日刊ろっくす 前日のWANTED rocks top  back





ろっくす超大特選盤

*とんでもなく好きです。何か悪口言われたら確実に暴れる。軽く褒められたり他のバンドとかと比べてどうのこうの言われたりしても逆上してしまう危険な盤です。私にとってのロックとPOPの最高地点にある盤。何回聴いても飽きませんがもし飽きちゃったらどうしようと不安になっちゃって今や手軽に聴くことすら出来ない。勇気を出して(^0^)また聴いてみたけどいやもう初めて聴いた時そのままのキラメキ。飽きるどころかますます渋みと照りが出て来てしもうたわ。全部一人でやっております。ドラムからキーボードからギターからベースからサックスまで。なもんで究極の息の合い方。今みたいに打ち込みじゃ無いすよ。昔に比べて特にドラムがめっぽううまくなってもはやもたつくことなど微塵も無し。1曲目のオール・ザ・チルドレン・シングから息もつけない12曲、34分50秒。入るところに音が入って極上のメロディにぴったり張り付いてます。たおやかに歌い、叫び、こちとら一緒に歌いたいがとてもじゃないが歌えないのでコーラスで参加させていただいてます。人がいると恥ずかしい。まったく才能のある人間がノってる時の力って恐ろしいすよねえ。どうやったらこんな音楽が作れるのか頭の中覗いてみたいわ。しかも時間をかけて作った風で無く短時間でどわーっと作った感じ、一人多重録音に有りがちなベターっとした辛気臭さなど微塵もありませぬ。物凄い勢いとノリ。一人で録音しててよくこんなシャウト出来るもんだ。きっと音楽の神様がそばで見ていたに違いありませぬ。CD化はライノ。これがまた音が良い。絶対そうだとリマスター担当を見てみるとやっぱしこの人、名人ビル・イングロット。アナログの暖かさそのままで聴こえない音も聴こえて来てオノマトピアなんかじゃ瞳孔が開きっぱなしになります。ジャケが地味な印象もありもし後回しになっちゃってまだお持ちで無い方、すぐさま行っちゃって下さい。家宝になること必定。保証いたします。つうかこれが駄目って方はこころっくすで私が書いてること全て信用して貰えなくとも仕方がありませぬ。頭の一部にいつもどっかと座って見ているよ。音楽を本格的に始めた頃スティーリー・ダンのAJAと並んでこんなん聴いちゃって決定的に自分で音楽やるのにどうしたら良いかわからなくなっちゃった。だからパンク/NWやるっきゃなかったんだよなあ。結局近づくことさえ出来ず仕舞いで。当のトッド氏にとってももしかしたらそうかもしれない。個人の才能を超えた何かが起こったとしか思えません。狂ってたんだなきっと。そしてその狂気ってのがロックとPOPの星の中心にめらめらと燃えてなけりゃいけないものなんだ。

(山)2004.11.8







子供たちの歌
トッド・ラングレン
1978/7


毎週火曜日は、”大切な歌”!
とてもとても。大切な。
とてもとても大切な歌は、何か書こうにも全身金縛りになること多々有り、
どうすればいいのでしょう。

トッド・ラングレン師、1978年7月発アルバム

ミンク・ホロウの世捨て人
〜Hermit of Mink Hollow


より1曲目の

子供たちの歌〜All the Children Sing

このお化けアルバムの冒頭を飾り、これ聴いちゃったらもうお仕舞い、最後まで一気にラストスパートさせられちまうつう恐ろしい歌です。
2曲目はヒット曲
”キャン・ウィ・スティル・ビー・フレンズ”
ほんと数少ないヒット曲の一つシングル。



アルバムに貼り付いてる。冒頭のこの”子供たちの歌”と対で聴かば、威力3千倍でござる。
嘘は申しません。
1曲目終了後、2曲目に至る間。
宇宙一美しい間です。


この”子供たちの歌”。
トッド氏のキチガイPOPの真髄で有り、こんなことするから売れんのだの真髄です。

頭どーかしてるくらいのPOP。

嘘は申しません。

が、
あのユー・チューブにもブツがアップされていないつう。
これはきっと、誰にも教えたくない人が多いからでしょう。
この何でもありの時代に隠されてます。
恐ろしくも勇気出して買った人だけ全貌が味わえる。
今時、WAVEファイルだけ試聴用として存在してましたので↓に貼っておきました。
試聴出来る方のみ試聴可能。
しかし一部だけでこの恐ろしさを噛み締めることは不可能なのでほんま試聴だな。

調べましたら
何とシングルで出てました。イギリスのみで。B面は、バッグ・レディ。
しかし、罰当たりな英国人、まったくこれをヒットさせません。
どんなシングルだか、画像も存在しません。
きっと、これは隠されているからからです。



ミス・マローンを見てご覧
彼女は一人でまた静かな夜を過ごしています
自分の書斎で座って、電話機をじっと見つめています
そして
彼女の頭の中のベルが鳴り始めるのです

子供たちはみな唄います
すかさず踊る全ての踊り子たち
オーケストラは演奏開始
誰かがワインを注ぐ
太陽と月が衝突
重力は馬鹿にしたものではございません
宇宙は離散し爆発します
子供たちはみな唄います

さて、ミスター・マロイ
彼はいつだって自分を他の連中と同じだって思ってました
彼は思います 男はタフなものだって 女はオモチャだって
だが
彼の頭の中でベルが鳴り始めるのです

子供たちはみな唄います
鳥たちはみなハーモニーを奏でる
愛の香りが漂っています
海の上の日暮れ
神々の天使
まさに我々の無価値が宣言されました
銀河は無で空虚です
子供たちはみな唄います

1000マイルの砂漠の中、這い回り
聖人からの答えを見つめ
そしてこれが彼が彼の手で為された波で私に話してくれたことです
彼は言いました
「ベルがそなたの頭中で鳴り始めるであろう」

らーらららら、ららららららららー、らーらららららー

ここに中国人在り、賢明且つ老成
ここにエスキモー在り、勇敢且つ寒
ここにユダヤの民在り 聖なる地の中に
ここにアラブ民在り 彼のキャラヴァンと共に
ここにアフリカ人在り 強靭且つ誇り高き
ここに労働者在り 良き且つでかい
ここにあなたへの一つ在り そしてもう一つも
貴方の頭の中でベルが鳴り始めます

子供たちはみな唄います
すかさず踊る全ての踊り子たち
オーケストラは演奏開始
誰かがワインを注ぐ
太陽と月が衝突
重力は馬鹿にしたものではございません
宇宙は離散し爆発します
子供たちはみな唄います
子供たちはみな唄います
子供たちはみな唄います
みんな唄います



全部、トッド師の演奏。ドラムもベースもコーラスもみな。
一人でだってここまでイケる。
それは恐らく、彼の頭の中で、宇宙万物全部混合のベルが鳴り出したからでしょう。
そして全部1曲目から弾けて、アルバム最後まで跳ね回るのさ。

貴方は音楽狂人の頭の中を覗きますか?


(山)2008.7.15



0-090728-03.jpg
↑私製ジャケです。このような日本盤シングルは存在しません。

キャン・ウィ・スティル・ビー・フレンズ
トッド・ラングレン
1978/7/18


音楽の世界には名曲とゆうものがあります。
完全不可欠不可侵犯すことべからず、
例えチャートで1位にならなくともみんながみんな知っていなくとも好きで好きでたまらぬとゆう。
それが名曲です。
私にもあります。そう、あの歌。
えー、普通に書きますと興奮いたしまして、しっちゃかめっちゃっかになるのは必然ですので、
より興奮いたしますために、お馴染みもしものコーナー、

もしもあの名曲をとことん好きな人がいたら。

0-090728-04.jpg「えー、こんにちわ。今日の”音楽でボンボン”は、あの名曲についておおくりいたします。
お話をお伺いいたしますは、
とにかくあの歌が好きでたまらないと自負いたしてやまないミスター・カトー茶左エ門さん。
ようこそカトーさん。」

0-090728-05.jpg「いやーどもども。こんなとこに呼んでいただんきましてまことに恐悦至極でごじゃります。」

0-090728-04.jpg「いえいえ。ところでカトさんの好きな歌とゆうのはどんな曲でしょう?」

0-090728-05.jpg「よーこそ訊いておくんなさいますた。大きな声では言えないんですけどね・・・

キャン・ウィ・スティル・ビー・フレンズ!!

