日刊ろっくす  前日のThAnk YoU rocks   top   back




ろっくす超大特選盤

Hideaway
America
1976


まったくねえ。21世紀がこんなかわいくない殺伐としたなんつうか荒んでいる世になるとは。

うっとおしいかぎり。?????i?{???????j

先日、世界美女コンテストで日本の方が王者になったそうな。10年プロジェクトで王冠獲得を画したそうな。

なんとかわゆくない。?????`?i???_???????j

そのプロジェクトを取りまとめた女子ガイジンプロデューサーの言によりますと、日本の男子の美の概念は間違ってるそうで
「美はかわいさじゃないのよ。」

ほんとかわゆくない。????????

わし思うに、人たるもの、男も女も老も若もおしなべてかわゆい存在じゃなきゃいかんではないか。
「かわいい」てのは英語でゆうプリティはもちろん、チャーミング、ラブリー、お茶目、全部含んでるんだぞ。
人のみならず世もかわいくなきゃいかん。
この際、全ての基準を「かわいい」「かわいくない」で判決したらいかがですかい。
憲法9条は世にも稀なるかわいい条文です。から○。
いじめやってるガキには「なんとお前はかわいくないことをする。X。」

音楽だってもちろん色んな意味でかわいくなけりゃいけません。
今はすっかりかわいく無いからX。

いつからそうなったんだろう。

アメリカにアメリカとゆうとてつもないかわいいグループがあります。
そのアメリカがかわゆくてかわゆくてやばいくらいだった頃のアルバムがこの
1976年作

ハイダウェイ

0-070605-13.jpg

はいだうえい経済水域てのがあるがあんなかわゆくないのとは大違い。
えー、「萌えー」って語が昨今萌え始めてます。
「かわゆさ」を通り越して特定の部位を極めてふにゃふにゃになったものか。
こんなんか。

0-070605-14.jpg
↑俺作



違うか。
とことんまで行きますとその特定の人々には「萌え〜ふにゃあ」のだろうが、常人にはグロテスクに写ったりしまして、軋轢が生じます。

きもーい。ク??

ジャムの三人が”世界中”つうシングルで「インフレート・クリエーションつまり増大創造」と歌った通りそこまでやるとやばい時あり。

前作「ハート」で、アメリカは到達しました。
「金髪の髪の少女」、「ひなぎくのジェーン」とゆう2大軟軟な完璧シングルをものした。チャートも1位完璧獲得。
それがあまりにも完璧だったもんで、到達感てなもんがそこはかとなく漂うそんな中
ハイダウェイ〜隠遁
製作は同じくジョージ・マーティン師。60’sではビートルズ、70’sではアメリカてなくらい手に合う仲間さ。
だから
もちろんいくら隠れようとかわゆさ隠せない曲が詰まってる。いつものように暴走して自分で転がる高見盛みてえな曲も有り。
どんなに踏ん張っても地味地味な曲も有り。
マーティンさんにお任せしちゃってどっか追い込まれてる表題曲インストも有り。
そして
究極のシングルも有り。

今日がその日〜トゥデイ・イズ・ザ・デイ

0-070605-12.jpg

あまりにもひなぎくで金髪なもんで76年のアメリカ市民は仰天した。仰天して最高位23位。

こんな歌だし


しっかりだっこしてね
君は夜を昼間に変えてくれる
そしてきみは一番
輝きまくる星 僕の道を照らしてくれる

だから今ぼくのうちにおいで
だってそんなに難儀なことじゃないでしょう
僕はそんな気がするんだ 今日がその日
そんな気がするその日が今日


僕を外に出して
このステキな日に外に出してちょうだい
だって何だってぜんぶ
みんなほら人は遊びたいだろ

だから今ぼくのうちにおいで
だってそんなに難儀なことじゃないでしょう
僕はそんな気がするんだ 今日がその日
そんな気がするその日が今日
僕はそんな気がするんだ 今日がその日
そんな気がするその日が今日

うーうーーー


しっかりだっこしてね
君は夜を昼間に変えてくれる
そしてきみは一番
輝きまくる星 僕の道を照らしてくれる

だから今ぼくのうちにおいで
だってそんなに難儀なことじゃないでしょう
僕はそんな気がするんだ 今日がその日
そんな気がするその日が今日
僕はそんな気がするんだ 今日がその日
そんな気がするその日が今日
そんな気がするその日が今日
そんな気がするその日が今日
そんな気がするその日が今日



芭蕉のようだ。
抱いてよねそんな気がする今日なのよ

萌え〜・・きわきわです。作はダン・ピークちゃん。ピークを迎えた。
キャラがジェリー・ベックリー氏とばちかぶり気味なのに何か突破出来なかったですのをここで必殺かましたのに
何でみんな引いちゃうの?????

で、次のアルバム、ありあけの「ハーバー」を最後に去る、悲しい。

美と同様に、いやより一層儚いのが、かわいさ。
ほれこうして何回も書かれるとうんざりしてくるでしょう、かわいかわいかわい。

言葉にせず在る、崖っぷちのハイダウェイをどうぞ。


(山)2007.6.5



↑米盤

琥珀の滝
アメリカ
1976/7/14


冬のアメリカです。
初っ端の大ヒットにも
それに続く中ヒットにもいささかも惑わず己の滋味に宿命を託すも
1975年ジェリー・ベックリーくん作の極めつけ
パツキンの髪の少女の大ヒットには
思わぬピーク付けとなって
マイペース、揺らぎ
おいおいそんなに注目されてもなあの中
6作目アルバム



ハイダウェイ
Hideaway


1976年4月9日発売

陣容は

Gerry Beckley - guitar, lead and backing vocals, keyboard
Dewey Bunnell - guitar, lead and backing vocals
Dan Peek - guitar, banjo, lead and backing vocals, keyboard

David Dickey – bass guitar
Willie Leacox – drums, percussion
George Martin – Producer, piano on "She's Beside You" and "Hideaway Part I"

より
第一弾シングル・カットの
ダン・ピークくん作

今日がその日
Today's the Day


がさらにアメリカ式ポップの熟し切ったものとなり
米23位。
これでやり切った感充満した中
第2弾カット
7月14日発売

琥珀の滝
Amber Cascades


作は、名前のない馬男、デューイ・バネルくん。
ワシラは名前が無いんだからを取り戻すべく
いつもの地味極めるのだ

米国チャート
1976年8月21日86位初登場、
以後
79-76-(9/11)75位。
最高位75位。4週。

https://youtu.be/6QK2E-eTSog




Amber cascades
 琥珀の滝は

all over today
 今日もそこいら中に

Then we walk on a crooked catwalk
 そして僕らは曲がりくねった細道をあるく

Only to be delayed
 ぐずぐずするだけ


Bubbles of blue
 青い泡が

burst into two
 二つに弾ける

Eaten up by the incoming tide
 なだれ込む流れに飲み込まれて

Of the new
 新しく生まれた流れに

 ううう

Then we call to the man who walks on the water
 そして僕らは水面を歩く男に声をかけて

We talk of a plan to stop all the slaughter in view
 目に映るありとあらゆる虐殺を阻止するプランのことを話すんだ


It's in view
 目に入ってしまうから

 ううう


Granite charades
 花崗岩の真似事が

are played in the rain
 雨の中、演奏されている

Till we fall through a sand castle window
 僕らが砂の城の窓から落っこちるまで

To avoid the pain
 痛みを避けるために


Summer canoe
 夏のカヌーが

paddles up to you
 こがれて君に近づいてくる

'Cause it's time for another beer run
 何故ってまたビールを買いに走る季節だから

Or something that's equally true
 それかそんな類いの季節だから


Then we call to the man who walks on the water
 そして僕らは水面を歩く男に声をかけて

We talk of a plan to stop all the slaughter in view
 目に映るありとあらゆる虐殺を阻止するプランのことを話すんだ

ギタア

Then we call to the man who walks on the water
 そして僕らは水面を歩く男に声をかけて

We talk of a plan to stop all the slaughter in view
 目に映るありとあらゆる虐殺を阻止するプランのことを話すんだ


It's in view
 目に入ってしまうから

 ううう

うーーうーーー

うーーーおおっおー


うーーうーーー

うーーーおおっおー


うーーうーーー

うーーーおおっおー


うーーうーーー・・・



色恋から離れ自らクール・ダウン役を引き受ける佳曲。

B面は
アルバムB5の

パツキン少女、ジェリー・ベックリーくん作の


↑米盤

フー・ラヴズ・ユー
Who Loves You


https://youtu.be/yRxugvcFekI




Love is falling on me
 僕は恋に落ちている

Time will tell
 時は告げるだろう

how much you mean to me
 君が僕にとってどれだけ大事なひとか


Can't stop looking in your eyes
 君の目を見つめて離れられない

Count the stars
 星の数を数えてごらん

hiding up in the sky
 お空の中に隠れてるだろ


Look who loves you
 君に恋する男を見てごらん

when you're feelin' down
 君がふさいでるなら

Just like you're the only one around
 君だけがそばにいるかのように思ってる

Look who loves you
 君に恋する男を見てごらん

when you're feelin' down
 君がふさいでるなら


Somewhere
 どこかで

peace will be found
 穏やかなときは見つかるんだ

Past the clouds
 雲々が去って

or somewhere near the ground
 それとも地上近くのどこかで

Who knows,
 わからないかな

who really cares?
 誰が心から想っているか?

Take your time
 急がなくてもいいんだ

as we both climb the stairs
 僕ら二人で階段を上がるときには


Well, who cares if I live or die
 そう、誰かいるんだろか
 僕が生きてるか死んでるか気にかけてくれる人は

Somebody's always asking why
 誰もがいつだって理由をたずねてくる

Who loves you
 誰が君のことを愛してる

when you're feelin' down
 君が落ち込んでる時に


Who's gonna trust you now, boy?
 誰が今、君のことを信じようとしてる、ねえ?

Who's gonna trust you now, boy?
 誰が今、君のことを信じようとしてる、ねえ?

Who's gonna trust you now, boy?
 誰が今、君のことを信じようとしてる、ねえ?

Who's gonna trust you now, boy?
 誰が今、君のことを信じようとしてる、ねえ?


 うーーーうーーーうーーーうーーー


Look who loves you
 君に恋する男を見てごらん

when you're feelin' down
 君がふさいでるなら

Just like you're the only one around
 君だけがそばにいるかのように思ってる


Look who loves you
 君に恋する男を見てごらん

when you're feelin' down
 君がふさいでるなら

Just like you're the only one around
 君だけがそばにいるかのように思ってる


Look who loves you
 君に恋する男を見てごらん

when you're feelin' down
 君がふさいでるなら

Just like you're the only one around
 君だけがそばにいるかのように思ってる


Look who loves you
 君に恋する男を見てごらん

when you're feelin' down
 君がふさいでるなら

Just like you're the only one around
 君だけがそばにいるかのように思ってる・・・



甘えたさん、己等が為したことに不安を隠さず動揺す。

そしてこのクール・ダウン。
効果が有りすぎて
次に春を迎えようとしてもチャート世界ではマジで三人は真冬入りまんま。

何がどうあろうと止められぬものがあるのかと泣いちゃうよ。

(山)2018.8.23
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすアメリカのページ

資料

資料(英版)

−−−−−−−−−−−−−−−

いつも閲覧ありがとうございます。
僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.