日刊ろっくす 前回のThAnk YoU rocks   top   back



ろっくす超特大特選盤


イントゥ・ザ・ミュージック
ヴァン・モリソン
1979/8


やっと何とか終わった。
毎日締め切りの仕事連打が。おそらく終わったと。
さすがにくたくたに疲れ、朝5時半に起きるのに、キツクて、もうまた寝ちまおかと思った。
が、
そうは行かない盤を今日感謝するつもりでおりました。多分そうなるだろなと思って。

イントゥ・ザ・ミュージック
ヴァン・モリソン師
1979年8月公開
のアルバムです。

私の人生盤。数有るヴァン親父のアルバムの中でも終わりの落とし前”安息への旅”とこの始まりの盤”音楽入り”は別格に好き。
時代はもうパンクからNWに移ろうとしていた頃。私もすっかりそれ人になってました。
にも関わらず、親父は別格ですから、買って聴いたら、もう仰天。
落とし前付けて、前作”ウェイヴレンス”では無茶じゃないのー?って挑戦して、そしてここでこうなったのかと唖然。

そして没入しました。

えー、皆さん。
毎朝起きて、「あー、今日も爽やかな朝だ。気持ちE!さー、今日もバリバリやっちゃうぞー。」
って思いますか?
思い返すに、おいら、そんな風になったことあるかいな。
大抵は、ボケー。今日もあの仕事この仕事参ったなー。
あ、競馬の日は違うか。それでも今日、オケラになったらどうしよとか思っちゃう。
めちゃネガティヴだ。
最近はそうでも無いけど、生来低血圧だってもあるか。
ヴァン・モリソンおじさんは・・・この方は朝に関わらず、一日中不機嫌な方です。多分。
人生の9割を怒って過ごしてる。何に怒っとるのか?
怒ること世の中には山ほど有りますから。そうである方がいてもおかしくない。
つか
星一徹だってそうだもんな。人としての有り様がそうなのだ。
そんな方が、人生で一度だけ、

「あー、今日も爽やかな朝だ。気持ちE!さー、今日もバリバリやっちゃうぞー。」

って思った時期。そんなアルバムです。
思い切り爽やか、前向き、ポジティヴ。
特にA面。


どしちゃったの、おいちゃんってくらい無敵の爆進ぶり。
製作はヴァンさん自身。普段なら怖いぞ。考えるだに恐ろしい。モリソンさんのプロデュース。
気に入らないプレイなどしようもんなら、ケツ蹴飛ばされてスタジオから追い出されそうです。
しかし、このセッションでは違った。

笑ってるよ、おっさん。

その方が怖かったりして。いやとにかく。何をすべきか迷いも何も無く。
あまりの迷いの無さにミュージシャン達に以心伝心してしまいました。
奇蹟のように、一挙にこんなんが出来ちゃった様子が伺われます。勢いが違います。
それにやられました。
活気の有る音楽にやられない音楽好きはいません。
1曲、1曲の感謝は・・・・
また”大切な歌”として後日たっぷしと。
聴き込み過ぎまして、このA面。レコードはマジ溝擦り切れてます。針が飛ぶでよ。
それでもまだ聴きます。まだ夜明けのまんまです。

さてB面、


こちらは。いかにしてこのような上機嫌になられたかを、ゆっくりと説法面。
買った当時、若干19歳でしたから、こちらには戸惑いました。
A面のアッパーさに参り過ぎただけに。
こっちの静謐には、「長ーよ。」とか「辛気臭いよ。」とか罰当たりにも思ったりして。
だが
少しでも長く生きて見るもんだ。
こっちも負けずとおっさんになり。今、こうして聴いていると染みます。
多少図太く鈍感にもなっちまいましたから、長いのも大丈夫です。

全編山田太一なジス盤においても、このB面はさらに山田太一度高し。
齢重ねた不揃いな林檎たちも、想い出づくりさんたちも、高原へいらっしゃって、岸辺のアルバムしちゃってます。
嘘じゃ有りません。
怖いから買いませんって方々も縁だと思って聴いてみて下さい。
みんなそこにいます。

そして自分も混ざることが出来ます。


(山)2008.10.1

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

イントゥ・ザ・ミュージック(紙ジャケット仕様)

Into the Music


00000-3.jpg

VAN MORRISON - And The Healing Has Begun
http://jp.youtube.com/watch?v=wKdguKXUdgk


