日刊ろっくす 前日のThAnk YoU rocks   top   back


ろっくす超大特選盤





タロットの呪い
ブルー・オイスター・カルト
1976/5


ようやっと我が家に来てくれたっ!
ジャケとシングル”死神”をこよなく愛するこのレコが。

ブルー・オイスター・カルトです。

謎のバンド。ベスト持ってるも、アルバム”スペクター””ライブ2枚”持ってるもどうも正体がわからん。
世ではヘヴィ・メタル元祖、オカルト大将として流布され、ゴジラだし・・・

でもそうなの?

”死神”は全然メタルじゃないし、センス抜群だけどカウベル入れちゃうし、ライブでは赤面するくらいダさい朴訥瞬間有り。
うーむこれは東海岸のグレイトフル・デッドか?それともアメリカのハウンドドッグか?
後者だったら参っちゃうなあ。
それにしてもこれを聴かねば話にならん。欲しくてたまらぬも、時期が来て棚に出て来る運命を待つ。
だってアルバム・タイトルがタイトルだし。

タロットの呪い
〜Agents of Fortune
1976年5月登場


0-090716-07.jpg

おおお、ジャケはWジャケだったか!
裏側あまり意味無いけどあはは。

何でも感動しちゃうわ。待ってたの32年分ですから。
そして
ずべてが氷解いたす。すっきりこん。
この訳のわからん、今までの訳のわからん感総結集みたいな盤で。

このバンドは、ニューヨークのロック・バンドだったのだ。

無茶当たり前な帰結だ。
どう見ても人の良い、きっと友達になってくれたら凄く良くしてくれそうな方々で。
だからこそ皆が慕い、彼の地のごった煮音楽の終着駅になったに違いありません。
1曲目はモロ・・・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド。

0-090716-09.jpg

NYのロックバンドつうたらVUだもん。何がおかしいかの。
「死神」の突然の登場は、まだ謎だけど。きっとゴジラと一緒にグループサウンズも好きだったから。
NYの女王、パティ・スミス嬢もゲストで出て来ます。ちょっと居心地悪そうに。
屈託無い歌でですから。
「ノー・モア・ホーセズ、ノー・モア・ホーセズ」って唄わされてるよ。

0-090716-10.jpg

いたづら好き意地悪なおっさんたちに。
ヘヴィメタ元祖のイメージにぴったしな”E.T.I”も有り。
B面冒頭の日本でシングルA面になりました”罪深い恋”

0-090716-13.jpg

は、そりゃ日本でA面になるのは当然です。
イントロが流れると


どぼしてどぼしてえ、ぼくたちーはあ


ユーミンさんのあの叫んでる歌を唄ってしまいます。あ、そりゃだいぶあとか?きっとタロットで予言したのだな。

そして最大の発見!
全編にわたって鳴り響くギタアの旋律。
16分音符連発、鯉の滝登りの如く駆け上がるこの感じは・・・・

0-090716-08.jpg

テレヴィジョンだーーー!!
1stにおいて特に活躍する、リチャード・ロイド君の流麗なあのスタイル。
どこからあんな聴いたことの無いのが出て来たのかなあとかねがね思ってました。
ニューヨーク・スタイルだったのだ。
BOCが元祖かどーかは断定しかねますが、

”では、貴方のバンドをNYスタイル・ギターの元祖と認定してよろしいですね?”猫

”うーん、よくわからないけどいいんじゃない。”
犬

テレヴィジョン2枚目のあの月夜の哀愁も匂います。

彼の地のパンク登場は、突然のものでは無く、続いて出るべくして出たのだ。
目から鱗がまた一つ。
で、
まだまだ・・・・
それだけじゃないだろう。
そう思わせる奥の深さ有り。
天然で気のいいおっさんたちのこのいかにもぐずぐずな大傑作盤、その完結してないとこが大好きです。

