前日のThAnk YoU まほのガーデン 前回へ行く 日刊ろっくす TOPへ  次へ進む

 

 



週刊レッツゴー90’s
21年前の今週の新曲
1990/6/23号
新時代ロック時代!


近き過去こそ遠き過去、
今やもうふた昔経ってしまった現実に愕然としつつ、
こりゃ何かを忘れてはいないかと
21年前の今週の米英TOP100チャートの初登場曲を探検ですの6回目です。

初登場曲は、貴方と私の愛言葉。

なお
当方、90’sは仕事とゲーマーに没した日常だったゆえ、
チャートはうっかり君、
コメントはロクなことが書けません。
ここはひとつ
ご存知の皆様に教えていただきたく。
コメント欄は記事の最下部の「Comment」のとこを押すと書けますので、
どしどしご遠慮無く
どうかよろしくお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

レッツゴー90's 1990-6-23 全曲連続再生
http://www.youtube.com/playlist?p=PL6A754B2E91E7C961


90's歴代名曲リスト
http://www.youtube.com/playlist?p=PLC91D7A7002F22DAF

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1990年6月23日の米国チャートより

順位/曲名/歌手、バンド/の順。
順位の前の☆は、今の時点での私がウケた度合い。のど自慢の鐘の数と同じ塩梅です。


☆☆☆63. ACROSS THE RIVER - Bruce Hornsby & The Range - 1



http://youtu.be/MY-Fcl1L8Iw

いたいた、ブルース・ホーンズビー&ザ・レインジ。なんて懐かしにしては申し訳なし。
不可思議なる味のバンドで、今ひとつ馴染めないまま、ブルースさんがグレイトフル・デッドに入ってびっくり。
この歌も来そうだ来そうだつ中、短くしか聞けなかったので残念や。

67. I DIDN'T WANT TO NEED YOU - Heart - 1



http://youtu.be/Tx5pBkfI-e0

出た。その後ハート。どーだああハート。バラクーダの味をすっかり捨てちゃって大80’sロックに。
もしかしてゼップも続いてたらこんな感じになってしまったかと、少しでも想像すると・・・わーーー!

69. THE GIRL I USED TO KNOW - Brother Beyond - 1



http://youtu.be/bwfxHWGODfk

キャプテン・ビヨンドではありません兄弟ビヨンド。完全ニュー・ジャック・スイング米仕様ヒット。
全部同じようになってしまうこの屈強時代ビートに喰われずに歌で残るは至難の業だ。

☆☆☆☆71. EPIC - Faith No More - 1



http://youtu.be/ERTT_sv8sV0

これを言ったらファンの方々に袋叩きにあいそうっすが、レッチリの二番どぜうの方々すか?
どぜうはドジョウでも活きが良くて、思わず、イエイ!です。

☆☆☆☆☆74. THE OTHER SIDE - Aerosmith - 1



http://youtu.be/zkGfPrst29Y



いえい、エアロだ!すげー嬉しい。しかも大名曲超ロック。これならスイート・エモーションやママキンに負けず。
そして歳にも負けず。雨ニモマケズ。

☆☆80. WE'RE ALL IN THE SAME GANG - West Coast Rap All-Stars - 1



http://youtu.be/wXGgWf2lacM

ラップ怪獣総進撃??!
King Tee - Body & Soul - Def Jef - Michel'le - Tone-Loc - Above The Law
- Ice-T - Dr. Dre & MC Ren - Young MC - Digital Underground - MC Hammer - Eazy-E
なるほどー。5組しかわからんわーーー。

☆☆☆☆86. TALK TO ME - Anita Baker - 1



http://youtu.be/gaulHELwnPI

ベテラン中堅アニタさんのこれはいわゆるクワイエット・ストーム?大人の夜のしじまにシジマールな大人すが、
すげー曲自体がナイス。歌はもちろんナイス。文句言ったら鬼だよ。
ユーミンさんのこの時代とシンクロはもちろん。だけど歌唱方法が全然違うってのが逆に松任谷組の凄さなり。

☆☆☆☆☆91. I MELT WITH YOU - Modern English - 1



http://youtu.be/LuN6gs0AJls

英国は思いっきりポスト・パンクなバンドがアメリカンにランクイン。
何たってイマドキ、ジョイ・ディヴィジョンのあのドラム・ビート全開ってんだから、嬉しいじゃありませんか。
曲はさすがにポップですけど、風情は完全にあの頃です。バンドの代表曲の一つらしい。
然り。

☆☆☆94. THE EMPEROR'S NEW CLOTHES - Sinead O'Connor - 1



http://youtu.be/lFpregq5eJ4

情緒不安定戦闘女子シンニードさん登場。ツボにはまりますか直前でハマらせない屈強さ継続。
真面目に千回聴いたものだけ許してくれます。

96. WHAT ARE YOU DOING WITH A FOOL LIKE ME - Joe Cocker - 1



http://youtu.be/Q-QJlFkEn2w

おっさんや。いかんのか生き残って。おっさんが。
いいけど、おいおい、この大バラードはいったい。痛すぎる演歌の花道。ロックは花ふぶきとなって散ってしまった。
わたしゃ、これは認めん。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1990年6月23日の英国チャートより

☆☆☆☆☆29. Red Hot Chili Peppers - Taste The Pain



http://youtu.be/JIU-KllenqM


乳のレッチリだー。やっぱカッコいいで〜レッチリは。違うでーレッチリ。昨日の晩ごはんはレッチリコンカン。
この投げっぱなしジャーマン感がたまりません。
このあと
37→58位。って何故堕ちる????

☆☆30. Yazz - Treat Me Good



http://youtu.be/ViemQPVQWo8

黒酢を作ってるとこ?ちゃうちゃうそれはやずや。これはヤズーや。
聴いて爽やか時代のノリノリ歌謡。
このあと
20→24→37→66位。

☆☆☆☆☆32. Bruce Dickinson - All The Young Dudes



http://youtu.be/qu4uzJsqIxE


こ、これは・・・モット・ザ・フープルの”すべての若き野郎ども”ではありませんか。
唄うはアイアン・メイデンのブルース兄ちゃん。
もちろん曲の素晴らしさは言うまでもなし。唄ってて最高に幸せそう。
たいていのミュージシャンは、青春の歌をプロになって思い切りやるのが夢です。
そしてその夢は、90’sになって獲得した音が、72年の音に許されるものかどうか無情なまでに露呈される。
んでもやっぱこの歌だよなあ。
このあと
23→26→40→63位。

☆☆☆35. Magnum - Rockin' Chair



http://youtu.be/mhXfc76wtak

おーカッコいいイントロ!と震えた後、情けないテクノビートでポコポコやられて腰ガックン。
これやって許されるのはZZトップだけすから。それでもおポンチ度は相当でついノッちゃうさ。
このあと
27→38→74位。

☆☆☆☆☆37. Dogs D'Amour - Victims Of Success



http://youtu.be/YZd6Bqf7MDk


こ、これは・・・かっこいいでー。誰だ?ドッグス・ダムール?ロンドンのバンドらしく。
そのカッコといい、音といい、ロックンロールの夢とロッキー・ホラー・ドリームを果て無く追い者。
潰されようと散りようとその花の美しさは下品な赤だ。
このあと
36→69位。
散った。

☆☆☆☆☆43. Bob Geldof - Great Song Of Indifference



http://youtu.be/rE8Ngk_Yrus

慈善おじさんサー・ゲルドフのその後。こうなっていたのか。完全英国トラッド仕様歌謡。
我が国で言えば演歌の花道入りすが、トラッドは大好きなので完全に認めさせていただきます。
このあと
25→15→17→30→53位。

☆☆46. Public Enemy - Brother's Gonna Work It Out



http://youtu.be/MlLvFUigPzE

公共の敵英国見参。何、言ってんだかまるでわかんねー。しかもハードコア。困る。
このあと
52位。もしかしてむこうでもわかんないの?

☆☆☆☆☆67. The Rolling Stones - Paint It, Black {1990}



http://youtu.be/Nh8CY7V0JPs

ここで突然ストーンズ。もち再発。90’sMIXロングヴァージョンじゃないと思う。
そんなことしやがったらぶち殺す。してなさそうだから偉い。
しかも違和感無し。この流れで入って。
不滅は不滅だ。
このあと
61→63位。

☆☆☆74. An Emotional Fish - Celebrate



http://youtu.be/rtvBBL9NEaM

感情的な魚くんって・・・食べれないじゃないすかと当惑は、
アイルランドはダブリンのヴェルヴェット・アンダーグラウンドの子供たち。
そこから先、ハマるかハマらんかはもちろん好みで、私は中間でした。中間って一番良くないですか。
このあと
56→47→46→59→*→*→*→98位。

77. Johnny Gill - Rub You The Right Way



http://youtu.be/VUvtlmlBbDg

とロック連発の中、ニュー・ジャック・スイングされますと、もういいじゃんって。別に貴方が悪くないすけど、
間が悪うござんした。
このあと
98位。

☆☆☆☆☆78. Jeff Lynne - Every Little Thing



http://youtu.be/qn0__9eXnUo


この時だったのか!ジェフさんのソロ・シングル・キラーの登場は。
こんな名曲は滅多にありゃしねえも、こうこの時代に入ると、思いっきり空気無視だな。
ひっくり返せば、宇宙をも時空をも割り込むとんでもねー歌だってことです。
このあと
73→70→59→65位。
それにしてもかなりの罰当たりのチャート扱い。

81. Yell! - One Thing Leads To Another



http://youtu.be/33x24eL2Zd0

ヤルって読むの?曲はフィックスのと同じじゃありません。リン氏の次ではあまりに気の毒なむしろ80’sな歌謡曲。
ほれ、あの人と同じ・・・出て来ない・・・低音で唄うお兄さんと。
このあと
81位。

82. Circuit And Koffi - Shelter Me



http://youtu.be/3DLMmJjt7vk

クラブです。イケイケクラブもん。くらぶって発音する。そのクラブのハウス。既にお前は飽きられている。
飽きられていたはずなのに何故か21世紀に席巻はこの手。何でや?
このあと
95位。

☆☆☆84. Rod Argent And Peter Van Hooke - Titti Al Mondo (ITV World Cup '90 Theme)



http://youtu.be/Ruz45ci96Dc

この年のワールドカップってば相当盛り上がったのですか?また一つ逆らえないテーマ曲が。
覚えてます、疎い私でも。そしてこれがアージェント氏の作だったとは。
このあと
81→81→87→85位。

85. Mark Summers - Party Children



http://youtu.be/rhETn_gO3ng

クラブです。イケイケクラブもん。くらぶって発音する。そのクラブのハウス。既にお前は飽きられている。
飽きられていたはずなのに何故か21世紀に席巻はこの手。何でや?
このあと
96位。
いやあコピペがよく似合う音楽ジャンルなり。

☆☆☆90. Wendy And Lisa - Strung Out



http://youtu.be/ILHOD_J3AiY

ウエンディ&リサってプリンス組の方々でしたすよね。何かすごく素敵な歌が有ったような気がする。
この歌じゃないけど。
それでもプリンス組って実にわかります。おっさんの影響はそりゃ屈強。
このあと
54→45→44→51→66位。

92. Klymaxx - Good Love



http://youtu.be/a2xWXYfvDWg

わがぐ、ニュー・ジャック・スイングだ。綴りを変えてのバンド名は定番と化したちゃんちゃらもん。
このあと
89位。

☆☆☆☆93. Blue Pearl - Naked In The Rain



http://youtu.be/jU1eG8GW3XU

この93位で幕尻初登場の歌、これいこうどうなったかとゆうと
76→49→34→17→8→6→4→4→5→9→8→17→26→48位。
最高位4位。
答えはすべてこのチャートムーブメントに有り。
ちょっと聴き、クラブものかよと思うも、ブレードランナーのビートを想起させる異色モノ。
時代に丸ノリではぶち破れないってことだ。
意思を持って石を持って外す音楽心は岩をも砕く89曲ごぼう抜きの快挙です。

☆☆98. OliMax And DJ Shapps - Last Night A DJ Saved My Life



http://youtu.be/V6EAmQnus9Y

何かホッチキスみたいな・・・。こちらもクラブでハウスつかエレクトリカ。Koolと称されって
このあと
98位。
冷たくなっちゃた。

100. Jamie J Morgan - Rock Steady



そしてラストは謎。どこにあるのか試聴ブツ。もしかしてマジでジャメイカのあのロック・ステディだったら・・・。
このあと
97位。

逆に思えばこの毎週毎週の怒涛の新曲攻めの中、
これだけの歌が動画で今なお見ることが出来るってのは驚くべきことで。
どうゆうことと解釈すればいいか。

この20年間、時は止まって、中央集積回路チップだけがタケノコ伸びしたってことなんでしょうか。
私は拙速表現で誤解されます射手座です。

(山)2011.6.21

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくす90'sのページ

資料

英語資料

English Version
.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

当ブログ記事への、
楽天キャッシュ
https://point.rakuten.co.jp/Top/TopDisplayCash/
または
Amazonギフト券(Eメールタイプ)
での、
おひねりをば頂ければこれ幸いです。
宛先メルアドは

rocksp@jcom.home.ne.jp

にて。
↓下記バナー内上左より



金額はお心次第、いかほどでも。
いただいたおこころざしは、歓びこの上なく、遠慮無く使わさせていただき、
勇気百倍、毒千倍、
また一日暴れさせていただきます。
よろしくお願い申し上げ奉ります。

日刊ろっくす ヤマ & まほ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

楽天オークションに出品してます。

logo-mahog-s.jpg

まほさん手作りエコトートバッグとお宝ロック本をどうぞ。

♪取り扱い品目はコチラで♪


.