日刊ろっくす  前日のThAnk YoU rocks   top   back

130718-19-1.jpg130718-20.jpg
130718-21.jpg130718-22.jpg
130718-23.jpg130718-24.jpg
130718-25.jpg130718-26.jpg

ろっくす超大特選盤



.


130718-00.jpg

呼吸
ケイト・ブッシュ
1980/4/11


稀代の、志村けん流に言えば
へんなおばさん
だっふんだ。
失礼。
変なお嬢様こと
毛糸で出来たケイト・ブッシュ様の唄でございます。

当初の予定では本年度芥川賞受賞の
”バブーシュカ”を執り行う予定だったですが、
急遽思い出しました。
本年度直木賞受賞曲を行わねばなりません。
選挙前に。
この選挙前こそこの唄を。

1980年9月8日3作目アルバム

130718-19.jpg

魔物語〜Never for Ever

より

ケイトさんもこれだけは何としても早くとの思い強かったに違いありません。

130718-07.jpg
↑フランス盤

呼吸
Breathing


130718-06.jpg
↑ドイツ盤

演奏陣容

Backing Vocals – Roy Harper
Electric Guitar – Alan Murphy, Brian Bath
Fender Rohdes Electric Piano – Max Middleton
Fretless Bass – John Giblin
Drums – Stuart Elliot
Percussion – Morris Pert
Prophet Synthesizer – Larry Fast

130718-04.jpg
↑UK盤

1980年4月11日発売。

130718-01.jpg

英国チャート
通算6回目、TOP40内通算5回目のヒットで、
1980年4月26日44位初登場、
以後
29-26-19-(5/24)16-30-(6/7)37位。
最高位16位。7週。

130718-05.jpg
↑UK盤

注釈はいたしません。
全身全霊で二ヶ国語放送実現を目指して。

130718-03.jpg

http://youtu.be/VzlofSthVwc




Outside
 外気が

Gets inside
 体内に取り込まれる
 うううー

Through her skin.
 彼女の皮膚を通して
 
I've been out before
 私は以前、外にいた
But this time it's much safer in.
 けど今は中に居るほうがずっと安全

Last night in the sky,
 昨日の夜
 空で
 うーうーうー

Such a bright light.
 あんな目もくらむ閃光が

My radar send me danger
 私のレーダーが私に危険を告げている
But my instincts tell me to keep
 けど私の本能が言っているの

Breathing,
 息をし続けるの

("Out, in, out, in, out, in...")
 吐いて、吸って、吐いて、吸って、吐いて、吸って、

Breathing it in,
 それを吸い込むの

Breathing my mother in,
 吸うの
 私の母が吸い込むものを

Breathing my beloved in,
 吸うの
 私の愛するものを
 
Breathing it in,
 それを吸い込むの

Breathing her nicotine,
 吸うの
 彼女のニコチンを

Breathing it in,
 それを吸い込むの

Breathing the fall-out in,
 吸うの
 その死の灰を体内に
 
Out in, out in, out in, out in.
 吐いて、吸って、吐いて、吸って、吐いて、吸って・・・

We've lost our chance.
 私たちは私たちのチャンスを失った

We're the first and the last, ooh,
 私たちは最初で最後の者
 うううー

After the blast.
 爆発後の
Chips of Plutonium
 プルトニウムの微粒子が
Are twinkling in every lung.
 肺の中の至る所でキラキラきらめいている

I love my
 私は愛する私の 

Beloved, ooh,
 愛するものを
 うううー

All and everywhere,
 周りにあるすべてのものを

Only the fools blew it.
 愚か者だけがそれを台無しにした

You and me
 貴方と私は知っていた
Knew life itself is
 命と言うものがそれは

Breathing,
 息をし続けるの

("Out, in, out, in, out, in...")
 吐いて、吸って、吐いて、吸って、吐いて、吸って、

Breathing it in,
 それを吸い込むの

Breathing my mother in,
 吸うの
 私の母が吸い込むものを

Breathing my beloved in,
 吸うの
 私の愛するものを
 
Breathing it in,
 それを吸い込むの

Breathing her nicotine,
 吸うの
 彼女のニコチンを

Breathing it in,
 それを吸い込むの

Breathing the fall-out in,
 吸うの
 その死の灰を体内に
 
Out in, out in, out in, out in.
 吐いて、吸って、吐いて、吸って、吐いて、吸って
Out in, out in, out in, out in.
 吐いて、吸って、吐いて、吸って、吐いて、吸って

Out in, out in, out in, out
 吐いて、吸って、吐いて、吸って、吐いて

out
 吐いて

out
 吐いて

out
 吐いて・・・


"In point of fact it is possible to tell the
「事実上、述べることは可能です。
("Out!")
      ”吐くのよ!”
difference between a small nuclear explosion and
 小規模核爆発と大規模のそれとの違いの相違は
a large one by a very simple method. The calling
 至極単純な方法で。核爆弾の名刺代わりになるものは
card of a nuclear bomb is the blinding flash that
 目もくらむ閃光です。それは地球上のどのような
is far more dazzling than any light on earth--brighter
光より明るいものです。
太陽の光よりさえ明るく
even than the sun itself--and it is by the duration
 それはその閃光の時間の長さによって
of this flash that we are able to determine the size
 我々は兵器のサイズを測定することが可能です。
("What are we going to do without?")
    ”私たちがすること無しで済ませられるものって何よ?”
of the weapon. After the flash a fireball can be
 閃光後、火の玉が上昇するのを確認できます。
seen to rise, sucking up under it the debris, dust
 爆発エリアの破壊物とチリと生物を巻き込みながらです。
and living things around the area of the explosion, 
and as this ascends, it soon becomes recognisable
 この上昇は、すぐに確認可能です。
as the familiar "mushroom cloud". As a demonstration
 俗に言う”キノコ雲”として。
of the flash duration test let's try and count the
 閃光持続テストのデモンストレーションとして。
number of seconds for the flash emitted by a very
 至極小規模の爆弾が発する閃光の長さの秒数を数えてみましょう。
small bomb; then a more substantial, medium-sized
 それよりも多ければ中規模爆弾です。
bomb; and finally, one of our very powerful,
 そして最終的には
 我々の最強のものの一つ
"high-yield" bombs
 多段階式メガトン級熱核爆弾なのです。


"What are we going to do without?"
 ”私たちがすること無しで済ませられるものって何?”

Ooh please!
 おおどうか!

"What are we going to do without?"
 ”私たちがすること無しで済ませられるものって何?”

Let me breathe!
 私に息をさせて!

"What are we going to do without?"
 ”私たちがすること無しで済ませられるものって何?”

Ooh, Quick!
 おお、すぐに!

"We are all going to die without!"
 ”私たちは無くちゃ皆、死んでしまう!”

Breathe in deep!
 深く息を吸って!

"What are we going to die without?"
 ”私たちは無くちゃ皆、死んでしまう!”

Leave me something to breathe!
 私に息が出来るものを残しておいて!

"We are all going to die without!"
 ”私たちは無くちゃ皆、死んでしまう!”

Oh, leave me something to breathe!
 うーーー
 私に息が出来るものを残しておいて!

"What are we going to do without?"
 ”私たちがすること無しで済ませられるものって何?”

Oh, God, please leave us something to breathe!"
 おお神様、どうか私達に息が出来るものを残しておいて!

"We are all going to die without
 ”私たちは無くちゃ皆、死んでしまう!”

Oh, life is--Breathing.
 ああ命とは

 呼吸すること



聞くだけで

こんなに息苦しくなる歌が

この世にこれまでございましたでしょうか。

しかも
絵空事じゃない我が国の現実。

B面は

130718-02.jpg

空虚のビルディング
The Empty Bullring


http://youtu.be/8yfePF8GjLA


ビルも空室だよ。

(山)2013.4.18


130718-10.jpg

バブーシュカ
ケイト・ブッシュ
1980/6/17


♪栄えある本年度音芥川賞の発表です!♪

「にゃ」

「きゅうん」

「わんわん」

「なんでいきなしそんなことを始めるんだ?
だって。」

「なんでって。昨日、音直木賞を発表しただろが。自然と次は音芥川賞じゃねえか。」

「何が自然だよ。だって。」

「きゅーーー」

「成り行きなの。成り行きに従わないとお化け猫が出るぞー!」

「ギャア」

「俺じゃねえよ。
だって。」

「そうなの。ふーん。
じゃ始めます。



満場のマスコミの皆様
長らくお待たせいたしました。
毎度おなじみ、このたびは大役を仰せつかって光栄ですのレコ屋でござーい。
本年度の音芥川賞は

1980年9月8日発売3作目音短篇集

130718-20.jpg

魔物語
Never for Ever


から

130718-16.jpg

バブーシュカ
BABOOSHKA


2回目の受賞となりますケイト・ブッシュさんに決定いたしました。

130718-11.jpg

おめでとー。」



「ご説明いたしましょう。」

「お、こやつは音文学にも造詣が深いのか、兄トロだ。」

「世界一孤独で変な女の方、ケイト氏が放った
21世紀日本の社会問題に鋭く遠慮のうメスを入れた

呼吸

に続いて1980年6月17日発表したキラー短編でございます。
バック・スタッフは

ドス声でBacking Vocals – Gary Hurst
兄の、Backing Vocals, Balalaika – Paddy Bush
バンドのElectric Guitar – Alan Murphy, Brian Bath
あのハミングバード、ジェフ・ベック・グループの
Fender Rhodes Electric Piano – Max Middleton
新生ブランドXのElectric Bass – John Giblin
元コックニー・レベルのDrums – Stuart Elliot

と何ともブリティッシュ裏街道重鎮なメンバーでお贈りする
ビートルズ転じて未来を先取りXTCのママーな香りがする楽しげなポップ・ナンバー。
恒例のただじゃすまねえ、これこそロック・フィルムの映像にするが由縁なPVでは
ケイトさんたら黒ケイトさん、白ケイトさんを鮮やかに演じてらっしゃいます。
お馴染みの妙な踊る付きで。
なお今回はアッとびっくり仰天ぎょう、
白ケイトさんを演ずるにあたって人間サイボーグ、シェールもまっツァオな
セクシー衣装を身にまとい
これが全然色っぽく無いとこがミソでございますが
そんでも
英国チャート
通算7回目、TOP40内通算6回目のヒットで、
1980年7月5日63位初登場、
以後
(7/12)16-7-7-(8/2)5-6-12-22-41-(9/6)68位。
最高位5位。10週。
あの”嵐が丘”いらい2回目のTOP10入りを達成したのです。
その名も・・・」

「バブーすか?」

「それじゃタラちゃんじゃねえか。」

「きゅううん?」

「お前じゃねえよ。」

130718-14.jpg

http://youtu.be/6xckBwPdo1c




Babooshka
 バブーシュカ・・・

Babooshka
 バブーシュカ・・・

She wanted to test her husband.
 彼女は自分の夫を試してみたかった
She knew exactly what to do:
 何をすべきか確実にわかっていた

A pseudonym, to fool him.
 偽名だ、彼を欺くために
She couldn't have made a worse move.
 彼女はそんないけないことはこれまで出来なかったのに

She sent him scented letters,
 彼女は彼に香水のついたの手紙を送った
And he received them with a strange delight.
 彼は不思議な悦びをもってそれを受け取った
Just like his wife
 まるで妻のようだ
But how she was before the tears,
 だが涙にくれる前の彼女みたいじゃないか

And how she was before the years flew by,
 アッとゆう間に過ぎ去った年月の前の彼女みたいじゃないか
And how she was when she was beautiful.
 美しかった頃の彼女みたいじゃないか

She signed the letter
 彼女は手紙に書いていた

"All yours,
 「貴方の奴隷
Babooshka, Babooshka, Babooshka-ya-ya!
 バブーシュカ、バブーシュカ、バブーシュカ・ヤ・ヤー!
 
All yours,
 貴方の奴隷
Babooshka, Babooshka, Babooshka-ya-ya!"
 バブーシュカ、バブーシュカ、バブーシュカ・ヤ・ヤー!」

Babooshka
 バブーシュカ・・・

She wanted to take it further,
 彼女はさらに事を進めたかった
So she arranged a place to go,
 そこで場所をしつらえた
To see if he would fall for her incognito.
 見るためだ
 彼が彼女の偽りの姿に堕ちてしまうかどうかを

カアカアカアカア

And when he laid eyes on her,
 彼が彼女の姿を見つけた時
He got the feeling they had met before.
 彼は二人は前にも会ったことがあるのではないかとゆう気持ちを抱いた
Uncanny how she reminds him of his little lady,
 不思議だ、まるで彼女は
 彼の愛しき女性の面影を思い起こさせた

Capacity to give him all he needs,
 彼を以って自分の必要としているものすべてを捧げるべき存在
Just like his wife before she freezed on him,
 まるで彼に冷め切ってしまった以前の妻のようだ
Just like his wife when she was beautiful.
 まるで美しかった頃の妻のようではないか

He shouted out, "I'm
 彼は叫んだ「僕は

All yours,
 君の奴隷だ。
Babooshka, Babooshka, Babooshka-ya-ya!
 バブーシュカ、バブーシュカ、バブーシュカ・ヤ・ヤー!
All yours,
 君の奴隷だ。
Babooshka, Babooshka, Babooshka-ya-ya!
 バブーシュカ、バブーシュカ、バブーシュカ・ヤ・ヤー!

All yours,
 君の奴隷だ。
Babooshka, Babooshka, Babooshka-ya-ya!"
 バブーシュカ、バブーシュカ、バブーシュカ・ヤ・ヤー!」

ガシャン!

 バブーシュカ、バブーシュカ、バブーシュカ・ヤ・ヤー!

ガシャン!

 バブーシュカ、バブーシュカ、バブーシュカ・ヤ・ヤー!

ガシャン!

 バブーシュカ、バブーシュカ、バブーシュカ・ヤ・ヤーあああああ!

Babooshka
 バブーシュカ

130718-12.jpg

ギタア



Babooshka
 バブーシュカ

ガシャン!

Babooshka
 バブーシュカ・・・

Babooshka
 バブーシュカ・・・

Babooshka
 バブーシュカ・・・

チャリンチャリンチャララら



130718-13.jpg

「僕には意味がわかりません。何でこうなるの?」

「何ででしょうなあ。女性の魔性の部分が突然目覚めたんじゃないでしょうかなあ。」

「にゃ」

「お前にはわかるんか?」

「猫だから多少は・・・
だって。」

「同じ題材と目されるものにはついこないだ1979年秋に大ヒットしました

エスケイプ
ルパート・ホルムズ


がございます。
その作風の男女の違いでの味わいの相違、
英米での相違を味わいましょう。

それではこれは完全にこのA面をしてこのB面を意識した

B面

シングルのみの特別編

130718-15.jpg

酔いどれワルツ
Ran Tan Waltz


をどうぞ。」

「反骨漢だが一途な貧乏医師・真田(志村喬)は、
闇市のやくざ・松永(三船敏郎)の鉄砲傷を手当てしたことがきっかけで、
松永が結核に冒されているのを知り、その治療を必死に試みる。
しかし若く血気盛んな松永は素直になれず威勢を張るばかり。

か?」

「そりゃ酔いどれ天使。監督:黒澤明。これは主演:沢尻さん。タイガー・リリー。」

http://youtu.be/jxiJ36phAlw




Where is she
 アイツはどこなんだ
When the little thing cries?
 小さな赤ん坊が泣いている時に?
She lies in a bed
 アイツはベッドで寝てるのだ
With a friend of mine.
 俺のダチと一緒に

But some nights
 だが幾晩かは
She'll run back in fright
 アイツは恐れおののいて帰ってくるさ
If she picks on a dick
 イチモツを選んじまったら
That's too big for her pride.
 それがテメエの自慢のブツにゃデカすぎるとさ

Oh! Oh!
 オー!おー!
Why did I ever go marry her?
 俺は何でアイツと結婚しちまったんだろう?
I was a child!
 俺はガキだったんだ!

I'm holding the baby,
 俺は赤ん坊を抱いている
She's ran-tanning constantly.
 アイツはいつもの馬鹿騒ぎ
She saw me coming for miles.
 遥か遠くで眺めてる
She saw me open wide.
 俺のことを甘く見てやがるんだ

Four o'clock
 4時
And the key's in the lock.
 鍵をかけ
And she's been on the wink
 アイツはお楽しみの真っ最中
And she's stinking of drink.
 酒の臭いをプンプンさせてよ

Wakes the kid,
 ガキを起きちまったじゃねえか
So I put him to sleep,
 俺は寝かしつけてる
And she's in there all night,
 アイツは一晩中、あそこにいるんだ
Doubled over the sink.
 ゲロを流しに溢れさせて

Oh! Oh!
 オー!おー!
Why did I ever go marry her?
 俺は何でアイツと結婚しちまったんだろう?
I was a child!
 俺はガキだったんだ!

I'm holding the baby,
 俺は赤ん坊を抱いている
She's ran-tanning constantly.
 アイツはいつもの馬鹿騒ぎ
She saw me coming for miles.
 遥か遠くで眺めてる

She saw me open wide.
 俺のことを甘く見てやがるんだ
She saw me coming for miles.
 遥か遠くで眺めてる

Open wide.
 甘く見てやがるんだ

Open wide.
 甘く見てやがるんだ

Open wide.
 甘く見てやがるんだ

Open wide.
 甘く見てやがるんだ

Open wide.
 ああああ
 甘く見てやがるんだ

Open wide.
 うううう
 甘く見てやがるんだ

Open wide.
 甘く見てやがるんだ

Open wide.
 甘く見てやがるんだ

Open wide.
 甘く見てやがるんだ

Open wide.
 甘く見てやがるんだ・・・



「完全にブレヒト=ワイルな調な三文オペラです。」

「ぎゃ。おいちゃん。僕、完全に将来結婚したくなくなったよ。」

「うむ、それはあかん。日本の未来を担うワシ達の年金を支えるお前らはキチンと結婚して
赤子をぎょうさんもうけてワシラの年金を支えねば。」

「げ。自分勝手。」

「しかしケイトさん、こないに人の人生を見てばっかいるとは幾つなんだよ。」

「この時、21歳。7月30日に22歳になると申します。」

「うっそー!!」

(山)2013.4.19

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


140316-00.jpg

夢みる兵士
ケイト・ブッシュ
1980/9/22


色っぽい格好して兵隊さんの帽子をかぶって、あごピースしとります、
この人は。
彼の地では「あなたの股間をなめてあげるわ。」サインだそうです。
青少年を挑発誘っております、軍隊を侮蔑しております
どうとったって危険なヤバいジャケにて登場、
世紀の女傑、

XXXのオケツじゃないよ

世紀の女傑、

ケイト・ブッシュさま。
怖いもの知らず。
怖いのはあんた。

1980年9月8日発売3作目アルバム



魔物語
Never for Ever


より3曲目にして最後のシングルに選んだは

140316-01.jpg

夢みる兵士
Army Dreamers


演奏は

バンドのAcoustic Guitar, Backing Vocals担当、Brian Bath
バンドのBacking Vocals, Electric Bass, Acoustic Guitar担当、Alan Murphy
兄のBacking Vocals, Mandolin担当、Paddy Bush
元コックニー・レベルのBodhránバウロン(アイルランドのフレームドラム)担当、Stuart Elliott

140316-04.jpg

元コックニー・レベルのFairlight Synthesizer担当、Duncan Mackay

敬称略。


1980年9月22日発売。

英国チャート
通算8回目、TOP40内通算7回目のヒットで、
1980年10月4日57位初登場、
以後
(11/11)33-26-26-(11/1)16-17-25-(11/22)29-(11/29)68位。
最高位16位。9週。

アイルランド14位。

イスラエル2位。

すべての
兵隊を夢みる者たちへ

献歌。

140316-02.jpg

http://youtu.be/tWdHOm256N4




Army dreamers.
 兵隊を夢みる者

"B.F.P.O.*"
 「英国軍郵便」

Army dreamers.
 兵隊を夢みる者

"Mammy's hero."
 「ママのヒーローだよ。」

Army dreamers.
 兵隊を夢みる者

"Mammy's hero."
 「ママのヒーローだよ。」


Our little army boy
 私達のちいちゃな兵隊坊やが
Is coming home from B.F.P.O.
 英国軍郵便で帰郷しました

I've a bunch of purple flowers
 私は紫色の花束を抱いてます
To decorate a mammy's hero.
 ママのヒーローに飾るために

Mourning in the aerodrome,
 飛行場での哀悼
The weather warmer, he is colder.
 陽気は暖かくなってきました
 彼は冷たくなっていきます

Four men in uniform
 制服を来た4人の男たち
To carry home my little soldier.
 私のちいちゃな兵隊さんを家に運ぶための

"What could he do?
 「彼は何をすることができたのでしょうか?
Should have been a rock star."
 ロックスターになれたはずだったのに。」

But he didn't have the money for a guitar.
 でも彼はギターを買うお金を持っていませんでした

"What could he do?
 「彼は何をすることができたのでしょうか?
Should have been a politician."
 政治家になれたはずだったのに。」

But he never had a proper education.
 けれど彼はちゃんとした教育をまるでうけられなかったんです

"What could he do?
 「彼は何をすることができたのでしょうか?
Should have been a father."
 お父さんになれたはずだったのに。」

But he never even made it to his twenties.
 けれど彼はまだ20代にもなっていなかったのです

What a waste --
 何と無意味な
Army dreamers.
 兵隊を夢みる者

Ooh, what a waste of
うう、何と無意味なことを
Army dreamers.
 兵隊を夢みる者

Tears o'er a tin box.
 骨箱のブリキに落ちる涙
Oh, Jesus Christ, he wasn't to know,
 う、イエス・キリスト、彼の人はご存知ありませんでした

Like a chicken with a fox,
 キツネの前に差し出されたニワトリのように
He couldn't win the war with ego.
 彼はエゴにまみれた戦争に勝つことが出来なかったのです

Give the kid the pick of pips,
 その子に天より授かりし尊厳を与えてください
And give him all your stripes and ribbons.
 そして彼にあなた方の得りし勲章たるストライプとリボンを与えてください

Now he's sitting in his hole,
 今、彼は自分の墓穴に鎮座しています
He might as well have buttons and bows.
 バッテンボー蝶結びのリボンをつけて上げたほうがまだ格好がつくかもしれません

"What could he do?
 「彼は何をすることができたのでしょうか?
Should have been a rock star."
 ロックスターになれたはずだったのに。」

But he didn't have the money for a guitar.
 でも彼はギターを買うお金を持っていませんでした

"What could he do?
 「彼は何をすることができたのでしょうか?
Should have been a politician."
 政治家になれたはずだったのに。」

But he never had a proper education.
 けれど彼はちゃんとした教育をまるでうけられなかったんです

"What could he do?
 「彼は何をすることができたのでしょうか?
Should have been a father."
 お父さんになれたはずだったのに。」

But he never even made it to his twenties.
 けれど彼はまだ20代にもなっていなかったのです

What a waste --
 何と無意味な
Army dreamers.
 兵隊を夢みる者

Ooh, what a waste of
うう、何と無意味なことを
Army dreamers.
 兵隊を夢みる者

Ooh, what a waste of
うう、何と無意味なことを
Army dreamers.
 兵隊を夢みる者

Army dreamers.
 兵隊を夢みる者

Army dreamers.
 兵隊を夢みる者

ガシャン

Did-n-did-n-did-n-dum...
ディドゥディドゥダディダア
ゆるドゥヤドゥどぅ

Did-n-did-n-did-n-dum...
ディドゥディドゥダディダア
ゆるドゥヤドゥどぅ

Did-n-did-n-did-n-dum...
ディドゥディドゥダディダア
ゆるドゥヤドゥどぅ

Did-n-did-n-did-n-dum...
ディドゥディドゥダディダア
ゆるドゥヤドゥどぅ

Army dreamers.
 兵隊を夢みる者

("Mammy's hero.")
 「ママのヒーローだよ。」

("B.F.P.O.")
 「英国軍郵便」

Army Dreamers.
 兵隊を夢みる者

("Mammy's hero.")
 「ママのヒーローだよ。」

("B.F.P.O.")
 「英国軍郵便」

No harm heroes.
 害もないヒーローたち

("Mammy's hero.")
 「ママのヒーローだよ。」

("B.F.P.O.")
 「英国軍郵便」

Army dreamers.
 兵隊を夢みる者

("Mammy's hero.")
 「ママのヒーローだよ。」

("B.F.P.O.")
 「英国軍郵便」

Mammy's darling.
 ママの愛しい子

("Mammy's hero.")
 「ママのヒーローだよ。」



B.F.P.O.

とは

British Forces Posted Overseas

の略称です。
英国海外派兵軍専門の郵便。

戦死して、火葬されて、
イギリスでは粉になるまで焼かれてブリキの骨箱に入れられて国に軍郵便で帰るとのこと。

Four men in uniform
 制服を来た4人の男たち
To carry home my little soldier.
 私のちいちゃな兵隊さんを家に運ぶための

正式には6人で棺をかつぐそうです。
名も無き一兵卒には略されて経費節減で4人てことか。

しかし・・・

息を呑むビデオを制作なさりました。
ワルツの中で静かに
合いの手で入る「ガッシャン」音は銃弾を装填する音
もしくは
その光景を確実に目に刻むカメラのシャッター音か。
フェアライトのサンプリングで発せられて
そのタイミングは逃さずまばたきするケイトさん。

最後は爆弾でぶっ飛ばされる。

スタント無し。

そんなこたああの人にとっては当たり前。

B面

140316-03.jpg

1曲目はアルバムより

ディーリアス(夏の歌)
Delius


tv
http://youtu.be/rmADS0sFCGA


http://youtu.be/VDytl4QPRsU


お、踊ってるよ。十八番ひらひら。

英国の生年862年1月29日 - 1934年6月10日の作曲家



フレデリック・ディーリアス
Frederick Theodore Albert Delius氏に捧げられた歌だそうです。

Frederick Delius: "A Song of Summer" 1931
http://youtu.be/JUgfHSINV7Y


B面2曲目は
何と蔵出し。

Passing Through Air

http://youtu.be/TgQUZcwd-JQ


1973年に録音された最初期のもの。
後見人でありますピンク・フロイドのデヴィッド・ギルモア氏のスタジオで
15歳の誕生日の数週間後に録音されたそうです。
恐るべし
歌詞はさすがに初々しきも歌声とあの類無きメロは既に確立しとる。

(山)2014.3.16

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

資料

英語資料


English Version

.
−−−−−−−−−−−−−−−

閲覧ありがとうございます。
僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸い、CM込みで見てクリックしてお聞きくださりませればお駄賃になりましてなお嬉しです。
よろしくお願い申しあげます。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA


−−−−−−−−−−−−−−−−−



.
.

Delius

Ooh, he's a moody old man.
Song of summer in his hand.
Ooh, he's a moody old man.
...in...in...in his hand.
...in his hand.

"Hmm."

Ooh, ah, ooh, ah,
Delius,
Delius amat.
Syphilus,
Deus,
Genius, ooh.

To be sung of a summer night on the water.
Ooh, on the water.

"Ta, ta-ta!
Hmm.
Ta, ta-ta!
In B, Fenby!"

To be sung of a summer night on the water
Ooh, on the water.
On the water.


************

Passing Through Air

Passing through air.
You mix the stars with your arms.
Walking through there.
The doom of eternity balms.
Skies of grey are not today.

Oh! Don't you throw my love away,
I need your loving, I need your loving.
Oh! Don't you pour down rain today,
I need your love, I need your care
So much, so much, so much!

Laughing through smiles.
You lick my love with the years.
Walking for miles.
You cool my brow with your tears.
Skies of grey are not today.

Oh! Don't you throw my love away,
I need your loving, I need your loving.
Oh! Don't you pour down rain today,
I need your love, I need your care
So much, so much, so much!

Oh! Don't you throw my love away,
I need your loving, I need your loving.
Oh! Don't you pour down rain today,
I need your loving, I need your loving.

Oh! Don't you throw my love away,
I need your loving, I need your loving.
Oh! Don't you pour down rain today,

. .