洋楽たるもの、海の向こうのものですから、事情がわからんのは当たり前で、それじゃ困るから何となくええいっってタタキ文句売り文句決めて
失敗し、
それも無理からぬことで、当地でもコロンビア・レコードは、アメリカ版ブラック・サバスで売り出そうとして失敗す。
何より自分たちでも自分たちのことをわからんまま、その時やるべきことをやってただけの節も有るし。
サンディー・バールマン氏とゆう方針決定者且つ作詞担当がいたのにも関わらず。

どんなに怖い歌詞を作ってやらせても稲川淳二さん化してしまってます。
おそらく
だからこそ現地ではえらく人気あるんだろな。

(山)2009.7.16





「( Don't Fear ) The Reaper」
/ブルー・オイスター・カルト。


1976年9月1週にTOP40ランクイン、うんたったうんたったと最高位12位まで駆け上がったキラー・シングルです。BOCは67年にNYで結成されたバンドでして、メンバーは
ドナルド・“バック・ダーマ”・ローザー:ギター、ボーカル
アラン・レニアー:キーボード
エリック・ブルーム:ボーカル、ギター
ジョー・ブーチャード:ベース、ボーカル
アルバート・ブーチャード:ドラムス、ボーカル
の5人。なんつっても全員ギターでステージ前に勢揃いどっかーんで有名。70’sアルバム・ロック・バンドと申しますか暗黒メタル・バンドってイメージ強くヒットなどとは無縁だったところにこれだ。びっくりしました。実際はほれこの通り
02l1a2.jpg
気の良さそうな兄ちゃんばっか、さすがアメリカーン。東海岸のグレートフル・デッドって感じで当地では強烈根強い人気を持つそうであります。さて「リーパー」邦題はまんま「死神」。何がそんなにええかとゆうと、こりゃグループ・サウンズだー。ブルー・コメッツみたい。とか思ってしまったのは「森とんかつ、泉にんじん、かーこんにゃく、まれてんぷら、静かにんじん、眠ーるんぺん、ブルブルー、ブルーシャトウ」などと育った日本ガキの「ブルー」から連想したからからかもしれない。何だかなー怖そうだなあって思ってたところにこの何とも言えん愛嬌のあるメロディと歌声。そうなると一転して大好きになってしまったことは言うまでもありません。もしかして当時の合衆国民も同じ?。さーまたしても気になる何を歌ってるか。死神、なんて余計に。あ、最近とみに対訳熱にうなされてます。まー腐るほどFENやらTOP40やら聴いて何を言ってるか大体わかるようになったものの、英検3級の身ですから。正しい翻訳など出来るはずもなく。我はこれを
「大訳」
と呼ぶ。鯛焼きじゃないぞ大訳。02l2a2.jpgあー食べたいタイヤキ。最近アンコをサンドウイッチみたいに挟んでるのが流行っておるようだけんどあれはいけません。中にアンコだ。別にシッポまで入って無くても大丈夫。白身?が上手ければの。で、そうそう「大訳」。最高の曲を何とか己のものにする所業なのだ。もとより正確に訳すなどとゆうことは言葉の壁により不可能と開き直り、がばっとでっかく大きく訳せばそりゃもう楽しい。皆さんもいかがですかい。出来ればそのまま日本語で歌えれば最高。が、そりゃ至難です。この曲は・・・サビのとこは「いけないほんとリーパー」って歌いたいけど・・・後は無理や。
02b1a4.jpg

All our times have come 俺達の出番だぜ
Here but now they're gone ここかあそこか、それともそこか
Seasons don't fear the reaper 季節は死神を恐れません
Nor do the wind, the sun or the rain 風や、太陽や、雨がそうであるように
We can be like they are 私達がそうであるように
Come on baby... Don't fear the Reaper おいでベイビー、死神を怖がらないで
Baby take my hand... Don't fear the Reaper 手を取っておくれ、死神は大丈夫
We'll be able to fly... Don't fear the Reaper 飛ぶことが出来るよ、死神は大丈夫
Baby I'm your man... ベイビー、あっしは君のものでございます。

