMOND
8 3 SLAYED? SLADE
9 9 HEARTBREAKER FREE
10 12 CATCH BULL AT FOUR CAT STEVENS
11 6 BACK TO FRONT GILBERT O'SULLIVAN
12 16 FOCUS 3 FOCUS
13 NEW WHO DO WE THINK WE ARE DEEP PURPLE
14 25 BRIDGE OVER TROUBLED WATER SIMON AND GARFUNKEL
15 5 THE RISE AND FALL OF ZIGGY STARDUST DAVID BOWIE
16 19 TALKING BOOK STEVIE WONDER
17 18 25 ROCKIN' AND ROLLIN' GREATS VARIOUS ARTISTS
18 13 SEVENTH SOJOURN MOODY BLUES
19 NEW WITH LOVING FEELING TONY CHRISTIE
20 RE A CLOCKWORK ORANGE ORIGINAL SOUNDTRACK
21 10 PORTRAIT OF DONNY DONNY OSMOND
22 28 ALL DIRECTIONS TEMPTATIONS
23 15 CRAZY HORSES OSMONDS
24 31 MADE IN JAPAN DEEP PURPLE
25 NEW KILLER JOE LITTLE JIMMY OSMOND
26 22 NEVER A DULL MOMENT ROD STEWART
27 26 THE OSMONDS LIVE OSMONDS
28 24 IMAGINE JOHN LENNON AND THE PLASTIC ONO BAND
29 27 THE BEST OF BREAD BREAD
30 21 HUNKY DORY DAVID BOWIE
31 NEW HOT AUGUST NIGHT NEIL DIAMOND
32 17 BREAD WINNERS JACK JONES
33 40 SLADE ALIVE SLADE
34 34 SING ALONG WITH MAX MAX BYGRAVES
35 38 20 FANTASTIC HITS VOL.2 VARIOUS ARTISTS
36 RE TRILOGY EMERSON, LAKE AND PALMER
37 30 TEASER AND THE FIRECAT CAT STEVENS
38 23 MOTOWN CHARTBUSTERS, VOL.7 VARIOUS ARTISTS
39 RE SING ALONG WITH MAX VOL.II MAX BYGRAVES
40 29 GLITTER GARY GLITTER


------

UK Singles Chart For Week Up To 1973/2/17
TW LW Wks TITLE/Artist
1 1 6 BLOCKBUSTER Sweet
2 3 4 PART OF THE UNION Strawbs
3 2 5 DO YOU WANNA TOUCH ME Gary Glitter
4 5 5 DANIEL Elton John
5 9 4 SYLVIA Focus
6 10 4 ROLL OVER BEETHOVEN Electric Light Orchestra
7 16 5 WHISKY IN THE JAR Thin Lizzy
8 4 10 YOU'RE SO VAIN Carly Simon
9 6 13 LONG HAIRED LOVER FROM LIVERPOOL Little Jimmy Osmond
10 8 6 PAPER PLANE Status Quo
11 17 3 SUPERSTITION Stevie Wonder
12 28 5 BABY I LOVE YOU Dave Edmunds
13 7 6 WISHING WELL Free
14 22 3 LOOKING THRU' THE EYES OF LOVE Partridge Family
15 11 6 IF YOU DON’T KNOW ME BY NOW Harold Melvin And The Bluenotes
16 12 6 ME AND MRS JONES Billy Paul
17 - 1 CINDY INCIDENTALLY Faces
18 18 6 TAKE ME HOME COUNTRY ROADS Olivia Newton-John
19 44 2 HELLO HURRAY Alice Cooper
20 25 4 TAKE ME GIRL I'M READY Junior Walker And The All-Stars
21 21 11 BIG SEVEN Judge Dread
22 30 5 HOCUS POCUS Focus
23 29 3 REELIN' AND ROCKIN' Chuck Berry
24 23 10 ALWAYS ON MY MIND Elvis Presley
25 15 6 PAPA WAS A ROLLIN' STONE Temptations
26 13 11 THE JEAN GENIE David Bowie
27 - 1 DOCTOR MY EYES Jackson Five
28 24 13 HELP ME MAKE IT THROUGH THE NIGHT Gladys Knight And The Pips
29 19 11 BALL PARK INCIDENT Wizzard
30 20 11 HI HI HI / C-MOON Wings
31 42 2 FEEL THE NEED IN ME Detroit Emeralds
32 14 11 CAN'T KEEP IT IN Cat Stevens
33 - 1 STEP INTO A DREAM White Plains
34 27 15 CRAZY HORSES Osmonds
35 33 13 BEN Michael Jackson
36 43 2 I'M JUST A SINGER (IN A ROCK AND ROLL BAND) Moody Blues
37 48 2 AVENUES AND ALLEYWAYS Tony Christie
38 35 3 IF IT WASN'T FOR THE REASON THAT I LOVE YOU Miki Anthony
39 31 6 BIG CITY Dandy Livingstone
40 40 17 MY DING-A-LING Chuck Berry
41 32 11 SOLID GOLD EASY ACTION T. Rex
42 39 10 DESPERATE DAN Lieutenant Pigeon
43 44 14 STAY WITH ME Blue Mink
44 41 13 GUDBUY T'JANE Slade
45 36 4 SHOWDOWN Archie Bell And The Drells
46 38 24 SHOTGUN WEDDING Roy C
47 - 1 KILLING ME SOFTLY WITH HIS SONG Roberta Flack
48 34 25 BIG SIX Judge Dread
49 37 16 WHY Donny Osmond
50 - 1 HOW COULD WE DARE TO BE WRONG Colin Blunstone

