前日のThAnk YoU 前回へ行く 日刊ろっくす TOPへ  次へ進む

 

 


洋楽70's全曲探検
1973/4/14号
ドクター・ジョン&聖なる館登場


皆様こんにちわ、
洋楽70's全曲探検、
42年前の今週最新米英日のヒットチャートから初登場曲をピックアップし
全曲聴いてしまおうという企画です。
司会は、わわわわ、
山口眞と申します。

訳あってえろう急いでます。
急いでおりますが、
それは今週の中身がとんでもないもので押し押しになったせいでもあり、
それはご覧くださればご理解いただけるかと。

では早速

なお
全チャートの眺めは、一番下(追記部分)にありますのでご参照ください。

−−−−−−

今週のチャート初登場全曲再生リスト
http://www.youtube.com/playlist?list=PLEBB66F68BA99D8A1


Rock of Ages from 1969(fromMarch) vol.1
http://www.youtube.com/playlist?list=PLA9848671995DB3A7

Rock of Ages from 1969(fromMarch) vol.2
http://www.youtube.com/playlist?list=PLEBB66F68BA99D8A1

ヒットチャートロックの歴史
http://www.youtube.com/playlist?list=PLF17180564A99EA22

Best of Charted 70's Pops
http://www.youtube.com/playlist?list=PL26E2DB24FF57D4C2

Best of Charted 70's Soul & Funk
http://www.youtube.com/playlist?list=PL095D0B8355FBF0A6

All the Charted 70's Reggae in Usa & UK
http://www.youtube.com/playlist?list=PL9FF6696215D26B9F

All the Charted Glam Pop
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTxVxw4O6oIWvDSFfBq1ExRl

ベスト・オブ・日本洋楽史70's
http://www.youtube.com/playlist?list=PL8FE5FC9CFF908F9E

B-ROCK IN 70'S
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTzPigQphdlDDmdO9I4BIPg2

歴史オブ西海岸ロック
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTyIW3wwEtUZtasuU2GHyHsB

All Progressive Rock Single in 70's Chart
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTwc2Z7ZNAGCmryr4NpDQDTp

Not Glam But Pop Rock in UK 70's chart
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTxy0894KWrY4lDlYd9yod3G

−−−−−−

1973年4月14日米国チャートから、
表記は
順位/曲名/歌手、バンド/の順なり。
☆(最高五つ星)は素敵度判断。
先に英日チャートでランクイン済みの場合は失礼ながらその時のレビューを転用させていただいてます。

1-140
☆☆☆☆73. MY LOVE - Paul McCartney and Wings (Apple)-1
マイ・ラヴ ポール・マッカートニー&ウイングス







https://youtu.be/eKuFyHwG188

英登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/416898914.html



出たマイラヴ。
英1973年5月4日、米1973年4月30日発売ウィングス2作目アルバム「Red Rose Speedway」より唯一カット
英1973年3月23日、米1973年4月9日発売。
ハイ・ハイ・ハイのバカの後にはバカじゃなーいとばかりに
ホテル・ラウンジ・大ラブ・バラード。
欠点など何もございません不朽の名曲でしてどことなく007英国の香りなのもよろしいも
ポールちゃんの最も退屈な面も暴露しとってるものでして
バカじゃなーいと胸を張るほどそれっぽくなるサガだがね90点。



英6回目のヒットで、
4月7日43位初登場、最高位9位、6月16日50位まで通算11週。


1973年4月14日73位初登場、最高位1位。

日本洋楽チャート
5月5日発売
6回目のヒットで、1973年4月29日40位初登場、7月8日最高位1位。
歌謡チャート39位。
6.5万枚。

♪And when I go away I know my heart can stay with my love


2-141
☆☆☆76. SUPER FLY MEETS SHAFT - John and Ernest (Rainy Wednesday)-1
スーパー・フライ・ミーツ・シャフト ジョン・アンド・アーネスト



https://youtu.be/3suV1Ue52r4

ジョン・フリー氏とアーネスト・スミス氏の二人からなるノベルティ団です。
ヒット曲(ここではソウル限定)を今で言うサンプリングしてそれに突っ込みギャグ、
お噺はかのつるピカハゲ丸筋肉男アイザック・ヘイズ親分の「シャフト」刑事が
カーティス・メイフィールド師匠の売人「スーパー・フライ」と出くわした顛末。
完全にディッキー・グッドマン師匠のスタイルですって。
はい、作はディッキー師匠とサル・パッサンティーノ氏。
プロデュースもディッキー師匠。
お前はその二人だろう。米人限定81点。

1973年4月14日76位初登場、最高位31位。

♪We interrupt this record To bring you a special bulletin Super Fly is missing.


3-142
☆☆☆☆80. STEAMROLLER BLUES/ FOOL - Elvis Presley (RCA)-1
スティームローラー・ブルース/フール エルヴィス・プレスリー









STEAMROLLER BLUES
https://youtu.be/1i6NawvrFGY

FOOL
https://youtu.be/8kXynoGjIsA

王新曲は恒例のリャン面A面で。
スティームローラー・ブルースは
1973年2月4日発売ライブ・アルバム「Aloha from Hawaii Via Satellite」よりカット。
作は何とジェイムズ・テイラー兄さん。
あの1970年2月発売2作目アルバム「Sweet Baby James」に収録、
https://youtu.be/yz0H8D4U7U8
そりゃブルースですから思いっきり遠慮無くエルヴィス・ブルースで爆発する90点。

フールは
1973年7月発売最新アルバム「Elvis」よりカット。
あのジェイムズ・ラスト師とカール・シグマン師作。
王の王たる貫禄の大バラード。良い曲です93点。

1973年4月14日80位初登場、最高位17位。

英88回目のヒットで、
1973年8月11日32位初登場、最高位15位、10月13日37位まで通算10週。

日本洋楽チャート
「フール」名義で
10回目のヒットで、1973年7月8日40位初登場、次週36位。2週。

♪I'm a steamroller baby I'm 'bout to roll all over you


4-143
☆☆☆☆☆82. RIGHT PLACE WRONG TIME - Dr. John (Atco)-1
ライト・プレイス・ロング・タイム ドクター・ジョン







https://youtu.be/G5zPqgQ67yo


出ましたニュー・オリンズのピアノ指魔王だみ声師匠様ドクター初見参。
1973年2月25日発売6作目アルバム「イン・ザ・ライト・プレイス〜In the Right Place」よりカット、
プロシュースはアラン・トゥーサン父さん、バックはミーターズと
全盛期ニュー・オリンズ・ファンクの勢い尋常ならぬ溢れ出て96点。

1973年4月14日82位初登場、最高位9位。

♪I been in the right place. But it must have been the wrong time.


