日刊ろっくす   前日のThAnk YoU rocks   top   back

140330-20.jpg140330-23.jpg
140330-21.jpg140330-22.jpg
140330-26.jpg140330-27.jpg
140330-24.jpg140330-25.jpg

ろっくす超大特選盤


Crying Laughing Loving Lying
Labi Siffre
1972


快挙!英国EMI。ラビ・シフレ氏のオリジナル・アルバム一挙再発です。いつ廃盤になるかもしれません。嬉しいけど困った。貧乏人は一挙に買えませーん。再発されたのは今年6月、最近音楽雑誌まるで買ってないのでその事実知らず。でも載ってないんだろな。たまたまレコード屋さんで発見して目を疑いました。思わず買うはこの
72年作3rdアルバム

泣いて笑って恋して寝る

帰って飛びついて聴いて、文字通り

泣いて笑って恋して寝る

そして困る。この素晴らしい音楽、感謝したいのは山々なれど、これほど圧倒的だと言葉が出ません。
何を書いちゃっても傷つけてしまいそうで。
とにかく今年のベスト10入りはもちろん、人生盤になりました。
以前一回だけやらせて貰ってます。ベスト盤の
ザ・ミュージック・オブ・ラビ・シフレ」で。
経歴はそちらで簡単に書かせて貰って。さらに生年が判明。1945年6月25日生まれだそうです。5人兄弟の4男さん。インド系かと思ってましたけど、父ちゃんはナイジェリア人、母ちゃんはベルギー人。生まれたのはロンドン。兄さんがジャズとブルースのキチガイで当然、ラビさんも音楽にガキの頃からはまると。ギターを買ったのが16才の時。歌を歌うべく旅立ったのが18歳の頃。7年の苦闘の末、1970年にポリドールからデビュー。2ndからパイに移籍してこの3rdでの2曲のヒットでひっそりとブレークしました。
英国での全ヒット曲は

14 Labi Siffre It Must Be Love Nov 1971
0-0-0-0-060920-12.jpg
11 Labi Siffre Crying Laughing Loving Lying Mar 1972
29 Labi Siffre Watch Me Jul 1972
4 Labi Siffre (Something Inside) So Strong Apr 1987


上の2曲がこのアルバムから。イット・マスト・ビー・ラブは後にマッドネスがカバー。
0-0-0-0-060920-06-.jpg
知らずに知っていたのだいつのまにか。ちょうどマッドネスの連中がガキの頃のヒットだに、思い出にこびりついてやらずにおられなかったに違いありません。
ジェイムス・テイラー氏、スティーヴィー・ウインウッド氏の声、共に持ってる方です。
このアルバムでのその音楽は、んーーーー、一言で書きたく無いけど、70’s初頭ってことでシンガー・ソング・ライターさん。生ギターで生な歌を。ジャケのギター・ケースに入ってるスヌーピーちゃん、みたいな音楽かと。
1曲目はどすこいアカペラ。全部じゃないよ。ドラム、ベースのバンドが付いてる曲がほとんど。
試聴していただければ一発で。
私がはまるきっかけとなった先の2曲ヒットの素晴らしさは、改めて「完璧なシングルを讃える会」でやらせてもらおうかと。
今回は全曲そりゃもたまらんですけど、中でも10曲目の
マイ・ソング」。
やばいほどやられました。こんな歌です。ネットに英歌詞無いから、歌詞カードからのガチンコ解釈で。
0-0-0-0-060920-02.jpg

これは僕の歌 そして誰も奪うことなんか出来ない
随分長いことかかりました 今君はここにいる
ここにいておくれ
僕は願います 君の夢がかなう方法を見つける その意味をわかってくれることを

これは僕の歌 誰も、まやかしに出来っこない
随分長い時間経ちました 誰かが僕を泣かしてから
僕は願います 君が涙とサヨナラして笑うこと その意味をわかってくれることを

僕はいつもちゃんと歌うことが出来ないかもしれません
そして時々君は聴いてくれない
でも知っておいて 僕がたとえ歌っていても君は近くにいなきゃいけないなんてことはないんだ

これは僕の歌 何ものも消すことなんか出来ない
僕は願います ほんとにほんとに君にはわかって欲しい 生きてる限り 君に僕の歌を歌います

僕はいつもちゃんと歌うことが出来ないかもしれません
そして時々君は聴いてくれない
でも知っておいて 僕がたとえ歌っていても君は近くにいなきゃいけないなんてことはないんだ

これは僕の歌 何ものも消すことなんか出来ない
随分長い時間経ちました どうやればより強くなれるかわかるまで
僕は願います ほんとにほんとに君にはわかって欲しい
生きてる限り 君に僕の歌を歌います
生きてる限り 僕の歌を歌います
生きてる限り 僕の歌を歌います
生きてる限り 君に僕の歌を歌います

どうしたって思い出すのはエルトン・ジョンのユア・ソングです。肩を並べる名曲だ。
かたや誰をも認める、かたやひっそりと。
それはどこがどうしてどうなってそうなったかは浮世の理で。
こっちが言いたいす。
随分長いことかかりました あなたの歌を知るまで
生きてる限り あなたの歌を聴きます。

このとてつもなき清浄な音楽、いつビールのCMとかに使われてもおかしく無し。
出来ればそっとしておいて欲しいような。
それでも全世界の人に聴いて欲しいよ。
何か生きることにとっても大事なことがここにあると思います。

0-0-0-0-060920-11.jpg

(山)2006.9.20

ろっくすラビさんページ


ラビさんラブ動画集

Labi Siffre - Something Inside So Strong



It Must Be Love Teaddy Bear sings

Madness - It Must Be Love



140330-00.jpg
↑オランダ盤

クライング・ラフィング・ラヴィング・ライング
ラビ・シフレ
1972/3/3


マッドネスの1981年ヒット「イット・マスト・ビー・ラブ」のオリジナルを作って唄った方です。
その昔、
英国チャートで出会って惚れ込んで探して探して何とかかんとか見つけてまた惚れ込んだです。
とは言うものも。まだお名前を、
どれが正しい発音かすらもわからない。
ラビ・シフレ?
ラビ・シフリ?
ラビ・シファーと言う説も。
おそらく3つを足して3で割ったもんだな。
ミッジ・ユーロ氏と同じで。
日本語表記できん世界。
その音楽も、その素晴らしさもあたしゃ日本語表記文章で書くことができるような気がしませんよ、
黒いギルバート・オサリバン?
登場時期はかぶる。
ブラックの方でありながらデビュー時は完全にフォークでした。
フォークつか
アコースティック・ポップつか。
お父上がナイジェリア人でお母上がカリビアンのベルギー人で出身はロンドンで
オネエじゃない誠実なゲイの方。オネエが誠実じゃないってわけじゃ無いだろが。
それを踏まえるとこうなのもわかるような気がする。

あくまで
気がする。

そのラビさんの「イット・マスト・ビー・ラブ」に続く第2弾ヒットです。

140330-03.jpg
↑ユーゴ盤

CRYING, LAUGHING, LOVING, LYING
クライング・ラフィング・ラヴィング・ライング


140330-04.jpg
↑ユーゴ盤裏

1972年3作目同名アルバム



タイトル曲。



泣いて笑って愛して寝て

ぐおーー

寝ないよ。
それは冗談で

泣くこと、笑うこと、愛すること、嘘つくこと

Tレックスがいち早く単身でグラム時代の頂点に立ったその時、
裏道に咲いた一輪の花です。

140330-01.jpg
↑英盤

http://youtu.be/tRbv3jk73Eg


歌うお姿
http://youtu.be/rKv8n8C5lc4



Crying,
 泣くこと

crying, never did nobody no good, no how
 泣くことなんか
 けして誰のためにもなりゃしなかった
 どうしたって

That's why I,
 だから僕は

I don't cry
 僕は泣かない

That's why I,
 だから僕は

I don't cry
 僕は泣かない


Laughing,
 笑うこと

laughing, sometimes does somebody some good somehow
 笑うことって
 時には誰かになんかしらためになること
 何とかかんとかね

That's why I,
 だから僕は

I'm laughing now
 僕は今笑っている

That's why I,
 だから僕は

I'm laughing now
 僕は今笑っている


Loving,
 愛すること

loving never did me no good no how,
 愛することなんか僕にとってためになることなんかじゃなかった
 どうやったって

no how
 どうしたってね

That's why
 だから

I can't love you now
 僕は今、君のことを愛せない

That's why I,
 だから僕は

I can't love you now
 僕は今、君のことを愛せない

Lying,
 嘘つくこと

lying never did nobody no good no how,
 嘘つくことはけして誰のためにもなりゃしなかった
 どうついたって

no how
 どうやっても

So why am I
 それなのに何故

lying now?
 僕は今、嘘を付いているんだろう?

So why am I
 それなのに何故

lying now?
 僕は今、嘘を付いているんだろう?

So why am I
 それなのに何故

lying now?
 僕は今、嘘を付いているんだろう?




うまいっ!

山田くん、座布団三昧!!

どうしたの木久ちゃん、
黄色い人もたまにはいいことを言うんだねえ。



たまじゃないよ、ラビさんはいつもだよ。
根っから誠実な方です。
それは保証致します。
アタシが持ってるアルバムでは全部そうだから。
いい人のふりをしてもね
嘘ついてたらどっかでバレるもんです。

この方はその気配すらなし。

だから
こんな
地味で儚いチェルシーみたいな歌が

英国チャート
2回目のヒットで、
3月25日33位初登場、
以後
23-20-(4/25)11-13-15-(5/13)18-43-(5/20)45位。
最高位11位、5月20日45位まで通算9週。

カバーもされます。

オリビア・ニュートン・ジョンさんが1975年アルバム「Clearly Love」で

http://youtu.be/gRbUDzVP55s


爽やかの極みなり。

ロッド・スチュワート兄貴が逃すはずが無い。
1995年アルバム「Handbags & Gladrags」で

http://youtu.be/35Sf8d4l7cA


ロッド兄いの誉れの一曲たる歌唱に。

モータウン・英国大将のジミー・ラフィン氏が

http://youtu.be/uTqVdEiqgGU

見事なソウル版で。何故かちょいと中華風。

B面は

このシングル特製の

140330-02.jpg
↑英盤

Why Did You Go, Why Did You Leave Me

http://youtu.be/tYhjBkZw26w


うーーー

いい曲だよ。
歌詞が、聞いてれば何となくわかりますが、ネットにも落ちてないんで、
解釈出来んのが実に残念無念。


長いことどうなんだろうと思ってること。

独特の訛りが歌声にございます。

これって出自によるものか
それともあっちの人が聞けばやっぱりウチラが美川憲一さん聞いてる時みたいに聞こえるのかな?

それでまた
聞こえ方、感じ方が変わるものなのでしょうか?

(山)2014.3.30

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ラビさんのページ

英語資料

English Version
.
−−−−−−−−−−−−−−−

閲覧ありがとうございます。
僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸い、CM込みで見てクリックしてお聞きくださりませればお駄賃になりましてなお嬉しです。
よろしくお願い申しあげます。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA


−−−−−−−−−−−−−−−−−