back

1

1. Black Cow


ブラック・カウ
スティーリー・ダン
1978/8


1977年9月23日発売6作目アルバム
自他共に機が熟し足るを知る




エイジャ
Aja


米3位。
英5位。

その1曲目。
1978年8月発売
3曲目ラスト・カット・シングル

ジョージー
Josie

米26位B面。

作はむろんのこと

ウォルター・ベッカー

ドナルド・フェイゲン。

メンツは

Lead Vocals, Synthesizer – Donald Fagen

Paul Humphrey - Drums

Chuck Rainey - Bass

Victor Feldman - Piano (Electric)

Joe Sample - Clavinet

Larry Carlton - Guitar

Donald Fagen - Synthesizer

Tom Scott - Sax (Tenor)


Clydie King - Vocals (bckgr)

Venetta Field - Vocals (bckgr)

Shirley Matthews - Vocals (bckgr)

Rebecca Louis - Vocals (bckgr)

Gary Katz – producer
Roger Nichols – engineer

ハナの重責を担うべく怒りを十分に溜め込んだスピード有るスロー・テンポで織りなす
十八番の悪漢ジャズ歌謡。

https://youtu.be/JzrDs_Vaho4




In the corner
 ちょいと入ってきたんだがね

Of my eye
 目のハシに

I saw you in Rudy's
 ルーディーズでアンタを見つけちまった

You were very high
 そりゃもえらく楽しそうだったわな

You were high
 楽しいのはけっこうだが

It was a cryin' disgrace
 涙が出るくらい恥ずかしく無かったんか

They saw your face
 そんなアンタのツラを皆が見てたのによ


On the counter
 カウンターの上にゃ

By your keys
 アンタの鍵束の脇には

Was a book of numbers
 子飼いの子分どもの名前と

And your remedies
 電話番号の手帳

One of these
 誰か使やあ

Surely will screen out the sorrow
 ま、確かに嫌なことを何かしら片付けてくれるわな

But where are you tomorrow
 はてさてアンタ、明日はどこに転がり込むつもりなんだい?


I can't cry anymore
 俺はもう泣いたりできませんね

While you run around
 アンタの与太話をいくら聞いても


Break away
 もう縁を切らせてもらいまっさ

Just when it seems so clear
 ことがはっきりした暁には

That it's over now
 すっかり片が付いたら

Drink your big black cow
 テメエの眼の前の大盛りブラックカウを飲み干して

And get out of here
 とっととここから出ていきやがれ



Down to Greene Street
 グリーンストリートの縄張りで

There you go
 お前さんはツラ出して

Lookin' so outrageous
 女に非道なことしやがったそうだな

And they tell you so
 連中は雁首揃えて言っただろう

You should know
 覚えとけきやがれって

How all the pros play the game?
 極道には極道の掟ってもんがあるんだと

Then you change your name
 名前でも変えたほうがいいんじゃねえか


Like a gangster
 お尋ね者のように

On the run
 追われてるってことかい

You will stagger homeward
 まあ、何とかかんとか家にはたどり着けるだろうが

To your precious one
 アンタの大事に思ってる女のとこには

I'm the one
 けど結局
 俺が

Who must make everything right
 事を治める羽目になるんだから

Talk it out till daylight
 朝までとっくり話でもしませんかね


I don't care anymore
 もうどうでもいいって

Why you run around
 アンタの不始末の理由など知りたくもねえ


Break away
 サカヅキは返すから

Just when it seems so clear
 ことがはっきりした暁には

That it's over now
 すっかり片が付いたら

Drink your big black cow
 テメエの眼の前の大盛りブラックカウを飲み干して

And get out of here
 とっととここから出ていきやがれ


Electric Piano Solo


I can't cry anymore
 悪いが俺はもう泣いたりできないね

While you run around
 アンタがいくら不始末しようとも


Break away
 盃は返すよ

Just when it seems so clear
 ことがはっきりした暁には

That it's over now
 すっかり片が付いたら

Drink your big black cow
 テメエの眼の前の大盛りブラックカウを飲み干して

And get out of here
 とっととここから出ていきやがれ


So outrageous
 この外道め


So outrageous
 この外道め


So outrageous
 この外道め



ブラック・カウとは



ルート・ビールもしくはコカ・コーラ・ベースの
アイスクリームソーダを指し

酒も飲めず意気がるだけ意気がってる
卑怯が取り柄の親分

例えば

座頭市と用心棒
米倉斉加年

参照


に一宿一飯の恩義で支えてる若頭がついに愛想を尽かす唄。

こんなんヤラれたら
愛想なんぞ尽かせませんがな。

(山)2018.12.06
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすスティーリー・ダンページ

資料

資料(英版)

−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.