前日のThAnk YoU rocks   top   back


ろっくす超大特選




0-070324-16.jpg

Sober Pop in UK vol.1
All the Soberness
1970-1974


「お、六さんじゃないか久しぶりだね。」
「あ、ご隠居こんにちわ。」
「どうしたんだい?元気ないじゃないか。」
「どうもこうもねえっすよ。世の中景気いいなんて言い張ってますけど、家業の方がもうてんで駄目で参ってます。」
「そうかそうか。今の世の中、貧乏人は絞め殺しで行こうってお上の方針だからな。そりゃキツイじゃろう。ま、そんな時は無理せずなるべく休みなさい。
俗にそれをサボるとゆう。今まで充分やったんだからそれで結構。少しは蓄えあるんじゃろ。」
「うーん、ほとんどねえす。」
「それは困ったのう。じゃなるべくサボりなさい。さすれば連中は結局はお前さん方がいなきゃ困るんだから光は見えてくるであろう。」
「そうっすかね。そうならいいんすが。」
「大丈夫、だいじょうぶ。おてんとうさまが付いてるから。お、そうじゃいいものをお前さんにやろう。」
「なんすか?」
「音楽じゃよ。そんな時に心の薬となる。それが一番。」
「へい、ありがとございます。」
「ほれ。」
「へ?これ、紙ですよ。」
「紙は紙じゃが、そこに書いてある曲目、それじゃ。」
「え、レコードくれるんじゃないんですかい。」
「あまーい。自分で探しなさい。天国は自分で求めねばならぬわ。かっかっかっか。」
「かっかっかっかって、お金ねえすけど。」
「大丈夫。今はほれ、なんてったかネットか、あるじゃろ、そこで探せば何がしかは出てくるであろう。」
「へい。じゃあ探してきます。」
「そもそもそれは、英国のだな、シングル・チャートの1970年から1974年までにランクインした、言ってみれば地味なワンダホ曲のリストじゃ。
音楽にはの、俗に味とか色とか例えるがの、派手とか渋いとか華麗とか言うじゃろ。イギリスってのはそりゃあえらいとこで、どんな時でも地味つうか滋味つうか、噛めば噛むほど味が出るつうか、ギター・ソロとかうっぱっぱーとか、ま、派手じゃなくても染みる曲が必ずどこかしらで聴かれておる。
そんな曲のリストじゃ。わしはそれをソバー・ポップと名付けた。つうても「地味」つうの訳しただけじゃが。あはは。
ソバーっていいじゃろ。蕎麦POP。ぎゃはは。
無心になって聴きなさい。
さすれば・・・・あ、いない。じゃろじゃろじゃろ、じゃろってなんじゃろ。」

・・・3時間経過・・・・

「ご隠居さん、これでいいでしょうか?」
「お、六さん、粘ったねえ。よくぞそこまで・・・。」
「へへえ、ま、聴いておくんなまし。」

0-070324-00.jpg

70-11-3-11-McGuiness Flint - When I'm Dead and Gone
71-05-1-21-McGuinness Flint - Malt and Barley Blues



0-070324-01.jpg

71-10-1-40-Scott English - Brandy


0-070324-02.jpg

72-02-1-39-colin blunstone - say you don't mind

Colin Blunstone - Miles Away
http://www.youtube.com/watch?v=zZhxS19wDtA



0-070324-03.jpg

72-02-3-27-Lindisfarne - Meet Me On The Corner
72-05-1-23-Lindisfarne - Lady Eleanor


Lindisfarne - Meet Me On The Corner - Old Grey Whistle Test
http://www.youtube.com/watch?v=LYqaTDZgF2s



0-070324-04.jpg

72-08-2-33-duncan browne - Journey


0-070324-05.jpg

72-09-1-34-Hurricane Smith - Who Was It

Hurricane Smith - Who Was It



72-10-1-34-Lindisfarne - All Fall Down


72-10-2-40-Strawbs - Lay Down

Strawbs - Lay Down Live In London 2006
http://www.youtube.com/watch?v=IDQjgVyBT0M


0-070324-07-.jpg

73-01-Clifford T. Ward - gaye

Clifford T Ward (live)The best is yet to come & Gaye
http://www.youtube.com/watch?v=DwQ7i5aVVGA



0-070324-06.jpg

73-01-Strawbs - Part Of The Union


0-070324-08.jpg

73-05-Stealers Wheel - Stuck In The Middle With You

Stealers Wheel - Stuck in the Middle With You
http://www.youtube.com/watch?v=bFX552i3Fv8


0-070324-09.jpg

74-01-03-25-Ronnie Lane & Slim Chance - How Come

Ronnie Lane. How come
http://www.youtube.com/watch?v=EWmaO6I-BqE



74-02-1-30-Stealers Wheel - Star

74-02-3-37-Clifford T Ward - Scullery


0-070324-10.jpg

74-02-4-30-Hudson Ford - Burn Baby Burn

74-05-3-36-Alan Price - The Jarrow Song


0-070324-12.jpg

74-06-1-21-Scaffold - Liverpool Lou


74-06-2-36-Ronnie Lane - The Poacher

74-06-3-36-Hudson Ford - Floating in the Wind


0-070324-13.jpg

74-09-3-38-Robert Wyatt - I'm A Believer


Robert Wyatt- I'm A Believer
http://www.youtube.com/watch?v=C8_lr8HFLEY



0-070324-14.jpg

74-10-1-35-Mike McCartney - Leave It


0-070324-15.jpg

74-11-1-25-Splinter - costafine town

Splinter - Costafine Town
http://www.youtube.com/watch?v=4tc75dXiIJw



74-12-1-21- Ralph Mctell - Streets of London

Streets Of London - Ralph McTell 1975
http://www.youtube.com/watch?v=VmKMQI9mbZ8



「曲目の前の数字は年度と登場月と参考順位なんだね。」
「へえ、少し無茶苦茶ですが。どうしても見つからないものもありました。」
「だよなあ。音楽は消耗品扱いされておるから。見えないだけに無くなると本当に無くなってしまう。
悲しい。わしは悲しい。おいおいおい。」
「泣かないでください、ご隠居さん。」
「映像見たら・・・おいおいおいおい。」
「あらら、泣かせちゃったよ。あ、俺まで泪が・・・つーーーーーー。くそ泣けてきやがる。うれし泪でい、てやんでい。」






(山)2007.3.24



The English translation page : here.





みなさんオピニオン
:



こちらのアルバムへの貴方の感謝はこちらから。YOUR OPINION HERE