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




ブライト・サイド・オブ・ザ・ロード
ヴァン・モリソン
1979/9/8


うま、ヒットチャート!
ヒットチャートの何が好きかってそれは思わぬプレゼントをくれます。
おお、この唄がチャートインしたのかのびっくり。てっきり森の中だけの話だと思ってたのに。
ちゃんと好きだって思いを同じくする人がいる。それが目に見え確認できる。
孤独な唄は悲しきものですから。
どんなに素晴らしいものでも。
素晴らしいからこそ街で生きていていて欲しいもんだ。
今日のなんかその最たるもの。好きで好きで好きで好きで、それこそすり切れレコードにしたに。
入ったんだなあ。このNWの時代に。



ブライト・サイド・オブ・ザ・ロード
Bright Side Of The Road
ヴァン・モリソン
Van Morrison


此の世にそんなことがあっていいものか終始不機嫌で支持されるベルファスト・カウボーイ、
北アイルランドの星一徹だ。
ノリにノッたる70’s後半、
似合わぬシンセ大量導入で新しき地平を目指したアルバム”ウエイヴレンス”のあと、
今再び初心の場に帰ることを決意し
英国中央の丘だらけの片田舎コッツウォルズ、英国のヘソとも言われる地で
ギタアを小脇に抱えながら唄い歌を創る。
その目も眩む大自然に呼ばれて歌が唄を呼び絶好調、
それを形にすべく向かったのが、大の飛行機嫌いのくせに、アメリカはサンフランシスコの元漁村、海岸リゾート地サウサリート、
レコード・プラント・スタジオである。
それくらい機嫌が良かったってわけで、またその地が親父を呼んだのであろう。
そして最良のスタッフ、ミュージシャンに囲まれてアルバム完成す。

イントゥ・ザ・ミュージック
Into The Music


1979年8月発売。
9月8日には英国アルバムチャート28位初登場、
以後21-22-30-37-71-68-(10/27)61位。

そこからのシングルカットが



小路のひなた

実に初の自身の土地でのチャートヒット、
10月20日に73位初登場、
以後63-68位。
最高位63位。
既に5曲のTOP40ヒット、14曲のチャートヒットを持つアメリカでは
何故かこれが11月3日に最高位110位。

Van Morrison - Bright Side Of The Road

アルバム第1曲目。
針を落として目からウロコがバリバリのお日様の光が差しました。



http://youtu.be/rCDZzf4ragg


Live
http://youtu.be/59cCIaibG2E




通りの暗がりから

小路のひなたに

俺たちはもう一度恋人同士になるぜ

小路の日なたで


リトル・ダーリン、さあ俺とおいで

俺の背負うものを分けあってくれないか

通りの暗がりから

小路のひなたへ

この人生のまっただ中に俺たちは生まれる

ベイビー、ときどき、
ときどき、
俺たちはわけがわからなくなる

そして時はあまりに速く過ぎていくようだ

瞬きするあいだにも

できるうちに楽しもうぜ
〜できるうちに楽しもうぜ
俺の背負うものを分けあってくれないか
〜俺の背負うものを分けあってくれないか

通りの暗がりから

小路のひなたへ

くっきん
ハモニカ

この人生のまっただ中に俺たちは生まれる

ベイビー、ときどき、
ベビ、ときどき、
俺たちはわけがわからなくなる
わからなくなるよ

そして時はあまりに速く過ぎていくようだ

まばたきするあいだにも

できるうちに楽しもうぜ
〜できるうちに楽しもうぜ
俺の歌を唄うのを手伝ってくれないか
〜手伝ってくれないか

うお、ダーリン、さあおいで

小路のひなたへ

どぅうる、でれえれ
通りの暗がりから
〜通りの暗がりから
小路のひなたへ
〜小路のひなたへ

通りの暗がりから
小路のひなたへ
も一回

あはーは
通りの暗がりから
〜通りの暗がりから
あーうベブ
小路のひなたへ
〜小路のひなたへ
俺たちはもう一度恋人同士になるんだ

小路の日なたで

ここでだよ
俺たちはもう一度恋人同士になるんだ

小路の日なたで

えへえへ
俺たちはもう一度恋人同士になるんだ・・・



カントリーともスイングともソウルとも
言えぬ唯我独尊我ヴァン世界。
この糞寒いのに、このクソ機嫌悪し不満足親父の喜びが、それでこそ染み渡る名曲なり。
野暮でございますが、

