前日のThank You  日刊ろっくす  rocks   top   back

150628-20.jpg150628-21.jpg
150628-22.jpg150628-23.jpg

ろっくす超大特選盤



150628-00.jpg
↑米盤

平和な泉が湧くところ
グラディス・ナイト&ザ・ピップス
1973/6/16


グラディス・ナイトこと
Gladys Maria Knight嬢、1944年5月28日ジョージア州、まさしくジョージア州アトランタ生まれ、
機敏器用な社交的・神経質双子座牡牛座寄り。
人呼んで

ソウルの女帝
Empress of Soul


父はメラルド・ウッドフォード・ナイト・シニア。郵便配達人。二度ベルを鳴らす。
母はサラ・エリザベス。
7歳のとき、1952年、テッド・マックス氏主催”オリジナル・アマチュア・アワー”とゆうTVショー・コンテストで優勝。
次の年に兄弟のメラルド、姉妹のブレンダ、いとこのウィリアムとエレノアのゲスト兄弟とピップスを結成。
命名の由来は別のいとこのジェイムズ・ピップ・ウッズから。
50年代末より旅回りを初め、メンバーチェンジを経て
1961年、地元アトランタのマイナー・レーベルからデビュー。
全米展開を求めて1966年にモータウンと契約、
どないな事情か傘下のソウル・レーベルから再デビュー、
「悲しいうわさ〜I Heard it Through the Grapevine」全米2位を筆頭に数々のヒットを飛ばす。

時は1970年代。
モータウンのLA引っ越しに伴う新機軸構想からフォー・トップスなどと共に外れ、
ブッダレコードに移籍、
皮肉にもフォー・トップス同様にそこで第2の黄金時代を迎えるのであります。
その成功をもたらした重要人物は
何とカントリー歌手のジム・ウエザリー師。

150628-18.jpg

ミシシッピ大学のフットボール部でクオーターバックをやってSSWになったとゆう変わり種。
1972年にRCAからデビューし3枚のアルバムを出すもまったく売れず、
せめて人に唄って貰おうと出版社が奔走して売り込んでの
ピップスのモータウン時代最後の超ヒット、全米2位の

さよならは悲しい言葉
Neither One of Us


をカバーされて縁が発生。
そんな超ヒットを出してクビにするモータウンもモータウンだが
ブッダ移籍後本格的にコンビを組んだ
つか
勝手にピップスがカバーしまくりの
1973年10月発売11作目アルバム



イマジネーション
Imagination


より1回目カットが

150628-03.jpg
↑ドイツ盤

平和な泉が湧くところ
WHERE PEACEFUL WATERS FLOW


150628-04.jpg
↑フランス盤

白人のソウルでもなんでもない唄を黒人がカバーして超ソウルにする。
ブラウン・アイド・ソウルとでも言うべきか
これまたフォー・トップス同様の展開で、
Neither〜より重要なのはこの唄がこれよりの70'sピップスの必殺技

夜汽車よジョージアへ

にむけて

グラデイスさんボケ

ピップスのツッコミ

構成が完成。

JTばりのフォーク・カントリーをソウルにするんだから、気迫いつもより多めに回してますな
グラデイスさんの過剰な浪速こってこて節回し

が共に盛り込まれた初の曲だからであります。
それだけじゃ無く今気がつきゃこれがジョージアに匹敵する名曲。
元は
ジム師匠1973年の2作目アルバム

150628-06.jpg

A Gentler Time

に収録。
移籍初ヒットとしてはいささか控えめなれど

150628-05.jpg
↑オランダ盤

全米チャート
1973年6月16日75位初登場、
http://rocksblog.seesaa.net/article/420759041.html
以後
64-51-(7/7)34-33-31-(7/28)28-28-28-(8/18)38-(8/25)63位。
最高位28位。11週。R&Bチャート6位。

異様なまでの人気を誇る英国では謎の完全無視。

150628-01.jpg
↑米盤

https://youtu.be/WElAS1MxwxE




Come and walk with me
   来て私と一緒に歩んで

We can go
   私たちは行ける

where peaceful waters flow
   穏やかな泉のわき出しところに


If loneliness surrounds you
 もし孤独が貴方の周りを取り囲むなら

And rain clouds always hang around you
 雨がいつも貴方の周りにまとわりつくのなら

And wakin' up each day gets you down
 そして毎日起こることが貴方を凹ますのなら

gets you down
   凹ますのなら

gets you down
   凹ますのなら

And if the life that you're leading
 もし貴方が送っている生活が

Seems hollow then maybe
 空っぽに見えて、そしてたぶん

What you're needing
 貴方が必要とするものは

Is someone to turn your world around?
 貴方の世界を変えてくれるひと?


Take my hand
  手をとって

Come take my hand
 私の手をとって

And walk with me and walk awhile
 一緒に歩みましょう、しばらく歩きましょう

Let me teach you how to smile
 微笑みの仕方を貴方に教えさせて

Let me teach you how to smile
   微笑みの仕方を貴方に教えさせて

And I'll show you skies
 貴方に青空を見せるわ

 And I'll show you skies
   貴方に青空を見せるわ

where gentle breezes blow
 優しい風がふくところ

yeah, hey
 いえいえい

Where breezes, gentle breezes blow,
   ふくところ、優しい風がふくところ

And I'll take you where peaceful waters flow
 そして連れて行く
 穏やかな泉のわき出しところに
 

Peaceful waters flow
   穏やかな泉のわき出す


If you let me, I'll take you
 そうさせてくれるなら
 連れて行く

Where peaceful waters flow
  穏やかな泉のわき出しところに


Come and walk with me,
   来て私と一緒に歩んで

mmm, hmm
 んんーんー

We can go where peaceful waters flow
  私たちは行ける、穏やかな泉のわき出しところに


Now if the sunshine hurts your eyes, boy
 今、陽の光が貴方の目を傷つけているのなら、ボーイ

Then it's time for you to realize, boy
 その時は貴方にとって理解するとき、ボーイ



Beyond this moment there's a better day
 この瞬間を乗り越えれば
 もっといい日がある

Better day
  もっといい日

mmm, hmm
 むうふう

Better day
  もっといい日

And if you let me
 もし私にさせてくれるのなら

I'll guide you, mmm
 私は貴方を導く、むうう

I'll always be there, right there beside you
 私はいつもそこにいる、貴方の隣すぐそこにううふふう

Reaching every step of your way
 貴方が道を歩む一歩一歩を共にしてえへいへい

Come take my hand and walk
  私の手をとって歩んで

Come take my hand
 私の手をとって

And walk with me and walk awhile
 一緒に歩みましょう、しばらく歩きましょう

And walk awhile,
  しばらく歩きましょう

yeah, hey, hey
 いえ、へいへいえい

Let me teach you how to smile
 微笑みの仕方を貴方に教えさせて

Let me teach you how to smile
   微笑みの仕方を貴方に教えさせて

And I'll show you skies
 貴方に青空を見せるわ

 And I'll show you skies
   貴方に青空を見せるわ

where gentle breezes blow
 優しい風がふくところ

Where breezes, gentle breezes blow,
   ふくところ、優しい風がふくところ

hey, yeah, hey, hey, hey
 へいえいえええへい

And I'll take you where peaceful waters flow
 そして連れて行く
 穏やかな泉のわき出しところに

Peaceful waters flow
   穏やかな泉のわきいでし

Hey, hey, if you trust me
 へーへい、私を信じてくれるのなら

I'll take you there where peaceful waters flow
 私は貴方を連れて行く
 穏やかな泉のわき出しところに

Come and walk with me,
   来て私と一緒に歩んで

mmm, hmm
 むーふううううふ

We can go where peaceful waters flow
 私たちは行ける、穏やかな泉のわき出しところに



はい、お察しの通り
これは移籍してこれから

私たちグラディス・ナイトとピップスは
あなた達をもっとステキなところに連れて行きます

てなご挨拶を込めた大切な意味がある唄で

実際、既に手応えはじゅうぶん

さらなる桃源郷へ向けて汽車は出発する。

150628-02.jpg

なお
奇遇にもまったく同じタイトルの曲がギルバート・オサリバンくんに有り。

別な機会がありましたら是非。

なお
ジム・ウエザリー師匠。
これが縁でブッダと契約してソロ活動するもこれまたまったく売れず
てなこととは
まったく関係がなくオリジナルの数々も素晴らしいたらありゃしないんで
これまた

別な機会がありましたら是非。

(山)2015.6.28

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

資料(英版)

English Version

−−−−−−−−−−−−−−−

閲覧ありがとうございます。
僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA


−−−−−−−−−−−−−−−−−



.