5-144
☆☆☆☆☆84. CLOSE YOUR EYES - Edward Bear (Capitol)-1
瞳をとじて エドワード・ベア







https://youtu.be/F2pbaJmxvlc


あの「ラスト・ソング 」
http://rocksblog.seesaa.net/article/410898274.html
http://rocksblog.seesaa.net/article/410727307.html

66年に結成のトロントが本拠地カナダなロック・バンドの3回目の米ヒットです。
最新アルバム「瞳を閉じて〜Close Your Eyes」より
うってかわってバラードもこれがまたプリティさは変わらず

思いきしまだ見ぬユーミンさんな邦題に答えて、ユーミンさんフィルターのプロコル・ハルム節
https://youtu.be/Ph2m8WMQr20
ならぬえらい似てるって。テレパシーかこれは95点。

1973年4月14日84位初登場、最高位37位。

♪I dreamed she came back home last night


6-145
☆☆☆☆☆85. NO MORE MR. NICE GUY - Alice Cooper (Warner Brothers)-1
ミスター・ナイス・ガイ アリス・クーパー







https://youtu.be/3Iv5Q7yNApQ


メガデスの見事なカバーでも高名なクーパー捜査官の名作です。
https://youtu.be/ytoPnkHlCec
1973年2月25日発売6作目アルバム「Billion Dollar Babies」より3回目カット4月発売。
作はアリス師とマイケル・ブルース氏。
ウエインが神と崇めるのも無理は無いと納得の才能ロックだ97点。

1973年4月14日85位初登場、最高位25位。

英4回目のヒットで、4月21日32位初登場、最高位10位、6月23日位まで通算10週。

日本洋楽チャート回目のヒットで、1973年7月22日40位初登場、8月19日最高位29位。

♪I used to be such a sweet, sweet thing


7-146
☆☆87. EVERYTHING'S BEEN CHANGED - The 5th Dimension (Bell)-1
エブリシングズ・ビーン・チェンジド フィフス・ディメンション



https://youtu.be/vhP8OxXCeTA

え?けっこうシャレにならないタイトルが新曲5次元。
ニュー・アルバム9作目「Living Together, Growing Together」より2曲目カット。
作はポール・アンカ師。歌唱はマリリン・マックーさん。
かなりの凡作バラードで、マジでシャレにならないタイトルに61点。

1973年4月14日87位初登場、最高位70位。

♪Rearranged Every room, every floor Every inch from door to doo


8-147
☆☆☆☆88. AND I LOVE YOU SO - Perry Como (RCA)-1
アンド・アイ・ラブ・ユー・ソー ペリー・コモ







https://youtu.be/yEmGoT7A3jg

2年ぶり登場、大御所悲喜こもごもペリー・コモ歌唱王。
作は
ドン・”アマリカン・パイ”・マクリーン氏。
デビュー・アルバム「Tapestry」に収録

http://youtu.be/jpV46ycq0dQ

先に
身も心もボビー・ゴールズボロさんが1971年やってコケてしもうた
http://rocksblog.seesaa.net/article/359303850.html
最高位83位。

をボロさんも尊敬のコモさんが歌唱で一躍世界のスタンダードとなったのだ。
いま思うと実にマクリーン兄さんの唄だ。

1973年4月14日88位初登場、最高位29位。

英3位。

♪And I love you so The people ask me how


9-148
☆☆☆☆90. I'M GONNA LOVE YOU JUST A LITTLE MORE BABY - Barry White (20th Century)-1
つのりゆく愛 バリー・ホワイト





https://youtu.be/2YChL6tQvcY

70'sをスケベ黒歌謡で席巻した親父参上。
Barry Eugene Carter、1944年9月12日テキサス州グラヴェストン生まれ
真理の探究・内面の探求の乙女座。
ラブ・アンリミテッドの頭だけでは飽きたらずピンでアイザック・ヘイズ親分にヒントを得た
超低音ヴォイスでたらしこみを画策、
実は1963年からやってたものの、ここでやっと時を得て
1973年3月27日発売1作目アルバム「I've Got So Much to Give 」より1回目カット、
自ら制作、作でやって
配下は
guitarists Ray Parker Jr., Wah Wah Watson, Dean Parks, David T. Walker
drummer Ed Greene
bassists Wilton Felder
とすんごいメンツで、これでこんなに売れるんか?と思うほど地味な始まり91点。

1973年4月14日90位初登場、最高位3位。R&Bチャート1位。

英1回目のヒットで、6月9日44位初登場、最高位23位、7月21日39位まで通算7週。

♪It feels so good You lying here next to me


10-149
☆☆☆☆93. I' BEEN WATCHIN' YOU - The South Side Movement (Wand)-1
アイブ・ビーン・ウォッチング・ユー サウス・サイド・ムーブメント



https://youtu.be/2ySC-_jIzJ0

シカゴより新生ファンク・バンド登場。
vocalist Melvin Moore
guitarist Bobby Pointer
keyboardist Morris Beeks
bassist Ronald Simmons
drummer Willie Hayes
alto saxophonist Milton Johnson
trumpeter Stephen Hawkins
trombonist Bill McFarland
ソウル・ディオのシムテック&ホワイトのバック・バンドから独立
1973年1作目アルバム「Southside Movement Wand」よりカットの
気合一閃、闇のほの明るい地味ファンク・デヴュー・シングルで一発ヒットです90点。

1973年4月14日93位初登場、最高位81位。R&Bチャート14位。

♪I've been watching you I've been watching you You're a married woman


11-150
☆☆☆☆☆95. FOOL LIKE YOU - Tim Moore (Dunhill)-1
フール・ライク・ユー ティム・ムーア



https://youtu.be/ACe7WJ4NVJ8


新生SSW登場。
ニューヨーク生まれ、フィラデルフィア生まれ。
あのトッド・ラングレン師のバンドにその昔在籍、
フランク・ザッパ大明神が曲を聴き、気に入ってニューヨークに連れて行き自らのビザール・レーベルと契約させそれからそれから・・・
まだまだすんごい逸話経緯でデビューだよ、その詳細は折を見て改めて。
このたびこの曲でメジャー・デビュー。バック・コーラスでドナルド・フェイゲン師参加。
めくるめく大物さんのことは何も思わなくていいほのぼのぽかぽかポップです95点。

1973年4月14日95位初登場、最高位93位。

♪If a fool like you, could listen to a fool like me


12-151
☆☆☆☆97. FENCEWALK - Mandrill (Polydor)-1
フェンスウォーク マンドリル



https://youtu.be/Tv1_Vqnjs-0

結成はジャングル大帝村・・
ではなくて1968年NYはブルックリン、ラテン・ファンクの東王且つアフロ・ロックの西帝王、
3回目のヒット達成、1973年発売3作目アルバム「Composite Truth」よりカット。
ききゃあじっとしてられぬぐおと叫んでその辺走り回る燃えよメタル・ブラス・ファンク92点。

1973年4月14日97位初登場、最高位52位。R&Bチャート19位。

♪Hey! Got your big mouth running But it's not what you say


13-152
☆☆☆☆98. MR. MAGIC MAN - Wilson Pickett (RCA)-1
ミスター・マジック・マン ウイルソン・ピケット







https://youtu.be/dKXuqtxtSZU

ダンス音楽親父、70's最後の方の激闘、
同名アルバムより、サウンドはフィリー味でメロウで行くも
歌いっぷりは野猿街道で血は仕方ありません90点。
大爆笑「歩くセックス」の空耳入り。こりゃTシャツ貰えるな。

