前日のThAnk YoU rocks   top   back


ろっくす超大特選盤

グッヅ




ついに開眼初期AC/DC。
いやー長いことかかりました。どうも馴染まず、好きになれるに決まってるロックっなのによう。何でだー。
不遜にも初代ヴォーカル、ボン・スコットさんに馴染めなかったんす。
諸処事情有りで
そもそも最初にあっしでっせに開眼はえりゃあ遅く、92年のライブでっせ。その理由もはたと2代目ヴォーカルのブライアン・ジョンソン氏があの
愛しの元ジョーディだっちゅうのに気が付いたから。そりゃ名前も演奏ぶりも前から知ってましたが・・縁が無かったもんでねえ。それからはもう夢中さの世界。しかしオリジナル・ラインナップとなるとアルバム何枚か聞いても、ライブ映像見てもはまらず。まー理由の一つには、AC/DCファンの方が一にも二にもボンちゃん、その時代に尽きるねと有無を言わさず書きなさるもんだからよー。「何うおー。」てさ、あのジョーーーディでナットさんのブライアンちゃんだぞ。0-0-0-0-060913-14.jpgてさ、ロック・ファンのサガだぜ。逆らう気持ち大なり。
それが、先日、何の気無しにメタル・コーナー、いつものように漁っておりましたら、目の前に出現

If You Want Blood You've Got It
血が欲しいならよ、いただきな
ギター殺人事件AC/DC流血ライブ

0-0-0-0-060913-12.jpg

わ、出たと買う。家に帰って聞いて、うーんやっぱし来ないなと。
ところがばってん、3回目に大音量で聴きましたら・・・・
うおおおおおお、来たーーー。

これかっ。
0-0-0-0-060913-07.jpg
↑燃えますっ

一旦、来たらもうエブリシングOKですわ。
変なこだわりつうか悪意地張ってると損です、やっぱ。ロックは虚心坦懐に身を任せるが一番を改めて体で知る。
ノリが違ったのね。
後ろAC/DCの兄やん奏でるアルペジオ・グルーヴにはまってしまいそのイメージ持って行ったのがいかんかった。
初期は、ブギーだ。
すげえ好きじゃんか俺。
山羊の頭ストーンズの頃の突進ブギーの快感があったのかー。ってほんと今さら気付き、お恥ずかしいまったく。
マルコム兄やん、やっぱしギッシガッシ屋台骨を守りの。
アンガス弟、若い。当たり前だのクラッカー。あれだけ動いても、ちょと聴きラフみたいだけど、実に律儀にキッチリ弾いてるその様がこの不動のグルーヴ呼ぶのだな。
あっしに問題のボン兄さん、ジャケの如く目が行っちゃってまあ、0-0-0-0-060913-15.jpgそれこそ虚心坦懐にバンドとロックに一体化の男だったのか。

たまりません。

一回、ヴァン・アレン帯通過いたしましたら後は無限大の宇宙が眼前(ろーぜす)に開け
ああ、良かった
これで初期盤全部はまることが出来る。

0-0-0-0-060913-08.jpg

顰蹙芸人道丸出しのタイトル&ジャケともに忘れられない盤になりました。

くしくもこちらもライブ盤で目覚めるとは・・・
やっぱロックは生が美味い。ぐびぐび。

0-0-0-0-060913-11.jpg

(山)2006.9.13

0-0-0-0-060913-13.jpg


入手先参考(日本盤中古、アマゾン)

US盤(試聴可能です。同)

ボンデス動画集

Riff Raff

AC/DC on Countdown 1976

problem child

Whole lotta rosie

AC/DC Live Wire1979

VALENTINES - Bon Scott pre AC/DC bubblegum 1960s popやるはビルド・ミー・アプ・バターカップ




The English translation page : here.






みなさんオピニオン
:




こちらのアルバムのご感想を是非こちらから。