----------------

日本洋楽シングルチャート
1973年2月19日
1. イージー・アクション - T.レックス
2. カリフオルニアの青い空 - アルバート・ハモンド
3. ハイ・ハイ・ハイ - ウイングス
4. 片想いと僕 - ロボ
5. トップ・オブ・ザ・ワールド - カーペンターズ
6. クロコダイル・ロック - エルトン・ジョン
7. クレア - ギルバート・オサリヴァン
8. 明日を生きよう - ラズベリーズ
9. 恋のフィーリング - カプリコーン
10. ピース・オブ・エイプリル - スリー・ドッグ・ナイト
11. クレイジー・ホース - オズモンズ
12. うつろな愛 - カーリー・サイモン
13. 愛の休日 - ミッシェル・ポルナレフ
14. シュガー・ミー - リンジー・ディ・ポール
15. バーニング・ラブ - エルヴィス・プレスリー
16. ベンのテーマ - マイケル・ジャクソン
16. 冬の散歩道 - サイモンとガーファンクル
18. ダイアログ - シカゴ
19. ジーン・ジニー - デビッド・ボウイー
20. スイート・サレンダー - ブレッド
21. ロックス・オフ - ザ・ローリング・ストーンズ
22. チルドレン・オヴ・ザ・レヴォリューション - T.レックス
23. 青空の使者 - クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル
24. ママはダンスを踊らない - ロギンス&メッシーナ
25. フォロー・ミー - サウンド・トラック
26. デルタ・クイーン - プラウド・フット
27. マイ・クルー - リタ・クーリッジ
28. アリスは大統領 - アリス・クーパー
29. 明日の風 - バッドフィンガー
30. 人生は生きることだ - アーリー・スミス
31. 992の冒険 - オージェイズ
32. 見果てぬ夢 - ピーター・オトゥール : アンディ・ウィリアムス
33. 白い記憶 - ヴィグラスとオズボーン
34. ジャンバラヤ - ザ・ショッキング・ブルー : ジョン・フォガティーとブルー・リッヂ・レインジャーズ
35. 愛のとりこ - スタイリスティックス
36. サンライズ - ユーライア・ヒープ
37. グッバイ・ジェーン - スレイド
38. アドロ - フランク・プウルセル・グランド・オーケストラ
39. 裏切者のテーマ - オージェイズ
40. シー・クルーズ - シャ・ナ・ナ



----------------


.