1973年4月14日98位初登場、最高位98位。R&Bチャート16位。

♪I can take a tear and make it disappear with a wave of my hand


14-153
☆☆100. FRIEND AND A LOVER - The Partridge Family (Starring Shirley Jones and Featuring David Cassidy) (Bell)-1
涙の片想い - デビッド・キャシディーとパートリッジ・ファミリー





http://youtu.be/yQnuZsBNgHQ

日本先行ヒットです。
洋楽チャート登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/415351885.html



アメリカでヒットした
愛のまなざし〜LOOKING THROUGH THE EYES OF LOVE
http://rocksblog.seesaa.net/article/410727307.html
を差し置いてそれはB面とし
そのB面「Storybook Love」を入れ替えてA面にするわけでもなく
1972年11月発売アルバム「The Partridge Family Notebook」より独自カットする日本洋楽界の強い意志表明の一発ここにあり。
理由はわからーん。が当たって大ヒット。
追っかけるように本場でも出たがずっこけるてオマケ付き74点。



日本洋楽チャート4回目のヒットで、3月12日35位初登場、4月22日に最高位5位。

米、1973年4月14日100位初登場、次週最高位99位。2週。

♪ ... To you I'm your friend



***************

ちなみに
この週の全米TOP3は

1.←1 THE NIGHT THE LIGHTS WENT OUT IN GEORGIA - Vicki Lawrence (Bell)-10 (2 week at #1)
2.←2 NEITHER ONE OF US (Wants To Be the First To Say Goodbye) - Gladys Knight and the Pips (Soul)-12
3.☆←6 TIE A YELLOW RIBBON ROUND THE OLE OAK TREE - Dawn Featuring Tony Orlando (Bell)-9

黄色いリボン襲来。

−−−−−−

1973年7月14日付TOP20米アルバム・チャートの
ニュー・エントリー盤は

1-27
☆☆☆☆13.☆←25 The Best Of Bread - Bread
ベスト・オブ・ブレッド ブレッド



英登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/407875507.html



Side A
1. "Make It with You" - 3:11
2. "Everything I Own" - 3:05
3. "Diary" - 3:05
4. "Baby I'm-a Want You" - 2:26
https://youtu.be/Iq3biClGRNk
5. "It Don't Matter to Me" - 2:46
6. "If" - 2:32

Side B
1. "Mother Freedom" - 2:31
2. "Down on My Knees" (Gates, James Griffin) - 2:42
3. "Too Much Love" (Griffin, Robb Royer) - 2:43
4. "Let Your Love Go"- 2:20
http://youtu.be/ckmkfYdvev4
5. "Look What You've Done" (Griffin, Royer) - 3:09
6. "Truckin'" (Griffin, Royer) - 2:30

初のベスト盤。
初お目見えして実は想像通りじゃない曲があったとしても愛せるかどうか92点。



米2位。

英3回目のヒットで、10月28日18位初登場、最高位7位、1976年9月18日47位まで通算99週。


2-28
☆☆☆☆16.☆←23 Neither One Of Us - Gladys Knight & Pips
さよならは悲しい言葉 グラディス・ナイトとピップス



Side A
1. "Neither One of Us (Wants to Be the First to Say Goodbye)" Jim Weatherly 4:15
2. "It's Gotta Be That Way" David Jones, Wade Brown, Jr., Johnny Bristol 4:32
3. "For Once in My Life" Ron Miller, Orlando Murden 4:00
https://youtu.be/I2WUALkeEVM
4. "This Child Needs Its Father" Nick Zesses, Dino Fekaris 3:15
5. "Who Is She (And What Is She to You)" Bill Withers, Stan McKenny 4:12

Side B
1. "And This Is Love" Sylvia Moy, Frederick Long 3:21
2. "Daddy Could Swear, I Declare" Bristol, Gladys Knight, Merald Knight 3:42
3. "Can't Give It Up No More" Jones, Brown, Bristol 3:38
4. "Don't It Make You Feel Guilty" Jones, Brown, Bristol 3:15

Producer
Joe Porter, Johnny Bristol, Clay McMurray, Nick Zesses, Dino Fekaris, Hal Davis

1973年3月発売8作目アルバム。
最後のソウル・レーベル・アルバム、
次なるブッダでの大爆発を既に約束のブレーク表題曲を筆頭に移籍させるに悶えるほど悔しかったであろう
ナイス盤です94点。

米最高位9位。R&Bチャート1位。


#239
#175
3-29
☆☆☆☆☆18.☆←21 They Only Come Out At Night - Edgar Winter Group
エドガー・ウィンター4 エドガー・ウィンター



http://rocks.studio-web.net/t/ewinter/only.html

Side A
1. "Hangin' Around" (Edgar Winter, Dan Hartman) – 3:02
https://youtu.be/kY2SYfUyFek
2. "When It Comes" (Winter, Hartman) – 3:16
3. "Alta Mira" (Winter, Hartman) – 3:18
4. "Free Ride" (Hartman) – 3:08
5. "Undercover Man" (Winter, Hartman) – 3:49

Side B
1. "Round & Round" (Winter) – 4:00
2. "Rock 'n' Roll Boogie Woogie Blues" (Winter, Barbara Winter, Ronnie Montrose) – 3:25
3. "Autumn" (Hartman) – 3:00
4. "We All Had a Real Good Time" (Winter, Hartman) – 3:05
5. "Frankenstein" (Winter) – 4:44

Personnel
Edgar Winter – organ, synthesizer, ARP 2600, piano, marimba, saxophone, timbales, vocals, clavinet, liner notes
Rick Derringer – producer, bass, guitar, pedal steel, vocals, claves
Dan Hartman – guitar, bass, percussion, maracas, ukulele, vocals
Ronnie Montrose – guitar, mandolin
Randy Jo Hobbs – bass
Johnny Badanjek – drums
Chuck Ruff – conga, drums, vocals
Steve Paul – organic director
Bill Szymczyk – technical director

Producer Rick Derringer

1972年11月発売3作目スタジオ・アルバム。

出ました。最強の布陣で挑む大ブレーク作。
「フランケンシュタイン」だけだと思ったら大間違い、
これで初めて聞いた民衆はそのブリリアントなポップ・サウンドに目が眩んだに違いない100点。

※ロック名盤リスト入りです。


米最高位3位。

TOP3は

1.☆←1 LADY SINGS THE BLUES - DIANA ROSS
2.☆←7 Billion Dollar Babies - Alice Cooper
3.←2 Don't Shoot Me I'm Only The Piano Player - Elton John