James Carr - At the dark end of the street
http://youtu.be/tzcdNwIkmYA


この唄への自然なる答えだと思え、
味わいそれでまた深し。

B面は
アルバム5曲目の



ローリング・ヒルズ
Rolling Hills




コッツウォルズのこの風景の中で生まれた

親父妖精ソング。

思わずニコニコしちゃうますぜ。

http://youtu.be/vBCsMO2A2rc




うねる丘の間で
俺は男として俺の人生を生きるだろう
おー
俺は男として生きる
うねる丘の間で

ああ俺のカミさんとガキと
俺はひどいことをするような男ではないぞ
おお
俺はひどいやつじゃないんだ
うねる丘の間では

た、とぅとぅとぅつつとぅとぅとぅ
たた、とぅとぅらとぅるうるう

うねる丘の間で
俺はそれでも聖書を読むだろう
おお
俺はそれでも聖書を読む
うねる丘の間で

俺のペンで俺は歌を書く
うねる丘の間で
俺のペンで俺は歌を書く
うねる丘の間で

とぅとぅとぅとぅとぅとぅとぅ
うるとぅとぅとぅとぅとぅとぅ
オーライ

うっ

イエ

イエイ

ふう

イエイ

俺はジグを踊る
うねる丘の間で
俺はジグを踊る
うねる丘の間で

俺のペンで俺は歌を書く
うねる丘の間で
俺のペンで俺は歌を書く
うねる丘の間で
そして
俺は立ち、それをすべて見る
うねる丘の間で
そして
俺は立ち、それをすべて見る
うねる丘の間で

う、とぅとぅとぅとぅとぅ
るうとぅとぅ
るーるーるーるーる

も一回

俺は自分のペンで歌を書く
うねる丘の間で

俺はペンを取り出して歌を書くんだ
うねる丘の間で

そうだ

俺はペンを取り出して歌を書くんだ
うねる丘の中で



星一徹の子守唄や。
眠れねえよ。
しかも自分のことぶんぶん唄ってるし。
も、たまりません。
必殺のヴァン・夜明けのスキャット部分。

思わずこっちも

ワンモア!

英盤の何と言うこのシングルにふさわしいカワユいジャケなんでしょう

共に。

小路の日なたに一緒に出ましょう。

(山)2011.12.25

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

イントゥ・ザ・ミュージック(紙ジャケット仕様)

Into the Music

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすヴァン氏のページ

資料

資料(英版)

English Version

.

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
当ブログ記事への、
楽天キャッシュ
https://point.rakuten.co.jp/Top/TopDisplayCash/
または
Amazonギフト券(Eメールタイプ)
での、
おひねりをば頂ければこれ幸いです。
宛先メルアドは

rocksp@jcom.home.ne.jp

にて。
↓下記バナー内上左より



金額はお心次第、いかほどでも。

日刊ろっくす ヤマ & まほ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

楽天オークションに出品してます。

logo-mahog-s.jpg

まほさん手作りエコトートバッグとお宝ロック本をどうぞ。

♪取り扱い品目はコチラで♪


..

Van Morrison
Bright Side Of The Road lyrics

From the dark end of the street.
To the bright side of the road.
We'll be lovers once again.
on the Bright side of the road.

Little darlin', come with me.
Won't you help me share my load.
From the dark end of the street.
To the bright side of the road.

Into this life we're born.
Baby sometimes, baby sometimes.
we don't know why.
And time seems to go by so fast.
In the twinkling of an eye.

Let's enjoy it while we can.
Won't you help me sing my song.
From the dark end of the street.
To the bright side of the road.

From the dark end of the street.
To the bright side of the road.
We'll be lovers once again.
On the bright side of the road.
We'll be lovers once again.
On the bright side of the road.
We'll be lovers once again.
On the bright side of the road.

****************

Among the rolling hills.
I'll live my life in Him.
Oh.
I will live my life in Him.
among the rolling hills.
With my wife and child.
I'll do no man no ill.
Oh.
I will do no man no ill.
among the rolling hills.

Among the rolling hills.
I'll read my bible still.
Oh.
I will read my bible still.
among the rolling hills.

With my pen I'll write my song among the rolling hills.
With my pen I'll write my song among the rolling hills.

I will do my jig among the rolling hills.
Oh.
I will do my jig and live among the rolling hills.

With my pen I'll write my song among the rolling hills.
I'll take out my pen and write my song among the rolling hills.

And I'll stand and watch it all among the rolling hills.

.


.
.

: