前日のThAnk YoU 前回へ行く 日刊ろっくす TOPへ  次へ進む

 

 


洋楽70's全曲探検
1973/4/7号
フォー・ユア・プレジャー&太陽と戦慄登場


皆様こんにちわ、
洋楽70's全曲探検、
42年前の今週最新米英日のヒットチャートから初登場曲をピックアップし
全曲聴いてしまおうという企画です。
司会は、何かいいことないかねが口癖、
山口眞と申します。

あるじゃねえか、歌謡チャートもこの70’sチャートも90’sチャートもワクワクもんだ。
たしかに。
これやってる時はハピー。
手応えはナッシン。
それはネットのさだめ。
とは言えマジでいつまでも出来ると思うな、
これは胡蝶の夢。
超弦理論によりますと世界は音楽で出来てるそうです。

なお
全チャートの眺めは、一番下(追記部分)にありますのでご参照ください。

−−−−−−

今週のチャート初登場全曲再生リスト
http://www.youtube.com/playlist?list=PLEBB66F68BA99D8A1


Rock of Ages from 1969(fromMarch) vol.1
http://www.youtube.com/playlist?list=PLA9848671995DB3A7

Rock of Ages from 1969(fromMarch) vol.2
http://www.youtube.com/playlist?list=PLEBB66F68BA99D8A1

ヒットチャートロックの歴史
http://www.youtube.com/playlist?list=PLF17180564A99EA22

Best of Charted 70's Pops
http://www.youtube.com/playlist?list=PL26E2DB24FF57D4C2

Best of Charted 70's Soul & Funk
http://www.youtube.com/playlist?list=PL095D0B8355FBF0A6

All the Charted 70's Reggae in Usa & UK
http://www.youtube.com/playlist?list=PL9FF6696215D26B9F

All the Charted Glam Pop
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTxVxw4O6oIWvDSFfBq1ExRl

ベスト・オブ・日本洋楽史70's
http://www.youtube.com/playlist?list=PL8FE5FC9CFF908F9E

B-ROCK IN 70'S
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTzPigQphdlDDmdO9I4BIPg2

歴史オブ西海岸ロック
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTyIW3wwEtUZtasuU2GHyHsB

All Progressive Rock Single in 70's Chart
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTwc2Z7ZNAGCmryr4NpDQDTp

Not Glam But Pop Rock in UK 70's chart
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTxy0894KWrY4lDlYd9yod3G

−−−−−−

1973年4月7日米国チャートから、
表記は
順位/曲名/歌手、バンド/の順なり。
☆(最高五つ星)は素敵度判断。
先に英日チャートでランクイン済みの場合は失礼ながらその時のレビューを転用させていただいてます。

1-131
☆☆☆☆☆77. DANIEL - Elton John (MCA)-1
ダニエル エルトン・ジョン







http://rocksblog.seesaa.net/article/33405570.html
http://youtu.be/tB7gskqXFgw

英登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/412641813.html



ダニエル入ります。
英1973年1月22日発売6作目アルバム「ピアニストを撃つな!〜Don't Shoot Me I'm Only the Piano Player」より2回目カット。
3月26日発売とウィキペに書いて有りますはほれこの通り間違いです。
カットされた3番があるそうで、肝心な部分「戦地からの兄弟の帰還」がそこで歌われて
実はランボーな歌だったとゆう。ゲイじゃないって。
作詞のバーニーさんは「最も誤解されている歌」だと嘆いてるそうですが、
誰がカットする決断をしたのだ、ガス・ダッジョンか?
確かに尺はこれ以上無しが正解だけどねえ。今になって知って複雑な気持ち有りで98点。
いや95点。いやそれでもこの味わいは100点。



英5回目のヒットで、
1月20日38位初登場、最高位4位、3月24日39位まで通算10週。

米、
1973年4月7日77位初登場、最高位2位。

日本洋楽チャート7回目のヒットで、3月5日32位初登場、4月15日に最高位2位。
日本3月5日発売。
歌謡チャート最高位46位。4.7万枚。

♪Daniel is travelling tonight on a plane


2-132
☆☆☆☆81. DRINKING WINE SPO-DEE O'DEE - Jerry Lee Lewis (Mercury)-1
ドリンキング・ワイン・スポディー・オディー ジェイリー・リー・ルイス





https://youtu.be/AtrVRMdrPe0

The Killer火の玉おいちゃん満38歳、ロックンロール復活の気運に乗って再ブレーク。
1973年発売2枚組アルバム「The Session...Recorded in London with Great Artists」よりカット。
助っ人はロリー・ギャラガー師、ケニー・ジョーンズ師、アルバート・リー師、アルヴィン・リー師、
ピーター・フランプトン師、ゲイリー・ライト師、クラウス・ヴォアマン師。
えらいこっちゃ真正面ニュー・オリンズR&Bブギー92点。

1973年4月7日81位初登場、最高位41位。カントリー20位。

♪Way down in New Orleans, everythings fine


3-133
☆☆☆☆85. IT SURE TOOK A LONG, LONG TIME - Lobo (Big Tree)-1
帰ってきた君と僕 ロボ







https://youtu.be/3u5UvfB7G5k

片思いどころか両思いで幸せいっぱいのロボたん。
1973年発売3作目アルバム「Calumet」よりカット、
ウルトラマンかよってな邦題が座布団です、ツメが甘いからそんな推しタイトルも
甘いのは承知の助90点。

1973年4月7日85位初登場、最高位27位。

日本洋楽チャート、4回目のヒットで、1973年7月22日28位初登場、9月2日最高位14位。

♪I'm sure it might have grown old


4-134
☆☆☆☆☆87. LEAVING ME - The Independents (Wand)-1
リーヴィング・ミー ジ・インディペンデンツ



https://youtu.be/wwiy03oYV_U


君が僕を求む限り
JUST AS LONG AS YOU NEED ME (Part 1)
http://rocksblog.seesaa.net/article/397150367.html

たまんねがっだよシカゴ独立派Chuck Jackson, Maurice Jackson, Helen Curry, Eric Thomas4人組。
1972年デビュー・アルバム「The First Time We Met」より再びキラーだ最大ヒット。
「夜汽車よジョージアへ」の原型であります97点。

1973年4月7日87位初登場、最高位21位。R&Bチャート1位。

♪Oh, darling After all this time You seem to me, girl


5-135
☆☆☆☆93. ALWAYS - Luther Ingram (KoKo)-1
オールウェイズ ルーサー・イングラム



https://youtu.be/I8duRrIFQak

(If Loving You Is Wrong) I DON'T WANT TO BE RIGHT愛のとりこ男、ルーサーさん、
「愛のとりこ」アルバムから次の大ヒットを狙っちゃるて気はまるでない
自身&ジョニー・ベイヤー氏作の
のんびーりなるニュー・オリンズR&Bです90点。

1973年4月7日93位初登場、最高位64位。R&Bチャート11位。

♪Honey, I will always Be in love with you


6-136
?95. PEOPLE ARE CHANGIN' - Timmy Thomas (Glades)-1
ピープル・アー・チェンジン ティミー・トーマス





Why Can't We Live Together男
http://rocksblog.seesaa.net/article/409526426.html
1944年11月13日インディアナ州イヴァンズヴィル生まれ、
自分の判断があくまで基準の蠍座射手寄り。
歌手で鍵盤師チミさん、の次の一手はあろうことか日本地域ブロックされておるで
公式には判定不能。

1973年4月7日95位初登場、最高位75位。R&Bチャート23位。

♪♪


7-137
☆☆☆☆☆97. AM I BLACK ENOUGH FOR YOU - Billy Paul (Philadelphia International)-1
アム・アイ・ブラック・エナフ・フォー・ユー ビリー・ポール



https://youtu.be/eX6k5tRzDuU


本名:Paul Williams、1934年12月1日フィラデルフィア生まれ、自由・楽観・陽気の射手座。
ミー・アンド・ミセス・ジョーンズ男
http://rocksblog.seesaa.net/article/408290855.html
どっちが名前だビリー・ポールさん、ジョーンズの次の一手は
同じくPI2作目アルバム「360 Degrees of Billy Paul」より
作Kenny Gamble, Leon Huffの問題作。
こないだとの落差大き過ぎてこの反応もこれはフィリー・ダンサーの名曲だ96点。
ボブ・マーリー師がカバーしべきだったかと思うくらいエレピがウェイラーズ。

1973年4月7日97位初登場、最高位79位。R&Bチャート29位。

♪Am I black enough for you Am I black enough for you Am I black enough for you


8-138
☆☆☆☆☆99. ONLY LOVE - Bill Quateman (Columbia)-1
オンリー・ラブ ビル・クエートマン





https://youtu.be/JEkPAedBP-c


またもチャートの畑の月見草一発シンガーソングライター現る。
1947年11月4日シカゴ生まれ、慎重とプライドの蠍座、
1973年デビュー・アルバム「Bill Quateman」よりカット、
自作、渾身の思い溢れからんこの唯一無比の味わいは大穴を開けた97点。

1973年4月7日99位初登場、最高位86位。

♪Only love can make me do what I'm doin'


9-139
☆☆☆☆100. WHY ME - Kris Kristofferson (Monument)-1
ホワイ・ミー クリス・クリストファーソン



https://youtu.be/mBADk6dmGMI

色男クリス兄さんの最大ヒットだ。
1972年11月発売4作目アルバム「Jesus Was a Capricorn」よりカットの
よれよれ神様ソング。説教臭くまったくないとこがイカしてますジーザス94点。


1973年4月7日99位初登場、最高位16位。カントリー1位。

♪Why me Lord what have I ever done To deserve even one of the pleasures



***************

ちなみに
この週の全米TOP3は

1.☆←10 THE NIGHT THE LIGHTS WENT OUT IN GEORGIA - Vicki Lawrence (Bell)-9 (1 week at #1)
2.☆←3 NEITHER ONE OF US (Wants To Be the First To Say Goodbye) - Gladys Knight and the Pips (Soul)-11
1.☆←2 KILLING ME SOFTLY WITH HIS SONG - Roberta Flack (Atlantic)-11 (5 week at #1)

ヴィッキーさんの衝撃作がカッ飛び首位。

−−−−−−

1973年7月7日付TOP20米アルバム・チャートの
ニュー・エントリー盤は

#236
#172
1-26
☆☆☆☆☆9.☆←27 Dark Side Of The Moon - Pink Floyd
狂気 ピンク・フロイド



英登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/416540835.html



Side A
1. スピーク・トゥ・ミー - Speak To Me (Mason)
2. 生命の息吹き - Breathe (Gilmour, Waters, Wright)
3. 走り回って - On The Run (Gilmour, Waters)
4. タイム〜ブリーズ(リプライズ) - Time〜Breathe (Reprise) (Gilmour, Waters, Wright, Mason)
5. 虚空のスキャット - The Great Gig In The Sky (Wright)
https://youtu.be/ZAydj4OJnwQ

Side B
1. マネー - Money (Waters)
2. アス・アンド・ゼム - Us And Them (Wright, Waters)
3. 望みの色を - Any Colour You Like (Gilmour, Wright, Mason)
4. 狂人は心に - Brain Damage (Waters)
5. 狂気日食 - Eclipse (Waters)

1973年3月24日発売7作目アルバム。

Personnel
Pink Floyd
David Gilmour – vocals, guitars, VCS 3
Nick Mason – percussion, tape effects
Richard Wright – keyboards, vocals, VCS 3
Roger Waters – bass guitar, vocals, VCS 3, tape effects

Additional musicians
Dick Parry – saxophone on "Us and Them" and "Money"
Clare Torry – vocals on "The Great Gig in the Sky"
Doris Troy – backing vocals
Lesley Duncan – backing vocals
Liza Strike – backing vocals
Barry St. John – backing vocals

Production
Alan Parsons – engineering
Peter James – assistant (incorrectly identified as "Peter Jones" on first US pressings of the LP)
Chris Thomas – mix supervisor

Artwork
Hipgnosis – sleeve design, photography
George Hardie – sleeve art, stickers art

お化けがここで登場です。
ほんらいワンパな持ち味の新生フロイドを有り余るアイデアで遊園地お化け屋敷一大エンターテイメント化、
精と聖と俗入り乱れるその無しの魅力にこれより全世界が巻き込まれる。
しかし自国ではまさかK-TELに1位奪われて結局2位止まりとはメンバー全員ずっこけただろうなあ。
それこそ狂気の沙汰?



米最高位15位。

英9回目のヒットで、
1973年3月31日2位初登場、最高位2位、2011年11月12日92位まで通算380週。

380週!!
ロック名盤リスト入りです。


TOP3は

1.☆←2 Don't Shoot Me I'm Only The Piano Player - Elton John
2.←1 DELIVERANCE SOUNDTRACK
3.☆←4 Prelude - Eumir Deodato

−−−−−−

1973年4月7日付TOP40英国アルバム・チャートより

1-36
☆☆☆☆2. 40 FANTASTIC HITS FROM THE 50'S AND 60'S - VARIOUS ARTISTS ARCADE 2 1
40ファンタスティック・ヒッツ・フロム・ザ・50's・アンド・60's オムニバス



Side A
1. Susan Maughan - Bobby's Girl
2. Manfred Mann - Mighty Quinn
https://youtu.be/K13hH0pJx5s
3. Dusty Springfield - You Don't Have To Say You Love Me
4. Troggs - I Can't Control Myself
5. Four Pennies - Juliet
6. Roger Miller - King Of The Road
7. Esther & Abi Ofarim - Cinderella Rockefella
8. Mindbenders - A Groovy Kind Of Love
9. Neil Sedaka - Happy Birthday Sweet Sixteen
10. Julie Rogers - The Wedding

Side B
1. Millie - My Boy Lollipop
2. Allisons - Are You Sure
3. Vanity Fair - Hitchin' A Ride
4. Dave Dee, Dozy, Beaky, Mick & Tich - Hold Tight
5. Foundations - Build Me Up Buttercup
6. Reparata And The Delrons - Captain Of Your Ship
7. Paper Dolls - Something Here In My Heart (Keeps A Tellin' Me No)
8. Box Tops - The Letter
9. Bobby Hebb - Sunny
10. Scott Walker - Joanna

Side C
1. Neil Sedaka - Oh Carol
2. Paul Anka - Diana
3. Tommy Edwards - It's All In The Game
4. Kay Starr - Rock And Roll Waltz
5. Sam Cooke - Only Sixteen
6. Marvin Rainwater - Whole Lotta Woman
7. Duane Eddy - (Dance With The) Guitar Man
8. Sheb Wooley Purple People Eater
9. Perez Prado - Cherry Pink And Apple Blossom White
10. Eddie Fisher - Oh My Papa (O Mein Papa)

Side D
1. Shirley Bassey - Kiss Me, Honey Honey, Kiss Me
2. Frankie Laine - Georgia On My Mind
3. Domenico Modugno - Volare (Nek Blu Dipintodl Blu)
4. Lonnie Donegan - Does Your Chewing Gum Lose It's Flavour (On The Bedpost Over Night?)
5. Frankie Vaughan - Tower Of Strength
6. Springfields - Island Of Dreams
7. Ivy League - ossing And Turning
8. Jimmy Jones - Good Timin'
9. Big Dee Irwin - Swinging On A Star
10. Marty Wilde - Rubber Ball

K-TEL同様の企画でしかも拡大版がライバルのアーケイドにより翌週にもう出現。こりゃ産業スパイか内部に情報を流してる奴がおるかもな熾烈な産業闘争。
が恐ろしい。内容は100点も音質は保証しませんで91点。

唯一のヒットで、
4月7日位2初登場、最高位2位、7月14日25位まで通算15週。


#237
#173
2-37
☆☆☆☆☆7. FOR YOUR PLEASURE - ROXY MUSIC
フォー・ユア・プレジャー ロキシー・ミュージック第2集



http://rocks.studio-web.net/glam/roxy/pleasure.html

Side A
1. ロキシー・ストランド - "Do the Strand"
2. ビューティー・クイーン - "Beauty Queen"
3. ストリクトリー・コンフィデンシャル - "Strictly Confidential"
4. エディションズ・オブ・ユー - "Editions of You"
5. イン・エヴリ・ドリーム・ホーム・ア・ハートエイク - "In Every Dream Home A Heartache"

Side B
1. ザ・ボーガス・マン - "The Bogus Man"
2. グレイ・ラグーン - "Grey Lagoons"
3. フォー・ユア・プレジャー - "For Your Pleasure"
https://youtu.be/5ddUl7G1YAA

1973年3月23日発売2作目アルバム。

Personnel
Roxy Music
Bryan Ferry – vocals, piano, Hohner Pianet, Mellotron, harmonica
Brian Eno – VCS3 synthesiser, backing vocals
Andy Mackay – oboe, saxophone, Farfisa electronic organ
Phil Manzanera – electric guitar
Paul Thompson – drums

Additional personnel
John Porter – bass guitar

Production
Chris Thomas, John Anthony, Roxy Music – record producers
Roxy Music – musical arrangers
John Middleton – sound engineer
John Punter – sound engineer
Jennings – crew
Bryan Ferry – art direction, cover art concept
Karl Stoecker – photography
Nicholas Deville – art direction, photography
CCS – artwork
Antony Price – clothing/wardrobe, make-up, hair stylist
Smile – hair stylist
Amanda Lear – cover star
Bob Ludwig – digital remastering

直前シングル「パジャマラマ」で油断させといてすんごいセカンドをロキシーが出しおりました。
ナチスな整然統率に憧れもつ人類の本性を逆撫でするかと思わば
めくるめくロキシー・ポップで大暴れ、焦らしにじらして大開放の手練手管、
ファンクとダブのイーノ大活躍、闇の世界へひきづりこむ終盤と
最高傑作です。
源ロキシーのアルバムは全最高傑作の中、最高傑作100点。

2回目のヒットで、
4月7日位7初登場、最高位4位、1974年1月19日43位まで通算27週。

米位。

ロック名盤リスト入り。

3-38
?28. LIZA WITH A Z - LIZA MINELLI
ライザ・ウィズ・ア・ズィー ライザ・ミネリ



米登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/409114443.html



Side One
1. "Yes" (Kander and Ebb) − 3:15
2. "God Bless the Child" (Herzog, Holiday) − 3:07
3. "Say Liza (Liza with a "Z")" (Kander and Ebb) − 3:06
4. "It Was a Good Time" (Curb, David, Jarre) − 4:58
5. "I Gotcha" (Tex) − 3:44
https://youtu.be/uKYcNS64OrU
6. "Ring Them Bells" (Kander and Ebb) − 5:41

Side Two
1. "Son of a Preacher Man" (Hurley, Wilkins) − 3:25
2. "Bye Bye Blackbird" (Dixon, Henderson) − 3:57
http://youtu.be/aR-bzPHsSj0

3. "You've Let Yourself Go" (Aznavour) − 3:56
4. "My Mammy" (Donaldson, Lewis, Young) − 3:03
5. "Cabaret Medley" (Kander and Ebb) − 9:52
6. "Bows" (Gershwin, Gershwin, Kahn) − 0:30

Producer Andrew Kazdin

1972年9月10日発売アルバム。

1946年3月12日(現68歳、この時26歳)LA生まれ、
情緒・優しさ・ナイーブ・芸術家気質の魚座。
父、映画監督ヴィンセント・ミネリ、母、女優ジュディ・ガーランド。
お目目ぱっちりミュージカル女優、エンターテイナー、ミネリさん登場。
同名のコンサート映画のサントラだそうで、いやもうまったく縁がなく評価不能や。