−−−−−−

1973年4月14日付TOP40英国アルバム・チャートより

#240
#176
1-42
☆☆☆☆☆1. HOUSES OF THE HOLY - LED ZEPPELIN
聖なる館 レッド・ツェッペリン



Side A
1. 永遠の詩 (The Song Remains the Same / Page & Plant)
2. レイン・ソング (The Rain Song / Page & Plant)
3. 丘のむこうに (Over the Hills and Far Away / Page & Plant)
4. クランジ (The Crunge / Bonham, Jones, Page & Plant)

Side B
1. ダンシング・デイズ (Dancing Days / Page & Plant)
2. デジャ・メイク・ハー (D'yer Mak'er / Bonham, Jones, Page & Plant)
3. ノー・クォーター (No Quarter / Jones, Page & Plant)
4. オーシャン (The Ocean / Bonham, Jones, Page & Plant)
https://youtu.be/MrV6exi1WlM

1973年3月28日発売5作目アルバム。

Personnel
Robert Plant – lead vocals
Jimmy Page – acoustic, electric and pedal steel guitars, theremin on "No Quarter", production
John Paul Jones – bass guitar, keyboards, synthesiser bass, backing vocals
John Bonham – drums, backing vocals

Producer Jimmy Page

ここで聖なる親方登場。
ファンクに真正面から聖戦開始、怒涛のビートとそのデカさに恐れおののく大好き100点。

5回目のヒットで、
4月14日1位初登場、最高位1位、7月27日49位まで通算13週。

米1位。

日本3位。

※もちロック名盤リスト入り。

2-43
☆☆☆☆☆31. BYRDS - THE BYRDS
バーズ バーズ



Side A
1. "Full Circle" (Gene Clark) – 2:43
2. "Sweet Mary" (Roger McGuinn, Jacques Levy) – 2:55
3. "Changing Heart" (Gene Clark) – 2:42
4. "For Free" (Joni Mitchell) – 3:50
5. "Born to Rock 'n' Roll" (Roger McGuinn) – 3:12

Side B
1. "Things Will Be Better" (Chris Hillman, Dallas Taylor) – 2:13
https://youtu.be/PJmvfUIMol0
2. "Cowgirl in the Sand" (Neil Young) – 3:24
3. "Long Live the King" (David Crosby) – 2:17
4. "Borrowing Time" (Chris Hillman, Joe Lala) – 2:00
5. "Laughing" (David Crosby) – 5:38
6. "(See the Sky) About to Rain" (Neil Young) – 3:49

1973年3月7日発売12作目アルバム。

Personnel
The Byrds
Roger McGuinn – guitar, banjo, Moog synthesizer, vocals
Gene Clark - guitar, harmonica, tambourine, vocals
David Crosby - guitar, vocals
Chris Hillman – electric bass, guitar, mandolin, vocals
Michael Clarke – drums, congas, percussion

Additional Personnel
Wilton Felder - electric bass on "Cowgirl in the Sand"
Johnny Barbata - drums on "Cowgirl in the Sand"
Dallas Taylor - congas, tambourine

有終の美は出発点から。奇跡のオリジナル・メンバー再集結リユニオン。
見事な落とし前をつけてくれた大粒の涙で迎えましょう95点。

9回目のヒットで、最後、
4月14日31位初登場。1週。

米20位。


3-44
?45. LOST HORIZON - ORIGINAL SOUNDTRACK
失われた地平線 サウンドトラック



Side A
1.1 Introduction 0:30
1.2 Lost Horizon
Vocals – Shawn Phillips 1:58
2. Share The Joy 2:42
https://youtu.be/5jRPgVurcVQ
3. The World Is A Circle 3:25
4. Living Together, Growing Together 3:21
5. I Might Frighten Her Away 2:38
6. The Things I Will Not Miss 3:13

Side B
1. If I Could Go Back 4:07
2. Where Knowledge Ends (Faith Begins) 3:43
3. Question Me An Answer 5:27
4. I Come To You 1:29
5. Reflections 1:50

1973年4月発売アルバム。

Personnel
Lyrics By Hal David
Music By, Conductor Burt Bacharach
Orchestrated By Burt Bacharach, Jack Hayes, Leo Shuken
Producer Burt Bacharach

1973年3月17日封切りのチャールズ・ジャレット氏監督、
ピーター・フィンチ氏主演オリヴィア・ハッセーの同名ミュージカル映画サントラ。
持ってません。
映画としてはコケたらしいが、初めてチラッと聞いたらそのバカラック天国に打ちのめされたよ。
チラじゃすまねえや。

唯一のヒットで、
4月14日45位初登場、最高位36位、6月9日44位まで通算3週。

米位。

******

TOP3は

1.☆ New HOUSES OF THE HOLY LED ZEPPELIN
1.←1 20 FLASH BACK GREATS OF THE SIXTIES - VARIOUS ARTISTS
2.←2 40 FANTASTIC HITS FROM THE 50'S AND 60'S - VARIOUS ARTISTS

どけどけ邪魔だZEP様のお通りだ。

−−−−−−

1973年4月14日付TOP50英国シングル・チャートより

1-72
☆☆☆☆16. DRIVE-IN SATURDAY - David Bowie
ドライブ・インの土曜日 デビッド・ボウイー



https://youtu.be/JnBl3GcVmVg

ボイちゃん、火星より踏み出し2歩目
1973年4月13日発売6作目アルバム「Aladdin Sane」より2回目カット4月6日発売。
モット・ザ・フープルの「すべての若き野郎ども」アルバムのプロデュースを引き受けた時、
ご祝儀で歌をあげるから「すべての〜」かこの曲かどちらか選びなさいなと言うたら
そりゃ「すべての〜」に決まってんじゃんとほかされた曰く歌でして
そうなんです地味なんです。意地のシングル・カットもこればっかは仕方ない90点。

日本ではLet's Spend The Night TogetherのB面で。

5回目のヒットで、
4月14日16位初登場、最高位3位、6月16日40位まで通算10週。

♪Let me put my arms around your head


2-73
☆☆☆☆31. GIVING IT ALL AWAY - Roger Daltrey
ギヴィング・イット・オール・アウェイ ロジャー・ダルトリー



https://youtu.be/tWAsHoDIlGk

満を持してザ・フーのそうめんひらひらマイクぶんまわしロジャーさんソロでデビュー。
1973年4月20日発売1作目アルバム「Daltrey」より1回目唯一カット月日発売。
作はアルバムでもほぼ前曲担当のレオ・セイヤーくんとデヴィッド・コートニー氏。
いい曲で、ソロで違う一面をお披露目は地元では大成功90点。

これはロジャー・シングス・レオのスペシャル企画だな。

1回目のヒットで、
4月14日31位初登場、最高位5位、6月23日40位まで通算11週。

米1973年6月2日87位初登場、最高位83位。

♪I paid all my dues So I picked up my shoes


3-74
☆☆☆☆☆33. BROTHER LOUIE - Hot Chocolate
ブラザー・ルイ ホット・チョコレート



https://youtu.be/wiM6hF1naXE

オカマ・セクシー路線以前原始ホッチョコの最高傑作来襲です。
作は頭エロール・ブラウン師匠とトニー・ウィルソン氏。
ムード歌謡かよな哀愁がこのオリジナルでも存分味わえるも
即行でカバーしたアメリカのストーリーズの出来が切れで上回ってしまいまして
アメリカで持って行かれたでそっちで訳すのが楽しみなすんごい好きな曲100点。

5回目のヒットで、
4月14日33位初登場、最高位7位、6月16日41位まで通算10週。

♪She was black as the night Louie was whiter than white


4-75
☆☆☆☆42. HEY MAMA - Joe Brown
ヘイ・ママ ジョー・ブラウン



https://youtu.be/gwdAUla9aQ8

1941年5月13日リンカンシャーはスワービー生まれ、
意欲のマイペース・堅実・根性と頑固、牡牛座双子座寄り。
デビューは1959年の大ベテランロッカー、ジョーさん。
6年ぶりヒットです。
味なお声でのテンプターズの「おかあさん」か「マミー・ブルー」かな哀愁英国歌謡。
どなたかがカバーして和製ポップス化しても何の不思議でもござらん。
この73年にヒットするかはわからんが91点。

11回目のヒットで、
4月14日42位初登場、最高位33位、5月19日42位まで通算6週。

♪♪


6-77
☆☆☆☆☆44. MEAN GIRL - Status Quo
ミーン・ガール ステイタス・クオ





https://youtu.be/jMIothgSaFk


よっしゃ!クオー入魂。
1971年11月4発売作目アルバム「Dog of Two Head」より思い出し1回目カット2月22日発売。
その人気に逃した魚はでかいとパイが出したね、商売抜きでそれは大正解の代表作の一つ。
問答無用にぶっ飛ばすブギの誉れ100点。

7回目のヒットで、
4月14日44位初登場、最高位20位、6月23日42位まで通算11週。

♪Now I'm a sad one and she was a bad one


7-78
☆☆☆☆46. EVERYDAY - Don McLean
エブリデイ ドン・マクリーン



https://youtu.be/RCpPsZYEObw

「やさしく歌って」で壮大に讃えられてる間にこちらでそっとヒットです。
好きな歌を唄わせていただきます1973年10月発売アルバム「Playin' Favorites」より
バディ・ホリー師の1957年代表作、「ペギー・スー」のB面だった
https://youtu.be/kLBWkM0jzK0
そりゃプリテーなんをあの百万ドルの声でよみがえれし94点。

3回目のヒットで、
4月14日46位初登場、最高位38位、5月12日38位まで通算5週。

♪Everyday, everyday, it's a gettin' closer Goin' faster than a roller coaster


8-79
☆☆☆☆☆48. A LETTER TO LUCILLE - Tom Jones
いとしのルシール トム・ジョーンズ





https://youtu.be/Jc7XKGzfTVo


ミスター・チャンピオン・ベルト、1年ぶりの新曲は
6月発売「The Body and Soul of Tom Jones」アルバムより、
巨匠トニー・マコーレイ師作のド強力代表作です。
この曲にしてこのメロ、英国産ソウルの宝玉にこの問答無用の歌いっぷり。
文句無し100点。

24回目のヒットで、
4月14日48位初登場、最高位31位、6月2日48位まで通算8週。

米1973年5月12日93位初登場、最高位60位。

日本洋楽チャート12回目のヒットで最後、1973年6月17日33位初登場、7月29日最高位14位。

♪Somebody, please, if somebody will Let them take a letter to my girl


******

TOP3は

1.☆←1 GET DOWN - Gilbert O'Sullivan -5wks /2wks No.1
2.☆←3 TIE A YELLOW RIBBON ROUND THE OLE OAK TREE - Dawn -6wks
3.☆←5 I'M A CLOWN / SOME KIND OF SUMMER - David Cassidy -4wks

ギルバートくん首位死守。

----------------------

1973年4月16日付のTOP40日本洋楽チャートより

1-58
☆☆☆☆31. 俺達のアメリカ - シカゴ
State Of The Union - Chicago



https://youtu.be/-TReNKMVVy8

シカゴは我等のものだとばかりに日本洋楽界、独自シングルです。
1972年7月10日発売4作目スタジオアルバム「Chicago V」よりカット。
ロバート・ラム氏作、セテラ歌唱。
これぞシカゴなラッパ鳴り響くファンキー作。
むりくりでも通じるぜシカゴは我等のもの90点。

11回目のヒットで、1973年4月16日31位初登場、5月27日最高位10位。

♪I was talkin' 'bout the state of the union


2-59
☆☆☆☆38. ロール・オーバー・ベートーヴェン - エレクトリック・ライト・オーケストラ
ROLL OVER BEETHOVEN - Electric Light Orchestra



http://youtu.be/CxXl4oS9wss

すわキワモノ扱いかもなあ。
英登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/413027295.html



あっと言う間に去ってしまったロイ・ウッド師匠がいち早くウィザードでぶいぶい言わせてるのを横目に
ジェフ・リン師ELOが本格始動です、
1973年1月発売2作目アルバム「ELO 2」より唯一カット英1月12日発売、米1月27日発売は
これからはお芸術抜きで参りますを高らかに宣言の超ベタネタ大爆笑、
弦楽団抱えたロック・バンドなら1回はやってみたいって普通は恥ずかしいけど
やった貴方はえらい92点。



英2回目のヒットで、
1月27日28位初登場、最高位6位、3月31日48位まで通算10週。

米1973年4月28日90位初登場、最高位42位。16週。

1回目のヒットで、1973年4月16日31位初登場、5月13日最高位26位。

♪Gonna write a little letter, gonna mail it to my local D.J.


3-60
☆☆☆☆☆39. コズミック・ホイールズ - ドノバン
Cosmic Wheels - Donovan



https://youtu.be/jbKldILIjfo

だって来日記念盤ですもん
1973年3月発売10作目アルバム「Cosmic Wheels」より独自カット。
だってなんでむこうでカットしてヒットせんのかの傑作だもん。
あ、せっかくなのに1週っていったい95点。

4回目のヒットで、1973年4月16日39位初登場、1週。

♪God is playing marbles With his planets and his stars Creating havoc through my life


4-61
☆☆☆☆40. ハミングバード - シールズ&クロフツ
HUMMINGBIRD - Seals and Crofts



http://youtu.be/B412Ij9IAnc

米登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/412641813.html



「サマー・ブリーズ」
http://rocksblog.seesaa.net/article/405106491.html
で衝撃の登場たるシルクロさんらの次の一手は続けて8月発売4作目サマー・ブリーズ・アルバムからカット。
基本的にはアルバム内曲でシングルに向かぬとは思うも、薄暮のサマー・ブリーズとなる一発屋非宣言には相応しき二発目94点。



米1973年1月20日76位初登場、最高位20位。

日本洋楽チャート1回目のヒットで、4月15日40位初登場、1週。

♪Oh, hummingbird Mankind was waiting for you to come flying along


************

TOP3は

1. 忘れじのグローリア - ミッシェル・ポルナレフ
2. ダニエル - エルトン・ジョン
3. うつろな愛 - カーリー・サイモン

ダニエル参上。

************

以上

どこをどう突っ込んでええのやらなものすんごい布陣でございます。
これが73年洋楽のクラシック・シーズン到来やー。

(山)2015.4.14

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

100 Hits: Rock

100 Hits: Soul

100 Hits: 70's



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくす洋楽70’s全曲探検 のページ

資料

英語資料

English Version

.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

閲覧ありがとうございます。
僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA


−−−−−−−−−−−−−−−−−



..


US Top 100 Singles Week Ending 14th April, 1973

TW LW TITLE Artist (Label)-Weeks on Chart

1 1 THE NIGHT THE LIGHTS WENT OUT IN GEORGIA
Vicki Lawrence (Bell)-10 (2 weeks at #1)
2 2 NEITHER ONE OF US (Wants To Be the First To Say Goodbye)
Gladys Knight and the Pips (Soul)-12
3 6 TIE A YELLOW RIBBON ROUND THE OLE OAK TREE
Dawn Featuring Tony Orlando (Bell)-9
4 4 AIN'T NO WOMAN (Like the One I Got)
The Four Tops (Dunhill)-11
5 7 SING
The Carpenters (A&M)-8
6 10 THE CISCO KID
War (United Artists)-7
7 8 DANNY'S SONG
Anne Murray (Capitol)-15
8 5 BREAK UP TO MAKE UP
The Stylistics (Avco)-10
9 3 KILLING ME SOFTLY WITH HIS SONG
Roberta Flack (Atlantic)-12
10 11 CALL ME (Come Back Home)
Al Green (Hi)-9
11 14 MASTERPIECE
The Temptations (Gordy)-8
12 20 LITTLE WILLY
The Sweet (Bell)-13
13 16 STIR IT UP
Johnny Nash (Epic)-10
14 9 ALSO SPRACH ZARATHUSTRA (2001)
Deodato (CTI)-11
15 18 THE TWELFTH OF NEVER
Donny Osmond (MGM/Kolob)-7
16 15 SPACE ODDITY
David Bowie (RCA)-12
17 25 YOU ARE THE SUNSHINE OF MY LIFE
Stevie Wonder (Tamla)-5
18 12 LOVE TRAIN
The O'Jays (Philadelphia International)-13
19 24 STUCK IN THE MIDDLE WITH YOU
Stealers Wheel (A&M)-7
20 23 PEACEFUL
Helen Reddy (Capitol)-11
21 29 DRIFT AWAY
Dobie Gray (Decca)-8
22 17 DEAD SKUNK
Loudon Wainwright III (Columbia)-12
23 13 LAST SONG
Edward Bear (Capitol)-18
24 28 WALK ON THE WILD SIDE
Lou Reed (RCA)-9
25 21 THE COVER OF "ROLLING STONE"
Dr. Hook and the Medicine Show (Columbia)-20
26 31 WILDFLOWER
Skylark (Capitol)-9
27 35 DAISY A DAY
Jud Strunk (MGM)-9
28 22 HUMMINGBIRD
Seals and Crofts (Warner Brothers)-13
29 39 REELING IN THE YEARS
Steely Dan (ABC)-6
30 40 OUT OF THE QUESTION
Gilbert O'Sullivan (MAM)-7
31 19 DUELING BANJOS
Deliverance (Eric Weissberg and Steve Mandell)
Warner Brothers-14
32 37 ONE MAN BAND (Plays All Alone)
Ronnie Dyson (Columbia)-9
33 34 A LETTER TO MYSELF
The Chi-Lites (Brunswick)-10
34 43 HALLELUJAH DAY
Jackson 5 (Motown)-5
35 32 COOK WITH HONEY
Judy Collins (Elektra)-10
36 38 BITTER BAD
Melanie (Neighborhood)-9
37 45 PINBALL WIZARD/SEE ME, FEEL ME (Medley)
The New Seekers (Verve)-8
38 42 STEP BY STEP
Joe Simom (Spring)-9
39 47 FUNKY WORM
The Ohio Players (Westbound)-8
40 44 OH LA DE DA
The Staple Singers (Stax)-6
41 59 FRANKENSTEIN
The Edgar Winter Group (Epic)-6
42 49 "CHERRY CHERRY" FROM HOT AUGUST NIGHT
Neil Diamond (MCA)-5
43 60 THE RIGHT THING TO DO
Carly Simon (Elektra)-3
44 36 MASTER OF EYES (The Deepness Of Your Eyes)
Aretha Franklin (Atlantic)-10
45 55 HOCUS POCUS
Focus (Sire)-7
46 77 DANIEL
Elton John (MCA)-2
47 51 I'M DOIN' FINE NOW
New York City (Chelsea)-7
48 41 SUPERMAN
Donna Fargo (Dot)-8
49 56 BLUE SUEDE SHOES
Johnny Rivers (United Artists)-5
50 52 DOWN AND OUT IN NEW YORK CITY
James Brown (Polydor)-6
51 54 CINDY INCIDENTALLY
Faces (Warner Brothers)-6
52 61 ARMED AND EXTREMELY DANGEROUS
First Choice (Philly Groove)-6
53 62 THINKING OF YOU
Loggins and Messina (Columbia)-3
54 79 PILLOW TALK
Sylvia (Vibration)-4
55 58 WHO WAS IT
Hurricane Smith (Capitol)-5
56 68 PLAYGROUND IN MY MIND
Clint Holmes (Epic)-4
57 66 LET'S PRETEND
The Raspberries (Capitol)-4
58 64 LET YOUR YEAH BE YEAH
Brownsville Station (Big Tree)-7
59 78 I CAN UNDERSTAND IT
The New Birth (RCA)-4
60 65 I KNEW JESUS (Before He Was a Star)
Glen Campbell (Capitol)-5
61 71 HEARTS OF STONE
The Blue Ridge Rangers (Fantasy)-3
62 74 ACROSS 110TH STREET
Bobby Womack and Peace (United Artists)-4
63 67 YESTERDAY I HAD THE BLUES
Harold Melvin and the Blue Notes (Phila. Intl.)-7
64 85 IT SURE TOOK A LONG, LONG TIME
Lobo (Big Tree)-2
65 70 TEDDY BEAR SONG
Barbara Fairchild (Columbia)-8
66 87 LEAVING ME
The Independents (Wand)-2
67 76 IF WE TRY
Don McLean (United Aritsts)-3
68 72 GUDBUY T'JANE
Slade (Polydor)-6
69 26 AUBREY
Bread (Elektra)-11
70 81 DRINKING WINE SPO-DEE O'DEE
Jerry Lee Lewis (Mercury)-2
71 75 THE LORD KNOWS I'M DRINKING
Cal Smith (Decca)-6
72 83 BACK WHEN MY HAIR WAS SHORT
Gunhill Road (Kama Stura)-3
73 -- MY LOVE
Paul McCartney and Wings (Apple)-1
74 84 DANCING TO YOUR MUSIC
Archie Bell and the Drells (Glades)-5
75 90 WILL IT GO ROUND IN CIRCLES
Billy Preston (A&M)-3
76 -- SUPER FLY MEETS SHAFT
John and Ernest (Rainy Wednesday)-1
77 80 MAMA WAS A ROCK AND ROLL SINGER, PAPA USED TO WRITE ALL HER SONGS
Sonny and Cher (MCA)-4
78 93 ALWAYS
Luther Ingram (KoKo)-2
79 86 NOBODY WINS
Brenda Lee (MCA)-3
80 -- STEAMROLLER BLUES/
FOOL
Elvis Presley (RCA)-1
81 91 GIVE IT TO ME
The J. Geils Band (Atlantic)-3
82 -- RIGHT PLACE WRONG TIME
Dr. John (Atco)-1
83 88 LAST TANGO IN PARIS
Herb Alpert and the TJB (A&M)-6
84 -- CLOSE YOUR EYES
Edward Bear (Capitol)-1
85 -- NO MORE MR. NICE GUY
Alice Cooper (Warner Brothers)-1
86 89 RIVER ROAD
Uncle Dog (MCA)-7
87 -- EVERYTHING'S BEEN CHANGED
The 5th Dimension (Bell)-1
88 -- AND I LOVE YOU SO
Perry Como (RCA)-1
89 95 PEOPLE ARE CHANGIN'
Timmy Thomas (Glades)-2
90 -- I'M GONNA LOVE YOU JUST A LITTLE MORE BABY
Barry White (20th Century)-1
91 92 DELTA QUEEN
Don Fardon (Chelsea)-4
92 96 IF I COULD ONLY BE SURE
Nolan Porter (ABC)-3
93 -- I' BEEN WATCHIN' YOU
The South Side Movement (Wand)-1
94 97 AM I BLACK ENOUGH FOR YOU
Billy Paul (Philadelphia International)-2
95 -- FOOL LIKE YOU
Tim Moore (Dunhill)-1
96 99 ONLY LOVE
Bill Quateman (Columbia)-2
97 -- FENCEWALK
Mandrill (Polydor)-1
98 -- MR. MAGIC MAN
Wilson Pickett (RCA)-1
99 100 WHY ME
Kris Kristofferson (Monument)-2
100 -- FRIEND AND A LOVER
The Partridge Family (Starring Shirley Jones
and Featuring David Cassidy) (Bell)-1