らーらーらーら

Valentine is done バレンタインはやりました
Here but now they're gone ここかあそこか、それともそこか
Romeo and Juliet ロミオとジュリエット
Are together in eternity... 永遠に一緒です
Romeo and Juliet ロミオとジュリエット

40,000 men and women everyday... Like Romeo and Juliet 4万人の男女は毎日・・ロミちゃんとジュリちゃんみたいに
40,000 men and women everyday... Redefine happiness 4万人の男女は毎日・・幸せを再確認
Another 40,000 coming everyday...We can be like they are 別な4万人が毎日やってきてさ 僕たちみたいに

Come on baby... Don't fear the Reaper おいでベイビー、死神を怖がらないで
Baby take my hand... Don't fear the Reaper 手を取っておくれ、死神は大丈夫
We'll be able to fly... Don't fear the Reaper 飛ぶことが出来るよ、死神は大丈夫
Baby I'm your man... ベイビー、あっしは君のものでございます

らーらーらーら らーらーらーら





ここでバンドの皆さんによる大変な状況の大いなる描写。

Love of two is one 二つの愛が一つになりました。
Here but now they're gone ここかあそこか、それともそこか
Came the last night of sadness 昨夜の晩の悲しみと
And it was clear we couldn't go on 僕たち続けていけないの
The door was open and the wind appeared 扉は開かれ風が吹き
The candles blew and then disappeared 蝋燭の炎が揺れて消えました
The curtains flew then he appeared カーテンがめくれて彼が現れた
Saying don't be afraid 「怖がらなくていいんだよ」

Come on baby... And we had no fear カモン・ベイビ・・・僕らは怖がらない
And we ran to him... Then they started to fly 彼の元に駆け寄って・・・そしたら彼らは飛び上がり
They looked backward and said goodbye 彼らは後ろから見つめて、言うのよ「さようなら」
She had become like they are 彼女はヤツらみたいになりました。
She had taken his hand 彼女は彼の手を取っちゃってまあ
She had become like they are 彼女はヤツらみたいになりました。

Come on baby...don't fear the reaper おいでベイビー、死神を怖がらないで


えー、最初は明るい農村のように始まり、すぐさま男ロッカー恒例のめそめそなよなよモードに突入。何を申したいかと言わば、要するに悪い男に彼女が騙されて私は振られてしまいました(^0^)とゆうことで、たいへん可哀相です。「べいびー、怖がらないで」とか言っておきながら実は自分が一番怖がってるつう有様よ。なんて男性ってか弱いでしょう。情けな。何しろ現実世界ではタフに振舞わなければならないからねえ。せめて歌の世界だけでもたまにはグチを・・・って場合が多し。そんな時でも目一杯かっこつけてキザに。ってとこが実に東海岸のインテリさん(ほら何とかって言ったあれ)に好まれた所以。ってまとめるんじゃない。とてもかっこ悪くてそこが素敵です。はい。コードはAm G F Gの黄金哀愁進行。とてーも簡単。アルペジオが95%の決め手ですので是非年末宴会のためにマスターいたしましょう。

*今回のみ原歌詞を掲載いたしました。もとより「大訳」は翻訳でありませんので、その筋の方、今回だけどうかご勘弁を。ほら、だって英語で逆翻訳してもそうならないでしょ(^0^)。

(山)2005.12.9


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

タロットの呪い(紙ジャケット仕様)

タロットの呪い

Agents of Fortune



00000-3.jpg

Blue Oyster Cult - This Ain't The Summer Of Love
http://www.youtube.com/watch?v=iT8NhcVxLVw


Blue Oyster Cult - Agents Of Fortune - 06 - Sinful Love
http://www.youtube.com/watch?v=FD1In5enqMM


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

0-090716-05.jpg

0-090716-06.jpg
↑当時ML誌レビュー

ろっくすブルー・オイスター・カルトのページ

資料

資料(英版)

English Version

.






: