日刊ろっくす 前日のThAnk YoU rocks   top   back




ろっくす超大特選盤

愛の流れに
ダイアナ・ロス
1976/2/10


木曜おバカジャケ選手権!
女性部門及び顔部門の大賞受賞アルバムだ。

愛の流れに
〜Diana Ross
ダイアナ・ロスさん。


原題の通り、「私はダイアナロス!」って邦題の方がええんじゃねえかと思うドアップ。
ソウル好きの志村けんさん0-090305-10.jpgがこれを見て、あい〜んを開発したと思われます。
何しろこの大インパクトのお顔ですからダイアナさんのアルバムは顔ドアップ多し。いづれもどーだー顔。
裏も凄いよ。容赦しないまた顔。

うちにある盤なんか左上に「500円」とシールが貼ってあるもんで余計に爆笑です。
「この方500円」みてぇな状況に。CDだと今何故か廃盤で5000円近くするのによー。

0-090305-05.jpg

えー、この自信にまみれた表情には理由が有ります。
このアルバムこそ70’sロスさんの究極突端の盤なのだ。
タムラモータウンが全社一番となって1976年2月10日に送り出した大名盤。
70’sモータウンここに在り!だてにソウル横綱張ってない。この底力を見よ!
聴くとあまりの絢爛豪華にため息漏れますおへー。
全米ナンバー1ヒット2曲を含む4枚のシングルがここから飛び出た。
まずは冒頭に収録されてます、

”マホガニーのテーマ”

0-090305-09.jpg

”ビリー・ホリデイ物語”に次ぐ第2作主演映画の主題歌で、あっちもサントラが出てますからW収録となる。
これぞアメリカソウル歌謡曲バラード。出そうと思っても出せない76年の香り。
わたしゃバラード苦手なんすけど、この曲は別。この空気はあっとゆうまに30年超時空を引き戻すよ。
バックは豪華オーケストラです。この路線がこのアルバムの一つの核。
2曲目の邦題タイトル曲もその路線で、

0-090305-08.jpg

しかしバック陣、陣容が違うな。ドラムスの音がタイトに変化。
これもシングルに。最高位47位だけど、そんなん関係ねえ名曲。

して3曲目についにやって来ます、

”ラブ・ハングオーバー”

0-090305-06.jpg

完全にここで音が変わる。モータウン匿名精鋭ファンク・ブラザースがお贈りするめくるめくレア・グルーヴ!
完全ナンバー1ヒットだからレアじゃないけど。
シングルでは3分40秒、アルバムでは7分47秒の完全ヴァージョンが拝める。
嗚呼ありがたや。
後半の鳩や全世界国旗や象やこまわり君が続々登場するインスト・ファンク部分がたつぷり。
これたまらん。参る。

0-090305-07.jpg

そして全米家庭にあまねくお贈りする盤ですから、先のアッパーで息も絶え絶えの方々の為に
A面最後はチャールストン調でホッとするひと時を。1曲目と同じ世界に住む歌だな。

裏返しまして

”マイ・チャイルド”

これもシングルでOKだったんじゃないか。えらいこっちゃのグルーヴィン・ファンクです。
両手鷲掴みピアノがぐわんぐわん突っ込み。突進してますロスさんの歌。

2曲目”エデンの園”もファンク。豪華絢爛路線と合体した。
こちらもシングルに。最高位25位。またも名曲。
いやそれにしてもリズム・セクション。ベース誰だろ。たまりませぬ。

愛のとまどい”は一息入れます、それでもミドル・ファンク。これ以上もこれ以下も無いアレンジで。

アフター・ユー”は、映画マホガニーの中のインスト曲を歌にしたものだそうで。
ユーミンさんしております。ほんまに。ほんとだってば。聴いてみてくれ。

そして最後は・・・粋だよー、

スマイル

あのチャップリンさんのモダンタイムズに登場の名曲をしつとりと。
すううううううっと息を入れつつ終了。

アメリカの70’sはこれほど素晴らしかったのだを証明するアルバムです。

2009年現在も、かの国では女性シンガー大活躍。

♪うっまないざ、うっまないざ♪のブリットニイ・スピヤーズはんとか?????`?i???_???????j
♪ほげらかほんさか、うんぱぱうんぱぱ♪のビヨンセー?????`?i???_???????jとか、

虫下しを飲んでエイリアンに脳髄を侵略されてるように聴こえてます。
PV見て、あまりのことに呆れて爆笑しております。
はたして
このジャケの果てがそこに行き着いたのかいな???
まさかー。


(山)2009.3.5

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



01b1.jpg

*今週の「完璧なシングル」は二本立。実はシングル盤は持ってません。なんででかくジャケットのページは出来ませんけど待てないっすよ。讃えさせてくれー。
まずは
「ラブ・ハングオーバー」。1976年4月に全米TOP40入りしたダイアナ・ロスさんの曲です。訳さば「愛・二日酔い」。いかんこれじゃ親父ちゃんの顔がにょみーんと出てきてしまう。「愛に酔いしれ」。これならば。多少フレディ・フェンダーさん出てきちゃうけど(^0^)。シュープリームスでデビュー以来、着実にスター街道のダイアナさん。自然とその歌声と共に貫禄とステータス感、身にまとってセレヴィな女性歌手となりました。ソロになってからの絶頂期がこの76年前後。前作「マホガニーのテーマ」。この曲も完璧。めくるめく激情をそのまま表したような竜巻のようなバラードで。サウンド・スケールもまんま映画館のでっかいスピーカークラスだっただよ。もしくは紅白歌合戦トリの北島三郎親分クラス。そのでっかい歌の次に出ましたのがこれで。みんなびっくり。熟して殻破りの代物だったのであります。会場はニューヨーク帝国ヒルトンホテルニューオータニ鳳の間、全世界セレブ総出演の何の会だかよくはわからんがとにかくセレヴィな会が催されております。お賑やかしに何とか姉妹の顔も。こまどり姉妹では無い方の。登場前に空気入れで胸をパンプス。宴はたけなわプリンスホテルのその時、メイン・ショーの始まり始まり。今日のスタアはもちろんダイアナのロスさん。1曲3千万円でご出演税込み。ぐっと来るミディアム・スロウのビートに合わせてキンキラキンに登場。四角い金銀キンキラが付いております衣装じゃ。くねくねとうっふん言いながら。
「♪治せるゆうてもさ、いらんわ、そんなもの。治して欲しくない、逃げるわ、わたし。しょっちゅうそればっか、頭にこびりついて、好きよあんたー。これが甘ーい酩酊感。醒めたくはないわー。あまーい酩酊感。(じゃじゃじゃじゃ)終わりたくないわー(じゃじゃじゃじゃ)終わりたく、終わりたく、ないわーーーーーーー」
おおっと、これだけ歌ったらダイアナさん、脇にはけてしまいました。これはいったいどうしたことか。まだ1分しか経ってないぞ。リズムがにわかにアップテンポに。すると袖から出て来ました150人の大ダンス団。浅草サンバ祭花柳社中高円寺阿波踊りの皆さん。さらにさらに中央に躍り出ましたのがマギー司郎さん。ハンカチをくちゃくちゃさせて縦じまを横じまにしてます。二代目引田転校さんが首を外したり付けたりしながら左手から乱入。お、後ろ向きになりました。こちょこちょ。振り返ったー。あ、別人です。化粧を取っただけです。ナポレオンズも箱の中で首を回転させながら横切った。ステージ上からミスターまりっくが落下してきたー。尻から鳩2千羽出してます。そのままフェイドアウトです。ダイアナさーん。と、どうしたって最初が聴きたくなる、陰謀シングル。軽やかにディスコ入城も果たして5月5週に見事ナンバー1となりました。これほど1位が似合う曲はかつてあったでしょうか。あったかも。忘れろ。

(山)2005.10.8




ラブ・ハングオーバー
ダイアナ・ロス
1976/3/16


♪ずんずんずんずん、ずんずんずんずん♪



「にゃあああああ」

「狂ったように
だって。」



「きゅうううううん」

「アホみたいに
だって。」



「みょん」

「我を忘れて
だって。」

「わんわん」

「踊りたいんだって。」

「花見で踊らなかったのか?」

「にゃ」

「花見などしねえよ
だって。」

「きゅ」

「親父、連れてってくれなかったじゃん
だって。」

「わんわん」

「だいたい花見なんてどれほどの人々が出来るのか?
だって。」

「確かに。ワシもした覚えがない。
ならでもクラブでも行って踊りゃええじゃんか。」

「にゃ」

「入れてくれないんだって。」

「にゃ」

「ガキだし
だって。」

「わんわん」

「犬お断り
だって。」

「そりゃそうだ。ではこの村の広場で勝手に踊れ。」

「にゃ」

「ならなんか踊れるのかけろ
だって。」

「きゅ」

「音楽もないのに踊ってたらアホみたいじゃないか
だって。」

「わんわん」

「犬でも踊れるのかけろ
だって。」

「はいはい。それならお任せあれ



長いことお待たせいたしました。
毎度おなじみダンスなレコ屋でござーい。
今日持ってまりました悦楽極まる踊るお宝はああああああ


↑ドイツ盤

ラブ・ハングオーバー
Love Hangover
ダイアナ・ロス
Diana Ross



↑フランス盤

にょみーん。」



「ご説明いたしましょう。」

「そいやこの曲やるの2度目だよな。」

「前の時は馬鹿記事で訳して無いからじゃないの。」

「顔面、歌唱、立ち振舞、
いづれをとっても生まれながらのスーパースターさんです。
女王ダイアナ・ロス
Diana Ernestine Ross
1944年3月26日デトロイト生まれ、負けず嫌い牡羊座魚座寄り。
1975年サントラ盤”マホガニー”を挟んでオリジナル・スタジオ録音盤としては3年ぶり
満を持して31歳、
単独6作目アルバム
意欲の現れ
ソロ・デビュー・アルバム以来2度目のDiana Rossタイトル
1973年Touch Me in the Morningアルバムに続く2度目の大ヒットの



愛の流れに
〜Diana Ross


1976年2月10日発売
全米5位
より
1回目カット1975年9月24日発売
こちらにも収録されてます目も眩む名バラード

マホガニーのテーマ
Theme from Mahogany (Do You Know Where You're Going To)


を完全無欠の米1位にし
2回目カット1976年2月20日発売

愛の流れに
I Thought It Took a Little Time (But Today I Fell in Love)


こんなに華麗なのに何故?の最高位47位
を挟んで
いよいよ真打ち登場です。
3回目カット3月16日発売、


↑ベルギー盤

ラブ・ハングオーバー
Love Hangover




作は
姉のアリスさんがジョン・コルトレーン師の奥さん、
1968年よりモータウンのスタッフ・ライター、
この曲で一躍世界の人となったマリリン・マクロード嬢

こちらはお馴染みダイアナ組の
そうや
"Love Child"パム・ソーヤー師匠。
プロデュースは重鎮ハル・デイヴィス師、
すんごい仕事をやってのけたアレンジャーは
Clay Drayton, Dave Blumberg組。


↑オランダ盤

バックは
転換部キメのハイハットが尋常じゃねえ
ドラムにビル・ウィザーズ師んとこで名勝負数え歌
James Gadson師匠、
喜悦ポンピングかますベースのL.T.D.の
Henry E. Davis師匠、
エレピで
一発で聞きゃわかるフレーズと音色の
Joe Sample師
含む面々。

ハル師匠、1975年にマービン・ゲイ師、ダイアナ嬢を歌唱候補にバックトラックを録音して
最終的にダイアナ嬢がよりセクシーではないかと歌入れ録音、
嬢がよりディスコな雰囲気になれるようにエンジニアのRuss Terrana氏にスタジオでストロボライト点灯を指示、
スローなグルーヴで始まり
一転
アップ・グルーヴになるそのありさまは
百万遍聞いてもカッコいいったらありゃしない。

米国チャート
1976年4月3日78位初登場、
以後
52-41-(4/24)29-10-7-5-2-(5/29)1-1-4-4-8-18-21-(7/17)40-64-(7/31)100位。
最高位1位2週。通算18週。
年間15位。

R&Bチャート1位。

米キャッシュボックス1位。年間13位。

英国チャート
13(14)回目のヒットで、
1976年4月24日45位初登場、
以後
(5/1)24-19-15-15-(5/29)10-11-14-26-(6/26)32位。
最高位1位。通算10週。

ここにここぞって年に最先端ディスコ・ディーヴァとなります。」



「女王様に花束、贈らせてください。」


↑米盤

Single V.
https://youtu.be/yOzO_4NS8NI


Album FULL V.
https://youtu.be/kknJaaX0H6Y






 はあ

 はあ

 ふう

If there's a cure for this
 このための治療法が有ったって

I don't want it
 欲しかない

I don't want it
 欲しかないわ


If there's a cure for this
 このための治療法が有ったって

I don't want it
 欲しかない

I don't want it
 欲しかないわ


Think about it all the time
 いつだって思いつめてる

Thinking only makes me smile
 笑顔になれるのは想うことだけ

And say hey
 そしてねえって言うの


I don't wanna shake it
 アタシ、急ぎたくない

Lovin' love you makin'
 恋して貴方に恋焦がれてそうなってる



If there's a cure for this
 このための治療法が有ったって

I don't want it
 欲しかない

I don't want it
 欲しかないわ


If there's a remedy
 治す薬があったって

I'll run from it
 アタシ、逃げ出しちゃう

From it
 そんなもんから


Think about it all the time
 いつだって思いつめてる

Never let it out of my mind
 まるで頭から離れない

'Cause I love you
 だって貴方を愛してんだもの


I've got the sweetest hangover
 アタシ、最高にステキな二日酔い

I don't wanna get over
 冷めたりしたかない

Sweetest hangover
 最高にステキな二日酔いよ

Yeah,
 いえい

I don't wanna get over
 冷めたりしたかないわ


Sweet love
  ステキな恋

Sweet love
  ステキな恋



I don't want to cure for this
  治したかなんてないの

I don't want to cure for this
  治したかなんてないの

ha
  はあ


I don't want to cure for this
  治したかなんてないの

I don't want to cure for this
  治したかなんてないの

ha
  はあ


I don't want to cure for this
  治したかなんてないの

I don't want to cure
  治したか

I don't want to cure for this
  治したかなんてないの



I've got the sweetest hangover
 アタシ、最高にステキな二日酔い

Sweetest hangover,
 最高にステキな二日酔い

yeah
 いえいええ

I don't want to get over
 冷めたりしたかないわ

 あああ

 ああ

I don't want to get
 冷めたり

I don't want to get
 冷めたり


Over
 したかないわあああああ




Ooh,
 うーーっ

I don't need no cure
 治療なんかいらない

I don't need no cure
 治療なんかいらない

I don't need no cure
 治療なんかいらない

Sweet lovin'
 素敵に甘い恋

Sweet, sweet, sweet, sweet love
  素敵に、ステキに、素敵に、甘い・・・恋

Sweet, sweet love
 素敵に、ステキな恋

Sweet, sweet, sweet, sweet love
  素敵に、ステキに、素敵に、甘い・・・恋

Sweet, sweet, sweet, sweet love
  素敵に、ステキに、素敵に、甘い・・・恋

Sweet, sweet, sweet, sweet love
  素敵に、ステキに、素敵に、甘い・・・恋

 ほうほうほういえい

Sweet, sweet, sweet, sweet love
  素敵に、ステキに、素敵に、甘い・・・恋

 ほうほうほういえい

Sweet, sweet, sweet, sweet love
  素敵に、ステキに、素敵に、甘い・・・恋

Sweet, sweet, sweet, sweet love
  素敵に、ステキに、素敵に、甘い・・・恋



Don't call a doctor
 お医者さんなんか呼ばないで

Don't call her momma
 彼女にママなんか呼ばないで

Don't call her preacher
 彼女に牧師さんなんか呼ばないで

No, I don't need it
 そう、アタシにはそんなもんいらない

I don't need it
 いらないの

Sweet, sweet, sweet, sweet love
  素敵に、ステキに、素敵に、甘い・・・恋

 ほうほうほういえい

 ほうほうほういえい

Sweet, sweet, sweet, sweet love
  素敵に、ステキに、素敵に、甘い・・・恋



Don't want
 ほしかない

don't need it
 いらないの

Don't want
 ほしかない

don't need it
 いらないの

Sweet, sweet, sweet, sweet love
  素敵に、ステキに、素敵に、甘い・・・恋

Don't call a doctor
 お医者さんなんか呼ばないで

Don't call her momma
 彼女にママなんか呼ばないで

Don't call her preacher
 彼女に牧師さんなんか呼ばないで

No, I don't need it
 そう、アタシにはそんなもんいらない

I don't need it
 いらないの

Sweet, sweet, sweet, sweet love
  素敵に、ステキに、素敵に、甘い・・・恋



If there's a cure for this
 このための治療法が有ったって

I don't want it
 欲しかない

don't want it
 欲しかないわ


Lovin' for love you
  貴方に恋する恋

Sweet
  ステキな

 はっ


Lovin' for love you
  貴方に恋する恋

Sweet
  ステキな

 はっ

sweet love
 ステキな恋

for love you
 貴方を愛してしまって

sweet love
 ステキな恋

mean love
 重症の恋

I love
 好きよ

sweet love
 ステキな恋

 へい



I don't need no cure
 治療なんかいらない

sweet love
 ステキな恋

love
 恋ああ

love
 恋

Love Hangover
 恋の二日酔い

I don't need no cure
 治療なんかいらない

I don't need no cure
 治療なんかいらない

I don't need no cure
 治療なんかいらない

for this
 こんな

sweet love Hangover
 ステキな恋患い

 うう

Lovin' for love you
  貴方に恋する恋

Sweet
  ステキな

 はっ



Lovin' for love you
  貴方に恋する恋

Sweet
  ステキな

 はっ


Lovin' for love you
  貴方に恋する恋

Sweet
  ステキな

 はっ

 ふふふふ

Lovin' for love you
  貴方に恋する恋

Sweet
  ステキな

 はっ


I don't need no cure
 治療なんかいらない

for this
 こんな

I don't want it
 欲しかない

No, no
 ノーノー

I don't want it
 欲しかない



If there's a cure for this
 このための治療法が有ったって

I don't need it
 欲しかない

Sweet, sweet, sweet, sweet love
  素敵に、ステキに、素敵に、甘い・・・恋

 おう

Sweet, sweet, sweet, sweet love
  素敵に、ステキに、素敵に、甘い・・・恋

Sweet, sweet, sweet, sweet love
  素敵に、ステキに、素敵に、甘い・・・恋

Sweet, sweet, sweet, sweet love
  素敵に、ステキに、素敵に、甘い・・・恋



Sweet, sweet, sweet, sweet love
  素敵に、ステキに、素敵に、甘い・・・恋



Sweet, sweet, sweet, sweet love
  素敵に、ステキに、素敵に、甘い・・・恋



Sweet, sweet, sweet, sweet love
  素敵に、ステキに、素敵に、甘い・・・恋・・・






↑米盤

「アルバム・フル・ヴァージョンで訳してみました。」

「やったね。ごくろうさん。」

「シングルバージョンの無茶な編集、急速転換でぶちかます3分46秒も
ソウル版フリー・バードですげえぞ。」

「実はこの曲、お先に出した方々がおります
それはかのフィフス・ディメンション。
重要メンバーのマリリン・マックー嬢とビリー・デイビスJr.氏が脱退して夫婦で大成功するを横目に
ベルからABCに移籍、
残されたフローレンス・ラルー嬢歌唱で
プロデュースはマネージャーのマーク・ゴードン師で
シングルのみで発売。


↑イタリア盤

LOVE HANGOVER
The 5th Dimension


https://youtu.be/OWF7FDLeuE4



↑ドイツ盤

12" version
https://youtu.be/e5pl8Q9i_yU



↑米盤

米国チャート
1976年4月3日95位初登場、
以後
91-88-(4/24)80位。
最高位80位。通算4週。
R&Bチャート39位。

直後に仕方ないすが本家のダイアナ版が出て見事にぶっ飛ばされました。」

「ちょっとちゃちいね。」

「だが女王版のすんごいの無かったらこれはこれで有りの95点。」

「そうなの?じゃダイアナさんのは?」

「200点以上無限大。」

「そしてあまりにもダンス・チューンとして強力だったのでディケイドを超えて再発



DIANA ROSS ''LOVE HANGOVER'' (PWL REMIX)(1988)
Remix – PWL




https://youtu.be/ZXWvYRHILWU


です。」

「こりゃ80's流全取っ替えいぢりたおし版。ひでぇもんで0点。」

「こりずに翌年、再び再発



Diana Ross ‎– Love Hangover '89



Producer – Hal Davis
Remix – Phil Harding & Ian Curnow



https://youtu.be/B_nWjpfThLQ


です。」

「うわエレクトローン。」

「にゃ」

「やりたくなるのはわかるけどね0点。
だって。」

「きゅ」

「冒涜だ0点。
だって。」

「わんわん」

「つまんないことすんなよ0点。
元ヴァージョン、も一回かけてくれ
だって。」

「はいよ。」

Diana Ross - Love Hangover (Live Midnight Special 1976)
https://youtu.be/TN3Ctk9Jza8

(山)2018.4.6
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすダイアナ・ロスのページ。

資料

英語資料

−−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.