------

------

US WEEKLY ALBUM CHARTS 1973/4/14

TW LW Title/Artist
1 1 LADY SINGS THE BLUES-DIANA ROSS
2 7 Billion Dollar Babies-Alice Cooper
3 2 Don't Shoot Me I'm Only The Piano Player-Elton John
4 3 Prelude-Eumir Deodato
5 6 World Is A Ghetto-War
6 9 Dark Side Of The Moon-Pink Floyd
7 4 Deliverance Soundtrack
8 8 Shoot Out At The Fantasy Factory-Traffic
9 12 Masterpiece-Temptations
10 11 Aloha From Hawaii via Satellite-Elvis Presley
11 10 No Secrets-Carly Simon
12 5 Rocky Mountain High-John Denver
13 25 The Best Of Bread-Bread
14 13 Talking Book-Stevie Wonder
15 15 Birds Of Fire-Mahavishnu Orchestra
16 23 Neither One Of Us-Gladys Knight & Pips
17 16 Space Oddity-David Bowie
18 21 They Only Come Out At Night-Edgar Winter Group
19 14 The Divine Miss M-Bette Midler
20 17 Moving Waves-Focus

------

UK Album Chart For Week Up To 1973/4/14

TW LW Title/Artist Label Peak-Pos WOC
1 New HOUSES OF THE HOLY LED ZEPPELIN ATLANTIC 1 1
2 1 20 FLASH BACK GREATS OF THE SIXTIES VARIOUS ARTISTS K-TEL 1 3
3 2 40 FANTASTIC HITS FROM THE 50'S AND 60'S VARIOUS ARTISTS ARCADE 2 2
4 7 FOR YOUR PLEASURE ROXY MUSIC ISLAND 4 2
5 3 BILLION DOLLAR BABIES ALICE COOPER WARNER BROTHERS 1 4
6 5 THE DARK SIDE OF THE MOON PINK FLOYD HARVEST 2 3
7 4 TANX T. REX EMI 4 3
8 29 TOGETHER JACK JONES RCA VICTOR 8 2
9 10 BACK TO FRONT GILBERT O'SULLIVAN MAM 1 22
10 8 ROCK ME BABY DAVID CASSIDY BELL 2 8
11 6 DON'T SHOOT ME I'M ONLY THE PIANO PLAYER ELTON JOHN DJM 1 10
12 9 GREATEST HITS SIMON AND GARFUNKEL CBS 2 39
13 11 CLOCKWORK ORANGE ORIGINAL SOUNDTRACK WARNER BROTHERS 4 15
14 14 SLAYED? SLADE POLYDOR 1 19
15 12 BRIDGE OVER TROUBLED WATER SIMON AND GARFUNKEL CBS 1 165
16 21 NO SECRETS CARLY SIMON ELEKTRA 3 13
17 19 MOVING WAVES FOCUS POLYDOR 2 17
18 16 PILEDRIVER STATUS QUO VERTIGO 5 13
19 25 COSMIC WHEELS DONOVAN EPIC 15 4
20 30 LARKS' TONGUES IN ASPIC KING CRIMSON ISLAND 20 2
21 17 BURSTING AT THE SEAMS STRAWBS A&M 2 8
22 15 THE STRAUSS FAMILY CYRIL ORNADEL/LONDON SYMPHONY ORCHESTRA POLYDOR 2 17
23 32 OVER AND OVER NANA MOUSKOURI FONTANA 10 95
24 20 SLADE ALIVE SLADE POLYDOR 2 54
25 28 LIZA WITH A Z LIZA MINELLI CBS 25 2
26 27 HOT AUGUST NIGHT NEIL DIAMOND UNI 21 8
27 13 PORTRAIT OF DONNY DONNY OSMOND MGM 5 30
28 22 THE SIX WIVES OF HENRY VIII RICK WAKEMAN A&M 7 8
29 26 CHERISH DAVID CASSIDY BELL 2 39
30 45 BIRDS OF FIRE MAHAVISHNU ORCHESTRA CBS 20 3
31 New BYRDS THE BYRDS ASYLUM 31 1
32 33 FOCUS III FOCUS POLYDOR 6 14
33 39 BRITISH CONCERT NANA MOUSKOURI FONTANA 29 10
34 34 EAT IT HUMBLE PIE A&M 34 2
35 36 THE RISE AND FALL OF ZIGGY STARDUST AND THE SPIDERS FROM MARS DAVID BOWIE RCA VICTOR 5 39
36 Re SPACE ODDITY DAVID BOWIE RCA VICTOR 20 16
37 49 HIMSELF GILBERT O'SULLIVAN MAM 5 67
38 48 TEASER AND THE FIRECAT CAT STEVENS ISLAND 2 76
39 Re GREATEST HITS VOL.2 ANDY WILLIAMS CBS 23 10
40 35 WHO DO YOU THINK WE ARE DEEP PURPLE PURPLE 4 9
41 23 TOO YOUNG DONNY OSMOND MGM 7 18
42 46 TAPESTRY CAROLE KING A&M 4 78
43 Re THE SOUND OF MUSIC ORIGINAL SOUNDTRACK RCA VICTOR 1 372
44 24 CLOSE TO YOU THE CARPENTERS A&M 24 37
45 New LOST HORIZON ORIGINAL SOUNDTRACK BELL 45 1
46 Re NEVER A DULL MOMENT ROD STEWART PHILIPS 1 36
47 Re OSMONDS LIVE THE OSMONDS MGM 13 19
48 Re THE MUSIC OF JAMES LAST JAMES LAST POLYDOR 19 9
49 43 AMERICAN PIE DON MCLEAN UNITED ARTISTS 2 44
50 Re SUPER FLY CURTIS MAYFIELD BUDDAH 26 2
------

UK Singles Chart For Week Up To 1973/4/14
TW LW Wks TITLE/Artist
1 1 5 GET DOWN Gilbert O'Sullivan
2 3 6 TIE A YELLOW RIBBON ROUND THE OLE OAK TREE Dawn
3 5 4 I'M A CLOWN / SOME KIND OF SUMMER David Cassidy
4 2 6 THE TWELFTH OF NEVER Donny Osmond
5 17 2 HELLO HELLO I'M BACK AGAIN Gary Glitter
6 6 3 TWEEDLE DEE Little Jimmy Osmond
7 4 5 POWER TO ALL OUR FRIENDS Cliff Richard
8 8 7 NEVER NEVER NEVER Shirley Bassey
9 9 7 LOVE TRAIN O'Jays
10 13 6 PYJAMARAMA Roxy Music
11 21 5 ALL BECAUSE OF YOU Geordie
12 12 7 HEART OF STONE Kenny
13 7 7 CUM ON FEEL THE NOIZE Slade
14 18 6 CRAZY Mud
15 14 8 WHY CAN'T WE LIVE TOGETHER Timmy Thomas
16 - 1 DRIVE-IN SATURDAY David Bowie
17 15 6 20TH CENTURY BOY T. Rex
18 11 10 FEEL THE NEED IN ME Detroit Emeralds
19 10 9 KILLING ME SOFTLY WITH HIS SONG Roberta Flack
20 20 3 AMANDA Stuart Gillies
21 22 3 DUELLING BANJOS Eric Weissberg & Steve Mandell
22 16 8 NICE ONE CYRIL Cockerel Chorus
23 19 10 HELLO HURRAY Alice Cooper
24 32 3 GOOD GRIEF CHRISTINA Chicory Tip
25 43 2 MY LOVE Paul McCartney And Wings
26 27 7 BY THE DEVIL Blue Mink
27 23 7 LOOK OF LOVE Gladys Knight And The Pips
28 24 8 GONNA MAKE YOU AN OFFER YOU CAN'T REFUSE Jimmy Helms
29 28 4 GOD GAVE ROCK AND ROLL TO YOU Argent
30 38 3 THE RIGHT THING TO DO Carly Simon
31 - 1 GIVING IT ALL AWAY Roger Daltrey
32 44 2 WAM BAM Handley Family
33 - 1 BROTHER LOUIE Hot Chocolate
34 - 1 NEVERTHELESS I’M IN LOVE WITH YOU New Seekers
35 26 21 LONG HAIRED LOVER FROM LIVERPOOL Little Jimmy Osmond
36 36 5 BREAK UP TO MAKE UP Stylistics
37 39 4 I DON'T KNOW WHY Andy And David Williams
38 41 14 BLOCKBUSTER Sweet
39 25 8 THAT'S WHEN THE MUSIC TAKES ME Neil Sedaka
40 40 3 SWEET DREAMS Roy Buchanan
41 34 6 HEAVEN IS MY WOMAN'S LOVE Val Doonican
42 - 1 HEY MAMA Joe Brown
43 29 13 BABY I LOVE YOU Dave Edmunds
44 - 1 MEAN GIRL Status Quo
45 30 9 DOCTOR MY EYES Jackson Five
46 - 1 EVERYDAY Don McLean
47 33 8 PINBALL WIZARD - SEE ME FEEL ME New Seekers
48 - 1 A LETTER TO LUCILLE Tom Jones
49 31 9 CINDY INCIDENTALLY Faces
50 42 9 STEP INTO A DREAM White Plains

----------------

日本洋楽シングルチャート
1973年4月16日
1. 忘れじのグローリア - ミッシェル・ポルナレフ
2. ダニエル - エルトン・ジョン
3. うつろな愛 - カーリー・サイモン
4. シング - カーペンターズ
5. カリフオルニアの青い空 - アルバート・ハモンド
6. クレイジー・ホース - オズモンズ
7. 涙の片想い - デビッド・キャシディーとパートリッジ・ファミリー
8. ハイ・ハイ・ハイ - ウイングス
9. イージー・アクション - T.レックス
10. 冬の散歩道 - サイモンとガーファンクル
11. ブロックバスター - ザ・スイート
12. グッバイ・ジェーン - スレイド
13. パート・オブ・ユニオン - ストローブス
14. ジーン・ジニー - デビッド・ボウイー
15. ロックン・ロール・シンガー - ムーディー・ブルース
16. やさしく歌って - ロバータ・フラック
17. 20センチュリー・ボーイ - T.レックス
18. 片想いと僕 - ロボ
19. カリフォルニアへ愛をこめて - アルバート・ハモンド
20. 迷信 - スティービー・ワンダー
21. 思い出のバラ - ブレンダ・リー
22. 恋に乾杯! - グラス・ルーツ
23. 恋のため息 - リンジー・ディ・ポール
24. スペイス・オディティ - デビッド・ボウイー
25. ダイアログ - シカゴ
26. クロコダイル・ロック - エルトン・ジョン
27. ウーマン・フロム・トーキョー - ディープ・パープル
28. ラスト・ソング - エドワード・ベア
29. 奴らに伝えろ! - ザ・フー
30. ロックス・オフ - ザ・ローリング・ストーンズ
31. 俺達のアメリカ - シカゴ
32. 踊ろよベイビー - ベット・ミドラー
33. 青空の使者 - クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル
34. 悲しき誘惑 - ザ・ショッキング・ブルー
35. ママはダンスを踊らない - ロギンス&メッシーナ
36. マイ・クルー - リタ・クーリッジ
37. 明日を生きよう - ラズベリーズ
38. ロール・オーバー・ベートーヴェン - エレクトリック・ライト・オーケストラ
39. コズミック・ホイールズ - ドノバン
40. ハミングバード - シールズ&クロフツ

----------------


.