米19位。




1回目のヒットで、
4月7日位28初登場、最高位9位、7月14日35位まで通算15週。

米位。


4-39
?29. TOGETHER - JACK JONES
トゥゲザー ジャック・ジョーンズ



Side A
1. You're A Lady
2. Little Girl
3. We Will
4. I Know That One
5. We've Only Just Begun

Side B
1. I Won't Last A Day Without You
https://youtu.be/Gt8_pt5pyEY
2. My Lonely Room
3. Simple Man
4. That's Enough For Me
5. That's The Way I've Always Heard It Should Be

本名:John Allan Jones (ジョン・アラン・ジョーンズ)。
1938年1月14日ロスアンゼルス生まれ、根気我慢無骨穴男、山羊座水瓶座寄り。
「1930年代に人気を博したミュージカル俳優アラン・ジョーンズと女優アイリーン・ハーベイ(Irene Hervey)の長男。上品で華麗なエンターテイナーとして知られ、グラミー賞を2度受賞した。
代表作にはバート・バカラックのペンによる「素晴らしき恋人たち(Wives And Lovers)」、ミュージカル『ラ・マンチャの男』の主題歌「見果てぬ夢(The Impossible Dream)」、テレビドラマ『ラブ・ボート(The Love Boat)』の同名主題歌などがあり・・」
だそうです。ラスベガスの大スターさん。年配の女性に人気。
と前回と同じコピペしか書けんさん新作です。持ってないので評価保留。

3回目のヒットで、
4月7日位29初登場、最高位8位、6月16日32位まで通算10週。

#238
#174
5-40
☆☆☆☆☆30 LARKS' TONGUES IN ASPIC - KING CRIMSON
太陽と戦慄 キング・クリムゾン



http://rocks.studio-web.net/sibu/king/larks.html

Side A
1. 太陽と戦慄パート1  Larks' Tongues in Aspic, Part One
2. 土曜日の本  Book of Saturday
3. 放浪者  Exiles

Side B
1. イージー・マネー  Easy Money
https://youtu.be/SXfMkJ17Qys
2. トーキング・ドラム  The Talking Drum
3. 太陽と戦慄パート2  Larks' Tongues in Aspic, Part Two

1973年3月23日発売5作目アルバム。

Personnel
ロバート・フリップ - Guitar, Mellotron, Devices & Electric piano
ジョン・ウェットン - Vocal, Bass & Piano (3)
ビル・ブルーフォード - Drums
デヴィッド・クロス - Violin, Viola, Flute (3)
ジェイミー・ミューア - Percussions, Drums (1,6)

Producer King Crimson

出ました新生クリムゾンによるとんでもない新作。
プログレ武闘派宣言によるセメント演奏の数々は永遠に不滅なり100点。

5回目のヒットで、
4月7日位30初登場、最高位20位、4月28日38位まで通算4週。

米61位。

ロック名盤リスト入り。


6-41
☆☆☆☆34. EAT IT - HUMBLE PIE
イート・イット ハンブル・パイ



Side A
1. "Get Down to It" (Marriott) – 3:27
2. "Good Booze and Bad Women" (Marriott) – 3:18
3. "Is It for Love?" (Marriott) – 4:41
4. "Drugstore Cowboy" (Marriott) – 5:40

Side B
1. "Black Coffee" (Ike Turner, Tina Turner) – 3:11
2. "I Believe to My Soul" (Ray Charles) – 4:05
3. "Shut up and Don't Interrupt Me" (Bristo, Starr) – 3:07
4. "That's How Strong My Love Is" (Roosevelt Jamison) – 3:49

Side C
1. "Say No More" (Marriott) – 2:01
2. "Oh, Bella (All That's Hers)" (Marriott) – 3:28
3. "Summer Song" (Marriott) – 2:48
4. "Beckton Dumps" (Marriott) – 3:16

Side D
1. "Up Our Sleeve" (Humble Pie, lyrics by Steve Marriott) – 5:02
https://youtu.be/OFmFK-y9Pb8
2. "Honky Tonk Women" (Keith Richards, Mick Jagger) – 3:58
3. "(I'm A) Road Runner" (Eddie Holland, Lamont Dozier, Brian Holland) – 13:29

1973年4月発売7作目アルバム。

Personnel
Steve Marriott - Guitars, Harmonica, Keyboards, Remixing, Vocals
Dave "Clem" Clempson - Lead guitar, Guitars, vocals
Greg Ridley - Bass, vocals
Jerry Shirley - Drums

The Blackberries:
Billie Barnum - Vocals
The Blackberries - Vocals
Venetta Fields - Vocals

Guests:
B.J. Cole - Pedal Steel Guitar
Sidney George - Saxophone
Clydie King - Vocal Arrangement, Vocals

Chris & Irish - Engineer
Fin Costello - Inside Photo, Photography
Michael Doud - Art Direction
John Kosh - Cover Design, Preparation
Jim McCrary - Photography

Producer Steve Marriott

D面ライブ含む大作です。マリオット師の熱情極まる歌唱と暴走ここに極まれり。
しかし時代はこの汗まみれ大ロック大会に少しづつ引き気味でこれが英最後のチャート・アルバムとなってしまい
マリオット師の孤独の旅始まるかと思うと涙がほろり92点。

4回目のヒットで、最後、
4月7日41位初登場、次週34位。2週。

米13位。

******

TOP3は

1.←1 20 FLASH BACK GREATS OF THE SIXTIES - VARIOUS ARTISTS
2.☆ New 40 FANTASTIC HITS FROM THE 50'S AND 60'S - VARIOUS ARTISTS
3.←3 BILLION DOLLAR BABIES - ALICE COOPER

またコレものが1,2位独占しちゃっちょ。

−−−−−−

1973年4月7日付TOP50英国シングル・チャートより

1-69
☆☆☆☆☆17. HELLO HELLO I'M BACK AGAIN - Gary Glitter
ハロー・ハロー・アイム・バック・アゲイン ゲイリー・グリッター



https://youtu.be/Rzg2VbeP_0s

懲りないおっさん、ゲイリーさんがどこにも行ってないのにまた戻ってまいりました。
サウンドは容赦無いグリッター・ロックでございます。できるだけ長いご愛顧をよろしく91点。

4回目のヒットで、
4月7日17位初登場、最高位2位、7月7日49位まで通算14週。

♪Hello, hello. it's good to be back, it's good to be bac


2-70
☆☆☆☆43. MY LOVE - Paul McCartney And Wings
マイ・ラヴ ポール・マッカートニー&ウイングス





https://youtu.be/eKuFyHwG188

出たマイラヴ。
英1973年5月4日、米1973年4月30日発売ウィングス2作目アルバム「Red Rose Speedway」より唯一カット
英1973年3月23日、米1973年4月9日発売。
ハイ・ハイ・ハイのバカの後にはバカじゃなーいとばかりに
ホテル・ラウンジ・大ラブ・バラード。
欠点など何もございません不朽の名曲でしてどことなく007英国の香りなのもよろしいも
ポールちゃんの最も退屈な面も暴露しとってるものでして
バカじゃなーいと胸を張るほどそれっぽくなるサガだがね90点。

6回目のヒットで、
4月7日43位初登場、最高位9位、6月16日50位まで通算11週。

米1973年4月14日73位初登場、最高位1位。

日本洋楽チャート
5月5日発売
6回目のヒットで、1973年4月29日40位初登場、7月8日最高位1位。
歌謡チャート39位。
6.5万枚。

♪And when I go away I know my heart can stay with my love


3-71
☆☆44. WAM BAM - Handley Family
ワン・バン ハンドリー・ファミリー





https://youtu.be/if6p3N_pFuA

突然登場お気楽極まるアホ家族歌謡曲。
仕掛け人はカナダの大物芸能人Jackie Rae氏。
パートリッジ家族みたいなんで一発って仕掛けが見事ハマった。
しかしどこの家族なんだ?71点。
徹底時にどうでもいいところは尊敬に値する。

唯一のヒットで、
4月7日44位初登場、最高位30位、5月19日49位まで通算7週。

♪♪

******

TOP3は

1.☆←3 GET DOWN - Gilbert O'Sullivan -4wks /1wks No.1
2.←1 THE TWELFTH OF NEVER - Donny Osmond -5wks /1wks No.1
3.☆←7 5 TIE A YELLOW RIBBON ROUND THE OLE OAK TREE - Dawn -5wks

愛犬家大喜びな唄でギルバートくん首位獲得です。

----------------------

1973年4月9日付のTOP40日本洋楽チャートより

1-54
☆☆☆☆☆29. ラスト・ソング - エドワード・ベア
LAST SONG - Edward Bear



http://rocksblog.seesaa.net/article/410898274.html
http://youtu.be/hNowpI2XfVc

完璧シングル海を渡る。
米登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/410727307.html



「ふたりでメキシコ 」
http://rocksblog.seesaa.net/article/272509527.html

66年に結成のトロントが本拠地カナダなロック・バンドの2回目の米ヒットです。
1971年3作目アルバム「Edward Bear」より、カナダで初1位獲得曲。
むちゃむちゃポップでいい曲ですからそりゃヒットします。
さらにバックのメトロトンが異様で最高な96点。



米1972年12月16日98位初登場、最高位3位。

日本洋楽チャート、唯一のヒットで、1973年4月8日29位初登場、4月22日に最高位25位。

♪Did you know I'd go to sleep And leave the lights on


2-55
☆☆☆☆☆31. スペイス・オディティ - デビッド・ボウイー
SPACE ODDITY - David Bowie



http://rocksblog.seesaa.net/article/275433183.html
http://youtu.be/nP6xBFyA_aw

アメリカでの今更も何もな夢中思い出しヒットに伴って我が国でもすわこれはチャンスだとばかりに出す。
米登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/413027295.html



ここで大陸に降って湧いて降臨のトム少佐、
2回目の再発で来ました。
1969年11月4日発売2作目アルバム「David Bowie」よりカット。
ボイちゃん名曲列伝の首位をどなた様も争う宇宙の詩です100点。



英、
1969年7月11日英国発売、
チャートには
1回目のヒットで
9月6日に48位初登場、
http://rocksblog.seesaa.net/article/224672814.html
そこで一旦圏外に離脱して
9月20日に再エントリー、以後9/20 39-25-20-13-8-6-(11/1)5-7-16-18-34-36-(12/13)49位、
最高位5位記録。

1975年に新装再発で10月11日23位で初登場、
以後11-4-2-(11/8)1-1-2-10-20-(12/13)38位。
最高位1位を6年越しで達成。

1983年に2回目の新装発売、8月16日に95位初登場、
以後85-(7/2)99位。


1969年8月16日129位初登場。次週124位。

こたび再発で
1973年1月27日71位初登場、
以後60-53-42-(2/24)36-31-28-24-20-17-(4/7)15-16-21-(4/28)39位。
最高位15位。

日本洋楽チャートでは
3度目のヒット曲として
1973年4月8日に31位初登場、
以後24-21-23-17-14-(5/20)9-12-16-20-18-30-29-(7/8)36位。
最高位9位。

♪Ground Control to Major Tom.


3-56
☆☆☆☆☆32. ウーマン・フロム・トーキョー - ディープ・パープル
Woman From Tokyo - Deep Purple



https://youtu.be/Zjjmuz_wEzU


これを日本で出さなくてどこで出すのだと世界に先駆けて行きます
米1973年1月13日発売7作目アルバム「紫の肖像〜Who Do We Think We Are」よりカット、
アルバム一の気合唄でもありますし。またも情景を詠嘆を込めて描写の俳句歌詞とポップ懐っこい95点。
コマが無い時、歌詞を吟味しようっと(爆。

4回目のヒットで、1973年4月9日32位初登場、5月13日最高位20位。

米、1973年4月21日87位初登場、最高位60位。6週。

♪Fly into the rising sun Faces, smiling every one


4-57
☆☆☆34. 悲しき誘惑 - ザ・ショッキング・ブルー
Eve And The Apple - Shocking Blue



https://youtu.be/SWC_yKYME_E

人気衰えること知りません・・・てこともないか。そろそろ衰えること知りそうな
1973年度同名アルバムのタイトル曲カット。
負けん気の強い良曲で攻め続けた衝撃ブルーですも今回ばっかはちょいと弱さ有りで
チャートも正直に反応84点。

11回目のヒットで、1973年4月9日34位初登場、4月29日最高位32位。

♪In the garden of Eden The black snake talked to Eve


************

TOP3は

1. 忘れじのグローリア - ミッシェル・ポルナレフ
2. うつろな愛 - カーリー・サイモン
3. カリフオルニアの青い空 - アルバート・ハモンド

ポルさん獲るべきして獲る。

************

以上

狂気とフォー・ユア・プレジャーと太陽と戦慄が同じ週に並ぶっつう
それこそ目ん玉に太陽ねじ込まれたような眩しいぜ。

(山)2015.4.7

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

100 Hits: Rock

100 Hits: Soul

100 Hits: 70's


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくす洋楽70’s全曲探検 のページ

資料

英語資料

English Version

.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

閲覧ありがとうございます。
僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA


−−−−−−−−−−−−−−−−−



..


US Top 100 Singles Week Ending 7th April, 1973

TW LW TITLE Artist (Label)-Weeks on Chart

1 10 THE NIGHT THE LIGHTS WENT OUT IN GEORGIA
Vicki Lawrence (Bell)-9 (1 week at #1)
2 3 NEITHER ONE OF US (Wants To Be the First To Say Goodbye)
Gladys Knight and the Pips (Soul)-11
3 1 KILLING ME SOFTLY WITH HIS SONG
Roberta Flack (Atlantic)-11
4 5 AIN'T NO WOMAN (Like the One I Got)
The Four Tops (Dunhill)-10
5 6 BREAK UP TO MAKE UP
The Stylistics (Avco)-9
6 13 TIE A YELLOW RIBBON ROUND THE OLE OAK TREE
Dawn Featuring Tony Orlando (Bell)-8
7 9 SING
The Carpenters (A&M)-7
8 8 DANNY'S SONG
Anne Murray (Capitol)-14
9 2 ALSO SPRACH ZARATHUSTRA (2001)
Deodato (CTI)-10
10 21 THE CISCO KID
War (United Artists)-6
11 11 CALL ME (Come Back Home)
Al Green (Hi)-8
12 4 LOVE TRAIN
The O'Jays (Philadelphia International)-12
13 7 LAST SONG
Edward Bear (Capitol)-17
14 18 MASTERPIECE
The Temptations (Gordy)-7
15 17 SPACE ODDITY
David Bowie (RCA)-11
16 19 STIR IT UP
Johnny Nash (Epic)-9
17 16 DEAD SKUNK
Loudon Wainwright III (Columbia)-11
18 23 THE TWELFTH OF NEVER
Donny Osmond (MGM/Kolob)-6
19 12 DUELING BANJOS
Deliverance (Eric Weissberg and Steve Mandell)
Warner Brothers-13
20 25 LITTLE WILLY
The Sweet (Bell)-12
21 14 THE COVER OF "ROLLING STONE"
Dr. Hook and the Medicine Show (Columbia)-19
22 20 HUMMINGBIRD
Seals and Crofts (Warner Brothers)-12
23 26 PEACEFUL
Helen Reddy (Capitol)-10
24 34 STUCK IN THE MIDDLE WITH YOU
Stealers Wheel (A&M)-6
25 29 YOU ARE THE SUNSHINE OF MY LIFE
Stevie Wonder (Tamla)-4
26 15 AUBREY
Bread (Elektra)-10
27 24 COULD IT BE I'M FALLING IN LOVE
The Spinners (Atlantic)-15
28 31 WALK ON THE WILD SIDE
Lou Reed (RCA)-8
29 36 DRIFT AWAY
Dobie Gray (Decca)-7
30 22 I'M JUST A SINGER (In a Rock and Roll Band)
The Moody Blues (Threshold)-10
31 39 WILDFLOWER
Skylark (Capitol)-8
32 32 COOK WITH HONEY
Judy Collins (Elektra)-9
33 28 DADDY'S HOME
Jermaine Jackson (Motown)-18
34 38 A LETTER TO MYSELF
The Chi-Lites (Brunswick)-9
35 40 DAISY A DAY
Jud Strunk (MGM)-8
36 33 MASTER OF EYES (The Deepness Of Your Eyes)
Aretha Franklin (Atlantic)-9
37 44 ONE MAN BAND (Plays All Alone)
Ronnie Dyson (Columbia)-8
38 41 BITTER BAD
Melanie (Neighborhood)-8
39 49 REELING IN THE YEARS
Steely Dan (ABC)-5
40 46 OUT OF THE QUESTION
Gilbert O'Sullivan (MAM)-6
41 42 SUPERMAN
Donna Fargo (Dot)-7
42 43 STEP BY STEP
Joe Simom (Spring)-8
43 52 HALLELUJAH DAY
Jackson 5 (Motown)-4
44 50 OH LA DE DA
The Staple Singers (Stax)-5
45 48 PINBALL WIZARD/SEE ME, FEEL ME (Medley)
The New Seekers (Verve)-7
46 35 KISSING MY LOVE
Bill Withers (Sussex)-10
47 59 FUNKY WORM
The Ohio Players (Westbound)-7
48 27 BIG CITY MISS RUTH ANN
Gallery (Sussex)-15
49 56 "CHERRY CHERRY" FROM HOT AUGUST NIGHT
Neil Diamond (MCA)-4
50 30 DO YOU WANT TO DANCE
Bette Midler (Atlantic)-16
51 58 I'M DOIN' FINE NOW
New York City (Chelsea)-6
52 57 DOWN AND OUT IN NEW YORK CITY
James Brown (Polydor)-5
53 37 ONE LESS SET OF FOOTSTEPS
Jim Croce (ABC)-10
54 60 CINDY INCIDENTALLY
Faces (Warner Brothers)-5
55 63 HOCUS POCUS
Focus (Sire)-6
56 62 BLUE SUEDE SHOES
Johnny Rivers (United Artists)-4
57 53 GOOD MORNING HEARTACHE
Diana Ross (Motown)-13
58 64 WHO WAS IT
Hurricane Smith (Capitol)-4
59 78 FRANKENSTEIN
The Edgar Winter Group (Epic)-5
60 70 THE RIGHT THING TO DO
Carly Simon (Elektra)-2
61 72 ARMED AND EXTREMELY DANGEROUS
First Choice (Philly Groove)-5
62 79 THINKING OF YOU
Loggins and Messina (Columbia)-2
63 67 IF YOU GOTTA BREAK ANOTHER HEART
Albert Hammond (Mums)-6
64 69 LET YOUR YEAH BE YEAH
Brownsville Station (Big Tree)-6
65 73 I KNEW JESUS (Before He Was a Star)
Glen Campbell (Capitol)-4
66 76 LET'S PRETEND
The Raspberries (Capitol)-3
67 71 YESTERDAY I HAD THE BLUES
Harold Melvin and the Blue Notes (Phila. Intl.)-6
68 74 PLAYGROUND IN MY MIND
Clint Holmes (Epic)-3
69 47 HELLO HURRAY
Alice Cooper (Warner Brothers)-10
70 75 TEDDY BEAR SONG
Barbara Fairchild (Columbia)-7
71 84 HEARTS OF STONE
The Blue Ridge Rangers (Fantasy)-2
72 77 GUDBUY T'JANE
Slade (Polydor)-5
73 68 PARDON ME SIR
Joe Cocker (A&M)-8
74 82 ACROSS 110TH STREET
Bobby Womack and Peace (United Artists)-3
75 81 THE LORD KNOWS I'M DRINKING
Cal Smith (Decca)-5
76 87 IF WE TRY
Don McLean (United Aritsts)-2
77 -- DANIEL
Elton John (MCA)-1
78 86 I CAN UNDERSTAND IT
The New Birth (RCA)-3
79 92 PILLOW TALK
Sylvia (Vibration)-3
80 85 MAMA WAS A ROCK AND ROLL SINGER, PAPA USED TO WRITE ALL HER SONGS
Sonny and Cher (MCA)-3
81 -- DRINKING WINE SPO-DEE O'DEE
Jerry Lee Lewis (Mercury)-1
82 80 SAIL ON SAILOR
The Beach Boys (Brother)-7
83 97 BACK WHEN MY HAIR WAS SHORT
Gunhill Road (Kama Stura)-2
84 88 DANCING TO YOUR MUSIC
Archie Bell and the Drells (Glades)-4
85 -- IT SURE TOOK A LONG, LONG TIME
Lobo (Big Tree)-1
86 94 NOBODY WINS
Brenda Lee (MCA)-2
87 -- LEAVING ME
The Independents (Wand)-1
88 90 LAST TANGO IN PARIS
Herb Alpert and the TJB (A&M)-5
89 91 RIVER ROAD
Uncle Dog (MCA)-6
90 99 WILL IT GO ROUND IN CIRCLES
Billy Preston (A&M)-2
91 98 GIVE IT TO ME
The J. Geils Band (Atlantic)-2
92 95 DELTA QUEEN
Don Fardon (Chelsea)-3
93 -- ALWAYS
Luther Ingram (KoKo)-1
94 96 SAW A NEW MORNING
The Bee Gees (RSO)-3
95 -- PEOPLE ARE CHANGIN'
Timmy Thomas (Glades)-1
96 100 IF I COULD ONLY BE SURE
Nolan Porter (ABC)-2
97 -- AM I BLACK ENOUGH FOR YOU
Billy Paul (Philadelphia International)-1
98 89 WISH THAT I COULD TALK TO YOU
The Sylvers (Pride)-10
99 -- ONLY LOVE
Bill Quateman (Columbia)-1
100 -- WHY ME
Kris Kristofferson (Monument)-1

------

------

US WEEKLY ALBUM CHARTS 1973/4/7

TW LW Title/Artist
1 3 LADY SINGS THE BLUES-DIANA ROSS
2 2 Don't Shoot Me I'm Only The Piano Player-Elton John
3 4 Prelude-Eumir Deodato
4 1 Deliverance Soundtrack
5 5 Rocky Mountain High-John Denver
6 7 World Is A Ghetto-War
7 10 Billion Dollar Babies-Alice Cooper
8 6 Shoot Out At The Fantasy Factory-Traffic
9 27 Dark Side Of The Moon-Pink Floyd
10 8 No Secrets-Carly Simon
11 11 Aloha From Hawaii via Satellite-Elvis Presley
12 16 Masterpiece-Temptations
13 12 Talking Book-Stevie Wonder
14 9 The Divine Miss M-Bette Midler
15 19 Birds Of Fire-Mahavishnu Orchestra
16 17 Space Oddity-David Bowie
17 18 Moving Waves-Focus
18 13 Seventh Sojourn-Moody Blues
19 15 Who Do We Think We Are-Deep Purple
20 20 Can't Buy A Thrill-Steely Dan

------

UK Album Chart For Week Up To 1973/4/7

TW LW Title/Artist Label Peak-Pos WOC
1 1 20 FLASH BACK GREATS OF THE SIXTIES VARIOUS ARTISTS K-TEL 1 2
2 New 40 FANTASTIC HITS FROM THE 50'S AND 60'S VARIOUS ARTISTS ARCADE 2 1
3 3 BILLION DOLLAR BABIES ALICE COOPER WARNER BROTHERS 1 3
4 4 TANX T. REX EMI 4 2
5 2 THE DARK SIDE OF THE MOON PINK FLOYD HARVEST 2 2
6 5 DON'T SHOOT ME I'M ONLY THE PIANO PLAYER ELTON JOHN DJM 1 9
7 New FOR YOUR PLEASURE ROXY MUSIC ISLAND 7 1
8 10 ROCK ME BABY DAVID CASSIDY BELL 2 7
9 6 GREATEST HITS SIMON AND GARFUNKEL CBS 2 38
10 12 BACK TO FRONT GILBERT O'SULLIVAN MAM 1 21
11 8 CLOCKWORK ORANGE ORIGINAL SOUNDTRACK WARNER BROTHERS 4 14
12 14 BRIDGE OVER TROUBLED WATER SIMON AND GARFUNKEL CBS 1 164
13 13 PORTRAIT OF DONNY DONNY OSMOND MGM 5 29
14 9 SLAYED? SLADE POLYDOR 1 18
15 16 THE STRAUSS FAMILY CYRIL ORNADEL/LONDON SYMPHONY ORCHESTRA POLYDOR 2 16
16 15 PILEDRIVER STATUS QUO VERTIGO 5 12
17 7 BURSTING AT THE SEAMS STRAWBS A&M 2 7
18 Re IMAGINE JOHN LENNON APPLE 1 67
19 11 MOVING WAVES FOCUS POLYDOR 2 16
20 37 SLADE ALIVE SLADE POLYDOR 2 53
21 22 NO SECRETS CARLY SIMON ELEKTRA 3 12
22 21 THE SIX WIVES OF HENRY VIII RICK WAKEMAN A&M 7 7
23 24 TOO YOUNG DONNY OSMOND MGM 7 17
24 30 CLOSE TO YOU THE CARPENTERS A&M 24 36
25 18 COSMIC WHEELS DONOVAN EPIC 15 3
26 42 CHERISH DAVID CASSIDY BELL 2 38
27 Re HOT AUGUST NIGHT NEIL DIAMOND UNI 21 7
28 New LIZA WITH A Z LIZA MINELLI CBS 28 1
29 New TOGETHER JACK JONES RCA VICTOR 29 1
30 New LARKS' TONGUES IN ASPIC KING CRIMSON ISLAND 30 1
31 Re 25 ROCKIN' AND ROLLIN' GREATS VARIOUS ARTISTS K-TEL 1 18
32 46 OVER AND OVER NANA MOUSKOURI FONTANA 10 94
33 19 FOCUS III FOCUS POLYDOR 6 13
34 New EAT IT HUMBLE PIE A&M 34 1
35 17 WHO DO YOU THINK WE ARE DEEP PURPLE PURPLE 4 8
36 29 THE RISE AND FALL OF ZIGGY STARDUST AND THE SPIDERS FROM MARS DAVID BOWIE RCA VICTOR 5 38
37 39 CATCH BULL AT FOUR CAT STEVENS ISLAND 2 27
38 40 THE CARPENTERS THE CARPENTERS A&M 11 24
39 Re BRITISH CONCERT NANA MOUSKOURI FONTANA 29 9
40 41 TALKING BOOK STEVIE WONDER TAMLA MOTOWN 16 10
41 27 BLUE PRINT RORY GALLAGHER POLYDOR 12 7
42 32 ALOHA FROM HAWAII VIA SATELLITE ELVIS PRESLEY RCA VICTOR 11 7
43 44 AMERICAN PIE DON MCLEAN UNITED ARTISTS 2 43
44 33 KILLER JOE LITTLE JIMMY OSMOND MGM 20 8
45 20 BIRDS OF FIRE MAHAVISHNU ORCHESTRA CBS 20 2
46 Re TAPESTRY CAROLE KING A&M 4 77
47 Re MADE IN JAPAN DEEP PURPLE PURPLE 16 11
48 Re TEASER AND THE FIRECAT CAT STEVENS ISLAND 2 75
49 50 HIMSELF GILBERT O'SULLIVAN MAM 5 66
50 Re ROCKY MOUNTAIN HIGH JOHN DENVER RCA VICTOR 44 2
------

UK Singles Chart For Week Up To 1973/4/7
TW LW Wks TITLE/Artist
1 3 4 GET DOWN Gilbert O'Sullivan
2 1 5 THE TWELFTH OF NEVER Donny Osmond
3 7 5 TIE A YELLOW RIBBON ROUND THE OLE OAK TREE Dawn
4 4 4 POWER TO ALL OUR FRIENDS Cliff Richard
5 8 3 I'M A CLOWN / SOME KIND OF SUMMER David Cassidy
6 30 2 TWEEDLE DEE Little Jimmy Osmond
7 2 6 CUM ON FEEL THE NOIZE Slade
8 10 6 NEVER NEVER NEVER Shirley Bassey
9 13 6 LOVE TRAIN O'Jays
10 9 8 KILLING ME SOFTLY WITH HIS SONG Roberta Flack
11 6 9 FEEL THE NEED IN ME Detroit Emeralds
12 11 9 HEART OF STONE Kenny
13 17 5 PYJAMARAMA Roxy Music
14 12 7 WHY CAN'T WE LIVE TOGETHER Timmy Thomas
15 5 5 20TH CENTURY BOY T. Rex
16 16 7 NICE ONE CYRIL Cockerel Chorus
17 - 1 HELLO HELLO I'M BACK AGAIN Gary Glitter
18 23 5 CRAZY Mud
19 15 9 HELLO HURRAY Alice Cooper
20 39 2 AMANDA Stuart Gillies
21 27 4 ALL BECAUSE OF YOU Geordie
22 36 2 DUELLING BANJOS Eric Weissberg & Steve Mandell
23 21 6 LOOK OF LOVE Gladys Knight And The Pips
24 14 7 GONNA MAKE YOU AN OFFER YOU CAN'T REFUSE Jimmy Helms
25 24 7 THAT'S WHEN THE MUSIC TAKES ME Neil Sedaka
26 25 20 LONG HAIRED LOVER FROM LIVERPOOL Little Jimmy Osmond
27 28 6 BY THE DEVIL Blue Mink
28 40 3 GOD GAVE ROCK AND ROLL TO YOU Argent
29 20 12 BABY I LOVE YOU Dave Edmunds
30 22 8 DOCTOR MY EYES Jackson Five
31 18 8 CINDY INCIDENTALLY Faces
32 49 7 GOOD GRIEF CHRISTINA Chicory Tip
33 19 7 PINBALL WIZARD - SEE ME FEEL ME New Seekers
34 44 5 HEAVEN IS MY WOMAN'S LOVE Val Doonican
35 37 13 TAKE ME HOME COUNTRY ROADS Olivia Newton-John
36 34 4 BREAK UP TO MAKE UP Strylistics
37 35 12 WHISKY IN THE JAR Thin Lizzy
38 47 2 THE RIGHT THING TO DO Carly Simon
39 46 3 I DON'T KNOW WHY Andy And David Williams
40 50 2 SWEET DREAMS Roy Buchanan
41 31 13 BLOCKBUSTER Sweet
42 29 8 STEP INTO A DREAM White Plains
43 - 1 MY LOVE Paul McCartney And Wings
44 - 1 WAM BAM Handley Family
45 33 11 SYLVIA Focus
46 - 7 THE LOVE IN YOUR EYES Vicky Leandros
47 32 11 PART OF THE UNION Strawbs
48 41 3 YOU ARE EVERYTHING Pearls
49 - 1 NEVERTHELESS New Seekers
50 43 18 BIG SEVEN Judge Dread

----------------

日本洋楽シングルチャート
1973年4月9日
1. 忘れじのグローリア - ミッシェル・ポルナレフ
2. うつろな愛 - カーリー・サイモン
3. カリフオルニアの青い空 - アルバート・ハモンド
4. ダニエル - エルトン・ジョン
5. ハイ・ハイ・ハイ - ウイングス
6. イージー・アクション - T.レックス
7. 冬の散歩道 - サイモンとガーファンクル
8. クレイジー・ホース - オズモンズ
9. シング - カーペンターズ
10. 涙の片想い - デビッド・キャシディーとパートリッジ・ファミリー
11. ジーン・ジニー - デビッド・ボウイー
12. グッバイ・ジェーン - スレイド
13. 片想いと僕 - ロボ
14. ブロックバスター - ザ・スイート
15. クロコダイル・ロック - エルトン・ジョン
15. ロックン・ロール・シンガー - ムーディー・ブルース
17. やさしく歌って - ロバータ・フラック
18. 20センチュリー・ボーイ - T.レックス
19. パート・オブ・ユニオン - ストローブス
20. マイ・クルー - リタ・クーリッジ
21. 恋に乾杯! - グラス・ルーツ
22. 思い出のバラ - ブレンダ・リー
23. カリフォルニアへ愛をこめて - アルバート・ハモンド
24. 迷信 - スティービー・ワンダー
25. ダイアログ - シカゴ
26. 青空の使者 - クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル
27. 恋のため息 - リンジー・ディ・ポール
28. 明日を生きよう - ラズベリーズ
29. ラスト・ソング - エドワード・ベア
30. 恋のフィーリング - カプリコーン
31. スペイス・オディティ - デビッド・ボウイー
32. ウーマン・フロム・トーキョー - ディープ・パープル
33. ロックス・オフ - ザ・ローリング・ストーンズ
34. 悲しき誘惑 - ザ・ショッキング・ブルー
35. バーニング・ラブ - エルヴィス・プレスリー
36. 踊ろよベイビー - ベット・ミドラー
37. 奴らに伝えろ! - ザ・フー
38. 魔法使い - ユーライア・ヒープ
39. ベンのテーマ - マイケル・ジャクソン
40. ソング・フォー・ユー - レオン・ラッセル

----------------


.