0-090728-04.jpg「あ、びっくりしたあ。それでっかい声ですよ。」

0-090728-05.jpg「どんもしづれい。ついね・・好きなもんだから。」

0-090728-04.jpg「どなたの曲でしょう?」

0-090728-05.jpg「あんだ知らないの?駄目だんねえ。業界人?あそう。それじゃ知らなきゃ駄目だ。

トッド・ラングレンさん。

知ってる?」

0-090728-04.jpg「さあ。」

0-090728-05.jpg「さあってあんだ。マジかよ。アメーリカの顔の長いしとよ。ほれあのPOPキチガイの。
天才児。且つ人格者。知らなきゃ駄目だんよ。」

0-090728-04.jpg「はあ。それでいつごろの歌でしょう。」

0-090728-05.jpg「それあたしに言わせるの?長いよ。覚悟しにゃさい。
うーーーーーーーーーー
時は風雲1978年、戦国波乱の世の中に颯爽と現れた1枚の大超傑作アルバム、
その名も、

”ミンク・ホロウの世捨て人”

いーごでいうと
Hermit of Mink Hollow

0-090728-00.jpg

その2曲目がこの

キャン・ウィ・スティル・ビー・フレンズ!!ぴかぴか(新しい)

一応ね、”友達でいさせて”って邦題があるんだけどね、どーも馴染めなくって・・

やっぱ
キャン・ウィ・スティル・ビー・フレンズ!!揺れるハート

0-090728-01.jpg

何とこれがヒットしちゃったんだ。
同年7月8日、Hot100登場以来7週目に米国TOP40に37位で初登場、
以後36-32-30-29位。最高位29位。」

0-090728-04.jpg「29位ですか?じゃたいしたヒットじゃありませんね。」

0-090728-05.jpg「あらー、そゆことゆうの。あのね、音楽はヒットすりゃいいもんじゃないの。
わかんないかねー。あ、わかった。素直だねあんた。
ともかく76年の6月26日からの”Good Vibrations”、ほれあのビーチボーイズの曲の完コピ版、
あれが最高位34位で、2年ぶりのヒットです。あー目出度い目出度い。
喜びなさい。」

0-090728-04.jpg「良かったですね。」

0-090728-05.jpg「もっとでかい声で。」

0-090728-04.jpg良かったああああ!!

0-090728-05.jpg「ま、いいだろ。そんで。」

0-090728-04.jpg「では早速、聴いてみましょう。はい・・・」

0-090728-05.jpg「あー、いい。」

0-090728-04.jpg「早いね。」

0-090728-05.jpg「この出だしの、とたた、ってドラムスいい。」

0-090728-04.jpg「そこからですか?」

0-090728-05.jpg「いや実はもっと早く。これアルバム1曲目の



オール・ザ・チルドレン・シーング



の怒涛のようなPOP地獄のあとでね、終わったあとの間・・・
それがいい。たまらん。」

0-090728-04.jpg「そこからですか。はいはい。ではそれをふまえて改めまして。」

0-090728-02.jpg



たとと

僕らはもうこんなゲームを続けられません
でも
まだ友達でいてくれますか?

物事のあれこれはもうただこれまでのようになることはありません
それでも
まだ友達でいてくれますか?

私たちは学ぶべき何かを持っていました
今こそその時なんです、車輪を廻し出すために
砂時計の砂、一粒一粒
貴方が気づかないうちに、全部落ちていってしまいました